中国の小豆の育て方について

中国の小豆の育て方について

日本では、小豆の価格が高いこともあり、多くの小豆が中国から輸入されています。日本では主に北海道で栽培されており、大粒の体納言と呼ばれるものについては、丹波地方などで栽培されており、これは丹波大納言と呼ばれるブランド品として有名です。

小豆が育てやすい中国の気候

中国は北海道同様に夏は涼しく、冬は寒いという気候が似ており、これが小豆にとって良い環境になっています。なにより、冬場が寒いことで、収穫後の一番の害虫であるアズキゾウムシが生存できないことも、一つのポイントになっています。

かといって、小豆が寒い時期に収穫されるわけではありません。他の植物同様、ある程度の気温にならないと、成長しません。中国の黒龍江省あたりで小豆を栽培することが多いのですが、この地域は冬はマイナス20℃を下回ることが珍しくない気候ということで、種を植えるのは5月に入ってからです。

中国の小豆の育て方

事前に除草剤を撒く場合もありますが、日本のように多くの種類の農薬を使用することはありません。撒くときには、場合によっては防菌剤をまぶしてから植えることもありますが、こちらもそのまま撒くことのほうが多いです。基本的に大規模な農場が多いため、種まきは基本、機械で一気に行います。もともと、日本の戦争時の軍隊の名称がそのまま残った広い農場で行います。

肥料は、化学肥料を種まきの前に撒きますが、小豆自体、豊かな栄養分の多い土地でなくとも十分に育つことから、それほど手間をかけることとは無く、育て方というよりは気候に左右される部分が多いことから、自然任せな植物といえるかもしれません。その後も状況を見ながら、必要時には農薬を撒きますが、そのまま放置しておけば育っていきます。

そして、9月になると、夏を過ぎる頃に鞘ができ始め、その中で小豆はどんどん育っていきます。そして、9月ごろになると、全体的に色は茶色になり、枯れたような状態になってきます。そこで、ようやく収穫することができます。

こちらの落花生の育て方も凄く参考になりますよー!

小豆の栽培の注意点

さらに大規模な農場経営を行っているカナダ、アメリカなどでは、この収穫のタイミングがずれないように、除草剤を撒いて、小豆を意識的に枯らせて、収穫を行うという方法もあすほどです。この土地では、他にとうもろこし、大豆、小麦、米などが栽培されており、続けて同じものを植えると育ちが悪くなる場合があります。

とうもろこしの育て方に興味がある方はこちらも見て下さい♪

そのため、小豆の場合は4年に1回しか、同じところでは植えていません。そのため、毎年収穫をしようと思えば、4箇所の畑を持っておく必要があるのです。そのため、どちらかというと、他の植物に比べて、その収穫量は前後する幅が大きくなります。

収穫量が少ないときには、その価格も高騰しがちです。それを見た農家は翌年、作付面積を増やし、価格が下がるといった、繰り返しが発生している面白い植物です。

pixta_pepino

ペピーノの育て方

日本的な野菜の一つとしてナスがあります。他の野菜に比べると決して美味しそうな色ではありません。紫色をしています。でも中は...

pixta_kriptansas

クリプタンサスの育て方

クリプタンサスはブラジルに広く分布している多年草で多くの場合は森林の中で自生しているのですが、個性的な葉の色の物が多いこ...

pixta_safran

サフランの育て方

サフランは、西南アジアを原産とするアヤメ科に属する多年草です。香料、染料、薬、調味料など、古くから幅広く活用されている、...

pixta_arekayasi

良い植物の選び方と栽培のコツ

植物は見る人の心を癒してくれます。また、植物を育てることは心の健康にも良いとされ、園芸療法などにも利用されています。せっ...

pixta_datyura11

エンジェルストランペットの育て方

エンジェルストランペットは、茎からぶら下がるようにして、ラッパのような大きな花が下向きに咲いていく姿が印象的な植物です。...

pixta_inutuge

イヌツゲの育て方

イヌツゲはモチノキ科のモチノキ属の常緑性の木です。一般的には庭木に活用されていることが多いため、低木で知られていますが、...

pixta_kinokorui

キノコ類の育て方

きのこ類の特徴として、シイタケに関してはハラタケ目、キシメジ科、ハラタケ科と呼ばれる種類に属します。それぞれのキノコにつ...

pixta_bakopa

バコパの育て方

バコパの歴史はとても古いです。とても意外なことではありますが、インドでは約3000年前から人々の間でハーブとして愛用され...

pixta_runaria

ルナリアの育て方

別名にゴウダソウやギンセンソウの名を持つルナリアは、学名Lunariaannuaで他にマネープラントという名を持つ二年草...

pixta_kuransin

クンシランの育て方

クンシランはヒガンバナ科クンシラン属で、属名はAmaryllidaceae Clivia miniata Regelとい...

スポンサーリンク

pixta_tya111

チャ(茶)の育て方

この植物は、ツバキやサザンカのツバキ科で、多年草の植物に...

pixta_biwa

ビワの育て方

ビワは中国原産のバラ科の常緑高木で、淡いオレンジ色の果実...

pixta_roberia

ロベリアの育て方

ロベリアは熱帯から温帯を生息地とし、300種以上が分布す...

pixta_hitotubadako

ヒトツバタゴの育て方

20万年前の近畿地方の地層から、泥炭化されたヒトツバタゴ...