漬け菜類の育て方

漬け菜類の育て方

アブラナ科の結球しない葉菜のことを漬け菜類と呼んでいますが、主な種類と分類と言うのは多種多彩であり、アブラナ類には春先に花茎を食す、ナタネナやミズカケナが有り、白菜の非結球種は白菜類であり、大阪シロナ、サントウサイ、マナ、ヒロシマナなどが有ります。

漬け菜類の育てる環境について

漬け菜にはナタネナやミズカケナなどのアブラナ類、大阪シロナ、サントウサイなどの白菜類、タイサイ、パクチョイ、チンゲンサイなどのタイサイ類、野沢菜やヒノナなどのカブラ類、ビタミンナ、タアサイなどの如月菜類、ミズナやミブナなどのミズナ類として交配類も存在している小松菜類などの種類が有り、

その種類に応じて栽培のポイントや育てる環境は異なります。一般的には次のような環境を作り、栽培を開始する事が望ましいとされます。土壌条件については、pH5以上で生育が行われますが、カルシウムを多く必要とする野菜であるため、苦土石灰などを利用して酸度の矯正を行う必要が有ります。

また、肥料成分においては窒素やカリを多く含むものを利用する事で野菜の成長を高められます。深耕や客土については、数年に1度の割合で深く耕してあげる事が大切で、作土を増やしていくことがポイントとなります。更に、長い期間栽培を行って土壌の状態、水はけなどが悪くなっている場合などでは、

真砂土などを利用して新しい土を加えて混ぜると言う客土を行って、土壌の若返りを行う事が大切です。施肥については、漬け菜類は生育期間が比較的短く、施肥は元肥を主体にして行い、追肥をする時には生え揃い後、早い段階で施してあげます。

また、露地栽培の場合は、成分量で1㎡あたり窒素15g、リン酸7g、カリ12gの割合で配合を行って施します。また、夏場に栽培する場合は、生育期間が短くなるため、秋冬の栽培に比べると肥料は8割程に減らして施すのがポイントです。

種付けや水やり、肥料について

漬け菜類の育て方のポイントとして、種まきを行う時期が有ります。一般的に種まきは、9月から10月中旬頃に行いますが、トンネル栽培の場合は11月ゴロに種まきをしても構いません。また、種まきをして発芽となり、双葉が開いた段階で間引きを行い、

追肥や土寄せを繰り返すことで、最終的に50cmから60cmの大株にすることが出来ます。尚、漬け菜類は種類や品種による種の大きさが異なるのが特徴で、種の大きさと発育との関係と言うのは大粒な種子程発芽率が高くなり、子葉が大きくなるのが特徴で、生育が旺盛になります。

種には寿命が有りますが、これは貯蔵条件により異なり、条件が良ければ5年から6年は保存が可能になりますが、家庭用の冷蔵庫での低温および乾燥の状態での保管については3年程度と言われていますので、早めに利用する事が大切です。漬け菜類の発芽適温の幅と言うのは比較的広いのが特徴で、

15度から35度の温度の中で、1日から3日ほどで発芽してくれます。因みに、発芽最低温度と言うのは4度から10度であり、低温時期の発芽は日数がかかりますが、一年を通して種をまくことは出来ます。尚、耐寒性については種類により差が在るのが特徴で、

寒さに強い種類と言うのは、大阪シロナやマナ、タイサイと言った種類が有り、逆に寒さに弱いものはミブナやヒロシマナなどになります。尚、漬け菜類の収穫時期と言うのは11月中旬頃から翌年の2月などになりますが、トンネル栽培などの場合は、比較的長く収穫が出来ると言ったメリットも有ります。

増やし方や害虫について

漬け菜類はアブラナ科の野菜であり、アブラナ科に共通する害虫や病気が発生する事が有ります。害虫においては、アブラムシ類を初め、コナガ、ヨトウムシ、キスジノミハムシと言った虫が付き易いのが特徴です。但し、漬け菜類などに対しての登録されている農薬は少なく、

栽培方法を工夫しての防除となる、耕種的防除を中心にして行う必要が有ります。尚、コナガと言うのは、葉裏部分から表皮のみを残して食害するのが特徴で、食害された葉は5㎜~10㎜の半透明の穴が開いてしまいますし、芯の部分が食害されてしまうと、

新葉の発生が止まってしまうので注意が必要です。防除の方法としては、不織布などの被覆資材を利用して畝全面を覆ってあげるか、畝にトンネル状被せて上げる方法が有効ですし、畝の周囲に30㎝~60㎝の高さの寒冷紗の障壁を巡らしてあげても効果があります。

但し、被覆資材を利用すると葉の色が少し淡くなってしまいますので、利用する場合は濃緑系のものを利用して、収穫1週間前には資材を除去し、葉の色を回復させるなどの工夫が大切です。因みに、花芽分化が起きる事が有りますが、

花芽分化は種が低温に晒されてしまうと起きるもので、花芽分化が起きる温度は種類により様々です。タイサイや大阪シロナなどの種の場合は、種子の状態で2度から3度に15日から20日間ほどおくと花芽分化が起きると言います。

そのため、冬越しでの栽培は低温に晒され易いため、生育の状態に関係なく、3月頃にとう立ちしてくるのが特徴です。11月頃から2月頃に種をまく場合には、被覆資材を利用しての生育促進を行なったり、晩生種を利用してとう立ちするまでに収穫を行うのがコツです。

漬け菜類の歴史

アブラナ科の結球しない葉菜のことを漬け菜類と呼んでいますが、主な種類と分類と言うのは多種多彩であり、アブラナ類には春先に花茎を食す、ナタネナやミズカケナが有り、白菜の非結球種は白菜類であり、大阪シロナ、サントウサイ、マナ、ヒロシマナなどが有ります。

