中国の小豆の育て方について

中国の小豆の育て方について

日本では、小豆の価格が高いこともあり、多くの小豆が中国から輸入されています。日本では主に北海道で栽培されており、大粒の体納言と呼ばれるものについては、丹波地方などで栽培されており、これは丹波大納言と呼ばれるブランド品として有名です。

小豆が育てやすい中国の気候

中国は北海道同様に夏は涼しく、冬は寒いという気候が似ており、これが小豆にとって良い環境になっています。なにより、冬場が寒いことで、収穫後の一番の害虫であるアズキゾウムシが生存できないことも、一つのポイントになっています。

かといって、小豆が寒い時期に収穫されるわけではありません。他の植物同様、ある程度の気温にならないと、成長しません。中国の黒龍江省あたりで小豆を栽培することが多いのですが、この地域は冬はマイナス20℃を下回ることが珍しくない気候ということで、種を植えるのは5月に入ってからです。

中国の小豆の育て方

事前に除草剤を撒く場合もありますが、日本のように多くの種類の農薬を使用することはありません。撒くときには、場合によっては防菌剤をまぶしてから植えることもありますが、こちらもそのまま撒くことのほうが多いです。基本的に大規模な農場が多いため、種まきは基本、機械で一気に行います。もともと、日本の戦争時の軍隊の名称がそのまま残った広い農場で行います。

肥料は、化学肥料を種まきの前に撒きますが、小豆自体、豊かな栄養分の多い土地でなくとも十分に育つことから、それほど手間をかけることとは無く、育て方というよりは気候に左右される部分が多いことから、自然任せな植物といえるかもしれません。その後も状況を見ながら、必要時には農薬を撒きますが、そのまま放置しておけば育っていきます。

そして、9月になると、夏を過ぎる頃に鞘ができ始め、その中で小豆はどんどん育っていきます。そして、9月ごろになると、全体的に色は茶色になり、枯れたような状態になってきます。そこで、ようやく収穫することができます。

こちらの落花生の育て方も凄く参考になりますよー!

小豆の栽培の注意点

さらに大規模な農場経営を行っているカナダ、アメリカなどでは、この収穫のタイミングがずれないように、除草剤を撒いて、小豆を意識的に枯らせて、収穫を行うという方法もあすほどです。この土地では、他にとうもろこし、大豆、小麦、米などが栽培されており、続けて同じものを植えると育ちが悪くなる場合があります。

とうもろこしの育て方に興味がある方はこちらも見て下さい♪

そのため、小豆の場合は4年に1回しか、同じところでは植えていません。そのため、毎年収穫をしようと思えば、4箇所の畑を持っておく必要があるのです。そのため、どちらかというと、他の植物に比べて、その収穫量は前後する幅が大きくなります。

収穫量が少ないときには、その価格も高騰しがちです。それを見た農家は翌年、作付面積を増やし、価格が下がるといった、繰り返しが発生している面白い植物です。

pixta_ichigo_01

イチゴを種から育てる

甘酸っぱい味わいが特徴のイチゴの栽培方法として、市販されている苗からの育て方が一般的ですが、種から育てる楽しさも子供たち...

pixta_hetima

ヘチマの育て方

熱帯アジアを生息地とするインド原産の植物です。日本には中国を通して江戸時代に伝わったと言われています。ヘチマは元々、果実...

pixta_biwa

びわの育て方

枇杷(ビワ)は、中国南西部原産で、バラ科の常緑高木です。日本には古代から持ち込まれています。インドにも広がっており、非常...

pixta_fuirigetou

植物の栽培に必要な土と水と光

植物の栽培に必要なのは、土と水と光です。一部の水の中や乾燥している場所で育つ植物以外は、基本的にこれらによって育っていき...

pixta_emadaginaru

エマルギナダ(ヒムネまたはベニゴウカン)の育て方

この花についてはマメ科、カリアンドラ属となっています。和名においてネムが入っていますが、基本的にはネムは全く関係ありませ...

pixta_apios

アピオスの育て方

アピオスは食材で、北アメリカは北西部が原産地のマメ科のつる性植物で肥大した根茎を食べます。アピオスは芋でありながらマメ科...

pixta_katura

カツラの育て方

カツラは日本特産の植物で大昔である太古第3紀の頃から存在します。日本とアメリカに多く繁茂していましたが、次第にアメリカに...

pixta_ruritamaazami

ルリタマアザミの育て方

ルリタマアザミはアザミという名前がついていますが、アザミ属ではなくヒゴタイ属になります。茎と葉はアザミに似ているのですが...

pixta_suisen

スイセンの育て方

スイセン、漢字で書くと水仙。この植物は、ヒガンバナ科(旧分類だとユリ科)スイセン属の多年草です。地中海沿岸やスペイン、ポ...

pixta_karasunoendou

カラスノエンドウの育て方

古くは食用にも好まれていました。カラスノエンドウはマメ科ソラマメ属の植物です。ソラマメや、さやえんどうのような実をつけま...

スポンサーリンク

pixta_sira

シラーの育て方

シラー(Scilla)とは、ユリ科の植物で別名はスキラー...

pixta_kurinsou

クリンソウの育て方

被子植物で、双子葉植物綱に該当します。サクラソウ目、サク...

pixta_keshouboku

ケショウボクの育て方

ケショウボクはダレシャンピアという名前で流通していること...

pixta_waxflower

ワックスフラワーの育...

花についてはフトモモ科、チャメラウキウム属になります。園...