植物の栽培育て方のコツを教えます。

植物の栽培育て方のコツを教えます。

最近はインテリアグリーンとして植物を栽培するかたが増えてきました。部屋のインテリアの一部として飾るのはもちろん、植物の成長をみることで心が穏やかになるという効果もあります。夏には直射日光を遮るために緑のカーテンとしてゴーヤを育てる家庭もあります。

植物の栽培について

ベランダでミニトマトやキュウリ、ゴーヤにハーブ、花の観賞にバラや観葉植物など幅広い種類が身近に栽培できるようになりました。これから、育ててみてたいと思っている方にコツを教えます。今回はガーデニングにスポットを当てて紹介します。

こちらのゴーヤ(にがうり)の育て方も参考になります♪

こちらのベランダで出来るミニトマトの育て方を参考にしてみて下さい♪

土の選び方

植物の成長に欠かせない土の選び方です。根の成長は土の中なので目に見えません。だからこそ、根の生育状態をよくするために最初の土選びがとても大切になります。植物を支える固相、呼吸の為に必要な気相、水および養分を含む液相がバランスよくとれた土が栽培に適しています。

育てる際に必要に応じて肥料をあげます。育て方によって肥料の上げ方も変わってきます。あらかじめ土に施す肥料を元肥といいます。発育の途中に追肥として与える場合もあります。他にも、花木や果樹の開花後や収穫後の弱った状態の時に与えるお礼肥があります。

これは弱った植物の回復を図るものです。開花や収穫後には弱ってしまうのでこの時に与える肥料はとても大切です。この時期には即効性のある液体タイプの物がオススメです。液体タイプはすぐに効果がでやすく取り扱いがしやすいです。

植物の栽培の注意点

生育の害になる害虫への薬剤も大切です。初心者にはうすめる手間がなく、そのまま使用ができるスプレータイプがオススメです。薬剤の種類によっては近接散布すると冷害を引き起こすタイプがありますが、スプレータイプだと近接散布しても冷害になりにくいタイプが多いので安心して使用が出来ます。スプレータイプだと部分的に散布もしやすいです。

また、ナメクジやネキリムシといった夜間に活動するため見落としがちな害虫にはペレット剤がおすすめです。植物が加害するまに誘引して退治ができます。薬剤の散布後には石鹸でよく手をあらうようにしてください。生育を妨げるものに、雑草があります。雑草には除草剤を使用すると生えにくくなります。

ただし、除草剤は花壇などの広い面積の雑草に使用するのがいいです。枯らしたい雑草の種類や草丈によっても選ぶ除草剤が変わってきます。除草剤を間違って使用すると栽培している物を枯らす原因になるので、使用する際には説明をしっかりと読むことが大切です。

こちらの栽培が簡単な植物の育て方も参考になります!!

簡単に栽培と育て方の方法のコツを書きました。植物によって育て方は変わりますが、栽培をして綺麗な花を開花させたり、おいしい果物が実るのが栽培の醍醐味です。是非、育て方のコツを参考に育ててみてください。

pixta_aroe

アロエの育て方

日本でも薬草として人気のあるアロエはアフリカ大陸南部からマダガスカルが原産地とされており、現在ではアメリカのテキサス州や...

pixta_ibyzeranium

アイビーゼラニュームの育て方

特徴としては多年草です。基本的には冬にも枯れません。非常に強い花です。真冬においても花を維持することもあります。ですから...

pixta_oregano

オレガノの育て方

オレガノは、もともとはヨーロッパの地中海沿岸を生息地とする植物です。ギリシャの時代からあり、ヨーロッパの文化の一員になっ...

pixta_gaura

ガウラの育て方

ガウラは北アメリカを原産地としている花ですが、北アメリカでは「雑草」と認識されているようです。主な生息地はアメリカ合衆国...

pixta_sagisou

サギソウの育て方

サギソウはラン科サギソウ属サギソウ種の多年草で、日本や台湾、朝鮮半島が原産となっています。日本では北海道や青森などを除い...

pixta_hebiuri

ヘビウリの育て方

インド原産のウリ科の多年草で、別名を「セイロン瓜」といいます。日本には明治末期、中国大陸を経由して渡来しました。国内では...

pixta_kanpanyuraturigane

カンパニュラ・メディウムの育て方

カンパニュラ・メディウムは南ヨーロッパを原産とする花で、日本には明治の初めに入ってきたものとされています。基本的な育て方...

pixta_clubapple

クラブアップルの育て方

科名はバラ科であり属名はリンゴ属、学名をMaluspumilaと言い、和名をヒメリンゴと呼ぶのがクラブアップルです。リン...

SONY DSC

フロックスの育て方

フロックスとは、ハナシノブ科フロックス属の植物の総称で、現時点で67種類が確認されています。この植物はシベリアを生息地と...

pixta_bluecatseye

ブルーキャッツアイの育て方

ブラジル原産の多年草である”ブルーキャッツアイ”。日本では観賞植物として栽培されています。別名はオタカンサスと呼ばれる花...

スポンサーリンク

pixta_epissia

エピスシアの育て方

エピスシアはメキシコの南部からブラジル、コロンビア、ベネ...

pixta_iwakomagiku

イワコマギクの育て方

イワコマギクは和名としてだけではなく、原産地となる地中海...

pixta_ogi

オギの育て方

イネ科ススキ属のオギは、古くから日本と関わりのある植物で...

pixta_suikazura

スイカズラの育て方

スイカズラの学名はロニセラ・ジャポニカということで、ジャ...