カンパニュラ・メディウムの育て方

カンパニュラ・メディウムの育て方

カンパニュラ・メディウムは南ヨーロッパを原産とする花で、日本には明治の初めに入ってきたものとされています。基本的な育て方は、春に種をまいて翌春以降に花を咲かせて種を残し、そして枯れてしまうという二年草の扱いになっています。

育てる環境について

カンパニュラ・メディウムの育て方はシンプルであり、初心者にも育てやすいものであると言えます。栽培に適した環境は風通しの良い日向であり、日陰では育たないので日当たりに気をつけて置けばそれほど問題はありません。庭に植える場合には土を20~30センチほど盛り上げて高くしておくとよいでしょう。

土には完熟堆肥を混ぜ、石灰を加えて中性からアルカリ性にしておけば良く育つ環境の出来上がりです。育て方として注意しておきたいことは花の茎が伸び始めたら何らかの形で支柱を立てて倒れないようにしてあげることが必要になる場合があります。

基本的には自生することもできる花ですので必要以上に気にしなくても良いのですが、比較的病気や虫害に襲われやすいため綺麗な花を楽しみたいと考えているのであれば育て方にはそれ相応の工夫をしなくてはならないでしょう。カンパニュラ・メディウムは古くからある花ですが、

非常に良く目立つ花をつける美しい植物です。春になって苗を購入数rのも良いのですが、充実した株を育てる楽しみを味わいたいのであれば是非種まきから行ってほしいものであると言えるでしょう。花が咲いても種が付かなければ夏を越して来年も咲くことがありますので、

必ずしも枯れてしまう花ではありません。仮に枯れてしまったとしても種を残しますので、それを使ってまた一から育てていくという楽しみ方もできるのがカンパニュラ・メディウムの特徴の一つであると言えるでしょう。

種付けや水やり、肥料について

種から育てる場合には最初は葉つ上にしておく方が良いかもしれません。種をまいて発芽したら葉が2~3枚の内に3号のポットに鉢上げするとよいでしょう。成長した苗は9月から10月の上旬にかけてより大きな鉢か花壇に植えるとよいでしょう。

その際に根を傷つけないようにすることがポイントです。それを守れば特に難しいということはありません。水やりに関しては基本的にはそれほど気を使わなくても良いでしょう。自生している環境は岩場が多く、決して恵まれた環境ではりません。

そのため庭に植えているのであれば余程晴天が続いて乾燥が進んでいる倍を覗いて必要ないでしょう。鉢植えの場合には土の乾き具合を見て必要があるのであれば十分な水を与えるとよいでしょう。肥料に関しては無くても大丈夫であるというレベルですが、

綺麗に花を咲かせたいのであればバランス良く配合された肥料を一つまみ程度撒くとよいでしょう。液体肥料であれば1500~2000倍程度に薄めたものを月にに三回程度撒けば十分です。生息地の環境もそうですが、栄養が豊富な土壌でなくてもしっかりと育つ草花ですので、

ある程度はほったらかしにしておいても枯れてしまうことはないでしょう。綺麗に咲かせたいというケースを除いては基本的に過度の乾燥に木をつけておけばよいという植物ですので、育て方に関してはシンプルであるということが出来る植物に分類されるものであると言えます。カンパニュラ・メディウムはその様な花なのです。

増やし方や害虫について

カンパニュラ・メディウムを増やそうと考えているのであれば6月から7月にかけて種まきをする必要があります。この種まきの時期が遅れてしまうと翌年に開花することが出来る株に育ち切らないままに冬を迎えてしまうことになりますので、種まきの時期に関しては重要であると言えます。

カンパニュラ・メディウムの種は市販されていますので簡単に入手する事が出来ます。種まき用の土壌には中性から弱アルカリ性の土を選んで使用するとよいでしょう。市販の園芸用の土に石灰を混ぜ合わせて中和して作るのが最も簡単な方法であるとも言えます。

病気や害虫については相応の注意が必要であると言えます。病気には6月から9月にかけて発生する菌核病や根腐病がありますし、斑点病や褐斑細菌病は一年中リスクがあります。5月から9月にかけて注意が必要な白絹病は株が枯れてしまうこともありますので注意が必要な病気です。

放置してしまうと土壌に原因菌が住みついてしまい、毎年同じような発病を起こしてしまう結果になりますので早い対応が必要となります。感染した場合には株ごと処理するのが最も有効であり、風通しと水はけを良くして発病を抑えて行くことが有効な方法であると言えるでしょう。

害虫としては与党虫が知られています。好む市派与党がの幼虫であり、葉を食べてしまうのが特徴です。春の終わりから初夏にかけての時期と初秋の二回に発生する特徴があり、温暖な地域では一年中発生するケースもあります。この虫にも注意が必要です。

カンパニュラ・メディウムの歴史

カンパニュラ・メディウムは南ヨーロッパを原産とする花で、日本には明治の初めに入ってきたものとされています。基本的な育て方は、春に種をまいて翌春以降に花を咲かせて種を残し、そして枯れてしまうという二年草の扱いになっています。

