上手な植物の栽培方法

上手な植物の栽培方法

私たちが普段生活している場所では、意識しないうちに何か殺風景だなとか、ごちゃごちゃ物がちらかっているなとかいう、いわゆる生活感のあふれる空間になっていることがしばしばあります。

癒しを与えてくれる植物とは?

これは意識しても片付け上手だったり、収納スペースが十分に確保されていなければ、すっきりと美しい状態の部屋を保つというのはなかなか難しいものです。逆に片付けがきちんとされていて、空間に物がない場合でも落ち着かない部屋になるはずです。

そんな何か物足りない、ごちゃごちゃ物があふれかえっているという状況を埋めてくれるのが植物の存在です。殺風景な部屋にグリーンがあると、それだけで癒しの空間になります。目にやさしいということに加え、植物は生きています。

だから、そこにあるだけでやさしい印象を与えてくれます。誰もが憧れるような美しいお部屋のアクセントには、必ずといっていいほどグリーンは登場します。環境を整えてくれるためのアイテムとしては外せません。

こちらの家で植物を育ててみましょうを参考にどうぞ♪

植物の基本的な育て方

もちろん植物は水やりなどの、日々の管理が必要となります。しかしその育て方はいたって簡単です。光合成のために光が必要となるので窓際の明るい場所に置くことと、土が乾いたときにたっぷりと水を与えてあげること。

あとは、必要に応じて肥料などの栄養分を与えてあげることです。室内で育てる場合は基本的に鉢を使うでしょうから、その鉢の大きさにあった適量な肥料の量と水分、適度な光があれば栽培可能です。

実をつける果物や花を観賞するための鉢物でであれば、病害虫を防ぐために農薬などの防除剤が必要だったりすることもありますので、少し素人にはハードルが高いですが、葉ものの観葉植物はさほど管理に手間を要しませんから素人にもおすすめです。

こちらの鉢植え植物を上手に育てるポイントもみて下さい♪

植物の育て方の主な注意点

極端に暑い夏の室内には葉焼けを防ぐために窓際を避けたり、マイナスにもなる寒い冬の室内では枯れてしまうので、リビングなど比較的暖かいところに移動するなどしてあげれば、長く観賞することができます。

最初は栽培の易しいといわれるパキラやオーガスター、モンステラなどで経験をして、徐々に栽培の難しいものに挑戦してみるのがよいかもしれません。素人がよくやる失敗として、こまめに世話をしすぎて枯らしてしまうというケースです。

基本的に観葉植物は水をあまり必要としない熱帯性のものが多いですが、そういう特性を知らずに、土が乾かないうちに水やりをしすぎて根っこを腐らしてしまうというのがよくある失敗例です。

植物に合わせた育て方を勉強してから接することで、日々の暮らしにやすらぎと癒しを与えてくれる最強のアイテムとなります。ぜひ、まだチャレンジされていない方はご家庭で観葉植物の栽培に挑戦してみてください。

観葉植物の育て方や色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も参考になります♪
タイトル:モンステラの育て方

pixta_rakkasei

ラッカセイの育て方

ラッカセイは、マメ科になります。和名は、ラッカセイ(落花生)、その他の名前は、ピーナッツと呼ばれています。ラッカセイは植...

pixta_oregano

オレガノの育て方

オレガノは、もともとはヨーロッパの地中海沿岸を生息地とする植物です。ギリシャの時代からあり、ヨーロッパの文化の一員になっ...

pixta_ekium

エキウムの育て方

エキウム・ウィルドプレッティはテネリフェ島のジャルダンラオロダヴァド植物園の園長であるヘルマンが、イギリスの王立植物園に...

pixta_cattail

キャッツテールの育て方

キャッツテールの原産地はインドで、ベニヒモノキにも似ています。しかし匍匐性の小型種であり、亜熱帯地方や亜熱帯を生息地とし...

pixta_putitomato

プチトマトの育て方について

今回はプチトマトの栽培の方法と、育て方について説明します。プチトマトは、カロテンとビタミンCという栄養が豊富なので、体に...

pixta_tantyousou

タンチョウソウの育て方

タンチョウソウは別名で岩八手といいます。中国東部から朝鮮半島が原産地です。生息地は低山から山地で、川岸の岩の上や川沿いの...

pixta_calllabi

コールラビの育て方

コールラビとは、学名をBrassica oleraceaと言い、英語名をKohlrabiと綴ります。その形は球根とキャベ...

pixta_sarubia

サルビア・スプレンデンスの育て方

サルビア・スプレンデンスは、ドイツ生まれの植物学者セロウによってブラジルで発見されました。彼はブラジルを中心に植物探検を...

pixta_marou

マロウの育て方

マロウは、アオイ科のゼニアオイ属になります。マロウはヨーロッパが原産地だと言われています。生息地としては、南ヨーロッパが...

pixta_abtiron

アブチロンの育て方

アブチロンはアオイ科の属の一つで、学名はAbutilonです。別名としてウキツリボクやショウジョウカ、チロリアンランプと...

スポンサーリンク

pixta_benjamingomnoki

ベンジャミンゴムノキ...

この植物はイラクサ目、クワ科、イチジク属となっています。...

pixta_umemodoki

ウメモドキの育て方

ウメモドキは、日本の本州、四国、九州、そして中国原産の落...

pixta_chingensai

チンゲンサイの育て方

チンゲンサイの原産地は、中国の華中、華南といった地域が原...

pixta_hedera

ヘデラの育て方

ヘデラは北アフリカ、ヨーロッパ、アジアと広い地域を生息地...