シャンツァイの育て方

シャンツァイの育て方

シャンツァイはコリアンダーと言うセリ科の一年草で、中華料理などで利用される野菜です。コリアンダーと言うのが学名であり、シャンツァイは中国語由来の呼び名であり、生菜をシャンツァイと呼んでいると言います。

シャンツァイの育てる環境について

シャンツァイはコリアンダーの中国料理などでの呼び名であり、コリアンダーは地中海沿岸が原産となります。温暖な気候を好むため、生育温度は15度か25度と言われていますが、外気の気温が15度~25度に達する事で発芽を促しえてくれます。

また、葉が生えた後は気温が0度になっても枯れないと言われており、寒さにも強いなどの特徴も有ります。因みに、シャンツァイは中国名であり、香菜と書きますが、香菜と言う事からも独特な香りが特徴です。更新料としてスパイスで利用されることも有りますが、

中華料理やインドネシア料理、タイ料理などでは生菜をそのまま料理に利用する事が出来るため、プランターなどで栽培をしておけば家庭の中で中華やインドネシア料理、タイ料理を作る時など重宝します。尚、種まきは春まきと秋まきの2回が可能で、

連作障害が有りませんので続けて栽培を行う事も出来ます。太陽の光がしっかりと当たる場所や水はけが良い環境を好みますので、畑で栽培する場合などではこれらの条件を満たしている場所を選ぶ事がポイントです。また、夏場など夜が短くなる季節と言うのは花が咲き始める時期なのですが、

花が咲き出すと葉が増えてしまい、逆に花芽が出るまでの間しか葉の収穫が出来ないため注意が必要です。春まきは3月から4月にかけて行い、収穫は6月の中旬から7月にかけて行い、秋まきは9月から10月にかけて行い、収穫は翌年の4月から7月まで行う事が出来るため、秋まきの方が収穫時期は長くなります。

種付けや水やり、肥料について

シャンツァイは独特な香りを持つセリ科の一年草であり、この香りが料理の味を引き立てくれると言います。但し、好みが分かれる野菜でもあり、大好きな人は生菜をそのまま食べますが、嫌いな人はそれをよけて食べるなど、好みが分かれる野菜なのです。

因みに、果実と言うのはレモンやオレンジのような香りがしますが、葉は独特な香りを持ちます。果実の香りに誘われて鳥などがやってきますので、鳥害には注意が必要です。尚、シャンツァイは種から育てる事が出来ますが、種まきをする2週間前から準備を開始し、

1㎡あたり苦土石灰を50gと、堆肥を1kg入れて良く耕しておきます。1週間前には、化成肥料を1㎡あたり60g入れて畝を作ります。尚、プランターでも同じように栽培を行うことが出来ますので、プランターに用土を入れて準備をしておきます。

種はそのまま植えるのではなく、板などを利用してこすりながら半分に割ります。その後は一昼夜水につけてから種を畑にまいていきます。種は畑の上にまいてから、土を種が隠れるほどかけてあげてから、たっぷりと水を与えます。約10日ほどすると発芽しますので、

発芽するまでは土が乾燥しないように常に水やりを行って管理をしていきます。但し、あまり多くの水を与えすぎると逆効果ですので、土が乾いたら水を与えると言う形で管理をします。尚、ワラなどを利用すると保湿効果も高くなり、苗が早く成長をしてくれるのでお勧めです。

増やし方や害虫について

発芽するまでは土の乾燥に注意を要しますが、発芽したら表面が乾いたら水を与えて行けば良いのです。発芽すると成長が早くなりますが、この葉が重なっていると成長にも悪影響を及ぼしてしまうので、間引きをして太陽の光が全体に行き渡るようにしてあげます。

尚、ある程度成長している場合は、間引いたものは食材として利用出来るため、調理で利用をしたり生菜をそのまま食べるなど重宝します。因みに、間引きをしたものはゴミとして処分をしなければならない植物や果物が多く在りますが、シャンツァイに関しては間引き=食用と言う事になりますので、

無駄が出ないなどのメリットもありお勧めです。また、葉は花が咲いた後には成長が止まりますので、花が咲くまでの期間は常に収穫が可能であり、春に種をまいた場合は6月の中旬から7月頃までが収穫時期、秋に種をまいた場合は翌年の4月から7月頃までが収穫時期となります。

また、花が咲くとその後に果実が出来ますが、この果実は次の種まきに利用出来るため、果物が茶色に変化した段階で刈り取り、日陰に持って行って干してあげれば、乾燥を促せるため次回の種まきようの種を作れます。

尚、葉については独特な香りがする事からも害虫などの被害は少ないと言われています。しかし、春植えなどのように発芽した時などは土の気温も上昇し始めることになり、この時には様々な害虫により新芽などを食い荒らしてしまう事も有り、その都度殺虫剤などでの防除は大切です。

シャンツァイの歴史

シャンツァイはコリアンダーと言うセリ科の一年草で、中華料理などで利用される野菜です。コリアンダーと言うのが学名であり、シャンツァイは中国語由来の呼び名であり、生菜をシャンツァイと呼んでいると言います。また、中国パセリと呼ばれることも有りますが、パセリとコリアンダーは異なる植物です。

