ホウレンソウの育て方

ホウレンソウの育て方

ホウレンソウの特徴としては、冷涼な地域などや季節に栽培されると育ちやすいということで、冷え込んだりすると柔らかくなり美味しくなるということもあるので、適度な涼しさが必要な植物ということが出来ます。

育てる環境について

ホウレンソウを家庭菜園で育てる場合には、種が殻に包まれているので、発芽率が悪いということがあるので、そのことをまず気をつけておくということですが、家庭菜園ではプロとは違うので、それほど気にしなくても良いということですが、一応気をつけておくということです。また育てている地方ということでは、

千葉県や埼玉県が比較的多いということなので、そのことからも家庭菜園としてもガーデニングとしても、時期さえ間違えなければ、誰でもよく育てることができるということになります。また春と秋や冬の2回植え付けができるということで、収穫も2度できますし、最初に失敗しても、その年の後半でも試すことができるので、初心者には栽培しやすい植物ということができます。

具体的には植え付けは、3月から4月、また9月から10月で、収穫はそのすぐ後1,2ヶ月でできますので、その点でも比較的早く結果がわかり、育てやすい植物ということができます。具体的には15度から20度ぐらいが適温で、それ以下でも育ちますが、生育が遅れますし、高すぎても発芽率が低下します。また酸性の土壌には弱いので、

よく土なども酸性にならないような管理が必要になります。また日が長くなると、とう立ちという状態になるので、街灯などや夜の部屋の明かりなども気をつけて管理をするということも注意点ということです。また土はホームセンター等での市販のもので十分ですし、プランターで間引きながら育てるので、小さなプランターでも育てることができて最適な野菜でもあります。

種付けや水やり、肥料について

また馴染み深い植物なので栽培する場合でもホームセンター等で一式揃えることができます。種付けや水やり、肥料についても、情報としては、やはり非常に親しみ深い野菜でもあるので、豊富にインターネットなどで調べることもできますから、その点でも作りやすいということも言えます。またプランターで作ることができるので、

マンション等の狭いベランダでも管理ができて、緑も濃いので癒しの意味でも環境もよくしてくれますし、その上食べることができるということでも、買わずにすみますから、その意味でも面白いでしょう。またプランターなどひと通り揃えてしまえば、種はホームセンターで、いつでも揃えられるので、その点でも挑戦する価値はあります。

特に都会では、緑も少ないということですので、濃い緑であるホウレンソウは健康にも心身ともに良いということになります。種はまず水に一晩つけておくと発芽しやすくなりますが、品種によって発芽しやすいものも販売されているので、それらを選ぶということもコツになります。また畑に直播きする野菜ですので、

蒔き方も大切で、10センチ以上離して種も蒔きます。そうすると60センチぐらいのプランターでもけっこう育てることができることがわかります。2列ぐらいは大丈夫でしょう。マンションなどでの家庭菜園では、このプランターも便利ですので、購入しておくと他の野菜でも使えます。ミニトマトやきゅうりやナスなどでも大丈夫です。

増やし方や害虫について

種を蒔いた後は早く発芽します。3日から1週間ぐらいですが、この時のホウレンソウは非常に弱い状態なので、雨でも強い場合は、折れてしまうこともありますから、できるだけ雨の当たらない風通しの良い所で、その時期は育ててあげるのが良いのですが、マンションなどのベランダでも注意してあげるようにします。

また春の場合には、温度が高くなりすぎるとうまくないので、温度調節ができるように管理してあげるようにします。具体的には、光を遮ることができるネット等や風通しを良くするとか工夫するということになります。また水分が好きで、乾燥を嫌う植物なので、毎日水をやり乾燥しないようにするということや、肥料も10日に1度ぐらいは与えるようにします。

また害虫のためには、水分が多いと増えやすいので、水は朝とか午前中にやり、夕方ぐらいには、水分があまりない状態にしておくと、防ぐ対策のひとつになります。また大きく育てる場合には、間引きが必要になります。特にプランターでは、土地が限られているので、欲張るとすべてが中途半端に育ってしまいます。

そのことにも注意が必要ですが、ホウレンソウの間隔が3センチ以上になるようにすると良いということです。大きく育てる場合には、間隔を広げるということになります。できるだけ栄養を一つの株に多く与えるためということになりますが、これはホウレンソウだけではなく、家庭菜園やガーデニングでは覚えておくべき注意点です。

ホウレンソウの歴史

最近はガーデニングや家庭菜園が人気で、特に今年は野菜の値段も高いですし、これからの野菜も値段が高くなるかもしれないので、家庭菜園を始めるのもよいのではないかということですが、ガーデニングでも野菜類は色とりどりなので、観賞用にも面白いということになります。その中でもホウレンソウはぜひ作ってみたい作物でもあります。

