小カブの育て方

小カブの育て方

カブは煮物、サラダ、漬物など色々な食べ方が出来る野菜であり、煮込む事で甘みが増すため、日本料理には欠かせない食材となっています。

小カブの育てる環境について

栄養価が高い小カブは、ガン予防、胃潰瘍・胃炎の緩和や予防、便秘解消効果、風邪に対する免疫力の強化、骨粗鬆症の予防などにも役立てることが出来ます。また、浅漬けや酢漬けと言った漬物で親しまれている野菜でもあり、栄養の中にはビタミンCが多く含まれているなどの理由からも、

ビタミン不足を解消するのにも最適な野菜です。更に、白い根の部分よりも葉の方が栄養豊富で有り、スーパーなどで販売しているカブの中には鮮度が落ちるからと葉を切り落として販売されているものもあり、葉の栄養を補給したいと家庭菜園で栽培する人も少なくありません。

尚、生息地が日本全国と言う事からもどこでも食べることが出来る健康野菜として注目されていますが、初心者の人などが家庭菜園などで栽培する事が可能であり、大根などと比べると育てやすいと言われています。カブが好む環境と言うのは、生育適温15度から20度の冷涼な気候で、

春まきの場合は3月から4月にかけて、秋まきの場合は9月から10月にかけての2度の栽培が出来ます。また、小カブの場合は種をまいてから45日から50日ほどで収穫が出来るため、初心者でも栽培が可能になります。

尚、小カブと言うのはカブの中の一つの種類であり、一般的には直径が5~6センチほどのサイズを小カブと呼んでいます。カブには大カブや中カブなども有りますが、大カブは直径15センチ以上、中カブは直径13センチ程度のものをそれぞれ大カブや中カブ、小カブ特別しています。

小カブの種付けや水やり、肥料について

小カブはカブの中でも育て方が比較的簡単な野菜です。しかし、カブと言う野菜は直根類に分類するものであり、主根となる部分が肥大する野菜であり、種まきは直まきのみで行います。また、移植する事で又根になることからも直接畑に種をまいて栽培をスタートする事になります。

中間地においては春まきは3月の中旬から4月の下旬頃まで、秋まきは9月の初旬から10月の上旬頃になります。寒冷地は、春まきは4月の中旬から6月の下旬頃まで、秋まきは8月の初旬から9月の中旬頃まで、暖地では3月の初旬から5月の初旬頃まで、秋まきは9月の中旬から10月の中旬頃までがそれぞれの地域における種まきの時期となります。

また、追肥や土寄せは種まきを行った後に行う必要が有る事、連作障害が在るため1年間は同じ場所に作付けを行わないなどの注意が在りますす、雨が多く降った時や収穫が遅れてしまうとカブが割れてしまう事が在りますので注意が必要です。

間引きは重要であり、間引きを早目に行う事でカブの根を大きくすることが出来ます。水やりについては種をまいて発芽するまでの間は、土が乾燥しないように定期的に水をあげますが、発芽した後は極端に土が乾燥をしない限りは水を上げる必要はありません。

発芽した後、本葉1~2枚で株間を3㎝にし、本葉が3~4枚で6㎝、本葉5~6枚になったら12㎝と言う具合に、成長を見ながら株間を変えてあげます。また、間引きをした後は株元部分への土寄せを行います。

小カブの増やし方や害虫について

間引きはカブを栽培するために必要不可欠な作業であり、間引きをする事でカブの根を大きくさせることが出来ます。種をまく2週間前に1㎡あたり、苦土石灰を100g~150gほど散布し土を耕して準備をしておきます。1週間前には、1㎡あたり堆肥を2kg、粒状肥料120gを混ぜて散布を行って土に混ぜ込みをしておきます。

幅60cmから80cmの畝を立ててあげて、表面を平らにした後に、条間30cmをとってすじまきにし、覆土した後は表土をしっかり押さえてあげて、種と土を密着させるようにし、水やりをしておきます。尚、カブはアブラナ科の代用的とも言える根こぶ病が生じるリスクが在ります。

しかし、根こぶ病は続けてアブラナ科の野菜を栽培しなければ生じるものではありません。そのため、連作障害となる作付け期間を1年おきにしてあげれば、根こぶ病は発症する事がありません。因みに、最近の研究などでは根こぶ病が発生している畑に大根を小カブ栽培の前に行ってあげると、その後で小カブを栽培しても根こぶ病の発生が減少すると言う事が解っています。

尚、根こぶ病と言うのは丸い形の根の先に、細長いこぶ状の根がついてしまうものであり、カブの異形と言う形になる病気の一つです。また、カブは害虫が付きやすい野菜でもあり発芽するとアブラムシが発生したり、葉が出てきた後にヨトウムシが発生し、葉を食害してしまう事が在りますが、何れの場合も早目の防除が大切です。

小カブの歴史

カブは煮物、サラダ、漬物など色々な食べ方が出来る野菜であり、煮込む事で甘みが増すため、日本料理には欠かせない食材となっています。また、カブは世界中が生息地でもあり、種類が豊富にあるなどの特徴を持ち、日本国内ではカブラ、スズナ、カブラナ、カブナなどの別名を持ちます。

