アスコセントラムの育て方

アスコセントラムの育て方

古来より植物と人間の生活は密接に繋がっている。食料として利用されるだけでなく、住居の材料にもなりますし、現在では観賞用としての地位も占めています。アスコセントラムはこうした観賞用の植物の一つで、数々の交配を重ねて美しい花を形作ってきました。

アスコセントラムの育てる環境について

アスコセントラムは先ほど述べたように、インド、ネパールなどの地域に生息しており、日本の気候とは比較的リンクしているので、栽培の難易度は比較的に低いといわれています。もちろん、温暖な地域に生息しているので、寒さには弱いという特徴を持っています。

日本に於いての栽培でも、夏から秋にかけての開花が多いので、温暖な地域が適しているということがわかります。そのため、寒冷地での栽培にはあまり適していないので注意が必要です。また、栽培方法としてもプランターを吊り下げて行う方法なども行えるのでさまざまな方法でインテリアにすることができます。

先ほど述べたように比較的温暖な地域を生息地としている植物なので、アスコセントラムやその交配種を育てる際には日当たりの良くあたたかい、そして風通りの良いところで育てるように心がけましょう。また、冬場はある程度の温度を保ってあげるようにしましょう。

アスコセントラムは多少の耐寒性は持っているのですが、それでもやはり温かい気候の方が花の健康のためにも良いので、冬場などは室内の窓際など日光を得られるような場所で育てれば葉を落とさずに元気なまま冬を越してくれます。

また、全体的な傾向としては湿度を好み乾燥を嫌う性質のあるのもアスコセントラムの特徴の一つなので、育てる際には市だと一緒に育ててみたり、室内ならば加湿器を利用するなどの処置をして湿度を保って育てることをおすすめします。

種付けや水やり、肥料について

アスコセントラムの種付けや植え替えに関しては、バスケット栽培の場合では植え替えの必要はないので、そのまま栽培してもらって大丈夫です。一方、鉢植えでの育ててゆく場合には定期的(2年に一回程度)に春の終わりごろに植え替えを行ってやると元気に育ってくれます。

なので、比較的手のかからない植物だといえるでしょう。鉢植えなどの土や肥料に関しては、アスコセントラムの傾向として湿度を好む傾向があることから、鉢植えで育てる際にはミズゴケなどを一緒に育てると、湿度の保持などに役立ってくれてよりアスコセントラムの緑を引き立ててくれます。

アスコセントラムの好む気候の関係上、土の乾燥などは大敵となってしまうので、冬場は樹木の方の心配だけでなく、鉢植えの土の方の心配もこまめにしてやるようにしましょう。こうしたこまめな管理が、アスコセントラムだけでなく多くの植物を良く育てるためには欠かせない要素となってくるでしょう。

こうしたアスコセントラムを育てる際には、補助として肥料を用いるのも良いでしょう。冬場以外の育成期間中には、適当に希釈した液体肥料を週一回程度の割合で与えてやることによって、育成の手助けをすることができます。

また、バスケットで育てている場合にはフェルトなどで固形肥料を包んで一緒にぶら下げてやることで、似たような効果を期待することができ、水やりの際に固形肥料が溶け出して簡単に肥料を与えてやることができるの大変便利です。

増やし方や害虫について

肥料のやり方や冬場での管理方法などのステップを経れば、アスコセントラムは肉厚の美しい花を咲かせてくれます。日本に於いては害虫などの心配などもないので、うまく育ててやれば何年も育てることが可能なのもこのアスコセントラムの魅力の一つでしょう。

稀に、害虫としてはカイガラムシの発生がありますが、ほとんどないといっても過言ではない程度の被害なので、それほど危険視する必要はありません。基本的にアスコセントラムは増やすことは殆ど不可能であるといわれています。

もちろん、何年も上手に育ててやれば株分けすることも可能ですが、それには長期間にわたってアスコセントラムを育て上げる技術力と愛が必要でしょう。大きなアスコセントラムはワキ芽を出してくれるので、それを大切に育ててやれば株分けも可能です。

こうした株分けできるほどに育てるためには、定期的に霧吹きなどを利用することによって土の湿度を保ってあげて、花の健康をきちんと守ってあげることが大切でしょう。たしかに、害虫などの脅威は日本に於いてはほとんどないので、イレギュラーを恐れることなく安心して育てることができますが、

やはり重要なのは日々の定期的なお手入れを忘れないようにすることです。花を育てるにあたって最も大切なのは、道具をそろえることなど以上に根気強く一緒に付き合ってゆくという事です。こうした苦労があるからこそ、花を美しいものとして観賞することができるのです。

アスコセントラムの歴史

古来より植物と人間の生活は密接に繋がっている。食料として利用されるだけでなく、住居の材料にもなりますし、現在では観賞用としての地位も占めています。アスコセントラムはこうした観賞用の植物の一つで、数々の交配を重ねて美しい花を形作ってきました。

