フジバカマの育て方

フジバカマの育て方

フジバカマはキク科の植物で、キク科の祖先は3,500万年前に南米に現れたと考えられています。人類が地上に現れるよりもずっと前から登場したのです。そして、南米から生息地を北上させていき、中米くらいまで分布を広げていくことになります。。この時期にはフジバカマとしてすでに分化していたと考えられていて、原産はこの時期のこの地域だと考えられます。

フジバカマの栽培の環境

フジバカマは日当たりの良いところで育てるの場ベストです。1日中日が当たっていなくても良く、半日くらい日の当たるところでも成長しますが、細長く成長しやすいですし、花は少なくなる傾向があります。茎をまっすぐに伸ばしたい場合には、風が強く当たる場所を避けた方が良いです。

鉢植えでも地植えでも生育しますが、どの場合でも日当たりが良くて乾燥しにくいところに植えた方が良いです。地植えする方が生育は良いです。ただ、生育が良すぎるという難点もあります。地下茎で増えていきますから、庭中にフジバカマが広がってしまうと言ったこともあり得ることでしょう。

日本という環境が適していますから、繁殖しすぎないような環境で育てた方が良いでしょう。フジバカマの育て方として、土の中に板を張っておくと言われることがあるのは、このように猛烈に広がってしまうことを防ぐためです。

フジバカマの育て方のポイント

日当たりの良い場所を選ぶというのは基本的で、日当たりが悪いと徒長しすぎる可能性があり、見た目が美しくはなくなりますから注意が必要です。水やりにも注意が必要です。水が不足すると痛みは激しくなるという特徴がありますから、まめに水やりをするようにします。

雨が降っていない日は毎日水やりをするくらいがちょうど良いですし、また浅く小清水にしておくのも良い方法です。これは鉢植えの場合にも同じで、たとえばしおれているようであれば十分に水やりをしましょう。成長する力は強いですから、育て方はそれほど難しくはありませんが、植え替えをしたときには弱ってしまう可能性があるから注意が必要です。

植え替えをしたときには肥料を少し入れておいた方が良いです。鈴の多くある緩衝性肥料を用いると良いです。芽が出てからは月に1回くらい施肥するのが良いです。大きく成長させようと思ったのであれば、液体肥料を追肥するのも良い方法です。ただ、肥料が多すぎると、茎や葉が成長しやすくなり、花を楽しめなくなることもありますから注意が必要です。

この程度がどれくらいなのかが最も難しい部分です。植え替えの時にはしっかり施肥する方が良いですが、根付いて成長してくれば控えめにするというようにして調整していきましょう。種から育てたいと考える人もいると思いますが、これはなかなか難しいことだと考えておいた方が良いです。種付けをして増やしていくタイプのものではありません。

もちろんですが、それができないわけではありませんが、まず種付けに用いるための種を手に入れにくいという特徴があります。種付けをするためにはもちろん種子が必要となりますが、フジバカマを栽培していれば種子がほとんどできないことが分かると思います。

偶然にも種をとることができれば種付けによって新たな品種を作るというのも楽しみの一つですが、最初は株から育てるのが良いと考えられます。鉢植えにする場合、株分けをすることは必要です。2年から3年に一度は株分けが必要で、新芽が出てきたときにするのが良いです。

これをしなかった場合、そのまま枯れてしまうこともありますから注意が必要です。地植えの場合には完全に枯れてしまうと言うことはあまりないようですが、それでも一部分が枯れてしまうと言ったこともあります。ですから、地植えの場合であってもできることなら2年から3年に一度は株分けをした方が良いです。

絶滅が危惧されているフジバカマ

フジバカマを栽培したいという人は多くいますし、育て方を知りたいという人も多くいるのですが、実はすでに絶滅危惧種に指定されていて、存在が危ぶまれているものの一つなのです。日本では関東よりも西部で、主に太平洋側に分布しています。かつては田んぼや河川の周りに自生していて、どこにでもあったと言えるでしょう。

しかしながら、河川が工事されたり田んぼが減ってきたりしたことによって激減しています。国のレッドデータブックでは準絶滅危惧種として登録されていますし、京都では絶滅寸前種に指定されています。絶滅が危惧されているものは日本に自生していたもので、栽培用に用いられているものは後になって中国からもたらされたものです。

園芸用に販売されているものはほとんどが中国系統で、日本に自生していたものとは少し異なります。絶滅危惧種としてはNTとして分類されています。これは環境省の定めたレッドデータブックの分類で、存続基盤が脆弱な種という意味です。このことを考えて見ても、栽培する価値はあると考えられます。

ただ、絶滅が危惧されているとはいえ、適した環境においてやれば成長は著しく、庭などでは増えすぎて困ると言ったこともあり得ることでしょう。絶滅が危惧されている理由は、フジバカマの生育に適した環境が自然の中に減ってきたことが挙げられます。育てるのはそれほど難しいものではありませんから、この違いには注意が必要です。

