ファセリアの育て方

ファセリアの育て方

ファセリアはハゼリソウ科の植物で双子葉植物として分類されていて280種ほどが世界中で栽培されていて、南北アメリカ大陸を生息地としていることが多いのですが、他にもアジアやアフリカを原産地としている品種も数多くあります。

育てる環境について

ファセリアを育てる環境については日当たりが良くて水はけが良い場所ならば十分な生育が期待できるので外で育てる場合でも直射日光や冷たい風に気をつけるだけで自然に栽培することができます。庭で育てる場合には霜が降りてしまうと根が腐ったりしてしまうので、

植物の体力が衰えると開花期になってもあまり花を付けなくなってしまいます。ファセリアを栽培することの楽しみは青くて美しい小さな花を観賞することなので、そのためには種まきをする9月から10月くらいからしっかりと生育をさせることが重要で、

健康的な苗を育てることで初夏にたくさんの花を咲かせます。観葉植物として育てる場合にはベランダなどの床に置いておくと、茎が横方向に伸びていくので、切らなければならなくなります。なるべく見栄えの良い状態を保つためには吊り鉢などを使ってベランダの上の方で育てることによって、

美しい茎の色を見ることができて、花が下の部分に垂れ下がるので、赤と青の美しいコントラストを楽しむことができます。基本的には開花時期が過ぎると枯れてしまうので病気や害虫などの心配をしなくても良いので初心者でも育てることができるのですが、

水やりに関しては管理が必要で土の表面が乾燥しすぎていると養分が不足してしまうので水分はこまめに与えるようにする必要があります。また庭に植えて栽培をする場合には自然の雨水で十分な水分をとることができるのですが、風や直射日光には注意が必要です。

種付けや水やり、肥料について

種付けに関しては秋の時期に行うのが一般的で、水はけの良い容器などに種を蒔いておくと苗ができるので、鉢上げなどを行って、春先になったら栽培をするための大きめの鉢に植え替えて花を楽しみます。庭植えをしている場合には自生させておくだけで種を下に落とすので、

毎年時期が来ると芽を出して繰り返し花を咲かせるのですが、霜が降りてしまうと芽が出ないことがあるので、どの場所に植えるのかをしっかりと考えておかないと花が咲いたら枯れて、そのままになってしまいます。また間引きをしっかりと行わないと花の質が低下してしまったり、

数が減ってしまうので見栄えが悪くなることがあります。アメリカ大陸やアジア、アフリカなどの様々な地域に分布をしている植物なので日本の気候にも十分に適応することができるので、秋蒔きの花壇用として栽培されることも多く、自治体が運営している道路脇の植え込みなどで

栽培されていることもあります。ファセリアの属しているムラサキ科の植物は双子葉植物ですが、世界中に分布しているのが特徴なので、日本でもファセリアと似たような植物が多く自生しています。ムラサキ科の植物は日本固有の種類なので、ファセリアと違って花の部分が白くて、

根が紫色なので、昔から染料や生薬としても利用されてきた品種です。とくに武蔵野台地には多く自生したとされていますが、現在では絶滅危惧種に指定されている植物なので育てるためには技術が必要で、ファセリアなどを育てるよりも難易度がかなり高くなります。

増やし方や害虫について

増やし方は種から増やすことが一般的で、開花の時期に合わせて鉢植えをするだけで十分に美しい花をさかせます。乾燥に弱いので水やりだけはこまめに行う必要があるのですが、その他の世話などに関してはあまり必要がありません。ただし庭植えをしている場合には

風通しが悪いと根の状態が悪くなるので、間引きなどをして十分な風が通るようにしておかないと、根や茎が衰えてしまって、花を咲かせなくなってしまいます。この植物は基本的には可愛らしい花を見るために栽培されていることが多いので、初夏の時期にしっかりと

花をつけるように肥料などを与えておかなければなりません。日本でも自然の中で自生してしまっていることが多いので、肥料などを与えなくても普通に育つ可能性が高いのですが、庭で楽しみたい場合には原産国の気候などを考慮して、一番よい場所で栽培をしないと温暖化の影響で

日本の夏が非常に暑くなっているので、植物全体が傷んでしまうこともあります。花の色は基本的には青色なのですが、生育状態によっては薄い色になってしまったり、花の数が減ってしまうことがあるので、鉢植えでする場合には購入をするときに蕾などの数をしっかりと

確認をして、元気な苗を入手するようにしないとすぐに枯れてしまう場合もあります。花が開花時期になっても咲かない場合には世話をしている時に水やりのタイミングや量を間違っていた可能性が高いのですが、根の部分が腐っている場合も花を付けないことがあります。

ファセリアの歴史

ファセリアはハゼリソウ科の植物で双子葉植物として分類されていて280種ほどが世界中で栽培されていて、南北アメリカ大陸を生息地としていることが多いのですが、他にもアジアやアフリカを原産地としている品種も数多くあります。これらの品種の中には

樹木のように生育するものもあるのですが、ほとんどが草として生育するもので、一年草などで秋蒔きの花壇用草花として栽培されていることがあります。日本に入ってきているファセリアはほとんどがカリフォルニア原産の一年草なので、茎は赤みを帯びているのですが、

