ストレプトカーパスの育て方

ストレプトカーパスの育て方

イワタバコ科のストレプトカルペラ亜属は、セントポーリアも有名ですが、その次に有名とも言われています。セントポーリアは、東アフリカなどを生息地としており、栽培範囲としても限られた場所に分布しているものです。

育てる環境について

ストレプトカーパスを育てるのに当たり、気をつけてあげたいのは、暑すぎる機構ではない状態という点です。ストレプトカーパスというのは基本的に、高い温度には弱い植物です。穏やかな暖かい日の光は好みますが、温度の高すぎる状態は、環境的にも向いてはいません。

真夏の時期を無事に元気に通り過ぎるためにも、置き場としては、半日陰に置くのが植物のためでもあります。しかし、強烈な日差しになる、真夏のシーズンでなければ、穏やかなお日様の光の当たる場所に置いて、ポカポカとした日差しを浴びせてあげると、花のつきも良くなります。

株姿にも程よい日差しは影響があって、コンパクトにベストな状態にまとまります。栽培のために用いる土に、水分が多過ぎる状態は苦手ですが、土の上である空中にある湿度は好きな植物です。そのため、生育の期間において、空気が乾燥しがちなときには、霧吹きを用意して、

葉っぱにたっぷりと水を吹きかけてあげると元気になります。室内では、こまめな葉水による、水分補給でうるおいを満たしてあげましょう。戸外に置く場合ですが、雨が長く降り続くときには注意が必要です。長いあいだ雨にあたり続けると、

土の中で根腐れをすることがありますから気をつけましょう。用土としても水はけのよい、清潔な環境を好む植物です。そのため、庭に植える花としては、あまり適してはいません。鉢やプランターでの栽培が適しており、冬のあいだは暖かい室内で、日当たり良い場所に置いてあげると良いです。

種付けや水やり、肥料について

ストレプトカーパスの植え替えは、1年から2年のあいだに1回は作業をするようにします。何も手を加えない状態だと、根詰まりを起こす要因ともつながります。根詰まりするのがなぜいけないかというと、立ち枯れをお越しやすくなるほか、花のつきもわるくなります。

生育状態が順調ではなくなり、衰えていくためです。株を購入するときには、花と葉っぱのバランスが良い株をチョイスします。できるだけ、目で見て葉っぱの色が良い状態のものがベストです。基本的には日陰で育てるのに適した植物であり、日差しの強くなる春からなるのシーズンにかけては、

日陰での成長を見守りましょう。涼しくなってくる秋から、寒い冬にかけては、半日陰での栽培になります。あまり寒さには強くはないタイプの植物ですから、寒い冬を越すために、温度は5℃以上を維持する必要があります。しかし、室内の温かい場所に、

冬のシーズンは入れておくことで、意外とこの条件はクリアできます。水やりについては、土が乾いているかどうかを見るようにします。水を過剰に与えすぎるのは愛ナスな方法であり、土の表面が乾いたら、水やりをするというやり方がよいでしょう。

気温が引くkなる真冬には、根腐れを起こさないように、水のやりすぎには気をつけましょう。肥料を上げるのは、成長期になる春から秋のシーズンにかけての作業です。リン酸分多めの化成肥料や、三要素などを、規定量置き肥で土に施すとよいでしょう。

増やし方や害虫について

ストレプトカーパスの育て方でも気になるのは、病気や害虫についてでしょう。病気に関してですが、これといって特徴となるような病気はないと考えて良いです。問題は、植物ならばだいたい抱える、害虫についてです。ハダニやカイガラムシには、注意が必要な植物になります。

植物がすくすく成長していくのは、育てる側としてもうれしいものです。ただ、成長を何もケアしないで置くと、葉っぱや枝が混み合ってくることもあります。この状態を、放置しては害虫の発生にもつながりやすくなります。生い茂った状態で通気性も悪く、

陽の光もまんべんに行き届かなくなると、いつの間にかカイガラムシが発生するといった自体にもなりかねません。専用の薬剤を使用するのであれば、卵から孵化して間もない幼虫にはてきめんなタイミングです。スミチオン乳剤やオルトラン乳剤、アクテリック乳剤を使用します。

休眠期に使うのであれば、マシン油乳剤が効率よく効果を発揮します。空気も乾燥するシーズンになると、ハダニが出てくることがあります。乾燥が要因となるため、こまめに葉水を与えてあげると良いでしょう。ストレプトカーパスの増やし方としては、

さし木で増やしていくことができます。適したシーズンは、5月から9月に作業を行うとよいでしょう。5cmから7cmにカットした枝を用意します。清潔な用土の鹿沼土や、バーミキュライトにさします。葉ざしでの増やし方もあり、これは成熟した葉っぱを使用します。

ストレプトカーパスの歴史

ストレプトカーパスの原産地は、ケニアやタンザニアなどです。有茎タイプのサクソルム系というのは、日常的な呼び方としても、ストレプトカーパスと言われてきたものです。イワタバコ科のストレプトカルペラ亜属は、セントポーリアも有名ですが、その次に有名とも言われています。

