ハナトラノオの育て方

ハナトラノオの育て方

ハナトラノオは北アメリカ東部を原産地とする植物であり40センチから1メートル程度の大きさに育つ多年草の草花です。かわいらしい姿が特徴的なハナトラノオは、大正時代に北アメリカから持ち込まれた花であると考えられています。

育てる環境について

ハナトラノオの栽培環境は本来の生息地である北アメリカの環境は勿論、日本の一般的な環境にも適応していますのでそれほど心配はいりません。耐寒性も耐暑性も強い植物ですので日当たりからはん日蔭まであまり場所を選ばずに植えることが出来ます。

しかしながら好みの環境と言うものは存在しており、湿り気があって腐植質に富んでいる乾燥しない場所であれば非常に理想的な場所であると言えます。乾きやすい場所においては成長が妨げられてしまうことがあり、草丈が低いまま開花してくれるのですが、

花の数は少なくなってしまうことに加えて下の葉も枯れ易くなってしまいます。鉢植えを利用して栽培する場合には特に乾燥に気をつけておくことが重要です。ハナトラノオの育て方としてはこの様な特徴があるのです。土に関しては庭に植えるのであればそれほど環境を選ばないと言えるでしょう。

水はけがよいのは必要ですが、それと同時に保水性も十分に備えている土壌が必要になります。植木鉢で育てるのであれば赤玉土7に対して腐葉土3程度の配合で良質な環境を作ることが出来るでしょう。一般的な園芸用の土でも十分に対応できます。

基本的にハナトラノオは丈夫な草花であり、余程の悪環境でなければ上手に育ってくれるだけの生命力を持っている花であると言えるでしょう。育て安ものであるという特徴がありますので初心者が植木鉢で栽培するのにはもってこいの植物であるということが出来るでしょう。

種付けや水やり、肥料について

ハナトラノオの植え付けや植え替えに関してはたい肥や腐葉土を入れて耕してから植え付けると良いでしょう。ポット仕立てになっている苗であればいつでも植え替えが可能ですが、株分けをした苗や地下茎を切り取って植える場合には3月から4月、あるいは10月頃に行うようにしましょう。

しっかりと根が張るまでは乾かさないようにすることが大切であると言えます。植え替えの場合には根詰まりしやすいので注意しましょう。鉢植えを使う場合には毎年春や秋に古い土を取り除いて新しい土に植え替えると良いでしょう。このタイミングで芽の数を

制限して適切に育つように工夫することが求められます。この様な対応で十分です。水やりは花が咲く7月から10月にかけては十分に水を上げると良いでしょう。梅雨の時期を過ぎて極端に水の量が減ると育たなくなってしまうという問題がありますので注意が必要です。

植木鉢で栽培している場合には土が乾き始めたらたっぷりの水を与えるようにしましょう。肥料はあまり必要はないでしょう。成長期に当たる4月から5月にかけては少量の肥料をまいても良いですが、それ以降の時期には不要であると言えます。

栄養が多い状態が長く続くと大きくなりすぎてしまい茎が折れてしまうという問題が発生するケースもあります。そのため6月以降は肥料をまく必要はないでしょう。その後花が落ちたら地中に眠っている新しい目を太らせるために肥料をまくことが推奨されます。これで翌年もかわいい花が期待できます。

増やし方や害虫について

ハナトラノオを増やす方法としては株分けが一般的です。さし芽や種まきも有効な手段ですが、主に株分けで任意の場所に移した方が確実であると言えるでしょう。この植物hあ地下茎をのばして増えて行く仕組みを持っていますので、これを切り分けて任意の場所に

持って行くというのが良い方法であると言えるでしょう。非常に丈夫な草花であり、自生することもできる品種ですのでそれほどいんぱいする必要はないのですが、白絹病と呼ばれる症状を発生させる場合があります。これは水はけの悪い土地に植えられている場合に発生しやすいため、

植木鉢や花壇などで栽培する場合には水はけのよい環境づくりには注意をすべきであると言えるでしょう。一方害虫にも一定の配慮は必要です。それほど頻度が多いというものではありませんが、葉を食べてしまう毛虫が付いてしまうケースがあります。

この場合にはそのまま放置してしまうとつぼみを食べられてしまい花を咲かすことが出来なくなってしまいます。栽培をしているハナトラノオであるのであれば、見つけ次第除去するくらいの姿勢が必要になるでしょう。しかしながら先述したように非常に生命力の強い植物ですので

自然に増えて行く力を持っています。場合によっては周囲に無秩序に広がりますので必要な分を残してそれ以外を間引きするという思い切った対応が必要になることもあります。時と場合に応じてその様な対処も念頭に置いておくと良いでしょう。

ハナトラノオの歴史

かわいらしい姿が特徴的なハナトラノオは、大正時代に北アメリカから持ち込まれた花であると考えられています。原産地とはやや異なる日本の気候にも順応し、非常に丈夫な性質があることから自然環境の中で育つようになり、現在ではごく一般的な宿なし草として

