プリムラ・マラコイデスの育て方

プリムラ・マラコイデスの育て方

プリムラは、原産は中国雲南省です。花形からもどこか中国から渡ってきた雰囲気をもっています。和名は化粧桜、一般的 にはサクラソウと呼んで親しまれてきました。江戸時代から園芸品種として、愛好され季語は、春。春を象徴する花です。

プリムラ・マラコイデスの育て方

鉢植えは、種を播いてできた苗を植え、秋の彼岸まで、半日蔭で管理し、夏の暑さに弱いので、日向で管理します。大輪種は、あまり庭にはむかないので、小輪種がいいです。小輪種は戸外で冬越しできるので、秋に南向きの日陰がいいです。

プリムラ・マラコイデスの育て方、栽培は難しくありません。種付けは、6月、7月、9月が適期です。プリムラ・マラコイデスはの種まきの用土は、赤玉土とバーミキュライト同じ配合の土を用意し、種が重ならないように注意します。

覆土はしません。発芽には、日光が必要ですので、覆土しないことは、大切ですので、忘れないようにします。肥料は、液体の肥料にし、あまり濃い肥料ではなく薄めの肥料にします。プリムラ・マラコイデスの育て方で大切なのは、管理のしかた、育て方で重要なのは、プリムラ・マラコイデスは暑さの管理に気を付け栽培します。

栽培では、プリムラ・マラコイデスは、寒さに弱いので、気を付けることが大切です。栽培では、暑さ管理と寒管理が必要になります。種付けでは毎日観察し、水やりをこまめに行います。種付けをする前水につけるなどの工夫も大切です。

種付け後、一日一日観察し、成長を記録することです。雨の日に感謝、晴れの日にも感謝で、愛情を持って、育てます。必ず発芽します。発芽したら、プリムラ・マラコイデスは50パーセントは育ちます。魅力あるプリムラ・マラコイデスに育てるためには肥料を薄めにし成長を促します。

そのときプリムラ・マラコイデスに語りかけます。きっと何か発見することがあると思います。プリムラ・マラコイデスの物語が次からスタートします。種付け、栽培と物語に味をつけます。一本一本に名前をつけます。肥料の名前もいいです。プリムラ・マラコイデスの名前は何にするか考えます。きっと素敵な名前が付きます。

思い出を、奥の深いプリムラ・マラコイデスの物語です。幼苗期から成長期、育て方、栽培、種付けと話は次々と想像し、ノートに書き留めます。写真に撮ります。たくさんの写真を撮ります。栽培後の種を大切にして、次の世代をつくります。それには、物語が大切です。

いろいろ地域の愛好者と花談義しながら、育て方を学び、栽培法を教え種付けを協力してやります。もっと豊かな物語ができます。一人だけのプリムラ・マラコイデスではなく、世代を超えたプリムラ・マラコイデス物語を語り合います。そんな日を想像して、種付けをし、育てます。

感動をプリムラ・マラコイデスが日常になくてはならない花として咲き誇ります。一生懸命よりも、日々淡々と取り組むことは、信念をもっていることです。日本の花作りの素晴らしさを大切にする、それが花づくりです。毎日の美しさを花が咲くことで表現します。「花は咲く」を口ずさみながら、取り組みます。

働くことの素晴らしさ、生きることの嬉しさが実感できます。それを表現するのは、花です。花とともに日本をきれいにする。そんな気概を持ち、自分の発見を大切にし、感受性を育て、子ども心、童心がうまれます。きっと犯罪のない、花を大切にする心やさしい人間こそ、見習う、学ぶ人だと信じます。

今わたしたちがやることは花を咲かせることです。100パーセントの人間はいません。同じように100パーセントの花もありません。みんな違います。人生いろいろという歌を島倉千代子がうたっています。バラがさいたとうたっています。唄に花、花に唄があり、人生が実りあるものになります。園芸で、趣味で、いろんな場面で、人生が表現されます。 学ぶ人生、花のある人生、花のある人、華のあるスターとさまざまな人が生きています。花にもたんぽぽのように雑草の仲間にある花まありますが、知らないことが多い現代です。息つく暇のない時代です。でもそんな忙しさが花のよさをきずかせてくれます。

愛情は花作りからうまれます。自分自身を知ることは、花を知ることです。花から光りをもらえます。愛情は育てることです。常識こそ大事と思います。「愛は勝つ」という歌があります。「花は勝つ」です。世界の花を育てる気概で取り組みます。それこそ花作りの醍醐味です。次世代に繋ぐ役目があり、絆を大事にします。

そんな世界にしたいと思います。実行します。一日一花つくりを実践します。家々が、花で繋がります。勉強も大事、花も大事、ゲームも大事、家事も大事です。リーダーの花もあり、その他大勢の花もあります。それこそが個性です。個性のある花を咲かせます。きれいな花ばかりでは面白くありません。

面白い、ユニークな花をさかせることの努力を惜しまず、生きることにします。是非仲間と、大輪の花のを咲かせます。明日と希望を忘れず、生きていくことです。励ます花のお喋りをきける耳を育てます。日本人に生まれて、よかった、こんな花に出会えてよかったと思える日がきっと来ると思います。

