植物の育て方で考えるべき要素や種類の選択について

植物の育て方で考えるべき要素や種類の選択について

植物の栽培を考える上で考えるべき事は、栽培する植物に合わせた環境を作るという事に尽きると言えます。特に重視したいのは肥料と土壌です。まず肥料については、窒素・リン・カリウムの3つの物質が肥料の3要素と呼ばれています。

植物の栽培で重要なポイント

何でも植物の種類を問わずに充分且つ正常な生育の為には供給が必要となるものですが、求められる3つの物質のバランスは種類毎に異なる側面があります。従って、其々の種類に合わせた銘柄・製品を手配して与えてやる必要がある訳です。

また、量の加減も充分に検討する必要があります。また土壌については特にph値が重要であり、概ね弱酸性~アルカリ性の状況で生育状況が良い、ここから外れると寄生虫等が発生し易い・障害が起き易いといった特徴があります。

一方で範囲内でのベストな状態については植物の種類によって異なると共に、育つ種類によって土壌の方が影響を受けるという性質があります。従って適正なph値を保つ為、場合によっては土壌改良の為の薬剤等の使用を検討する必要もあります。

その他のポイント

この他にも、水はけ・温度といった問題もあります。水はけについては極端に合わないケースでは土の入れ替え等を検討してあげる必要がありますし、温度についてはそもそも栽培地の自然な気候に合わない種類の植物を育てる場合には、ビニールハウス等の設備を整える必要があります。

こうして見て行くと、実はかなり多くの要素が複雑に絡んでいる事が解かります。そしてそこから、育てる植物の選択肢も見えてくる面があります。まず商品作物の栽培を除けば、温度が合わずに大型の設備を要する状況というのはあまり適切とは言えません。コストも手間も高くなる事から、基本的にはより育てやすいものの生育を指向した方が賢明と言えます。

また土壌や肥料から考えると、比較的ベストと思える条件が近しいものも見えて来ます。栽培においては限られた範囲で行う事になりますから、複数の植物を同時に育てたいという考えがある場合にはその上手い組み合わせを事前に把握して置くと、管理の面でも行き届き易くなると言えます。

初心者の方はこちらの栽培が簡単な植物の育て方を参考にしてみて下さい♪

植物の栽培の注意点

更にポイントを挙げるならば、同じ種類を何度も引き続き栽培する連作は避けた方が良いと言えます。その理由は土壌等に齎す影響が一方的に偏る事や、同じ種類のものがあり続ける事で関連する寄生虫等の発生も起き易くなり、問題が起きた際の改善が困難になりがちな為です。

そして比較的条件が幅広く植物もある事から、特に経験が浅い初心者の内はそうした種類に目を付けて経験を積んで行くというのが、栽培全般に関するスキルを高める上でも良いと考えられます。何の目的で栽培を行うかも加味して、検討をすると良いと言えます。

こちらの植物を栽培するに当たって注意しなければならない事も参考にどうぞ♪

pixta_tyurip02

春の風物詩 チューリップの育て方について

桜の花に次いで春の風物詩となる植物がチューリップです。独特のふっくらとした形が特に女性に人気があります。卒業式や入学式な...

pixta_seiyoumurasak

セイヨウムラサキの育て方

セイヨウムラサキの特徴について書いていきます。日本を本来の生息地とするムラサキと比較してみると、茎に特徴があります。茎が...

pixta_baikautugi

バイカウツギの育て方

バイカウツギは本州から九州、四国を生息地とする日本原産の植物になり、品種はおよそ30~70種存在し、東アジアやヨーロッパ...

pixta_amerikahanamizuki

アメリカハナミズキの育て方

アメリカハナミズキの歴史について言及していきます。まず、このアメリカハナミズキは原産地が、その名前からわかるとおり、アメ...

pixta_erigeron

エリゲロンの育て方

花の特徴として、種類はキク科になります。和名でキクの名前が入っていることからキクに似ていることはわかりますが種類に関して...

pixta_musitorisumire

ムシトリスミレの仲間の育て方

この花については、キク亜綱、ゴマノハグサ目、タヌキモ科となっています。その他の名前としてはピンギキュラと言われていて、ピ...

pixta_herebors

ヘレボルス・チベタヌスの育て方

ヘレボルス・チベタヌスはキンポウゲ科ヘレボルス属の多年草ですので多くのヘレボルスの品種がヨーロッパに生息地としているのに...

pixta_karant

カラント類の育て方

カラント類は、ヨーロッパが原産です。フサスグリ全般のことをトータルで、英語ではカラントと呼んでいます。カラント類は真っ赤...

pixta_bllnevila

ブルビネラの育て方

ブルビネラは南アフリカやニュージーランドを原産とする花であり、日本で見ることが出来るようになってきたのはごく最近のことで...

pixta_ajisai

アジサイの育て方

アジサイは日本原産のアジサイ科の花のことをいいます。その名前の由来は「藍色が集まった」を意味している「集真藍」によるもの...

スポンサーリンク

pixta_abokado

食べ終わったアボカド...

最近、美容にとてもいい効果があるとしてハリウッド女優やモ...

pixta_herikusam

ヘリクリサムの育て方

このヘリクリサム、ホワイトフェアリーの一番の特徴は何とい...

pixta_nikotiana

ニコチアナの育て方

南北アメリカが原産のニコチアナは、主な生息地が南アメリカ...

pixta_osmokisiron

オスモキシロンの育て...

オスモキシロンは東南アジア地域を原産とする植物であり、フ...