知られるようになってきています。ハナトラノオは漢字では花虎の尾と書きますが、別名でカクトラノオとも呼ばれており、花穂は細長い四角錐で花が四方に向かって規則正しく咲いている様が美しいです。ハナトラノオは園芸植物として栽培する人もいる美しい花ですが、

自然と野生化してしまうほど生命力が強いのが特徴でもあります。そのため栽培に適した気候がある土地であれば放任していても勝手に大きくなってくれるという草花です。しかし注意しなければ背丈が120センチ程度までは大きくなってしまいますのでしっかりと

調節してあげることが必要な植物であると言えます。地下茎でつながり大きく自由に育つ性質のある植物ですので管理するためにはその仕組みや育て方を熟知しておく必要があると言うのも特徴になっています。密集させて咲かせると非常に美しい花畑が出来上がります。

その様な環境を作っている公園等も少なくありませんん。日本に来てからまだそれほどなが時間を経過していない方に分類されるハナトラノオですが、その生命力は日本における花の歴史の1ページを彩るほど多くの場所で咲き誇り、彩りを与えてくれているのです。

ハナトラノオの特徴

ハナトラノオは北アメリカ東部を原産地とする植物であり40センチから1メートル程度の大きさに育つ多年草の草花です。この花は夏から秋にかけて全国の至る所で見ることが出来る花であり、優しいピンク色の花が群れるように咲く姿は非常にかわいらしく、

猛暑が続く夏の中にもどこか涼しさを感じさせてくれるものがある花として知られています。色は白やピンクが一般的であり、暑さにも寒さにも強いということから自生している花も少なくありません。このハナトラノオはフィスステギア族と呼ばれる分類に属している草花ですが、

この種類の植物にはおよそ15種類ほどがあるとされています。しかしながらその中で栽培されているのは殆ど全てが本種となっています。注意してみればどの地域にもある種雑草の様に咲き乱れているという特徴があります。ありふれた花ではありますが、

良く見ると中々複雑な作りをしていて見る人を楽しませます。小さく咲く一つ一つの花の形もユニークでかわいらしいのが特徴です。地下茎をのばして丈夫に成長しますので特に栽培をしなくても自然に増えて行くことが出来る生命力を持った草花であると言えるでしょう。

花の色は品種によって異なり、草の大きさや開花の時期にも若干の違いがあるのが一般的な特徴となっています。栽培をするのであればその辺りの情報をしっかりと把握しておくと良いでしょう。非常に難易度の低い花ですので初心者でも大丈夫であるという品種です。

SONY DSC

アゲラタムの育て方

アゲラタムは熱帯アメリカ原産で、生息地には約40種ほどがあるといわれています。丈夫な植物で、日本でも沖縄などでは野生化し...

pixta_kometuga

コメツガ(米栂)の育て方

コメツガは、昔から庭の木としても利用されてきましたが、マツ科のツガ属ということで、マツの系統の植物ということになります。...

pixta_mesennonakama

メセンの仲間(夏型)の育て方

この植物の特徴としては、まずはハマミズナ科に属する植物で多肉植物であることです。ですから茎などがかなり太くなっています。...

pixta_monsutera

モンステラ(Monstera spp.)の育て方

モンステラはサトイモ科に属するつる性の植物です。アメリカの熱帯地域を原産とし、約30種の品種が分布しています。深いジャン...

pixta_sebrina11

ゼブリナの育て方

ゼブリナは、ツユクサ科トラデスカンチア属で学名はTradescantia zebrinaです。別名はシマムラサキツユクサ...

pixta_sibafu

芝生の育て方

芝生には様々な特徴があります。原産地によって育つ時期や草丈などにも差があり、どれを選ぶかは自分の住んでいるところどで決め...

pixta_aberia

アベリアの育て方

アベリアはハナゾノツクバネウツギのことで、ラテン語の属名アベリアで呼ばれています。公園などで植え込みとしてよく植えられて...

pixta_yamajinohototogis

ヤマジノホトトギスの育て方

ヤマジノホトトギスはユリ科の植物です。そのため、ユリのように花被片があり、ヤマジノホトトギスの場合は6つの花被片がありま...

pixta_ikarisou

イカリソウの育て方

イカリソウは古くから強壮剤の漢方薬として用いられ、秦の時代の始皇帝も用いていたといわれています。日本でも自生し、春を代表...

pixta_ramium

ラミウムの育て方

ラミウムは、シソ科、オドリコソウ属(ラミウム属)になります。和名は、オドリコソウ(踊子草) と呼ばれています。ラミウムは...

スポンサーリンク

pixta_kabotya

かぼちゃの栽培の方法...

かぼちゃの栽培場所ですが、出来るだけ乾燥気味の土地で、水...

pixta_puterisu

プテリスの育て方

プテリスはシダの仲間です。イノモトソウ科の常緑多年性シダ...

pixta_yukiyanagi

ユキヤナギの育て方

古くから花壇や公園によく植えられているユキヤナギは、関東...

pixta_goldencracker

ゴールデンクラッカー...

この花についての特徴としてはキク科、ユリオプス属になりま...