オクラとツルレイシの作り方

オクラとツルレイシの作り方

オクラは別名アメリカネリといい、アフリカ原産の暑さに強い野菜でクリーム色の大きな美しい花の後にできる若さや食用にしてます。切るとぬめりのオクラは、βカロチン・ビタミンB・ビタミンC・ビタミンE・カルシウム・鉄分と食物繊維を豊富に含んでいます。

オクラの育て方

生のすりおろし、とろろ汁に細かく刻んでしょうゆ、鰹節などをかけて食べます。オクラの種まきは気温が十分に高くなってから行い、育て方1つで収穫量が大きく変わる野菜です。生育適温は20から30℃、オクラの栽培過程で背丈が高くなからプランターでの栽培は、支柱を立てを立てるのがよいです。

オクラの種まき3週間前に苦土石灰を全面に散布して深く耕します。高温を好む作物なので直植えせず、ポットで種を撒き育苗して気温が上がったら定植出来るようにするのがオクラの育て方になります。

種子が堅く吸収し難いので、川砂をまぶし種に傷をつけて一晩中水に浸してからまくと発芽が早くなります。オクラの種まきをしてから本葉2枚と4から5枚になった頃合に、それぞれ間引きをして一箇所につき一本にして同時に土寄せを行ないます。

肥料の吸収力が強いので、元肥が多すぎると草勢が強過ぎ実つきが悪くなるので、有機物を多めに施すのがオクラの育て方に関するコツになります。収穫は幼果が3から4センチの時が良いです。次にツルレイシの作り方を説明します。

こちらのオクラの育て方も凄く理解できる内容になってます♪

ツルレイシの育て方

ツルレイシは熱帯アジア原産のつる性の野菜です。果実は果皮全体にイボが有り、この果実の形が果樹のレイシに似ている事からツルレイシと称されるようになりました。幼小果は緑色ですが、成熟すると赤色になり、観賞用としても楽しめます。

夏の高温や乾燥にも強く、病害虫もほとんど無く作りやすいので、夏の端境期果奈としても最適の野菜です。少しほろ苦い独自の味を嫌う人もいますが、未熟な内に収穫して輪切りにして、油いため・漬物・酢のもの・甘煮・汁の実など用途も広くて美味しいものです。

ツルレイシの種まき

下準備として、種まき3週間前に苦土石灰300グラムを全面に散布して深耕をします。畝幅90センチ・株間40センチの距離に、直径50センチ深さ30センチくらいの穴を掘り、完熟堆肥1キロとミミズ糞粒500グラム・鶏糞100グラムを入れて、土とよく混ぜ合わせてくらつきを施します。

種をまく時期は、関東なら5月上旬頃・沖縄なら3月から5月の間頃にくらつきを施した上に1箇所5から6粒の点まきにします。発芽後は2回間引きをして1箇所を1本にします。草丈15センチ以上になったら長い支柱を立てます。

家庭菜園向きには、棚作りや垣根作りやアーチ作りが良いです。つるがよく伸びて繁茂するので日除けにもなります。収穫時期は7月から降霜期までで1株で数10個以上の実が取れます。

pixta_ninjin_01

簡単な人参の栽培の仕方について

野菜作りなどの趣味の範囲でも、人参の栽培は簡単に作る事ができます。ベランダなどでのプランター栽培でも作る事ができるのでお...

pixta_hotokenoza

ホトケノザの育て方

一概にホトケノザと言っても、キク科とシソ科のものがあります。春の七草で良く知られている雑草は、キク科であり、シソ科のもの...

pixta_gajumaru

ガジュマルの育て方

原産地からもわかるように亜熱帯地方を生息地とする、クワ科の常緑高木です。沖縄ではガジュマルを「幸福をもたらす精霊が宿って...

pixta_kibusi

キブシの育て方

キブシは日本の自然の中では、山の中でよく見られる木ですが3メートルから5メートルぐらいまで成長するということで、山の中の...

pixta_barerina

バラ(バレリーナ)の育て方

バレリーナの特徴としてはまずはつる性で伸びていくタイプになります。自立してどんどん増えるタイプではありません。ガーデニン...

pixta_augasuta

植物の栽培の常識について

植物の栽培にはいくつかの常識があり、これらの常識を守る場合と破る場合とでは植物の生育に歴然とした差が生まれます。以下に、...

pixta_pentas

ペンタスの育て方

この花については、アカネ科、ペンタス属となっています。和名の方をとってクササンタンカ属とすることもあります。熱帯植物に該...

pixta_iwahige

イワヒゲの育て方

イワヒゲの生息地は日本の本州の中部より北の鉱山の地域です。かなり古くから日本にあり、栽培品種として流通しているものは日本...

pixta_hyoutan

ヒョウタンの育て方

ひょうたんの歴史について、ご紹介したいと思います。ヒョウタンは本来中国原産の植物で、日本に入ってきたのは、奈良時代前期だ...

pixta_anakanpuseros

アナカンプセロス、アボニアの育て方

種類としてはスベリヒユ科になります。多肉植物で、多年草となります。高さとしては3センチから10センチぐらいですから土から...

スポンサーリンク

pixta_erekuta

ドゥランタ・エレクタ...

ドゥランタ・エレクタは南アメリカ原産の植物ですが、日本で...

pixta_asidansera

アシダンセラの育て方

花の特徴としてはアヤメ科になります。草の大きさとしては6...

pixta_fuyou

フヨウの育て方

原産地は中国で、日本には室町時代に鑑賞の記録が残っていま...

pixta_miyakowasure

ミヤコワスレの育て方

ミヤコワスレ日本に広く生息している花ですが、もともとはミ...