花の部分は美しくて、とても濃い青色をしているので、観賞用として流通しています。育て方としては鉢植えにする場合や吊り鉢でハンギングバスケットで栽培する方法などがありますが、基本的にはインテリアとしての役割が大きいので、室内で育てられます。

草の丈は15センチから30センチ程度なのですが、生長は横方向に枝を伸ばしていくので、鉢植えをする場合には吊り鉢などを使って上の方にぶら下げておくと、花の部分が垂れ下がるので非常に美しく見えます。開花期は5月から6月と非常に短いのですが、9月の後半から10月上旬に種まきをして、

それを苗として成長させてから鉢植えなどとして栽培されることが多いので、ガーデニングの専門店などでは種ではなく苗として販売されていることがあります。日本ではあまり栽培されていない植物なので育て方などは専門知識のあるガーデニング専門店の店員に聞くと情報を得ることができます。

ファセリアの特徴

ファセリアの特徴としては赤い茎と濃青色をしている花で、日当たりが良くて水はけが良い場所を好む植物なので鉢植えをする場合には日当たりの良い場所に配置する必要があります。水に関してはあまり与えすぎると弱ってしまうことがあるので、土の部分が乾き始めたら

与える程度で良いとされています。種から育てる場合には基本的には秋に水はけの良い用土を使って、土に種をまいでフレーム内で管理したものを鉢あげして、それを春などの開花が迫ってきた時期に大きめの鉢に植え替えて花を楽しむようにします。

庭で育てることもできるのですが、その場合には霜の心配のない場所で、さらに水はけが良い土壌を選んで直まきをすることで生長をするのですが、定期的に間引きを行わないと美しい花の数が減ってしまうので、間引きに関しては注意をしておく必要があります。

この植物は花の咲いている時期が短いのですが、小さくて美しい花を見ることができるので栽培している愛好家も多いのですが、花壇などに植えられていることも多いので、ほかの品種と混ぜられてしまっている場合もあります。また吊り鉢などで栽培をすると

見栄えが良いのでベランダなどの物干しなどに吊り下げられていることもあります。一年草なので開花時期が過ぎてしまうと種をつけてそのまま枯れてしまうのですが、水やりや肥料を適切にしていると開花する花の数が多くなるので、見栄えの良い花をたくさん咲かせるためにはある程度の管理を必要とします。

pixta_ibukijakousou

イブキジャコウソウの育て方

イブキジャコウソウなどのタイムの原産地は南ヨーロッパで、古代ギリシャ時代から薬用や食用として利用されています。紀元前の7...

pixta_hinagayaturi

ヒナガヤツリの育て方

ヒナガヤツリは、カヤツリグサ科カヤツリグサ属の植物です。ヒナガヤツリの原産地は北アメリカですが、主な生息地はオーストラリ...

pixta_sendaihagi

センダイハギの育て方

センダイハギはマメ科センダイハギ属の多年草で、ハギ属の萩とは異なります。また観賞用に好んで栽培されるムラサキセンダイハギ...

pixta_turuumemodoki

ツルウメモドキの育て方

人間や動物には性別があります。見た目ではよく見分けすることができない魚や虫にもあります。植物にまであると知り、意外だと驚...

pixta_hiyodorijougo

ヒヨドリジョウゴの育て方

ヒヨドリジョウゴの特徴は外観と有毒性が挙げられます。外観に関して、白い毛が生えています。現物を見た人や写真を見た人の中に...

pixta_artychoke

アーティチョークの育て方

アーティチョークの原産地や生息地は地中海沿岸部や北アフリカで、古代から栽培されているキク科のハーブです。紀元前から高級な...

pixta_keeru

ケールの育て方

ケールはベータカロテンやルテイン、ビタミンCやカルシウム、食物繊維と言った非常に多種多様な栄養素を含むことから緑黄色野菜...

pixta_tokeisou11

トケイソウの仲間の育て方

トケイソウの仲間は中央アメリカから南アメリカにかけてが原産地とされています。生息地は熱帯地域が中心で、現在では世界中に数...

pixta_himarayayukinosita

ヒマラヤユキノシタの育て方

ヒマラヤユキノシタとは原産がヒマラヤになります。おもにヒマラヤ山脈付近が生息地のため、周辺のパキスタンや中国やチベットな...

pixta_frannelflower

フランネルフラワーの育て方

フランネルフラワーは、セリ科の常緑多年草で原産地はオーストラリアとなっています。生息地は、オーストラリアのような乾燥して...

スポンサーリンク

pixta_rukousou

ルコウソウの育て方

ルコウソウの原産地は熱帯のアメリカで、暖かい気候の土地に...

pixta_begonia

エラチオール・ベゴニ...

エラチオール・ベゴニアは、日本でもポピュラーな園芸植物の...

pixta_asupureniumu

アスプレニウム(As...

アスプレニウムは5月から8月頃にかけて植え付けをします。...

pixta_hanazuou

ハナズオウの育て方

ハナズオウはジャケツイバラ科ハナズオウ属に分類される落葉...