家で植物を育ててみましょう

家で植物を育ててみましょう

植物はそこにあるだけで人を癒してくれます。緑は安らぎ、穏やか、やさしさなどを想像させ、またマイナスイオンによる空気浄化効果も期待できます。まずは卓上に置けるサイズから始めてみてはいかがでしょうか。

植物の置き場所

まずは家の中に植物を置ける場所を探してみましょう。多くの植物では窓際などの日が当たる場所が最適ですが、日の当たりにくい半日陰やまったく日が当たらない場所に置く場合には育て方に注意が必要です。葉の色に注意しながら、元気がないと思ったらすぐに日光に当ててあげましょう。

また、日当たりが悪い場合は、植物が日光を求めて窓方向に伸びていくため、ときどき鉢の向きを変えてあげないと樹形が悪くなります。多少注意点が多くなるため、パキラやサンスベリア、テーブルヤシなどの比較的環境適応性の高い種類がお勧めです。

ハイドロカルチャーとは?

土を室内に持ち込むことに抵抗がある方には水だけで成長するハイドロカルチャーがお勧めです。定期的に液体肥料を与える必要がありますが、基本的には水だけで栽培が可能であり、衛生的にも優れています。

ただし、水を切らすと一気に枯れてしまう危険性があるため、保水性の高いハイドロボールを器に入れておくと水やりの頻度を減らすことができます。慣れないうちは水位がわからない不透明な器は避けて、透過性の高いガラス等の器がお勧めです。

植物の植え替えなど

卓上サイズの植物に慣れてきたら、今度は大型の観葉植物に挑戦してみましょう。場所をとるために設置場所が限られてきますが、視覚的に一気に緑が増えるため、部屋の雰囲気を一変させることができます。品種にもよりますが、日当たりの良い場所を確保してあげましょう。

大きい分、少々のことで枯れることはありませんので、夏季は2,3日に一度、成長が遅くなる冬季には週に一度程度水をあげましょう。あげるときにはたっぷりとあげるのが基本です。一月に一度程度液体肥料を加えてあげると効果的です。

成長の早い品種の場合は、定期的に器のサイズを大きくしてあげるとより成長させることができます。これを植え替えと言いますが、根の成長が早い品種ではすぐに器いっぱいに根が広がってしまうのです。

一般的に植え替えは夏季の成長期ではなく、根があまり仕事をしない冬季やその直前に行うと植物への負荷を抑えることができます。まずはワンサイズ大きい器を用意しましょう。次に、植え替えする植物を器から引き抜きます。ここで根を痛めないように十分注意しましょう。

また、土をすべて落としてしまうと急激に環境が変わってしまいますので、ぽんぽんと軽く叩いて三分の一程度土を落として、残りはそのまま根に付着した状態で新しい器に植え替えてあげましょう。一度購入すると長く楽しむことができますので、是非一度部屋に設置してみることをお勧めします。

pixta_popo

ポポーの育て方

この植物の特徴においては、まずはモクレン目であることがあげられます。そしてバンレイシ科に属する植物になります。バンレイシ...

pixta_cariforniadazy

カリフォルニア・デージーの育て方

科名はキク科であり、学名はライアであり、別名にライア・エレガンスという名を持つのがカリフォルニア・デージーであり、その名...

pixta_okisipetaram

オキシペタラム(ブルースター)の育て方

オキシペタラム(ブルースター)は和名では瑠璃唐綿と呼ばれるトゥイーディア属キョウチクトウ科の植物です。原産はブラジル南部...

pixta_tomato03

おいしいトマトを作りましょう

トマトにはさまざまな種類があります。大きなトマトからプチトマトまで、収穫のサイズも種類によって変わってきます。以前は病気...

pixta_noasagao

ノアサガオの育て方

ノアサガオなどの朝顔の原産地や生息地はアメリカ大陸で、ヒマラヤやネパール、東南アジアや中国南部という説もあります。日本に...

pixta_lemongrass

レモングラスの育て方

多くのハーブが、原産地や生息地などがはっきりしているのに対して、レモングラスは野生種が見つかっていないために、原産がどこ...

pixta_hinoki

ヒノキの仲間の育て方

ヒノキは原産として日本と台湾にのみ分布する樹木です。アメリカにおいては似ているものとしてアメリカヒノキがあり日本にも輸入...

pixta_korokasia

コロカシアの育て方

コロカシアの原産と生息地は東南アジアや太平洋諸島です。それらの地域ではタロという名前で呼ばれていて、主食としてよく食べら...

pixta_giria

ギリアの育て方

種類としてはハナシノブ科になります。別名があり、タマザキヒメハナシノブ、アメリカハナシノブなどの名前が付けられています。...

pixta_mansaku

マンサクの育て方

マンサクの名前がついた由来といわれるものは3つあります。1つは豊年満作というところからきたという説です。マンサクは樹木い...

スポンサーリンク

pixta_eizansumire

エイザンスミレの育て...

エイザンスミレは多年草のスミレの仲間ですがこのスミレ属は...

pixta_piiman_01

ビタミンCの豊富な夏...

次々と実を付け霜の降りる頃まで長く楽しめるピーマンの育て...

pixta_beruflower

ベルフラワーの育て方

ベルフラワーはカンパニュラの仲間で、カンパニュラはラテン...

pixta_minibara

バラ(ミニバラ)の育...

バラ(ミニバラ)とはバラ科バラ属の植物で、ミニバラや姫バ...