植物の育て方について

植物の育て方について

タイトルにもあるように、私達に生活に溶け込んでいる植物ですが、育て方や栽培方法はどのようにすれば、良いのでしょうか、一般的に人気がある植物は観賞用の植物となります。土に関して、土は水はけができるだけ良い物を選ぶことが重要となります。

植物の育て方

水はけが悪い土の場合、根腐れを起こしやすくなってしまい、花が枯れてしまうおそれがあるので注意が必要です。また、水はけが良い場合、保水性が少なくなってしまうので、頻繁に、水やりが必要となっていきます。ですが、植物の種類によって差がありますので、注意が必要です。

土の入れ替えについて、一般的に鑑賞植物は、一年に一度ほど入れ替えが必要になってくる場合があります。土は日にちがたつにつれて、老化していき、栄養分がない、スカスカな土になってしまうので、定期的に入れ替えが必要です。

また、入れ替えの際に長くな伸びてしまった、根をハサミ等で切ることも必要になっていきます。また、鉢の大きさが足りていないと感じた場合、大きな鉢に植え替えをすることも必要となっていきます。

植物の栽培時の注意点

日当たりについて、多くの植物の場合日光を好みますが、植物の種類によって差があるため、事前に調べておくことが重要です。さらに、日光を好む植物でも、あまりにも日が当たりすぎると、枯れてしまう場合がありますので注意が必要です、コツとしては日陰など適度に日が当たる場所に置くことが良いとされています。

冬の管理について、冬を外に放置してしまった場合、葉や茎の水分が、凍ってしまい、深刻なダメージを与えることがあります。ですので、昼に日光に当てたあとは、室内に移動することも大切です。

温度管理の重要性

室内に常時置いている場合でも、窓の近くなどでは、気温が低くなっており、ダメージを与えてしまう事がありますので、注意が必要であり、できるだけ温かいリビングや、自分の部屋に置くことが良いとされています。

さらに、室内観賞用としての場合、専用の鑑賞用ヒータを活用し、温かい環境を作ることも、非常に重要となっていきます。温度管理センサーやサーモスタットを活用することにより、温度が上がりすぎる心配がなく、設定した温度まで自動的に、調整をしてもらえるので、これらの観賞用ヒータを活用するの手です。

注意点として、小さなビニルハウスのような、空間を作る必要がある点です。これは、観賞用ヒータでは部屋など大きな空間を暖める程の能力が無いため、小さな空間が必要になっていきます。

栽培方法は、一般的に、花の形が良い個体を選び受粉させるのが、多いとされています、この作業を何年も繰り返し、良い個体だけをピックアップしていくことにより、年々自分好みの個体に近づくことができます。

下記の記事も詳しく書いてありますので、凄く参考になります♪
タイトル:サザンカの育て方

pixta_sayaendou11

サヤエンドウの育て方

サヤエンドウの歴史は大変古く、古代ギリシャ、ローマ時代にまでさかのぼります。生息地や原産は中央アジアから中近東、地中海沿...

pixta_youforvia

ユーフォルビアの育て方

ユーフォルビア、別名、ユーフォルビアダイヤモンドフロストは、トウダイグサ科ユーフォルビア属の植物です。生息地は世界の熱帯...

zukkini_01

ズッキーニの育て方

アメリカ南部付近、メキシコあたりまでが生息地であり原産地ではないかといわれています。本格的に栽培が始るのがヨーロッパに入...

pixta_misohagi

ミソハギの育て方

種類としては、バラ亜綱、フトモモ目、ミソハギ科となります。水生植物、山野草として分類されるようになっています。花は多年草...

pixta_okahijiki

オカヒジキの育て方

オカヒジキの原産地は日本や中国、シベリア、ヨーロッパ南西部です。「ヒジキ」と言いますが海藻ではなく海辺の砂地などを生息地...

pixta_grapefurut

グレープフルーツの育て方

グレープフルーツの生息地は亜熱帯地方になります。ミカン科・ミカン属になり、原産地は西インド諸島になります。グレープフルー...

pixta_kiwano

キワーノの育て方

キワーノはウリ科でつる性の植物です。名前については企業の商標登録によってつけられたものですのでこれが正式な名称ではないよ...

pixta_rikyubai

リキュウバイ(バイカシモツケ)の育て方

リキュウバイは別名バイカシモツケと言われています。育て方も簡単で、原産地は中国北中部が生息地になっています。栽培して大き...

pixta_gajumaru

観葉植物を育ててみよう

初めての人でも比較的簡単に栽培することが出来る観葉植物の育て方について記述していきます。まず、観葉植物と一口に言っても、...

pixta_hakubai

梅(ハクバイ)の育て方

梅は非常に色が豊富です。濃いピンクがありますがそれ以外には桜のような薄いピンクがあります。白っぽいピンクから真っ白のもの...

スポンサーリンク

pixta_toumorokoshi_01

トウモロコシ(スイー...

トウモロコシは夏になるとお店の店先に登場する夏を代表する...

pixta_seji

セージの育て方

セージの基本種、「コモンセージ」は、薬用サルビアの別名通...

pixta_karasunoendou

カラスノエンドウの育...

古くは食用にも好まれていました。カラスノエンドウはマメ科...

pixta_gurekoma

グレコマの育て方

グレコマの科名は、シソ科 / 属名は、カキドオシ属(グレ...