日本ではカンパニュラ・メディウムの代わりにフウリンソウやツリガネソウの名前でも知られていますが、これはその見た目に由来するものであると言えるでしょう。実はカンパニュラ・メディウムのカンパニュラという言葉はラテン語で鐘を意味するカンパーナからきており、

メディウムという言葉は中間のという意味を持つ言葉です。そのためカンパニュラ・メディウムと言ってもその元々の意味は中くらいの鐘と言う意味であり、日本で親しまれているツリガネソウとそれほど違った意味ではないと言えるでしょう。太い茎がぐっと伸び、

そこに大きくかわいらしい花をたくさんつけるのがカンパニュラ・メディウムの特徴です。この姿が広く愛されて現在では世界中で見ることが出来る花になりました。園芸用に改良された品種も多く、花が二重に咲くカリカテンマと呼ばれる品種はよく知られている品種の一つです。

これはがくが花びらに変化して見える品種であり、屋や豪華な見た目を見る者に与えます。この様に花を愛する人の目を楽しませてくれる魅力がカンパニュラ・メディウムにはあるのです。暑さにはやや弱いため日本では管理して育てた方が美しさを保てるでしょう。

カンパニュラ・メディウムの特徴

カンパニュラ・メディウムは白、ピンク、紫といった色合いが美しい花が特徴の植物であり、ヨーロッパでは古くから栽培されてきた植物です。原産地はフランス南部からイタリア半島中部までのヨーロッパ地域に幅広く分布しており、

標高0メートルから1500メートルまでの幅広い岩場を生息地としているかわいらしい花を特徴としています。このカンパニュラ・メディウムの葉はたんぽぽのように地面を這うように広がっているのが特徴であり、その中心部分から茎がまっすぐに上に向かうと言う特徴があります。

タンポポとよがうの葉その茎が枝分かれしてそれぞれに長さ5~7センチくらいの釣り鐘型の花を上向きに咲かせるのが特徴です。花が咲き終わると結実して種を残し、その株は完全に枯れてしまうという一生を送ることになります。元々は花を咲かせるためには、

十分な大きさに育った株が寒さにさらされることが必要でしたが、園芸向けにその様な環境のかなくても花が咲くように品種改良されたものが増えてきています。カンパニュラ・メディウムの中にはがくが変化して二重咲きになるものもあります。

これは外側の花弁が平らに開くものであり、カップアンドソーサーと呼ばれています。この様な変種を含め様々な種類の園芸品種が存在しているカンパニュラ・メディウムはヨーロッパの各地域で長年愛され続けてきた花として非常に一般的な存在として知られる様になりました。他にも多数の品種が存在しています。

花の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:キバナコスモスの育て方

pixta_kifugetou

キフゲットウの育て方

キフゲットウは東アジアとインド原産のショウガ科ハナミョウガ属の高さ1メートル以上になる熱帯性多年草です。日本でも沖縄県か...

pixta_misebaya

ミセバヤの育て方

特徴として、バラの種類であることがわかっています。バラ亜綱、バラ目、ベンケイソウ科、ムラサキベンケイソウ属になります。園...

pixta_gurajioras

グラジオラス(夏咲き)の育て方

園芸植物として人気の高いグラジオラスは、200種類前後の種類がある球根植物です。南アフリカのケープ地方が中心に分布してい...

pixta_nekoyanagi

ネコヤナギの育て方

ネコヤナギの特徴は、なんといってもその見た目にあるでしょう。種類によって多少の違いはあるものの、ネコヤナギと聞けば誰しも...

pixta_ekinopus

エキノプスの育て方

エキノプスはキク科ヒゴタイ属の多年草植物の総称で、この名前の由来はギリシア語で「ハリネズミ」を意味する「エキノス」と「~...

pixta_yagurumasou

ヤグルマ草の育て方

ヤグルマギクとも言われていて、キク科ヤグルマギク属のひとつですが、ハーブでもあり、花も鮮やかなのでファンもたくさんいる矢...

pixta_inpachence

インパチエンスの育て方

暖かい時期に、色とりどりの美しい花を咲かせるインパチエンスは、熱帯や亜熱帯の地域が原産地です。アフリカやインドといった高...

pixta_kaederui

カエデ類の育て方

カエデ類はカエデ科カエデ属の木の総称で、さまざまな品種が存在しています。日本原産の品種も20種類以上がありますし、生息地...

pixta_putiasuta

プチアスターの育て方

キク科カリステフ属のプチアスターというこの花は、中国北部やシベリアを原産国とし1731年頃に世界に渡ったと言われておりま...

pixta_toumorokoshi_01

トウモロコシの育て方

トウモロコシの育て方のポイントは、日当たり・通気性・水はけが良い場所を選ぶことと、花粉が雌穂にたくさんかかるように株を複...

スポンサーリンク

SONY DSC

フロックスの育て方

フロックスとは、ハナシノブ科フロックス属の植物の総称で、...

pixta_komatsuna

コマツナの育て方

コマツナの歴史は国内では江戸時代まで遡ります。東京の江戸...

pixta_pepino

ペピーノの育て方

日本的な野菜の一つとしてナスがあります。他の野菜に比べる...

pixta_hiasinsu

ヒアシンスの育て方

ヒアシンスは16世紀前半にヨーロッパにもたされ、イタリア...