ヒョウタンの育て方

ヒョウタンの育て方

ひょうたんの歴史について、ご紹介したいと思います。ヒョウタンは本来中国原産の植物で、日本に入ってきたのは、奈良時代前期だと言われています。「ヒョウタンから駒」や「青ヒョウタン」などと言う諺があるように、ひょうたんは日本人に馴染みがあり、また長歴史を共に生きていきたという、非常に大きな関わりがあるものです。

ヒョウタンの栽培方法

ヒョウタンの育て方の方法について、説明したいと思います。簡単に育てる場合は、種付けは非常に難しいと言われていますので、まずは苗から育てるのが一般的なやり方です。また種付けをする場合は、前年のなっていたヒョウタンから中身を取り出して、種を採取して、種付けのための種子を育てる必要があります。

なかなか根気のいる作業ですし、ヒョウタンの種は地面になかなか種付けできないことがありますので、確実に育てる方法としては、ホームセンターなどで苗を買ってくるのが1番良いと思われます。苗を植えるのは、暖かくなってからの5月か6月がベストです。最初は苗の状態からなかなか成長しませんが、夏場お迎える7月8月になってくると一気に伸びてきますので、つるや枝を伸ばす場所を確保してあげる必要があります。

つる性の植物ですのでガレージの屋根や、自宅の庭などは日当たりも良く栽培には非常に適していると思われます。そして夏の盛りが過ぎる、9月には沢山の実ができます。これが完全に熟すのを待って10月ごろに収穫するのが1番ベストな方法です。そして11月12月と乾燥した季節になると、中身を掻き出して掃除をして、様々な細工ものに使ったり、飾りに使ったりと楽しめます。

またこの植物は、非常に害虫に強いので、ほとんど農薬等を散歩する必要がありませんが、苗の時は、一気に虫に食われてしまう時がありますので、もし虫がついてるようでしたらピンセットでつまんで殺すようにしてください。肥料については実がなってからの8月以降はやる必要がありませんが、急成長遂げる7月前の5月6月では多めに与える必要があります。

また土壌はアルカリ性が適しているといわれていますので、もし育てている土壌が、アルカリ性でない場合は、すぐに灰などをまぶして、土壌をアルカリ性にしていく必要がありますので注意してください。アルカリ性になるのは、すぐにはできない場合もありますので、他の植物を育てがら、1年か2年かけてゆっくりとアルカリ性の土壌にしていくのも大切なことです。急いで育ててもいいものができないこともあります。

ヒョウタンの水やり

水やりですが、その栽培に水やりはとても重要だと言われています。まず1番大切な事は、土が乾いてから水をたっぷりとやることです。その時水のやり方ですが、もしあなたがプランター等で育っている場合は、プランターの下から水が溢れ出すぐらいまで水をやってください。また水は朝か夜やるようにして、昼間はやるのを避けてください。

原産がアフリカの乾燥地帯ですので、乾燥には強いですが、逆に水のやりすぎや、湿った状態は苦手ですので、ジメジメした場所や苔が生えているような場所では苗が腐ってしまうことがありますので注意が必要です。また地面で栽培してる場合は、地面がしっかりとぬれて、周囲の地面も色が変わるほど水をやってください。

もちろんバケツで水をやるような乱暴なことをしては、土がえぐれてしまうので、シャワーつきの水やりの用具を必ず使うようにしてください。それが上手な栽培の仕方の1番重要なポイントです。特に夏場の水やりは重要です。実がなり始めてからひょうたんは非常に多くの水を必要としますので、栽培して行く上では水やりは欠かせません。

1日に2回、朝と夜に水やりをするのが一番好ましいと思われます。また、実がなり始めて、実が完全に出てきてからの栽培の方法ですが、この際の水やりは少し少なめにしましょう。葉っぱが若干夏場を迎えるとかれてくることがありますが、気にすることなくあまり水をやりすぎてはいけません。これが第二のポイントです。この段階で水をやりすぎると腐る可能性があるのです。

ヒョウタン栽培の注意点

ひょうたんの育て方の注意点についてお教えします。ひょうたんの育て方は、比較的簡単だと言われています。野生でも非常に元気に育ちます。その育て方ですが、1番重要な事は日当たりの良い場所に植えることです。日に光を非常に好む植物ですので、育て方の重要なポイントの1つとしては、非常に日光が当たる場所を選んで植えてやることが1番ベストです。

苗の段階でもよく日光があたる場所を選ぶようにすると、その後の成長がとてもスムーズだと言われています。ただしその場所が、あまりにも暑い場所ですと、苗が育つまえに傷んでしまうので注意をしましょう。近年では書籍のほかにも、漫画やインターネットのコラムや掲示板、ホームページなどのサイトにも、育て方の注意点やポイント等が載っているので参考にしてみてはどうでしょうか。

またテレビ番組などでも、その育て方を5月や6月に特集することがあるので参考にしてみてはどうでしょうか。花は黄色や白の花を夏場に咲かせ、さらには実をならせるとても面白い、育てがいのある植物ですので、ぜひその苗を買ってきて、育てることを挑戦してみてはどうでしょうか。

