植物の育て方で考えるべき要素や種類の選択について

植物の育て方で考えるべき要素や種類の選択について

植物の栽培を考える上で考えるべき事は、栽培する植物に合わせた環境を作るという事に尽きると言えます。特に重視したいのは肥料と土壌です。まず肥料については、窒素・リン・カリウムの3つの物質が肥料の3要素と呼ばれています。

植物の栽培で重要なポイント

何でも植物の種類を問わずに充分且つ正常な生育の為には供給が必要となるものですが、求められる3つの物質のバランスは種類毎に異なる側面があります。従って、其々の種類に合わせた銘柄・製品を手配して与えてやる必要がある訳です。

また、量の加減も充分に検討する必要があります。また土壌については特にph値が重要であり、概ね弱酸性~アルカリ性の状況で生育状況が良い、ここから外れると寄生虫等が発生し易い・障害が起き易いといった特徴があります。

一方で範囲内でのベストな状態については植物の種類によって異なると共に、育つ種類によって土壌の方が影響を受けるという性質があります。従って適正なph値を保つ為、場合によっては土壌改良の為の薬剤等の使用を検討する必要もあります。

その他のポイント

この他にも、水はけ・温度といった問題もあります。水はけについては極端に合わないケースでは土の入れ替え等を検討してあげる必要がありますし、温度についてはそもそも栽培地の自然な気候に合わない種類の植物を育てる場合には、ビニールハウス等の設備を整える必要があります。

こうして見て行くと、実はかなり多くの要素が複雑に絡んでいる事が解かります。そしてそこから、育てる植物の選択肢も見えてくる面があります。まず商品作物の栽培を除けば、温度が合わずに大型の設備を要する状況というのはあまり適切とは言えません。コストも手間も高くなる事から、基本的にはより育てやすいものの生育を指向した方が賢明と言えます。

また土壌や肥料から考えると、比較的ベストと思える条件が近しいものも見えて来ます。栽培においては限られた範囲で行う事になりますから、複数の植物を同時に育てたいという考えがある場合にはその上手い組み合わせを事前に把握して置くと、管理の面でも行き届き易くなると言えます。

初心者の方はこちらの栽培が簡単な植物の育て方を参考にしてみて下さい♪

植物の栽培の注意点

更にポイントを挙げるならば、同じ種類を何度も引き続き栽培する連作は避けた方が良いと言えます。その理由は土壌等に齎す影響が一方的に偏る事や、同じ種類のものがあり続ける事で関連する寄生虫等の発生も起き易くなり、問題が起きた際の改善が困難になりがちな為です。

そして比較的条件が幅広く植物もある事から、特に経験が浅い初心者の内はそうした種類に目を付けて経験を積んで行くというのが、栽培全般に関するスキルを高める上でも良いと考えられます。何の目的で栽培を行うかも加味して、検討をすると良いと言えます。

こちらの植物を栽培するに当たって注意しなければならない事も参考にどうぞ♪

pixta_soreiroria

ソレイロリアの育て方

特徴としては、イラクサ科の植物とされています。常緑多年性の草になります。草の高さとしてはそれ程高くなりません。5センチぐ...

pixta_tomato03

おいしいトマトを作りましょう

トマトにはさまざまな種類があります。大きなトマトからプチトマトまで、収穫のサイズも種類によって変わってきます。以前は病気...

pixta_komatunagi

コマツナギの育て方

この植物は背丈が高く40センチから80センチまであり、マメ科コマツナギ属の落葉小低木に分類されています。同じマメ科に属す...

pixta_tupidannsasu

ツピダンサス(Schefflera pueckleri)の育...

ツピダンサスの原産地はインド、マレー半島などの熱帯アジア地域になります。「ツピダンサス・カリプトラツス(Tupidant...

pixta_gurifinia

グリフィニアの育て方

原産国がブラジル連邦共和国原産の”グリフィニア”はヒガンバナ科の植物です。和名”ミニブルーアマリリス”とも呼ばれており、...

pixta_minibara

バラ(ミニバラ)の育て方

バラ(ミニバラ)とはバラ科バラ属の植物で、ミニバラや姫バラ、ミニチュア・ローズ、パティオ・ローズ、マイクロ・ミニなどとも...

pixta_tamagayaturi

タマガヤツリの育て方

タマガヤツリはカヤツリグサ科の一年草で、湿地帯に多く見られます。生息地は日本においてはほぼ全土、世界的にみても、ほぼ全世...

pixta_kumomasou11

雲間草の育て方

日本の園芸店で市販されている雲間草は、一般的に「西洋雲間草」、「洋種雲間草」と呼ばれているヨーロッパ原産のものです。元々...

pixta_abokado

アボカドの栽培について

栄養価が高く、サラダやサンドウィッチの具材としても人気の高いアボカドですが、実はご家庭で観葉植物として栽培することができ...

pixta_sandasonia

サンダーソニアの育て方

サンダーソニアは南アフリカのナタール地方で発見された花で、1851年に発見されたイヌサフラン科の多年生植物として伝えられ...

スポンサーリンク

pixta_riguraria

リグラリアの育て方

リグラリアは菊科の植物で、原産は東アジアの広い地域を生息...

pixta_serinsemayoru

セリンセ・マヨールの...

セリンセ・マヨールは、セリンセの園芸品種です。セリンセは...

pixta_ubayuri

うばゆりの育て方

ここでは、うばゆりの特徴について細かく述べます。土より下...

pixta_henrizuta

ヘンリーヅタの育て方

特徴として、まずブドウ科、ツタ属であることです。つまりは...