セントポーリアは、東アフリカなどを生息地としており、栽培範囲としても限られた場所に分布しているものです。ほとんど茎が伸びない状態で、葉っぱは放射状に伸びています。姿においては、種によっても違いはあります。園芸品種として豊富な変化が楽しめる植物でもあります。

ストレプトカーパスというのは、ギリシャの言葉で、ねじれと実という、2つのワードが組み合わさり、語源となっていると言われています。ほかにも、主呼ばれます。牛の舌というのは、葉っぱの形状の見た目が、牛のしたのように見えるためです。

葉のサイズは大きめであり、楕円形で適度なしわがあるものです。10月29日と11月14日の誕生花でもあります。花言葉には、主張であったり、信頼に答えるといった意味を持ちます。新緑芽吹く春のシーズンから、日差しも強めなってくる、

夏にかけてのシーズンに、開花の真っ盛りを迎えることになります。カラーとしては、ピンクやパープル、ブルーなど、様々な色合いで目を楽しませてくれます。品種としても豊富で、見た目を一言で表すと、サイズの大きめなスミレのような花でもあります。

ストレプトカーパスの特徴

ストレプトカーパスは茎が立つものと、葉っぱがロゼット上になるタイプがあり、それらも特徴的です。サクソルムはタンザニア原産のものですが、茎部分が伸びていくタイプですから、鉢の種類としてもスタンド型の鉢にマッチします。アメリカやヨーロッパで、

複数の品種の交雑により誕生したのが、葉っぱがロゼット状になるタイプです。開花した花のサイズは大きめであり、花のカラーも様々で楽しめます。サイズのコンパクトな鉢に植えておいて、長い期間を可愛らしい花を咲かせて、楽しませてくれる植物です。

耐寒性には弱く、耐暑性にも若干弱い面を持っています。常緑性であり、開花期がわいと長いのも特徴的であり、日陰でも育つ植物ですから、室内での観賞用にも向いています。室内に置くのであれば、窓際の温かい気温の場所へおいてあげるとよいでしょう。

栽培に当たっての作業としては、種類によっても異なります。茎の部分が伸びていくタイプであれば、葉っぱや枝が混み合いすぎるケースもあります。その時には、適量を自分で選定してあげましょう。通気性も良くなって、植物も快適に育ちます。

また、花が咲いた時には、花がら霧もこまめにしておくと良いです。花がらはそのまま残しておくと、いつの間にかカビの発生をしていた、といったケースにもなりがちです。植物の健康的な栽培環境のためにも、カビの発生は、事前に防いでおきましょう。そのため、花がらは、できるだけこまめに鳥は宿曜作業を行います。

pixta_erinjium

エリンジウムの育て方

エリンジウムはセリ科のヒゴタイサイコ属の植物です。同じヒゴタイサイコ属の植物にはE.maritimum やオオバコエンド...

SONY DSC

リューココリネの育て方

分類としてはヒガンバナ科になります。ユリ科で分類されることもあります。ユリのようにしっとりとしているようにも見えます。園...

pixta_okatorao

オカトラノオの育て方

オカトラノオはサクラソウ科の多年草で、その歴史としては中国を生息地としていたこの種類の植物が朝鮮半島を経由して日本に入っ...

pixta_kumomasou11

雲間草の育て方

日本の園芸店で市販されている雲間草は、一般的に「西洋雲間草」、「洋種雲間草」と呼ばれているヨーロッパ原産のものです。元々...

pixta_drusutenia

ドルステニアの育て方

ドルステ二アはクワ科の植物で、アフリカ東部のケニアやタンザニアのあたりから、海を挟みアラビア半島の紅海沿岸が原産となり生...

pixta_onfarodes

オンファロデスの育て方

オンファロデスは、ムラサキ科、ルリソウ属(ヤマルリソウ属)です。オンファロデスは、北アフリカやアジア、ヨーロッパなどが原...

pixta_himawari_01

ミニヒマワリの育て方について

一言で「ミニヒマワリ」といっても、品種改良が行なわれ、中小輪の矯性品種まで、数多くのミニヒマワリが存在しています。大きな...

pixta_buddorea

ブッドレアの育て方

ブッドレアはイギリスのエセックス州の牧師であり、植物学者でもあったアダム・バドル氏の名からとられたものです。名付けたのは...

pixta_jueruokid

ジュエル・オーキッドの育て方

種類としてはラン科になります。通常園芸分類においてはランとして分類することが多いですが、葉っぱを中心に楽しむものに関して...

pixta_korianda

コリアンダーの育て方

地中海東部原産で、各地で古くから食用とされてきました。その歴史は古く、古代ローマの博物学者プリニウスの博物誌には、最も良...

スポンサーリンク

pixta_benjamingomnoki

ベンジャミンゴムノキ...

この植物はイラクサ目、クワ科、イチジク属となっています。...

pixta_snowpol

手まりかんぼく(スノ...

手まりかんぼくとは、名前からも分かるように手毬のような花...

pixta_iwakomagiku

イワコマギクの育て方

イワコマギクは和名としてだけではなく、原産地となる地中海...

pixta_kiturifune

キツリフネの育て方

特徴として、被子植物、双子葉植物綱、フウロソウ目、ツリフ...