基本的には小型のランなので、栽培の知識なども蓄積されており、比較的栽培などは簡単に行うことができるので、早くから観賞用植物としての地位を確立していました。こうしたアスコセンダのように歴史のある植物はそれなり栽培のノウハウが培われているので、

インターネットなどで簡単に栽培のコツを調べることができ、植物の栽培が初めてという方でも簡単に栽培を行うことができます。また、生息地がインドやネパールといった地域なので、温暖な日本の気候においては気候の影響なども少なく、また花は不定期に咲くので長期にわたって楽しむことができます。

先ほど述べたようにこの花の多いな特徴として、日本で育成することが比較的簡単であるということがあげられます。もちろん、温暖な地域の植物なので冬場の寒さや乾燥に関しては定期的なお手入れが不可欠ですが、それでも害虫などの問題はほとんど心配する必要もないので、

誰でも簡単に育てられるという大きなメリットをこの花は持っています。日本に於いては皇室に献上される鑑賞花となったりなど高貴な歴史を持つ植物で、観賞用植物としては長期にわたって親しまれている植物です。

アスコセントラムの特徴

アスコセントラムの大きな特徴としては、先ほど述べたようにやはり観賞用植物としての栽培のしやすさがあげられます。古くから数多くの交配が考えられてきた植物なので、花のバリエーションが多いだけでなく、単純に栽培のノウハウが多く積み重ねられているというのもあります。

こうしたアスコセントラムの原産地は、インドやネパールといった東、南アジアの地域で、温暖な気候のこうした地域に広範囲にわたって生息しています。自然に生息しているアスコセントラム自体幾つかの種類があり、バンダとの交配によって開発されたアスコセンダや、

そのたの多くの属間での交配の歴史があるので、花のバリエーションは数多く存在しており、観賞用植物としても多くの選択肢が用意されており楽しみ方も様々です。交配によって生み出された品種だけでなく、原種のものでも観賞用植物として価値の高いものが多数あるのでそうした原種も十分にお勧めです。

数ある交配種の中でも、アスコセンダ プリンセス ミカサ ピンク のように日本皇族に贈呈された権威ある品物もあるので、ライトに楽しみたいという方やヘビーに楽しみたい方など幅広いユーザーに楽しんでいただけます。

また、最近ではインターネット上での専門サイトでも花の取引も行われているので、実際の店舗に行かなくても簡単にアスコセントラムを入手することができます。育て方などの情報も充実しているの、初心者の方でも簡単に栽培することができます。

花の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:アマドコロの育て方
タイトル:アスチルベの育て方

pixta_kiwano

キワーノの育て方

キワーノはウリ科でつる性の植物です。名前については企業の商標登録によってつけられたものですのでこれが正式な名称ではないよ...

pixta_sisiudo

シシウドの育て方

シシウドの原産地は日本になります。別名をウドタラシと言うのですが、猪独活ともいった名前が付いているのが特徴です。夏の暑い...

pixta_shefrera11

シェフレラの育て方

シェフレラは台湾や中国南部を原産としたウコギ科の常緑低木です。手の平を広げたような可愛らしい葉が密集して育ちます。ドイツ...

pixta_kouteidaria

皇帝ダリアの育て方

ダリア属は、メキシコから中米に27種が分布しており、茎が木質化する3種がツリーダリアと呼ばれています。皇帝ダリアもその一...

pixta_gobou

ミニゴボウの育て方

ミニゴボウにかぎらず、野菜の中で形の小さい種類のものは昔からあったのですが、あまり受け入れられてきませんでした。育ちが悪...

pixta_runaria

ルナリアの育て方

別名にゴウダソウやギンセンソウの名を持つルナリアは、学名Lunariaannuaで他にマネープラントという名を持つ二年草...

pixta_shuumeigiku

シュウメイギクの育て方

シュウメイギクは中国が原産とも言われています。中国では根を解毒・解熱に使用されてきました。日本でも古くから本州、四国、九...

pixta_urasimasou

ウラシマソウの育て方

ウラシマソウ(浦島草)は、サトイモ科テンナンショウ属の多年草で、日本原産の植物です。苞の中に伸びた付属体の先端部が細く糸...

pixta_karamatusou

カラマツソウの育て方

カラマツソウ(唐松草)/学名:Thalictrum aquilegifolium(唐松草)・Trautvetteria ...

pixta_soba

ソバの育て方

この植物の歴史では、奈良時代以前に栽培されていたということは確実で、700年代前半の書物に関係の内容が書かれているという...

スポンサーリンク

pixta_kanamemoti

カナメモチの育て方

カナメモチの原産は日本や中国などで、国内の生息地は伊豆半...

pixta_hananira

ハナニラの育て方

ハナニラは別名セイヨウアマナやアイフェイオンといいます。...

pixta_toritereia

トリテレイアの育て方

トリテレイアは、ユリ科に属する球根性の多年生植物で、かつ...

pixta_tiranjia

チランジアの育て方

チランジアは中央アメリカや南アフリカ、西インド諸島などを...