中国の小豆の育て方について

中国の小豆の育て方について

日本では、小豆の価格が高いこともあり、多くの小豆が中国から輸入されています。日本では主に北海道で栽培されており、大粒の体納言と呼ばれるものについては、丹波地方などで栽培されており、これは丹波大納言と呼ばれるブランド品として有名です。

小豆が育てやすい中国の気候

中国は北海道同様に夏は涼しく、冬は寒いという気候が似ており、これが小豆にとって良い環境になっています。なにより、冬場が寒いことで、収穫後の一番の害虫であるアズキゾウムシが生存できないことも、一つのポイントになっています。

かといって、小豆が寒い時期に収穫されるわけではありません。他の植物同様、ある程度の気温にならないと、成長しません。中国の黒龍江省あたりで小豆を栽培することが多いのですが、この地域は冬はマイナス20℃を下回ることが珍しくない気候ということで、種を植えるのは5月に入ってからです。

中国の小豆の育て方

事前に除草剤を撒く場合もありますが、日本のように多くの種類の農薬を使用することはありません。撒くときには、場合によっては防菌剤をまぶしてから植えることもありますが、こちらもそのまま撒くことのほうが多いです。基本的に大規模な農場が多いため、種まきは基本、機械で一気に行います。もともと、日本の戦争時の軍隊の名称がそのまま残った広い農場で行います。

肥料は、化学肥料を種まきの前に撒きますが、小豆自体、豊かな栄養分の多い土地でなくとも十分に育つことから、それほど手間をかけることとは無く、育て方というよりは気候に左右される部分が多いことから、自然任せな植物といえるかもしれません。その後も状況を見ながら、必要時には農薬を撒きますが、そのまま放置しておけば育っていきます。

そして、9月になると、夏を過ぎる頃に鞘ができ始め、その中で小豆はどんどん育っていきます。そして、9月ごろになると、全体的に色は茶色になり、枯れたような状態になってきます。そこで、ようやく収穫することができます。

こちらの落花生の育て方も凄く参考になりますよー!

小豆の栽培の注意点

さらに大規模な農場経営を行っているカナダ、アメリカなどでは、この収穫のタイミングがずれないように、除草剤を撒いて、小豆を意識的に枯らせて、収穫を行うという方法もあすほどです。この土地では、他にとうもろこし、大豆、小麦、米などが栽培されており、続けて同じものを植えると育ちが悪くなる場合があります。

とうもろこしの育て方に興味がある方はこちらも見て下さい♪

そのため、小豆の場合は4年に1回しか、同じところでは植えていません。そのため、毎年収穫をしようと思えば、4箇所の畑を持っておく必要があるのです。そのため、どちらかというと、他の植物に比べて、その収穫量は前後する幅が大きくなります。

収穫量が少ないときには、その価格も高騰しがちです。それを見た農家は翌年、作付面積を増やし、価格が下がるといった、繰り返しが発生している面白い植物です。

pixta_karamatusou

カラマツソウの育て方

カラマツソウ(唐松草)/学名:Thalictrum aquilegifolium(唐松草)・Trautvetteria ...

pixta_miyamaodamaki

ミヤマオダマキの育て方

ミヤマオダマキはキンポウゲ科のオダマキ属になります。ミヤマオダマキの特徴としては、葉はハート形になっていても、その丸美帯...

pixta_janohige

ジャノヒゲの育て方

ジャノヒゲはユリ科ジャノヒゲ属の多年草植物です。アジアが原産で、日本を含む東アジアに生息地が多く分布しています。亜熱帯気...

pixta_hebe

ヘーベの育て方

ヘーベの特徴は次のようになっています。オオバコ科のヘーベ属に分類されており、原産地はニュージーランドになります。分類は常...

pixta_singoniumu

シンゴニウムの育て方

シンゴニウムとは、中央アメリカ〜南アメリカが原産のサトイモ科のツル性植物です。現在では熱帯アメリカを主な生息地として約3...

pixta_sarubia

サルビアの育て方と種まき時期

サルビアは、ブラジル原産の草花で夏から秋の花として誰にでも愛されている花です。花色には燃えるような紫・白・桃色があります...

pixta_fuirigetou

フイリゲットウ(Alpinia sanderae)の育て方

ニューギニアが原産や生息地です。フイリゲットウとはフイリとは斑入りという意味ですが、ゲットウという名前がついていてもゲッ...

pixta_yamashakuyaku

ヤマシャクヤクの育て方

ヤマシャクヤクは、ボタン科、ボタン属になります。ボタン、シャクヤク、ユリといいますとどれも女性に例えられる事がある花です...

pixta_nasu_02

植物の育て方で考えるべき要素や種類の選択について

植物の栽培を考える上で考えるべき事は、栽培する植物に合わせた環境を作るという事に尽きると言えます。特に重視したいのは肥料...

pixta_aristrokia

アリストロキアの育て方

アリストロキアの特徴と致しましては、花の独特な形状があります。数百種類にもなるそれぞれの形状は個々で異なりますが、そのど...

スポンサーリンク

pixta_fusiguro

フシグロの育て方

フシグロは、ナデシコ科の野草で、葉のつく節が黒っぽいので...

pixta_bluefanflower

ブルーファンフラワー...

ブルーファンフラワーはクサトベラ科スカエボラ属で、別名は...

pixta_daikon_taneduke

二十日大根の栽培方法

二十日大根はその名の通り種まきから一月ほどで収穫できます...

pixta_rurimaturi

ルリマツリの育て方

「ルリマツリ」は、南アフリカ、オセアニア原産のイソマツ科...