しゃくし菜とも呼ばれているタイサイ類には、タイサイ、パクチョイ、チンゲンサイ、カブラ類はカブの仲間であり、葉だけではなく、根の部分もある程度大きくなると言う野沢菜やヒノナ、キサラギナ、ビタミンナ、タアサイは如月菜類、日本独特の漬け菜類の代表となるのがミズナ類で、

ミズナやミブナなどが有り、幾つかの交雑種を持つコマツナ類は小松菜と言った具合に、多種多彩な野菜が存在しています。また、最近では交雑による雑種の漬け菜類、小松菜と中国野菜の交配種なども増えており、小松菜とキャベツを交配させた「千宝菜1号」、

小松菜とキャベツとベカナを交配させた「千宝菜2号」、小松菜とチンゲンサイを交配させた「べんり菜」、小松菜とチンゲンサイを交配させた「友好菜」、小松菜とタアサイを交配させた「みこま菜」などが有ります。尚、漬け菜類の栽培の歴史と言うのは、古いとされており、

昔は秋に種まきを行って、冬場に収穫するものが多く在り、一度霜に当てて上げる事で甘みが出て、そのタイミングで収穫が行われていました。しかし、最近ではビニールトンネル、ビニールハウスと言ったものを利用しての栽培が主流となっており、現在では一年中栽培が行われるなどの変化が有ります。

漬け菜類の特徴

漬け菜類はアブラナ科の植物であり、結球しないと言う特徴を持つ菜っ葉のことを意味しています。結球と言うのは、キャベツや白菜などのように、葉が出て来て丸い形を作り出すことを意味しており、漬け菜類においては、ほうれん草や小松菜などのように葉が広がるように生える野菜と言う特徴が有ります。

また、漬け菜類は野菜の分類の中では、野沢菜や広島菜などのような漬物に適した漬け菜類、高菜やからし菜などの仲間を指しており、その品種は多種多彩です。因みに、高菜と言うのは辛味を持つ野菜であり、中国南部や東南アジアなどが減殺であり、

日本国内においては関東地方から南のエリアが主な生息地と言われており、特に九州地方においては栽培が盛んに行われている事からも、九州の代表する野菜の一つとされています。また、高菜は辛味が在るのが特徴だと言われていますが、この辛味と言うのは、殺菌作用や食欲増進効果が在ると言われており、

食欲が無い時期の野菜としても人気が高く、カロテンやビタミンC、カルシウム、そして食物繊維などを多く含む、栄養価が高い野菜で、辛味が在るのはアリルイソチオシアネートと呼ばれる成分によるもので高菜に多く含まれているのが特徴です。

尚、漬け菜類の野菜の原産と言うのは、その種類により様々ですが、高菜などのように国内を原産とするものもあり、家庭菜園などで栽培を行える野菜も有り、種や苗木から植え付けが可能になっており、家庭菜園などでも人気が高い野菜の一つです。

野菜の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:プチヴェールの育て方
タイトル:タカナ類の育て方

pixta_kurokosumia

クロコスミアの育て方

クロコスミアは、モントブレチアやヒメヒオウギズイセンと言った別名を持つ球根植物の多年草の植物です。ヒメヒオウギズイセン(...

pixta_wasabi

ワサビの育て方

ワザビの色は緑色をしており、香りは大変爽やかになっています。しかし何と言っても最大の特徴はあの抜けるような辛みでしょう。...

pixta_suiren

睡蓮(スイレン)の育て方

睡蓮の魅力と言えば、なんと言ってもその美しい花、そして風情のある水面に浮く沢山の葉にあります。元々は東南アジアなどの熱帯...

pixta_toritereia

トリテレイアの育て方

トリテレイアは、ユリ科に属する球根性の多年生植物で、かつてはブローディアとも呼ばれていました。多年生植物というのは、個体...

pixta_lemonbarm

レモンバームの育て方

レモンバームとはメリッサとも呼ばれるハーブの一種です。南ヨーロッパが原産で、地中海近くが生息地とされています。レモンバー...

pixta_manryou

マンリョウの育て方

江戸時代より日本で育種され、改良も重ねられた植物を古典園芸植物と称しますが、マンリョウもこのような古典園芸植物です。 ...

pixta_hinasou

ヒナソウの育て方

ヒナソウは、北アメリカ東部が原産の草花で毎年花を咲かせる小型の多年草です。日本に入ってきたのは昭和時代の後期に園芸植物と...

pixta_karuseoraria

カルセオラリアの育て方

カルセオラリアはゴマノハグサ科の多年草です。原産は南アメリカであり、一般的には温室で観賞用として栽培する品種として現在に...

pixta_putitomato

家庭菜園で野菜を育てると収穫の喜びを味わう事ができます

毎日何気ない一日を過ごしていると、何かを始めてみたくなる事は誰でも経験する事です。そんな時にお勧めな事として、自宅で家庭...

pixta_difenbakia

ディフェンバキアの育て方

ディフェンバキアはサトイモ科ディフェンバキア属で原産地や生息地は熱帯アメリカです。和名にはハブタエソウやシロガスリソウと...

スポンサーリンク

pixta_jastadazy

シャスタデージーの育...

シャスタデージーの可憐な花は、アメリカの育種家である、ル...

pixta_hibisukusu

ヒビスクス・アケトセ...

ヒビスクス・アケトセラが日本に入ってきた年代は詳しく知ら...

pixta_himeougizuisen

ヒメヒオウギの育て方

現在の日本国内で「ヒメヒオウギ」と呼ばれる植物は、正式名...

pixta_sibazakura11

シバザクラ(芝桜)の...

シバザクラは北米を原産とするハナシノブ科の多年草です。春...