シザンサスの育て方

シザンサスの育て方

シザンサスはチリが原産の植物です。もとの生息地では一年草、あるいは二年草の草本として生育します。日本にもたらされてからは一年草として扱われています。シザンサスという名前は、他の生物名と同じようにギリシャ語に由来します。

育てる環境について

環境をきちんと選べば育て方は難しくはありません。まず、日当たりの良いところを選びます。日当たりの悪いところで育てると、茎が間延びしてしまってひょろっとした姿になることがあります。また、日照が悪いと花付きが悪くなります。植え付けるときには日当たりの良い場所を選ぶことは、

花を楽しむためには大事なことの一つです。鉢植えの場合にも同じです。日に当てないでいると花がすぐに落ちてしまいますし、葉が枯れてしまうことがあります。このような現象になると日照不足だと考えるべきでしょう。室内で育てる場合には、

できるだけ日当たりの良いところで育てるようにします。窓際の日当たりの良いところで育てるなどの工夫が必要です。栽培に適した温度は10度前後です。温度が少し高くても育つには育つのですが、変な育ち方をすることもあります。

たとえば、茎が変に長くなって間延びしてしまうこともあります。ですから、暖かすぎる場所で育てるのは適していません。室内で育てたい場合には、暖房があまり効きすぎない場所を選んだ方が良いです。耐寒性はありますから、室内で育てるよりも屋外で育てた方が良いでしょう。

霜がつくくらいになると枯れてしまうことがありますが、霜よけをして、そして冷たい風が当たらないような場所を選ぶことによって冬でも元気に育てることができます。ベランダで冬越しをさせることができます。この意味では、日本では育てやすい植物だ言えます。

種付けや水やり、肥料について

種付けは秋頃に行います。9月から10月くらいの時期にタネを蒔くと、春に花を楽しむことができます。水やりは一般的な植物と同じように、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えていれば良いです。ただし、根は加湿に弱いですから、水を与えすぎないように注意しなければなりません。

水はけの良い土壌を選んでおくことによって過失を防ぐことはできます。用土としては、たとえば赤玉土と腐葉土、川砂を混ぜるといったものが適しています。もう一つ注意しなければならないのが花です。花に水をかけてしまうと、花が傷んでしまいます。

美しい花を咲かせたいというのであれば、開花期に、つぼみや花に水をかけないように注意しましょう。先の長いじょうろで、株元に水を静かに与えるというようにすれば、花を傷めずに水やりができます。肥料は好みます。苗の時期から与え続け、花が満開になるまでは与えます。

頻度としては、10日に1回くらいが適していて、液体肥料を与えると良いでしょう。肥料が不足してくると葉が枯れてきます。下の葉から色が黄色くなってきますから、よく観察しておきましょう。もしもこのような傾向が見られたら、肥料をやる頻度を高めるといった工夫が必要です。

根が張ってくると植え替えが必要になります。根が鉢の底から出てくるくらいに生育すれば、一回り大きな鉢に植えると良いです。根が育ちすぎると過失になりやすいですから、大きくなりすぎたときには植え替えが必要です。

増やし方や害虫について

シザンサスはタネで増やすのが基本です。日本では一年生の植物ですから、株分けで増やすことはできません。タネを蒔くのに適した時期は9月から10月頃です。蒔いたタネが発芽するのに適した温度は18度前後です。これくらいの温度の状態でタネを蒔くのですが、

タネはかなり小さいです。また、タネは暗発芽種子であるという点に注意が必要です。暗発芽種子とは、光が当たると発芽が抑制される種子のことを指します。ですから、光が当たるように蒔くと発芽しません。ですから、できるだけ暗くするようにすれば良いです。

タネを蒔いて薄く土を盛り、そしてその上に新聞紙をかぶせるなどして発芽するのを待ちます。1週間から10日くらいで発芽します。暗発芽種子ですから、発芽したかどうか確認するために新聞紙を外すと、それによって発芽が抑制されてしまう可能性がありますから注意が必要です。

タネを蒔いて光を遮断したら、1週間は遮断した状態を保つことは必要となります。病気にはあまりかかりませんが、害虫としてはアブラムシが発生することがあります。春になって暖かくなってくると、新しく出た芽や葉、つぼみなどにアブラムシが発生することがあります。

見つければすぐに駆除すると良いです。市販されている殺虫剤を散布することですぐに駆除できます。駆除はできるだけ早いほうが良いですから、毎日観察して虫がついていないかどうかチェックするようにこころがけると良いでしょう。

シザンサスの歴史

シザンサスはチリが原産の植物です。もとの生息地では一年草、あるいは二年草の草本として生育します。日本にもたらされてからは一年草として扱われています。シザンサスという名前は、他の生物名と同じようにギリシャ語に由来します。

そのまま日本語にすると「裂ける花」という意味になります。花びらの周辺部が裂けることから、このような名前がついたと考えられます。栽培種としていろいろなものが開発されていますが、その一つがウィセトネンシスと呼ばれる品種です。

