オオデマリの育て方

オオデマリの育て方

オオデマリは日本を原産産とし、その見事な純白の花を咲かせて人の目を楽しませてくれます。オオデマリは生息地として、日当たりの良い場所を好みます。属性としては、スイカズラ科ガマズミ属であり、最大樹高は4m前後にもなります。

オオデマリの育てる環境について

オオデマリを育てていく栽培環境については、日当たりの良い場所を選ぶことです。太陽の光が、毎日心地よく当たる場所に植えてあげましょう。お日様の光がよくあたって、水はけも良い場所が、ベストポジションになります。オオデマリの育て方として、この2点のポイントは最初に整えてあげることです。

腐植質に富んでいることも、成長には必要です。オオデマリは、成長が割と早いことも特徴としてあります。枝はサイドへと、よく張り出すタイプであるため、庭に植えるのに適しています。そういった成長の特徴を理解すると、鉢植えには不向きであることがわかります。

よく林縁の中に自生しているのがヤブデマリです。その ためオオデマリを庭で育てるにあたっても、環境として乾燥がひどくはならないように、場所も考えてあげましょう。水はけが良いのは条件のうちですが、極端な乾燥はダメージにつながります。

特に日差しが強烈になる、乾燥モヒートアップする真夏などは注意が必要となります。できるだけ十分に、お日様のあたる場所がよいでしょう。しかし、条件によっては、半日陰のゾーンであっても成長をしてくれます。お日様の光は好みますが、

西日が当たる場所はあまり向かないです。乾燥が激しくなる可能性があるためです。オオデマリの弱点としては、寒さが挙げられます。寒いことに対して強くはありません。そのため冬のシーズンが到来したら、腐葉土を敷いてあがたり、ワラを敷いたりして、防寒対策をし てあげます。

種付けや水やり、肥料について

オオデマリの植え付けをしたり、植え替えをするのであれば、極寒の時期は避けましょう。つまり冬であっても、真冬は適さないということになります。落葉期あたりがちょうど良いため、月でいえば11月あたりから12月くらいに作業をすると良いです。

もしも秋の時期を逃してしまっても、翌年を待って作業をすれば大丈夫です。1月は非常に寒いですから避けて、2月も終わりの頃から、だんだん春の足音も聞こえてくる3月の頭あたりまでに作業をしましょう。1年間のうちでは、この2つの時期を狙って行うのが、適切な時期となります。

植えるために使う土には、同じだけの量の腐葉土を用意します。そして両方を、よくミックスして使用します。鉢や プランターではなく、庭に穴を掘っての作業になりますから、根鉢よりも大き穴を掘ります。水やりについてですが、ほとんどの場合は庭へ植えますから、

水やりもしないで大丈夫です。ただ、土壌の状態を見たとkに、極端に白く感想をしている時には、話は別です。特に真夏などは乾燥をしやすくなります。真夏の晴天続きの時などは、気をつけて土の状態を確認して、水やりをします。

その時は、朝の時間帯か、夕方の時間帯に水をあげましょう。肥料も与えてあげます。時期は、5月の下旬辺りから、6月にかけての時期に緩効性化成肥料を施します。秋にも肥料をあげますが、これは落葉後の作業になります。緩効性化成肥料を、11月から12月くらいに施します。

増やし方や害虫について

オオデ マリの害虫については、気をつけたいのが、カイガラムシとサンゴジュハムシです。カイガラムシは、葉っぱの部分や枝、茎などについて汁を吸い、市街が進行すると枝が枯れてしまうケースもありますし、才覚の場合は枯死といったことにもなりかねません。

まるで貝殻のようなからをかぶっていて定着してしまうこともあります。困ったことに、この害虫の排泄物は、こうやく病であったり、すす病なども誘発してしまう厄介な害虫です。カイガラムシの発生条件として、風通しが悪いことが挙げられます。環境的にも、風通しの良さは大切です。

サンゴジュハムシが発生すると、せっかくのイキイキとした葉っぱを食害してしまいます。幼虫を見つけたら削除を行います。発芽した葉が開いたあとには、専用の 殺虫剤を散布することです。病気では、褐斑病やうどんこ病には気をつけたいところです。

ただ、オオデマリの場合被害が大きくなるような病気というのはないです。植え替えや植え付けをするのは、厳しい寒さの時期以外で、落ち葉の散るころに作業に取り掛かるのが最適です。時期的には11月から12月暗いです。そのほかには、2月下旬あたりから3月上旬に作業を行うこともできます。

植え穴を掘るにあたっては、根鉢よりおひとまわりはサイズが大きい穴を掘ります。植え付けをする時の土には、腐葉土を植え土と等量混ぜます。もしも横枝が張ることで安定性に問題があれば、支柱をすることで、グラグラを防止することができます。

オオデマリの歴史

オオデマリは日本を原産産とし、その見事な純白の花を咲かせて人の目を楽しませてくれます。オオデマリは生息地として、日当たりの良い場所を好みます。属性としては、スイカズラ科ガマズミ属であり、最大樹高は4m前後にもなります。

別名では、テマリカであったり、テマリバナと呼ばれることもあります。ヤブテマリの変種であり、時期的には5月から6月くらいに、こんもりとした球状の、白く密集した花を見せてくれます。しかしはじめから真っ白なカラーではなく、最初はややイエローが買っています。