栄養価も高いということですし、何よりも緑色が濃いので、野菜を食べるという実感があるということでも、健康管理にも最適ということになるからでもあります。この植物は、日本でも昔から食べられているようなイメージがあるほど親しみが深い植物ですが、日本ではそれほど古くはなく、

江戸時代頃、海外から持ち込まれたということなのだそうで、意外な感じもします。原産地は今のイラン周辺だそうですが、中央アジアから西アジアが生息地だったようで、その後中世ぐらいにアラブからヨーロッパに輸入されて広まったということですが、ヨーロッパでも案外新しい野菜ということがわかります。

その後日本にも輸入されたということのようです。ちなみに戦国武将の伊達政宗も食べていたそうです。それが今では当たり前のように食べられているということですから、非常に健康によいということでもあり、料理にも馴染んでいるということが言えます。特にラーメンなどには欠かせないものでしたので、そのような料理などからの知名度も高いということになります。そのような歴史も面白いです。

ホウレンソウの特徴

ホウレンソウの特徴としては、冷涼な地域などや季節に栽培されると育ちやすいということで、冷え込んだりすると柔らかくなり美味しくなるということもあるので、適度な涼しさが必要な植物ということが出来ます。料理の利用ということでも和食の場合は、胡麻和えやおひたしは定番で、既成品の弁当などでも入っているぐらいですが、

その他鍋物などでもよく利用されます。日本の料理の食材としても、定番の植物ということになります。ですので家庭菜園やガーデニングなどでの利用ということでも、食べてなくなるまで楽しむことができるということで、そのような楽しみ方も味わえる、優れものの植物ということになります。

また洋食では、ポタージュや野菜サラダなどにも利用できます。その他たくさんの料理に使えますので、家庭菜園の栽培でも、育て方などを研究しながら、チャレンジしてみるべき野菜ということになります。また家庭菜園などで育てるということでは、難易度も低いので、初心者がまず始めるということでは、初心者用の植物としても、始めてみると良いということです。

寒さに強いという植物なので、例えばベランダなどのプランターでも育てられますし、12月頃の植え付けでも、日当たりさえ良ければ育つという野菜ですから、土地の狭い住まいに住んでいる日本人には、非常に強い味方の植物ということになります。また収穫も1ヶ月から2ヶ月ということで、短期間にできるので、そのことも頼もしい野菜ということになります。

pixta_sikakumame

シカクマメの育て方

シカクマメは日本でも食されるようになってきましたが、どちらかというと熱帯を原産とする植物です。元々の生息地は東南アジアや...

pixta_ajisai

あじさいの育て方

あじさいといえば知らない人はいないほど、梅雨の時期に見られる代表的な花です。紫陽花科(ユキノシタ)科の植物で6月から7月...

pixta_stock

一重咲きストック(アラセイトウ)の育て方

一重咲きストック、アラセイトウはアブラナ科の植物です。原産地は南ヨーロッパで、草丈は20センチから80センチくらいです。...

pixta_rantanakamara

ランタナ・カマラの育て方

ランタナ・カマラは通称ランタナで、別名をシチヘンゲやコウオウカ、コモン・ランタナといいます。クマツヅラ科ランタナ属の常緑...

pixta_shakobasaboten

シャコバサボテンの育て方

現在観葉植物として流通しているシャコバサボテンはブラジルのリオデジャネイロを原産地とする観葉植物であり、標高1000~1...

pixta_kinkan

キンカンの育て方

キンカンは、他の柑橘類と同じように、元々の生息地はインドや東南アジアだと考えられています。この地域のものが中国で栽培され...

pixta_hanaberia

ハベナリアの育て方

ハベナリアはラン科の植物で、草丈は15cmから60cmほどになります。洋ランの中でもその品種が非常に多い植物でもあります...

pixta_siso11

シソの育て方

シソはヒマラヤやビルマ、中国などが原産であり、生息地もその辺りになります。シソの歴史は大変古く、日本には中国から伝わった...

pixta_pterosteris

プテロスティリスの育て方

プテロスティリスは、オーストラリアの南東部が主な生息地であり、ニュージーランドやニューカレドニア、パプアニューギニアと言...

pixta_furijia

フリージアの育て方

フリージアは南アフリカ原産のアヤメ科の植物です。ケープ地方に10種類あまりが分布していますが、現在よく栽培されているもの...

スポンサーリンク

pixta_treejamainda

ツリージャーマンダー...

シソ科ニガクサ属で、原産は地中海沿岸西部で、常緑小低木で...

pixta_dierama

ディエラマの育て方

いろいろな名前がついている花ですが、アヤメ科になります。...

pixta_blackcat

ブラックキャットの育...

ブラックキャットはインドおよび東南アジアを原産地とする植...

pixta_oonisogaram

オーニソガラムの育て...

オーニソガラムはヨーロッパから西アジア、アフリカが生息地...