植物の育て方で考えるべき要素や種類の選択について

植物の育て方で考えるべき要素や種類の選択について

植物の栽培を考える上で考えるべき事は、栽培する植物に合わせた環境を作るという事に尽きると言えます。特に重視したいのは肥料と土壌です。まず肥料については、窒素・リン・カリウムの3つの物質が肥料の3要素と呼ばれています。

植物の栽培で重要なポイント

何でも植物の種類を問わずに充分且つ正常な生育の為には供給が必要となるものですが、求められる3つの物質のバランスは種類毎に異なる側面があります。従って、其々の種類に合わせた銘柄・製品を手配して与えてやる必要がある訳です。

また、量の加減も充分に検討する必要があります。また土壌については特にph値が重要であり、概ね弱酸性~アルカリ性の状況で生育状況が良い、ここから外れると寄生虫等が発生し易い・障害が起き易いといった特徴があります。

一方で範囲内でのベストな状態については植物の種類によって異なると共に、育つ種類によって土壌の方が影響を受けるという性質があります。従って適正なph値を保つ為、場合によっては土壌改良の為の薬剤等の使用を検討する必要もあります。

その他のポイント

この他にも、水はけ・温度といった問題もあります。水はけについては極端に合わないケースでは土の入れ替え等を検討してあげる必要がありますし、温度についてはそもそも栽培地の自然な気候に合わない種類の植物を育てる場合には、ビニールハウス等の設備を整える必要があります。

こうして見て行くと、実はかなり多くの要素が複雑に絡んでいる事が解かります。そしてそこから、育てる植物の選択肢も見えてくる面があります。まず商品作物の栽培を除けば、温度が合わずに大型の設備を要する状況というのはあまり適切とは言えません。コストも手間も高くなる事から、基本的にはより育てやすいものの生育を指向した方が賢明と言えます。

また土壌や肥料から考えると、比較的ベストと思える条件が近しいものも見えて来ます。栽培においては限られた範囲で行う事になりますから、複数の植物を同時に育てたいという考えがある場合にはその上手い組み合わせを事前に把握して置くと、管理の面でも行き届き易くなると言えます。

初心者の方はこちらの栽培が簡単な植物の育て方を参考にしてみて下さい♪

植物の栽培の注意点

更にポイントを挙げるならば、同じ種類を何度も引き続き栽培する連作は避けた方が良いと言えます。その理由は土壌等に齎す影響が一方的に偏る事や、同じ種類のものがあり続ける事で関連する寄生虫等の発生も起き易くなり、問題が起きた際の改善が困難になりがちな為です。

そして比較的条件が幅広く植物もある事から、特に経験が浅い初心者の内はそうした種類に目を付けて経験を積んで行くというのが、栽培全般に関するスキルを高める上でも良いと考えられます。何の目的で栽培を行うかも加味して、検討をすると良いと言えます。

こちらの植物を栽培するに当たって注意しなければならない事も参考にどうぞ♪

pixta_dokuzeri

ドクゼリの育て方

ガーデニングなどの植物を育てるということは、本来自然にある自生の植物を自分の所有する庭に囲い込み、好みに合わせた箱庭を作...

pixta_kurokosumia

クロコスミアの育て方

クロコスミアは、モントブレチアやヒメヒオウギズイセンと言った別名を持つ球根植物の多年草の植物です。ヒメヒオウギズイセン(...

pixta_kagabuta

カガブタの育て方

この植物は、ミツガシワ科アサザ属の多年草ということで、湖沼やため池などにみられる水草ですが、原産地及び生息地はアジア、ア...

pixta_endou_02

エンドウの育て方

古代エジプトの王の墓から発見されたというエンドウは、地中海地方と中国が原産地や生息地とされています。日本には10世紀のこ...

pixta_gkinsenka

植物の育て方を押さえてオリジナルな庭づくりを楽しみましょう

最近では、様々な所でガーデニングなどの園芸講座が開かれています。自分オリジナルな庭を作ることが出来るため、一つの趣味とし...

pixta_iberisu

イベリス・センパーヴィレンスの育て方

イベリスには2種類があり、1年草と多年草になります。イベリス・センパーヴィレンスは多年草にあたります。アブラナ科で別名は...

ronisera

ロニセラの育て方

ロニセラは北半球に広く分布するつる植物で、北アメリカの東部や南部が原産地です。初夏から秋まで長期間開花し、半常緑から常緑...

pixta_fikasuunberata

フィクス・ウンベラタ(フィカス・ウンベラータ)(Ficus ...

フィクス・ウンベラタとは、フィカス・ウンベラータとも言われていますが、葉がとても美しいだけでなく、かわいいハートの形をし...

pixta_momijikaramatu

モミジカラマツの育て方

モミジカラマツの特徴について書いていきます。その名前の由来からして、葉っぱは紅葉のように切れ込む葉が特徴的です。実際に見...

pixta_hoya

ホヤ属(Hoya ssp.)の育て方

ホヤ属の栽培をおこなう場合には、日陰などのような位場所ではなくできるだけ日のあたる明るい場所を選ぶようにしてください。耐...

スポンサーリンク

pixta_yusuraume

ユスラウメの育て方

ユスラウメの特徴としては真っ赤な赤い実をつけることです。...

pixta_shuukaidou

シュウカイドウの育て...

シュウカイドウは中国を自然の生息地とする植物で、多年生の...

pixta_tokiwasanzasi

トキワサンザシの育て...

真赤な赤い実と濃い緑の葉を豊かに実らせるトキワサンザシは...

pixta_nemesia

ネメシアの育て方

ネメシアは日本においてはウンランモドキとも呼ばれており、...