園芸の世界でシザンサスと言った場合、だいたいウィセトネンシスを指します。この種は、元々チリに生息していた原種であるピンナツスという品種と、レツスツという品種を交雑して作り出されたものです。これが行われたのは1,900年のイギリスです。

イギリスは日本と感覚が似ていて、園芸が盛んに行われています。日本では江戸時代に園芸の文化が盛んになったと言われていますが、イギリスでは産業革命以降に盛んになったと考えられています。イギリスに持ち込まれたシザンサスは、色々な研究がなされてウィセトネンシスが生み出されました。

同じ時期には他にも、ステークの低いスターパレードや、大きな花を咲かせる春がすみ、多くの花を咲かせるヒットパレードなどが作られました。この時期に作られた品種は現在も引き続いて栽培がなされていて流通していますから、園芸店などで手に入れることができるようになっています。

シザンサスの特徴

シザンサスは、日本では一年生植物として生育しいます。秋にタネを蒔いて冬を越えると、次の春には花を楽しむことができます。その年の内に植物は枯れてしまいます。そして、次の秋には新たにタネを蒔くことで次の春に花を楽しむことができます。

チリには原種が10種くらい存在しますが、現在、日本で流通しているものは原酒をかけ泡s多ものです。ですから、野生に存在するものではありません。草丈としては20センチから50センチくらいのものが多く、3月から5月に花を咲かせます。花の大きさは3センチくらいです。

花びらは基本的には合弁なのですが、周辺から咲けてきます。細かく咲けてくるために繊細な雰囲気を楽しむことができます。花がたくさん咲き、蝶が群れているように見えるために、日本語では「ムレコチョウ」と呼ぶことがあります。

花の色は赤や紫、ピンク、白などがあり、花の中心には黄色い模様があるものが多くあります。イギリスではバタフライフラワーと呼ばれています。秋にタネを蒔いて春に花を楽しむというのが基本的ですが、苗も流通するようになっています。

苗も流通するようになっていますから、苗で育てることもできるでしょう。花を楽しむためにはつぼみの段階で間引くことも必要となりますし、伸びた芽を摘んで全体の姿を整えることも必要ですから、手入れは少し難しいのですが、美しい花をたくさん咲かせると言うことから人気のある花の一つだと言えるでしょう。

pixta_hideriko

ヒデリコの育て方

ヒデリコは高さが20~60cmの小柄な植物で、秋には種子を落として枯れてしまう1年草です。湿地や田んぼのあぜなどに生育し...

SONY DSC

コルチカムの育て方

コルチカムの科名は、イヌサフラン科で属名は、イヌサフラン属(コルチカム属)となります。和名は、イヌサフランでその他の名前...

pixta_kanenonaruki

金のなる木の育て方

金のなる木は和名をフチベニベンケイ(縁紅弁慶)といいますが、一般にはカネノナルキ、カゲツ(花月)、成金草、クラッスラなど...

pixta_korurijine

コルジリネの育て方

コルジリネはキジカクシ科のセンネンボク属に属します。原産地は東南アジア、オーストラリア、ニュージーランドなどでの熱帯から...

pixta_ichijiku

イチジクの育て方

イチジクのもともとの生息地はアラビア半島南部、メソポタミアと呼ばれたあたりです。文明発祥とともに身近な食物として6000...

pixta_sirodamo

シロダモの育て方

現在に至るまでに木材としても広く利用されています。クスノキ科のシロダモ属に分類されています。原産や分布地は本州や四国や九...

pixta_ine

お米を食べる日本人なら稲の栽培してみよー!

皆さん、毎日ごはん、食べてますか?白いご飯粒の、お米のことですヨ。現代ほど、稚園児でもバケツ稲、という方法でお米の栽培を...

pixta_murasakigoten

ムラサキゴテンの育て方

この植物については、サトイモ目、ツユクサ科、ムラサキツユクサ属となっています。観葉植物として育てられることが多いです。多...

pixta_hanakaidou

ハナカイドウの育て方

ハナカイドウは、原産は中国です。「カイドウ」と呼ばれることもあります。中国では華やかな花を咲かせると言うことから、古くか...

pixta_kuroganemoti

クロガネモチの育て方

クロガネモチの原産地は、日本の本州中部から沖縄、朝鮮半島南部、台湾、中国中南部、ベトナムなどです。もともと日本に自生して...

スポンサーリンク

pixta_ariakesumire

アリアケスミレの育て...

アリアケスミレは日本原産の本州から四国、九州に自生するス...

pixta_kasaburanka

カサブランカの育て方

カサブランカは、大きな白い花が見事なユリの一種です。その...

pixta_piiman_01

ビタミンCの豊富な夏...

次々と実を付け霜の降りる頃まで長く楽しめるピーマンの育て...

pixta_runaria

ルナリアの育て方

別名にゴウダソウやギンセンソウの名を持つルナリアは、学名...