植物の育て方について

植物の育て方について

タイトルにもあるように、私達に生活に溶け込んでいる植物ですが、育て方や栽培方法はどのようにすれば、良いのでしょうか、一般的に人気がある植物は観賞用の植物となります。土に関して、土は水はけができるだけ良い物を選ぶことが重要となります。

植物の育て方

水はけが悪い土の場合、根腐れを起こしやすくなってしまい、花が枯れてしまうおそれがあるので注意が必要です。また、水はけが良い場合、保水性が少なくなってしまうので、頻繁に、水やりが必要となっていきます。ですが、植物の種類によって差がありますので、注意が必要です。

土の入れ替えについて、一般的に鑑賞植物は、一年に一度ほど入れ替えが必要になってくる場合があります。土は日にちがたつにつれて、老化していき、栄養分がない、スカスカな土になってしまうので、定期的に入れ替えが必要です。

また、入れ替えの際に長くな伸びてしまった、根をハサミ等で切ることも必要になっていきます。また、鉢の大きさが足りていないと感じた場合、大きな鉢に植え替えをすることも必要となっていきます。

植物の栽培時の注意点

日当たりについて、多くの植物の場合日光を好みますが、植物の種類によって差があるため、事前に調べておくことが重要です。さらに、日光を好む植物でも、あまりにも日が当たりすぎると、枯れてしまう場合がありますので注意が必要です、コツとしては日陰など適度に日が当たる場所に置くことが良いとされています。

冬の管理について、冬を外に放置してしまった場合、葉や茎の水分が、凍ってしまい、深刻なダメージを与えることがあります。ですので、昼に日光に当てたあとは、室内に移動することも大切です。

温度管理の重要性

室内に常時置いている場合でも、窓の近くなどでは、気温が低くなっており、ダメージを与えてしまう事がありますので、注意が必要であり、できるだけ温かいリビングや、自分の部屋に置くことが良いとされています。

さらに、室内観賞用としての場合、専用の鑑賞用ヒータを活用し、温かい環境を作ることも、非常に重要となっていきます。温度管理センサーやサーモスタットを活用することにより、温度が上がりすぎる心配がなく、設定した温度まで自動的に、調整をしてもらえるので、これらの観賞用ヒータを活用するの手です。

注意点として、小さなビニルハウスのような、空間を作る必要がある点です。これは、観賞用ヒータでは部屋など大きな空間を暖める程の能力が無いため、小さな空間が必要になっていきます。

栽培方法は、一般的に、花の形が良い個体を選び受粉させるのが、多いとされています、この作業を何年も繰り返し、良い個体だけをピックアップしていくことにより、年々自分好みの個体に近づくことができます。

下記の記事も詳しく書いてありますので、凄く参考になります♪
タイトル:サザンカの育て方

pixta_midorinokaten

緑のカーテンの育て方

緑のカーテンの特徴としては、つる性の植物であることです。主に育てるところとしては窓の外から壁などにはわせるように育てるこ...

pixta_hourensou

ホウレンソウの育て方

ホウレンソウの特徴としては、冷涼な地域などや季節に栽培されると育ちやすいということで、冷え込んだりすると柔らかくなり美味...

pixta_hanatoranoo

ハナトラノオ(カクトラノオ)の育て方

種類としては、シソ目、シソ科に属します。多年草の草花で、草丈としては40センチから高くても1メートルぐらいとされています...

pixta_aoki

アオキの育て方

庭木として重宝されているアオキは、日本の野山に自生している常緑低木です。寒さに強く日陰でも丈夫に育つうえ、光沢のある葉や...

pixta_hiyodorijougo

ヒヨドリジョウゴの育て方

ヒヨドリジョウゴの特徴は外観と有毒性が挙げられます。外観に関して、白い毛が生えています。現物を見た人や写真を見た人の中に...

pixta_yamashakuyaku

ヤマシャクヤクの育て方

ヤマシャクヤクは、ボタン科、ボタン属になります。ボタン、シャクヤク、ユリといいますとどれも女性に例えられる事がある花です...

pixta_kumamosou

サルビア・レウカンサの育て方

サルビア・レウカンサの原産地はメキシコや中央アメリカです。別名を「メキシカンブッシュセージ」「アメジストセージ」といい、...

pixta_ruritamaazami

ルリタマアザミの育て方

ルリタマアザミはアザミという名前がついていますが、アザミ属ではなくヒゴタイ属になります。茎と葉はアザミに似ているのですが...

pixta_sparakisis

スパラキシスの育て方

スパラキシスはアヤメ科の秋植えの球根草として知られています。純粋に和名であるスイセンアヤメとも言います。和名が付いている...

pixta_hotokenoza

ホトケノザの育て方

一概にホトケノザと言っても、キク科とシソ科のものがあります。春の七草で良く知られている雑草は、キク科であり、シソ科のもの...

スポンサーリンク

gibanakosumos

キバナコスモスの育て...

キバナコスモスはメキシコの比較的低い場所に自生する草花で...

pixta_crownbeti

クラウンベッチの育て...

クラウンベッチはヨーロッパが原産であり、ツルの性質を持つ...

pixta_germailis

ジャーマンアイリスの...

ジャーマンアイリスは1800年代にヨーロッパで品種改良が...

pixta_miyakozasa

ミヤコササの育て方

ミヤコササは、イネ科でササ属の多年草です。北海道の南部か...