イエローとグリーンが混ざったような色ですが、花がしっかりと咲いていくと、純白の色になります。花の咲き始めと、開花前回のときとで、色が変わっ ていくさまも、成長を見守るに当たり、楽しむことができるものです。オオデマリというのは、雌しべと雄しべが大家をした、飾り花になります。

そのため、タネがつくことはないです。ヤブデマリの園芸品種ですが、原種となっているヤブデマリは、学名上においては変種の扱いになっています。ホワイトカラーの装飾花は、まるであじさいの花のようにも見えます。昔から馴染みのあるタイプは、花が咲いた時に白いカラーが際立つものです。

しかし近年では、オオデマリの中にもピンク色の可愛らしいタイプも登場しています。アジサイみたいなキュートな花を、たくさん咲かせるのも特徴的です。花序周辺にのみ装飾花をつけているのが原種ですが、年園品種改良が行わ得ていったことにより、花序の花全部 が装飾花となっているケースもあります。

オオデマリの特徴

丸みを帯びた花が愛らしいいオオデマリは夏のはじめの青い空を背景に、イキイキと咲いているのも魅力的な落葉低木になります。紫陽花に形状が似ているのも特徴的ですし、ホワイトカラーのボールのような形状も特徴と言えます。ジャパニーズ・スノーボールといった英名っもっています。

日本では本州以南より九州にかけての地域で、ヤブデマリは分布をしています。国内だけではなく海外においても、中国大陸や台湾にも分布しているものです。花が咲いたあとには、赤い色をした果実がみのります。最初は赤いものの、熟していくとだんだん黒っぽくなっていきます。

両性花がないオオデマリですから、結実すること はありません。遠目にも丸く見える花の形状は可愛らしく、純白も美しい花ですし、枝も水平で凛とした樹姿であり、全体的に見ても美しいです。季節が移り変わり、秋の紅葉シーズンに突入すると、

オオデマリの葉っぱも色鮮やかに紅葉した姿を見せてくれます。初夏の若々しい佇まいを見せてくれて、秋には秋の美しさを全体で表現してくれる美しい木です。落葉性であり、耐寒性がわりと強い為に、園芸初心者であっても育てやすいです。耐寒性にも強く耐暑性にも強いという、

基本的には強い植物です。庭に植えたら、気になるのは剪定かもしれません。ですが枝数が少なめであることから、剪定は特に行わなくても大丈夫です。株のサイズを小さくしたいとか、樹形のバランスが乱れたりといったケースで は、行うのも良いでしょう。

庭木の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:タニウツギの育て方
タイトル:クリ(栗)の育て方
タイトル:カリンの育て方

pixta_piiman_01

ピーマンの栽培やピーマンの育て方やその種まきについて

家庭菜園を行う人が多くなっていますが、それは比較的簡単に育てることができる野菜がたくさんあるということが背景にあります。...

pixta_erekuta

ドゥランタ・エレクタ(Duranta erecta)の育て方

ドゥランタ・エレクタは南アメリカ原産の植物ですが、日本でも容易に栽培できるのが特徴です。植え付けをする際には肥沃で水はけ...

pixta_sakuranbo

サクランボの育て方

栽培の歴史はヨーロッパでは紀元前から栽培されており、中国に記述が残っていて3000年前には栽培されていました。日本には江...

pixta_bluberry01

ブルーベリーの育て方について

自宅の庭をなるべくキレイにしたいと考える人が多いですが、普通の庭木や草花だけを植えていたのでは少々物足りなさを覚える人が...

pixta_karatea

育てやすい観葉植物について

観葉植物のある部屋に憧れを持っていたり、お店やオフィスに観葉植物を置きたいと考えている人は多いです。園芸店やホームセンタ...

pixta_akarifa

アカリファ(Acalypha spp.)の育て方

アカリファは別名をキャッツテール、ファイアテール、サマーラブ、シェニールといいます。原産地や生息地はインドで、細かく言い...

pixta_seiyouiwanannten

セイヨウイワナンテンの育て方

セイヨウイワナンテンはツツジ科の常緑低木で北アメリカが主な原産地です。バーニジア州、ジョージア州、テネシー州などに分布し...

pixta_kumomasou11

雲間草の育て方

日本の園芸店で市販されている雲間草は、一般的に「西洋雲間草」、「洋種雲間草」と呼ばれているヨーロッパ原産のものです。元々...

pixta_indogomunoki

インドゴムノキ(Ficus elastica)の育て方

日本でも一部の温暖な地域では戸外で育ちますが、寒冷地では鉢植えで育てます。ミニサイズの鉢から大型のものまで、様々な趣のあ...

pixta_tororiusu

トロリウスの育て方

”トロリウス”とは、ヨーロッパや北アジアを原産とした宿根多年草です。キンポウゲ科、キンバイソウ属になり別名キンバイソウと...

スポンサーリンク

pixta_kareplant

カレープランツの育て...

カレープランツは地中海沿岸に原生しており、乾燥した岩場ま...

pixta_turiganeninjin

ツリガネニンジン、シ...

シャジンの仲間であるツリガネニンジンはキキョウ科に分類さ...

pixta_epissia

エピスシアの育て方

エピスシアはメキシコの南部からブラジル、コロンビア、ベネ...

pixta_saboten

サボテンやアロエなど...

多肉植物は、葉や茎に水分を蓄えることのできる植物です。サ...