ヒョウタンの歴史

ひょうたんの歴史について、ご紹介したいと思います。ヒョウタンは本来中国原産の植物で、日本に入ってきたのは、奈良時代前期だと言われています。「ヒョウタンから駒」や「青ヒョウタン」などと言う諺があるように、ひょうたんは日本人に馴染みがあり、また長歴史を共に生きていきたという、非常に大きな関わりがあるものです。

その中国で育てられた、ひょうたんはさらに元をたどるとアフリカ原産だと言われています。アフリカからさらに西アジアに出て、そこからシルクロードを辿って中国に輸入されたという歴史があります。奈良時代に日本に持ち込まれたひょうたんは、平安時代になると農村等で育てられ、徳利などとして利用されるようになりました。またその水は非常に健康に良いとされ、飲み水をしても利用されるようになりました。

その後、ひょうたんは、江戸時代になると観葉植物としても評価が高くなり、江戸市中で多く育てられるようになりました。浅草や江戸橋、錦糸町の方ではひょうたんを栽培する農家や民家が多くできていたと言われています。さらに明治時代に入ると、ひょうたんは細工などがされて海外で工芸品として売られたという歴史があります。

また大正時代、昭和初期に入ると品種改良などが進み、1度に30個から50個のヒョウタンができるものも開発されるようになりました。現在は、夏場に非常にたくさんの葉っぱを茂らせ、かつ実をみのらせることから、ビルの外壁などに使われて、環境保全の一端を担っていることもあります。このようにひょうたんは非常に日本人の生活と密着してきたのです。

ヒョウタンの特徴

ひょうたんの特徴についてご紹介します。ひょうたんの特徴は夏場に最盛期を迎えることでしょう。また非常に特徴的な真ん中がくびれた不思議な形をしていることも特徴の1つです。その中をくりぬくことで、ひょうたんは水やお酒などを入れることができる入れ物としても活用することができるとても実用的な植物である母です。また水分が非常に多いという特徴もあります。

また非常に害虫や病気などに強く、植物が虫たちの生息地にならず、一般家庭などでも育てやすくアルカリ性の土壌であるあろうが酸性の土壌であろうが非常によく育つのです。このようにとても育てやすい植物です。またたくさんのみができることも特徴の1つです。上手に育てることができれば、1つの苗から100個近くのひょうたんのができるといわれています。ぜひ育てみてはどうでしょうか。

下記の記事も詳しく書いてありますので、凄く参考になります♪
ハヤトウリの育て方

pixta_usubenihigosumire

ウスベニヒゴスミレの育て方

ウスベニヒゴスミレはガーデニングでも適した植物と言われていて、専門家も性質も強く園芸的にも優れていると太鼓判を押している...

pixta_baobabu

バオバブ(Adansonia)の育て方

バオバブは古くから人類の歴史と深く関わり続けている樹木です。人類が2足歩行をする400万年前以前からフルーツや葉を食料と...

pixta_tomato03

トマトの育て方について

自宅の庭に花が咲く植物を植えてキレイなフラワーガーデンを作るというのも一つの方法ですが、日常的に使う野菜を栽培することが...

pixta_zazensou

ザゼンソウの育て方

ザゼンソウは、ザゼンソウ属サトイモ科の多年草の草木です。学名はSymplocarpusfoetidusで、漢字では座禅草...

tomato01

トマトの栽培における種まきや植え付けの時期及び育て方について

トマトは世界一の需要量を誇る野菜で、日本でも比較的良く食されています。気候的にも栽培に適する事から、家庭菜園レベルであっ...

pixta_dorasena

初心者でも簡単な観葉植物について

最近は趣味として、ガーデニングなどを楽しんでいる方がどんどん増えています。自宅の庭に色とりどりの花を咲かせたり、ベランダ...

pixta_karuna

カルーナの育て方

カルーナはヨーロッパや北アフリカなど、地中海の周辺に生息する植物です。カルーナという言葉は「掃く」という意味に由来します...

SONY DSC

エパクリスの育て方

エパクリス属と呼ばれる花は、なんと31属もあり、種類に関しましては、400種類程度あります。原産地は主にオーストラリアに...

pixta_geranium11

ゲラニウム(高山性)の育て方

高山性ゲラニウムの学名は、ゲラニウム・ロザンネイです。別名でフクロウソウとも呼ばれている宿根草で、世界にはおよそ400種...

pixta_sankirai

サンキライの育て方

英名は「Chinaroot」で科目はサルトリイバラ科です。原産国は日本や中国、朝鮮半島、インドシナ半島などのアジアを主な...

スポンサーリンク

pixta_aoki

アオキの育て方

庭木として重宝されているアオキは、日本の野山に自生してい...

pixta_raiti11

ライチの育て方

ライチは、ムクロジ科、レイシ属になります。和名はレイシと...

pixta_riparis

リパリスの育て方

特徴としては、被子植物になります。ラン目、ラン科、クモキ...

pixta_snapendou

スナップエンドウの育...

スナップエンドウは若くてみずみずしい食感を楽しませてくれ...