オクラとツルレイシの作り方

オクラとツルレイシの作り方

オクラは別名アメリカネリといい、アフリカ原産の暑さに強い野菜でクリーム色の大きな美しい花の後にできる若さや食用にしてます。切るとぬめりのオクラは、βカロチン・ビタミンB・ビタミンC・ビタミンE・カルシウム・鉄分と食物繊維を豊富に含んでいます。

オクラの育て方

生のすりおろし、とろろ汁に細かく刻んでしょうゆ、鰹節などをかけて食べます。オクラの種まきは気温が十分に高くなってから行い、育て方1つで収穫量が大きく変わる野菜です。生育適温は20から30℃、オクラの栽培過程で背丈が高くなからプランターでの栽培は、支柱を立てを立てるのがよいです。

オクラの種まき3週間前に苦土石灰を全面に散布して深く耕します。高温を好む作物なので直植えせず、ポットで種を撒き育苗して気温が上がったら定植出来るようにするのがオクラの育て方になります。

種子が堅く吸収し難いので、川砂をまぶし種に傷をつけて一晩中水に浸してからまくと発芽が早くなります。オクラの種まきをしてから本葉2枚と4から5枚になった頃合に、それぞれ間引きをして一箇所につき一本にして同時に土寄せを行ないます。

肥料の吸収力が強いので、元肥が多すぎると草勢が強過ぎ実つきが悪くなるので、有機物を多めに施すのがオクラの育て方に関するコツになります。収穫は幼果が3から4センチの時が良いです。次にツルレイシの作り方を説明します。

こちらのオクラの育て方も凄く理解できる内容になってます♪

ツルレイシの育て方

ツルレイシは熱帯アジア原産のつる性の野菜です。果実は果皮全体にイボが有り、この果実の形が果樹のレイシに似ている事からツルレイシと称されるようになりました。幼小果は緑色ですが、成熟すると赤色になり、観賞用としても楽しめます。

夏の高温や乾燥にも強く、病害虫もほとんど無く作りやすいので、夏の端境期果奈としても最適の野菜です。少しほろ苦い独自の味を嫌う人もいますが、未熟な内に収穫して輪切りにして、油いため・漬物・酢のもの・甘煮・汁の実など用途も広くて美味しいものです。

ツルレイシの種まき

下準備として、種まき3週間前に苦土石灰300グラムを全面に散布して深耕をします。畝幅90センチ・株間40センチの距離に、直径50センチ深さ30センチくらいの穴を掘り、完熟堆肥1キロとミミズ糞粒500グラム・鶏糞100グラムを入れて、土とよく混ぜ合わせてくらつきを施します。

種をまく時期は、関東なら5月上旬頃・沖縄なら3月から5月の間頃にくらつきを施した上に1箇所5から6粒の点まきにします。発芽後は2回間引きをして1箇所を1本にします。草丈15センチ以上になったら長い支柱を立てます。

家庭菜園向きには、棚作りや垣根作りやアーチ作りが良いです。つるがよく伸びて繁茂するので日除けにもなります。収穫時期は7月から降霜期までで1株で数10個以上の実が取れます。

pixta_sumire

スミレの育て方

スミレの原産国は、北アメリカ南部になります。種類が豊富であるため、生息地としても種類により、適した環境で花を咲かせていま...

pixta_skteraria

スクテラリアの育て方

この花については、シソ科に該当します。花の大きさとしては20センチぐらいから1メートルぐらいになることもあります。花が咲...

pixta_kukiretasu

茎レタスの育て方

紀元前6世紀頃、ペルシャ王の食卓に出されていたと言われている野菜にレタスが有ります。現在では、結球するタイプの玉レタスが...

pixta_buruhaibisukasu

ブルーハイビスカスの育て方

ブルーハイビスカスは別名をアリオギネ・ヒューゲリーやライラック・ハイビスカスといいます。属名はギリシャ語の結合したや分割...

SONY DSC

エロディウムの仲間の育て方

フウロソウ科エロディウム属に属する品種なので、厳密には異なります。和名ではヒメフウロソウと呼ばれており、良く似た名前のヒ...

pixta_tokeisou_01

トケイソウの育て方

原産地は、北米、ブラジルやペルーなどの熱帯アメリカです。パラグアイでは国花とされています。現在、園芸に適した品種として知...

pixta_mituba

みつばの育て方

みつばの特徴としてはセリ科に該当します。せりといいますとやはり香りの良い野菜として知られていますから、その系統になってい...

pixta_heriasans

ヘリアンサスの育て方

特徴としてはまずどの種類に属するかがあります。キク科のヘリアンサス属と呼ばれる種類に該当します。ヒマワリ属としても知られ...

pixta_hakusanitige

ハクサンイチゲの育て方

花の高さは約15センチから30センチで、上記でも述べたように大群落をつくります。その姿は絨毯を敷き詰めたようで圧巻です。...

pixta_sagigoke

サギゴケの育て方

サギゴケは日本を原産とする多年草です。本州、四国、九州などが生息地です。日本以外だと、台湾や朝鮮半島南部で見ることができ...

スポンサーリンク

pixta_mamusigusa

マムシグサの育て方

マムシグサは、サトイモ科テンナンショウ属です。サトイモ科...

pixta_karin

カリンの育て方

カリンは昔から咳止めの効果があると言われてきており、現在...

pixta_kokabu_01

コカブの育て方と種ま...

コカブは球の直径が4から5センチのカブで、葉にはビタミン...

pixta_kutinasi

クチナシの育て方

クチナシの原産地は日本、中国、台湾、インドシナ、ヒマラヤ...