お料理に重宝バジルの栽培のコツ

お料理に重宝バジルの栽培のコツ

ベランダやお庭でのバジルの育て方は簡単で誰にでも挑戦する事が出来ます。バジルの種まきの時期は春から初夏にかけてがベストです。プランターなど育てる事が出来ますので、狭い場所でも手軽に挑戦出来ます。

バジルの育て方

ベランダやお庭でのバジルの育て方は簡単で誰にでも挑戦する事が出来ます。バジルの種まきの時期は春から初夏にかけてがベストです。プランターなど育てる事が出来ますので、狭い場所でも手軽に挑戦出来ます。

バジルの種類はいくつかありますが、最も一般的なスイートバジルはハーブの中でも子供から大人まで好まれる味わいです。パスタ料理などの風味付けに大変重宝してくれます。また収穫したバジルをペースト状に加工しておけば日持ちします。

バジルの栽培時の注意点

たくさん育てて色々なお料理に役立たせてみるのも楽しいです。バジルの栽培のコツは種まきの時期にあります。気温は15度から20度位で発芽しますので、春先に種まきをする場合は気温もチェックしておくといいです。

種から育てる場合は水やりは少し慎重になると失敗がありません。種が非常に小さいので、水を沢山あげすぎると流れてしまう事もあります。霧吹きなどを使用すると上手に水をあげる事が出来ます。葉が出てくるころになりますと、バジルらしい雰囲気を出します。

プランターの場合は日当たりのよい場所へ移動させることが出来ます。よく日に当てるとどんどん成長します。脇芽も増えてきます沢山収穫できます。この頃になりますと少し液体肥料などを足してあげるとより元気に育ちます。2週間に一度位を目安に様子を見ながら足してあげるといいです。

夏ごろになると収穫してもすぐにまた脇から芽が出てきます。繰り返し収穫してバジルを味わう楽しみが出てきます。生のバジルの風味はとても新鮮で、子供のパスタ料理でも喜ばれます。イタリアンハーブで非常に多くの人に好まれています。

今まで家庭菜園に挑戦しても上手にいかなった人でもバジルは大丈夫です。そして収穫も結構出来ますので、春先に種から挑戦してみるといいです。種は園芸店やホームセンターなどで100円程度で購入する事が出来ます。

こちらのバジルの育て方も詳しく書いてありますので、凄く参考になります♪

バジルの育て方 害虫に関して

ある程度苗が育つまでは慎重にする必要がありますが、しっかりしてくればそれ程注意しなくてもどんどん育つのが特徴です。バジルを育てている上でまれに害虫がつく場合もあります。手で取り除けるものはそっと取り除きます。

また霧吹きの水圧で吹き飛ばすのもよいです。葉を直接食べるものですから、なるべく薬剤を使用せず工夫するといいです。また梅雨場など、水はけが悪く根が腐ってしまう事もまれにあります。そのような場合は、もう一度新しくやり直してみるといいです。万が一失敗してもすぐに再挑戦できるのもいい点です。

また子供でも手軽に挑戦できますので、毎日のお手入れの日課を子供託してみるのもよいです。葉の成長と収穫を楽しみに育てることで子供にとっても少し先の楽しみを待つよい経験となります。

pixta_arekayasi

良い植物の選び方と栽培のコツ

植物は見る人の心を癒してくれます。また、植物を育てることは心の健康にも良いとされ、園芸療法などにも利用されています。せっ...

pixta_fozagira

フォザギラ・マヨールの育て方

フォザギラ・マヨールは北アメリカ東部原産の落葉低木です。北アメリカに自生し、山地や森林などを生息地としています。学名はF...

pixta_heriotop

ヘリオトロープの育て方

ヘリオトロープは属名”ヘリオトロピウム”と呼ばれ、はギリシア語の”ヘリオス(太陽)”と”トロペ(回転)”から来ています。...

pixta_kumagaisou

クマガイソウの育て方

ラン科の植物として有名であり、近い品種としては、タイワンクマガイソウ、アツモリソウなどがあります。クマガイソウの特徴とし...

pixta_potosu

初心者でも簡単なポトスの育て方

生活の中に緑があるのとないのでは毎日の清々しさが違うものです。これは気分的な話だけではなく、加湿効果や有害物質を吸着・分...

pixta_wata

ワタ(綿)の育て方

その後インドでは、この植物の栽培が盛んになり、それは最近まで続いていたということですが、世界に広がったのは意外に遅く、ア...

pixta_benibana

ベニバナの育て方

ベニバナに関しては見ると何の種類か想像しやすい花かも知れません。見た目には小さい菊のように見えます。実際にキクの仲間にな...

pixta_bluecatseye

ブルーキャッツアイの育て方

ブラジル原産の多年草である”ブルーキャッツアイ”。日本では観賞植物として栽培されています。別名はオタカンサスと呼ばれる花...

pixta_pankratium

パンクラチウムの育て方

パンクラチウムはヒガンバナ科パンクラチウム属の植物です。原産はスリランカで、地中海沿岸に生息地が分布しています。17世紀...

pixta_yuriopsuteji

ユリオプスデージーの育て方

特徴として、キク科、ユリオプス属になります。南アフリカを中心に95種類もある属になります。園芸において分類では草花に該当...

スポンサーリンク

pixta_turumurasaki

ツルムラサキの育て方

ツルムラサキがどこに自生していたのかというのは、詳しくは...

pixta_siroyamabuki

シロヤマブキの育て方

バラ科ヤマブキ属、シロヤマブキ属のような区別がなかった時...

pixta_olive11

シンボルツリーとして...

オリーブは常緑性のモクセイ科の植物で、原産国は中近東・地...

pixta_tamanegi

タマネギの育て方

タマネギはユリ科に属する野菜で、100グラムあたりリンが...