フジバカマの歴史

フジバカマはキク科の植物で、キク科の祖先は3,500万年前に南米に現れたと考えられています。人類が地上に現れるよりもずっと前から登場したのです。そして、南米から生息地を北上させていき、中米くらいまで分布を広げていくことになります。。この時期にはフジバカマとしてすでに分化していたと考えられていて、原産はこの時期のこの地域だと考えられます。

その後はさらに北上を続けて北米にまで到達し、100万年前にはベーリング海峡を越えてアジアへと生息地を広げています。この時期にはやっと人類の祖先が生まれた時期です。日本に自生するようになったのは数万年前頃だと考えられています。主に中国大陸からもたらされたと考えられていて、日本で文化が広がることには自生して繁殖をしていた考えられます。

万葉集には秋の七草として登場していますから、この時期にはすでに日本のいろいろなところに分布していて、いわゆる雑草としていろいろなところに生えていたと考えられます。現在でも自生しているものもあります。

フジバカマの特徴

フジバカマは万葉の時代から日本人に親しまれてきた植物の一つです。夏の終わりから秋の初め頃に小さな花をつけます。葉が3つに分かれることも特徴の一つだと言えるでしょう。地下茎で増えますから、適した環境であれば密集して生育することになりますが、日本ではこのような傾向は見られません。

そのままの状態では無臭なのですが、生乾きにすると良い香りがするために、昔から中国では芳香剤としても利用されていました。多年草ですが、60センチくらいになることが多く、大きくても120センチくらいまでです。ですから、庭に植えるのも良いですし、鉢植えにするのも良いです。

日本に根付いている花と言うこともあって、日本の環境には適していますから、育てるのは俺ほど難しくはありません。地植えにすると、手入れをしなくても増え続けることもあります。開花時期は8月から9月くらいで、残り花は10月くらいまで楽しむことができるでしょう

。寒さや暑さにも強い傾向がありますから、手軽に育てるものの一つです。手軽でありながらも美しい花を咲かせると言うこともあって、人気はあります。品種も様々なものがあり、有名なものとしてはサワフジバカマやハマサワヒヨドリなどがあります。同じ品種を一面に植えても美しいですし、いろいろな品種をあわせて植えるなどの楽しみ方もあります。

下記の記事も詳しく書かれているので、凄く参考になります♪
タイトル:宿根アスターの育て方
タイトル:フクジュソウの育て方

pixta_karataneogamata

カラタネオガタマの育て方

カラタネオガタマはモクレン科の植物で、樹高4mから5mになる常緑性の花木で中国南部が原産と言われており、トウオガタマと言...

pixta_sprekeria

スプレケリアの育て方

スプレケリアは別名「ツバメズイセン」と呼ばれる球根植物で、メキシコやグアテマラなどに1種のみが分布します。スプレケリアは...

pixta_wakegi

ワケギの育て方

原産地については西アジアから地中海東部であるいう説やユーラシア南部を生息地とする説もあればアフリカやヨーロッパが原産地で...

pixta_rantanakamara

ランタナ・カマラの育て方

ランタナ・カマラは通称ランタナで、別名をシチヘンゲやコウオウカ、コモン・ランタナといいます。クマツヅラ科ランタナ属の常緑...

pixta_slinamcherry

スリナムチェリーの育て方

スリナムチェリーはフトモモ科の常緑の低木でこの樹木の歴史は非常に古くブラジルの先住民族が赤い実を意味するスリナムチェリー...

pixta_iigiri

イイギリの育て方

イイギリは日本原産の落葉高木です。昔から人々に親しまれてきた木ですが、それはイイギリという名称からもわかります。別名とし...

pixta_saboten

サボテンの育て方

サボテンといってもその名前が指す種類はとても幅広いです。一つ一つ特徴も異なることでしょう。しかし、一般の人々がサボテンと...

pixta_epidendoram

エピデンドラムの育て方

エピデンドラムはラン科の植物であり、日本においては観葉植物としてその地位を安定させています。この植物の本来の生息地はメキ...

pixta_chaibu

チャイブの育て方

チャイブは5000年ほど前から中国で食用として利用されたことが記録として残っています。料理としてのレシピも紀元前1000...

pixta_akinokirinsou

アキノキリンソウの育て方

アキノキリンソウは、古くから日本にありました。キク科植物は世界中にありますが、その歴史は非常に古いです。約5千年前に南米...

スポンサーリンク

pixta_zenobia

ゼノビアの育て方

ゼノビアは日本国内ではスズランノキという名前でも呼ばれる...

pixta_sukimia

スキミアの育て方

「スキミア」はミカン科ミヤマシキミ属、日本を原産とする常...

pixta_mekarudonia

メカルドニアの育て方

メカルドニアはオオバコ科の植物で原産地は北アメリカや南ア...

pixta_hakusai

ハクサイの育て方

ハクサイは漬物や鍋の中に入れる野菜、中華料理の食材や野菜...