ビワの種からの育て方

ビワの種からの育て方

ビワの実を食べたことがありますか?甘くてさっぱりした味のビワの実は、4月から7月頃にスーパーなどで売られています。実はこの食べ終わった後残るビワの種、植えるとかなりの確率で芽が出てくれます。初心者でも育てやすいビワを、種から育ててみませんか。

ビワを育ててみよう

ビワの実を食べたことがありますか?甘くてさっぱりした味のビワの実は、4月から7月頃にスーパーなどで売られています。実はこの食べ終わった後残るビワの種、植えるとかなりの確率で芽が出てくれます。初心者でも育てやすいビワを、種から育ててみませんか。

ビワは、寒さに気を付ければ、どこでも育てることは可能です。暖かい地方での栽培が向いていますが、鉢植えにして冬は室内で管理すれば寒冷地でも栽培が可能です。鉢植えでもきちんと実が付くのでご安心を。ただしマイナス5℃以下になると、花やつぼみ、実が枯れてしまうので要注意。

また、ビワの葉には多くの薬効が含まれています。自分で育てたビワの葉を、エタノールや焼酎漬けにして自家製のビワエキスを作ることが出来ます。ビワエキスの原液は軽い火傷に良く効きますし、薄めてうがい薬として使用することも出来ます。このようにビワは、実が美味しいだけでなく、とても実用的な薬草です。

ビワの種からの育て方

ここではそんなビワの、種からの育て方を紹介します。ビワの種まきは、プランターなどの鉢と、培養土があれば大丈夫です。直蒔きは木が大きく成長し過ぎてしまうので、管理のしやすい鉢植えがお勧めです。

種のまき方は、洗った種を、土の2~3cmの深さに植えます。時期としては、ビワが出回る季節(4月~7月頃)が、暖かく発芽に適した気温です。 種をまき終えたら、土が乾かないように水やりをします。

ビワはとても発芽率が高いので、乾燥に気を付けて適度に水やりをしていれば、発芽してくれることが多いです。気温にもよりますが、約1カ月ほどで発芽します。

ビワの栽培時の注意点

発芽後は、日当り、風通しの良い場所に置きます。とは言っても、半日陰程度であれば良く育ってくれます。水やりは土が乾いたら、たっぷりと与えます。ビワは割と乾燥に強く、多湿には弱いので、水の与えすぎには気を付けましょう。

発芽して数カ月すると成長して大きくなってくるので、3月頃の暖かくなってきた頃を目処に植え替えを行います。

用土は水はけのいいものが良く、色々な配合の仕方がありますが、赤玉土小粒7、腐葉土3位の割合で配合した土が使いやすいかと思います。肥料は控えめでかまいません。鉢植えの場合、2月、6月、9月に有機質肥料か即効性化成肥料を施します。

鉢いっぱいに根が回ってしまうと、養分の吸収が出来なくなり、根詰まりを起こしてしまいます。2~3年に一度は生育状態や、根の様子を見て植え替えるようにして下さい。

種から育てたビワに実がなるまでは最低5年から10年は掛かります。桃栗3年柿8年と言いますから、同じ樹木のビワも中々時間は掛かります。気の長い話ですが、自分で育てたビワの実を食べれる日を楽しみに、育ててみるのも楽しいですよ。

下記の記事も詳しく書いてありますので、凄く参考になります♪
タイトル:ビワの育て方
タイトル:スモモの育て方
タイトル:カキの育て方
タイトル:桃の育て方

pixta_rotasu

ロータスの育て方

「ロータス」は、北半球の温帯、主に地中海付近の島国を原産として約100種類もの品種が存在するマメ科ミヤコグサ科の多年草で...

pixta_riatoris

リアトリスの育て方

北アメリカが原産の”リアトリス”。日本には、大正時代に観賞用として渡来した花になります。苗で出回る事が少なく、切り花とし...

pixta_barubofiram

バルボフィラムの育て方

バルボフィラムは、とても多くの種類がある、洋ランの一種です。ひとつの地域が原産で、そこにある原種を元に品種改良や交配が繰...

pixta_ikusoakokinera

イクソーラ・コキネアの育て方

この花の特徴は何といっても花です。アジサイのように小さな花が密集してひとつの花のように見えるところです。細かいことを言う...

pixta_mint

お洒落なハーブの育て方

お洒落なハーブを自分で育てることが素敵だと思いませんか?最近はお家でハーブを育てている人が多くなっています。ハーブと聞く...

pixta_nekonohige

ネコノヒゲの育て方

このネコノヒゲの特徴は、何と言ってもピンと上を向いた猫の髭の様な雄しべと雌しべではないでしょうか。髭の様な雄しべと雌しべ...

pixta_angurekamu

アングレカムの育て方

アングレカムはマダガスカル原産のランの仲間です。マダガスカル島と熱帯アフリカを生息地とし、およそ200の種類があります。...

pixta_shefrera11

シェフレラの育て方

シェフレラは台湾や中国南部を原産としたウコギ科の常緑低木です。手の平を広げたような可愛らしい葉が密集して育ちます。ドイツ...

pixta_okisipetaram

オキシペタラム(ブルースター)の育て方

オキシペタラム(ブルースター)は和名では瑠璃唐綿と呼ばれるトゥイーディア属キョウチクトウ科の植物です。原産はブラジル南部...

pixta_hasu11

ハスの育て方

ハスはインド亜大陸を原産とするハス科の水生植物です。その歴史は植物の中でも特に古く、1億4000万年前には既に地球上に存...

スポンサーリンク

pixta_brasinoki

ブラシノキの育て方

フトモモ科ブラシノキ属するブラシノキには34種類あるとい...

pixta_potentexira

ポテンティラの育て方

この花の科名としてはバラ科になります。キジムシロ属、ポテ...

pixta_nigana

ニガナの育て方

ニガナはキク科の多年草で、原産地及び生息地は日本や東アジ...

pixta_miyamakinbai

ミヤマキンパイの育て...

バラ科のキジムシロ属であり、原産国は日本や韓国、中国の高...