プリムラ・マラコイデスの歴史

プリムラは、原産は中国雲南省です。花形からもどこか中国から渡ってきた雰囲気をもっています。和名は化粧桜、一般的 にはサクラソウと呼んで親しまれてきました。江戸時代から園芸品種として、愛好され季語は、春。春を象徴する花です。

プリムラ・マラコイデスの特徴

花は変化に富み、ピンク、白、赤、紫とバラエティに富み、玄関先に鉢植えとして飾らていたり、庭先の花壇に咲いています。美しい五弁花で、多年草、一年草といろいろあります。小さな花が大輪に咲く様子は、俳句や和歌に詠まれ、愛されています。在来種の他に品種改良されたものなどさまざまあります。その美しさに写真で見てもほれぼれするほどです。

自生するサクラソウやくりん草も仲間です。可憐なその花は、育てがいのある花といえます。プリムラ・マラコイデスは、その名前では、ピンとこない人が多いと思います。化粧桜とという和名がつけられているのが、日本人の素晴らしさだと思います。サクラソウの清楚さより、大人っぽく、派手さが感じられる花です。

その成長と旺盛な生命力は女性に例えてもいいと思います。例えるなら寅さんが好きだったリリーのような花です。寅さんの好きな花は、りんどうの花でした。なんとなく、りんどうに似ている花です。寅さんが、サクラソウまた、プリムラ・マラコイデスを見たら何と言っただろう。そんな想像が楽しい花でもあります。

今までの寅さんの映画のヒロインのイメージで、プリムラ・マラコイデスを見ても面白いです。茎の細さ、花の純真さは、女高校生のイメージです。生息地は中国ですので、楊貴妃の妖艶さも持っています。世界の三大美女から、世界の花ともいえる感じの花です。

小さな種から、すくすく茎を伸ばし小さな花弁から大輪の花の群生の様子は、素晴らしいの一語です。鉢植えにしても、花壇で育てても美しく、「花より団子」ではなく、「団子より花」のことわざをつくりたいです。俳句に詠むとしたら「サクラソウ子をうみて今窓ひらく」一番の特徴は小さな花の大輪の花の清純さを表現した花だということです。

一個一個の花の蕾から花になる様子を一日一日観察しノートに書き、スケッチしたり、写真に撮ったり、プリムラ・マラコイデス物語ができると思います。それには、やはり精魂込めて育てることです。主人公は、赤、脇役に白、ピンクと育てて愛情たっぷりの肥料と水で、美しいプリムラ・マラコイデスが咲きます。

花の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:プリムラ・シネンシスの育て方
タイトル:プリムラ・オブコニカの育て方
タイトル:サクラソウの育て方

pixta_jinia

ジニアの育て方

ジニアはメキシコが原産の植物です。生息地はメキシコあたりで、1,796年にスペインへともたらされます。スペインの首都マド...

pixta_begonia

エラチオール・ベゴニアの育て方

エラチオール・ベゴニアは、日本でもポピュラーな園芸植物のひとつで、鉢植えにして室内で楽しむ植物としても高い人気を誇ります...

pixta_geisoriza

ゲイソリザの育て方

ゲイソリザはアヤメ科の植物で原産地は南アフリカとなっています。生息地を考えると乾燥している熱帯の地域なので育て方が難しい...

pixta_suisen01

スイセンとシクラメンの育て方について

ここでは、植物の育て方についてお伝えします。秋に植えつけをする花といえば、スイセンやシクラメンがありますね。スイセンとい...

pixta_brasabora

ブラサボラの育て方

ブラサボラはカトレアに近い仲間でカトレア属やレリア属などの交配にも使われる植物で原産地は中央アメリカやカリブ海沿岸、南ア...

pixta_himeryukinka

ヒメリュウキンカの育て方

ヒメリュウキンカの原産はイギリスで、生息地は山野の湿った草原や川沿いの林床などです。原産はイギリスではありますが、自生地...

pixta_sebrina11

ゼブリナの育て方

ゼブリナは、ツユクサ科トラデスカンチア属で学名はTradescantia zebrinaです。別名はシマムラサキツユクサ...

pixta_bodaiju

ボダイジュの育て方

ボダイジュは、シナノキの木科シナノキ属中国原産の落葉高木です。学名は、TiliamiquelianaTiliaで、Til...

pixta_hagoromojasumin

ハゴロモジャスミンの育て方

ハゴロモジャスミンの原産地は中国雲南省ですが、現在では外来種としてニュージーランドやアーストラリアなども生息地となってい...

pixta_piiman_01

ピーマンの育て方

現在は家庭の食卓にも馴染み深いピーマンですが、実はナス科の植物だということはご存知でしたか? ピーマンは熱帯アメリカ原産...

スポンサーリンク

pixta_yamashakuyaku

ヤマシャクヤクの育て...

ヤマシャクヤクは、ボタン科、ボタン属になります。ボタン、...

pixta_hiyasinsu02

花壇や水耕栽培でも楽...

ユリ科の植物であるヒヤシンスは、花壇や鉢、プランターで何...

pixta_astrantia

アストランティアの育...

アストランティアは原産が中央や西部ヨーロッパのセリ科の宿...

pixta_ninjin13

ニンジンの育て方

ニンジンはセリ科の一種であり、この名前の由来は朝鮮人参に...