コカブの育て方と種まきの時期

コカブの育て方と種まきの時期

コカブは球の直径が4から5センチのカブで、葉にはビタミンA、Cが多く含まれています。コカブの栽培は、虫の食害にだけ気を付けながらこまめに手でとれば葉に穴があいても根が十分に肥大して収穫することができます。

コカブの育て方

コカブの種まき時期は3月4月と9から10月がおすすめで、ビニールトンネルの使用する場合は寒くなっていく秋の方が効果が高いです。カブ類全てに涼しい気候を好む特性を持っているため夏場には作らない方が安全に生育できます。

種まき2週間前には石灰を1平方メートルあたり100グラムまいておき、トンネルを掛けられる幅の畝を作ります。コカブの根は地表に上がって肥大しするので、15から20センチほどの深さによく耕しておき、苦土石灰を土に混ぜて耕します。

コカブの種まき1週間前で、1平方メートルあたり2キログラムの完熟堆肥と100グラムの有機肥料を混ぜて平らにします。種は一晩中浸したものを使用してばら撒きにして見えない程度に、薄く覆土を施してへーパータオルか新聞紙を敷いて、発芽まで乾燥しないように十分に水やりを行います。

ビニールハウスで育てる場合

コカブの育て方としてビニールハウスを使用すると発芽が早く出てきます。最近ではホームセンターで取り扱っており一番小さいトンネル用の半円のパイプが育成しやすいです。最適な温度は20度前後で発芽した後は、早めに間引きを行います。

時期的には1回目が本葉2から3枚頃でトンネルの頂部に小穴を開けて換気し、1本辺り5センチ間隔を目安として内部が25℃を超えるようになったらすそを開けて温度の上昇を防ぎます。2回目は、本葉4から5枚頃握りこぶしが入るくらいの間隔に1本ペースで行います。

栽培の注意点

有機栽培・無農薬での育て方として気にするポイントが防虫対策です。ナメクジ、キスジノミハムシの幼虫、ナモグリバエ、モンシロチョウ、ハリガネムシが特に付きやすく害虫の嫌うニンニクをあちこちに植えておくか、捕食性天敵としてはテントウムシかクモ類を利用する、登録農薬や殺虫剤を散布して予防するのが最善の処置です。

コカブの葉の色が淡くなっていたら規定より薄めた有機追肥か化学肥料を4日に1回のペースで合計3回散布するの目安とします。春のコカブはビニールトンネルで育てると早い時期からまくことができ、玉を太らせる為に適度に間引きを行ない、雨上がりのあとにビニールトンネルを敷けば丁度良い湿度で完成します。

値の直径が2から3センチになれば収穫の時期に入り、美味しい実になる頃合は5から6センチほど成長したものになります。コカブの栽培期間は種まき後40から50日の生育となり、ビニールトンネルを引いた畑は、収穫期間が長くなる効果をもたらします。

野菜の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:小カブの育て方

pixta_eria

エリアの育て方

特徴としては、ラン科の植物いなります。開花時期としては春から夏で、草丈は40センチぐらいになることがあります。日本が原産...

pixta_isutakakutasu

イースターカクタスの育て方

ブラジル原産の多肉性植物で、4月初旬の頃のイースター(春分後の最初の満月の後の日曜日)に開花するカクタス(サボテン科)で...

pixta_margalet

マーガレットの育て方

マーガレットは、大西洋に浮かぶカナリア諸島が原産で、もともとの生息地です。17世紀は、ヨーロッパにおいて色々な花の改良が...

pixta_hatuyukikazura

ハツユキカズラの育て方

ハツユキカズラはキョウチクトウ科テイカズラ属で、日本の本州以南と朝鮮半島が原産の植物になります。名前の由来は、葉に入った...

pixta_ekinasea

エキナセアの育て方

宿根草ブームが巻き起こってから、すっかり宿根草の代表選手となった印象のあるエキナセアですが、古くは400年ほど前にアメリ...

pixta_tya111

チャ(茶)の育て方

この植物は、ツバキやサザンカのツバキ科で、多年草の植物になります。緑茶も紅茶も烏龍茶も同じチャノキの新芽を摘んで加工した...

pixta_kinkan

キンカン類の育て方

柑橘系果物の一つにキンカンが有ります。一言でキンカンと言っても複数の種類が有り、キンカン類としてはキンカン属が4~6種類...

pixta_asagirisou

アサギリソウの育て方

アサギリソウは、ロシアのサハラン・日本が原産国とされ、生息地は北陸から北の日本海沿岸から北海等、南千島などの高山や海岸で...

pixta_keitou

ケイトウの育て方

ケイトウの原産地は、アフリカやアジアの熱帯地方であるとされており、主な生息地としても熱帯アジアインド方面です。日本へわた...

pixta_komatsuna

小松菜の育て方について

最近はすっかり家庭菜園のブームも一般に浸透して、いろいろな自家製の作物を収穫している人も少なくありません。食品の安全を脅...

スポンサーリンク

pixta_pakira02

植物の育て方はある三...

植物を育ててみたいけれども育て方が分からないから枯らして...

pixta_misohagi

ミソハギの育て方

種類としては、バラ亜綱、フトモモ目、ミソハギ科となります...

pixta_kongiku

コンギクの育て方

この品種の分類はキク科のシオン属であり、学名では「アスタ...

pixta_hahakogusa

ハハコグサの育て方

このハハコグサは育て方といっても、日本で自生している野草...