原産は地中海東部であり、様々な国々で食用とされていたことからも生息地は様々な地域になります。日本国内においても栽培が行われている地域が多く在ると言いますが、生菜を料理の飾り付けなどでも利用される野菜で有り、独特の香りや味がするのが特徴です。

また、コリアンダーは高さが25センチほどの高さに成長し、茎や葉などに生菜と同じく独特の香りを持ちますが、熟した果実の部分の香りと言うのはレモンに似ていると言います。地中海東部が原産だと言われていますが、百科全書でもある博物誌の中には、

良い品質のコリアンダーはエジプト産であり、古代エジプトの中では料理に利用されるだけではなく医療の分野など治療にも利用されていたと言います。紀元前1552年の医薬書の中には薬として利用されていたことが記録されていたり、古代ギリシャや古代ローマにおいても、

薬草を利用していたことが記録されていると言います。また、紀元前1000年頃には亡骸と伴に墓に葬る習慣が有ったと言われており、独特な香りを持つことからも料理の臭みけしや飾り、薬草などとして古くから使われていたと言います。

シャンツァイの特徴

食用としてのシャンツァイもしくはコリアンダーは、プランターなどで育てることが出来るため、育て方を覚えればマンションのベランダなどでも栽培が出来ます。アジア系の料理などでもお馴染みの食材であり、タイ料理、インド料理、ベトナム料理、中華料理などの定番の野菜ですし、

タイ料理やベトナム料理のお店に行くと、生菜だけのメニューが有るお店も多くあり、好んで生菜のメニューを注文する人も多いのが特徴です。また、メキシコ料理やポルトガル料理などでも利用されるなど幅広い国々の料理で利用されています。但し、日本料理に利用されることは少ないのもが特徴です。

しかしながら、最近はアジア系の料理などエスニック系の料理に人気が集まっている事からも、国内で栽培を行っている所も多くなっており、先ほど説明を行ったように家庭菜園でも栽培が出来る事からも、苗木や種をホームセンターや園芸専門店、通販サイトで入手が出来るようになっています。

尚、シャンツァイもしくはコリアンダーは、葉の部分をハーブにしたり、野菜としてそのまま利用したり、果実部分をスパイス材料として利用出来ますし、魚の生臭さを消す効果も高いと言った利点も有ります。また、煮込み料理として利用する場合などでは茎や根の両方を利用する事も有ると言います。

因みに中国などでは全草を乾燥させた漢方薬として利用していると言いますが、シャンツァイには炎症を緩和する効果やリラックスさせる効果を持つと言います。また、生の葉の部分には、ビタミンCの一種となるL-アスコルビン酸を多く含むと言われています。

野菜の育て方なぢ色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:ケールの育て方

pixta_oodemari

オオデマリの育て方

オオデマリは日本を原産産とし、その見事な純白の花を咲かせて人の目を楽しませてくれます。オオデマリは生息地として、日当たり...

pixta_kingyosou

キンギョソウの育て方

キンギョソウはもともとは多年草ですが、暑さで株が弱り多くが一年で枯れてしまうので、園芸的には一年草として取り扱われていま...

pixta_abokado

アボカドの育て方・楽しみ方

栄養価も高く、ねっとりとした口当たりが人気のアボカド。森のバターとしてもよく知られています。美容効果もあり、女性にとって...

pixta_tabako

タバコの育て方

特徴として、意外な事実では、このタバコはナス科の植物ということで、タバコ属の多年草ということだそうです。どう見てもタバコ...

pixta_patyuri

パチューリ(パチョリ)の育て方

パチューリ(パチョリ)はインドネシアとフィリピンの二ヶ所を原産地とするハーブです。名前の由来はタミル語で「緑の葉」の意味...

pixta_osmokisiron

オスモキシロンの育て方

オスモキシロンは東南アジア地域を原産とする植物であり、フィルピンやニューギニアなどでよく見られる植物です。フィリピンやマ...

pixta_perarugonium

ペラルゴニウムの育て方

和名においてアオイと入っていますがアオイの仲間ではありません。フクロソウ科、テンジクアオイ属とされています。よく知られて...

pixta_aserora

アセロラの育て方

アセロラの原産国は西インド諸島や中央アメリカなど温かい熱帯気候の地域です。別名「西インドチェリー」とも呼ばれています。そ...

pixta_keeru

ケールの育て方

ケールはベータカロテンやルテイン、ビタミンCやカルシウム、食物繊維と言った非常に多種多様な栄養素を含むことから緑黄色野菜...

pixta_kutinasi

クチナシの育て方

クチナシの原産地は日本、中国、台湾、インドシナ、ヒマラヤとされており、暖地の山中に自生し、広く分布しています。主な生息地...

スポンサーリンク

pixta_sinbijium

シンビジウムの冬の育...

クリスマスやお正月のギフトによく利用されるのがシンビジウ...

pixta_benibanaitigo

ベニバナイチゴの育て...

ベニバナイチゴの特徴としてはまずは高さです。1メートルか...

pixta_yaburan

ヤブランの育て方

ヤブランはスズラン亜科ヤブラン属に属する多年草です。別名...

pixta_momijibaasagao

モミジバアサガオの育...

モミジバアサガオは和名をモミジヒルガオといい、日本で古く...