尚、カブは大きく分けるとアフガニスタン原産のアジア系、中近東より地中海沿岸原産のヨーロッパ系の2つの種類に分けることが出来ると言われています。日本国内で栽培されている多くは小カブと呼ばれるもので、主要生産地と言うのは千葉県の3割になり、

これに続いているのが埼玉県や青森県などであり、国内生産量の約半数を占めると言われています。小カブなどの歴史と言うのは古いと言われていますが、これは中国の中での詩経に記載が行われているからなのです。詩経と言うのは、中国最古と言われる詩篇であり、

舞踊や楽曲を伴う歌謡をこのように呼んでいます。また、中国だけではなくヨーロッパ系のカブについても古代ギリシャの史料の中に記載が行われているなど、歴史としては古くから食べられていたと言われています。日本においては古事記の中にカブの事が記されていると言われていますが、

日本のカブと言うのはヨーロッパ系と中国伝来となるアジア系の2つが存在しており、これらの代表されるのが京野菜など西日本で栽培されているアジア系、東日本などで栽培されているヨーロッパ系であると言われています。

小カブの特徴

日本国内に在るカブの種類と言うのは約80種類が在ると言われており、多様な品種が在ります。また、金町小カブは最も生産量が多いと言われている伝統野菜の代表品種、天王寺かぶは西日本で生産されている中型種、日野菜かぶは滋賀県の特産品で、大根のような細長い形をしているのが特徴です。

因みに、カブにはヨーロッパ系とアジア系の2つに分けることが出来ますが、この二つは関ヶ原付近で線引きが出来ると言われており、ヨーロッパ系は東側、アジア系は西側と言う事や、日本の生産量の大半は小カブであり、小カブは東側で栽培されている事からも、

ヨーロッパ系のカブの品種だと言われています。カブと言うのは白い色をしている野菜ではあるのですが、品種の中にはピンク色をしているものも有ります。小カブは煮物料理や漬物、サラダ、大根のようにすりおろして食べるなど色々な食べ方が出来る野菜ですが、

健康に良い野菜でもあり、免疫力を高めてくれる効果を持つのも特徴です。小カブは、白い根の部分が淡色野菜、葉の部分は緑黄色野菜でそれぞれの健康効果を期待出来る野菜でもあり、白い根の部分は、米、芋類などの淡水化物の消化を助けてくれます。

酵素のジアスターゼ、澱粉を分解してくれる酵素のアミラーゼが豊富に含まれており、葉の部分にはビタミンAを初め、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ミネラル成分となるカルシウムや鉄、食物繊維などが含まれており、根の白い部分よりも葉の方が栄養価が高いと言われています。

野菜の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:カブの育て方
タイトル:コールラビの育て方
タイトル:シソの育て方
タイトル:サツマイモの育て方

pixta_himarayayukinosita

ヒマラヤユキノシタの育て方

ヒマラヤユキノシタとは原産がヒマラヤになります。おもにヒマラヤ山脈付近が生息地のため、周辺のパキスタンや中国やチベットな...

pixta_hiberutexia

ヒベルティアの育て方

ディレニア科ヒベルティア属は、害虫被害に遭いにくい植物です。原産地をオーストラリアとするヒベルティアという花は、種類にも...

pixta_treejamainda

ツリージャーマンダーの育て方

シソ科ニガクサ属で、原産は地中海沿岸西部で、常緑小低木である植物がツリージャーマンダーで、学名はテウクリウムフルティカン...

pixta_boogenvilia

ブーゲンビレアの育て方

今ではよく知られており、人気も高いブーゲンビレアは中央アメリカから南アメリカが原産地となっています。生息地はブラジルから...

pixta_saboten03

サボテンの育て方のコツとは

生活の中に緑があるのは目に優しいですし、空気を綺麗にしてくれるので健康にも良いものなのです。空気清浄機のように電気代がか...

pixta_kriptansas

クリプタンサスの育て方

クリプタンサスはブラジルに広く分布している多年草で多くの場合は森林の中で自生しているのですが、個性的な葉の色の物が多いこ...

pixta_ikarisou

イカリソウの育て方

イカリソウは古くから強壮剤の漢方薬として用いられ、秦の時代の始皇帝も用いていたといわれています。日本でも自生し、春を代表...

pixta_reuisiakotidoren

レウイシア・コチレドンの育て方

この植物の特徴は、スベリヒユ科、レウイシア属になります。園芸上の分類としては山野草、草花となることが多くなります。花の咲...

pixta_santrina

サントリナの育て方

種類はキク科になります。除虫菊と同じ仲間なので、そのことからも虫をあまり寄せ付けないのかもしれません。草丈は大きいものだ...

pixta_tamanegi_03

野菜作りを趣味にする方が増えています

最近では趣味で野菜作りを行う方が増えています。栽培方法を紹介するテレビ番組やマニュアル本も豊富で、いち早く情報を得られる...

スポンサーリンク

pixta_yamaimo

ヤマイモの育て方

ヤマイモとナガイモは、よく混同されますが、まったく別の種...

pixta_orenjirui

オレンジ類の育て方

インドのアッサム地方が生息地のオレンジ類は、中国からポル...

pixta_himawari_01

ひまわりの育て方

ひまわりはきく科に属し、日輪草(ニチリンソウ)や日車(ヒ...

pixta_warenbergia

ワーレンベルギアの育...

特徴としては、被子植物、真正双子葉類、コア真正双子葉類、...