ホタルブクロの育て方

ホタルブクロの育て方

ホタルブクロの特徴として、まずはキキョウ目、キキョウ科であることです。花の色としては真っ白のものがよく知られていますが、少し色が付いているものもあります。薄い紫のような、ピンク色のようなタイプもあります。

育てる環境について

この花を栽培するにあたって育て方に必要な環境としては日差しがあるところとされます。一見おとなしく咲くように見える花ですが、野生で咲いているときは結構生息地として平原などで咲いている事が多いとされます。ですから太陽の日差しを好む花として知られています。日本においては全域に見られる花ので特に気候などに影響されることはありませんが、

日差しがあるところ、明るい日陰などを選んでうえるようにします。鉢植えで育てることも出来るようになっています。夏になるとかなり日差しが強くなります。この時にはさすがに弱ってしまうことがあるので、それに備えて明るめの日陰の方に移すことも考えても良いとされます。日向は好きですが、あまり明るすぎる所は良くありません。

植木鉢であれば移動がしやすくなります。夏だけ少し日差しの弱いところ、他の季節はそれなりに日差しのあるところなどに置くことが出来るようになります。地植えにしてしまって常に日差しがあるところだと夏に弱ってしまうことがあります。そのような事が無いように気をつける必要がありそうです。

もちろん少し面倒ですが植え替えなどで対応をすることもあるでしょう。夏前に日陰のあるところにして、暑さが引いてきたところで日差しのあるところに変更することがあります。ただし植え替えの時期としてちょうどいい時期と良くない時期などがありますから、それを間違えないようにしなければいけないかもしれません。

種付けや水やり、肥料について

種付けをする時期としては2月から3月に行うとされます。この時期に植え替えなど行うことがあります。鉢植えで行う場合にはおいては1年おきにすることがあります。地植えで行うときには植え替えは必ずしも必要ではなく、弱ってきたと判断した時に行うようにするとされています。

地下茎が伸びてしまうことがあるので、ある程度の頻度では行ったほうが良いことがあります。時期を見て行えば問題は少なくなります。種をまく時の用土としては水はけの良いタイプを利用します。庭土と腐葉土、もみ殻を配合したもので植えつけることがあります。庭土をそのまま使っても特に問題はありません。庭土が粘土質の場合葉どうしても水はけが悪くなってしまいます。

その時には軽石などを混ぜることによって水の流れを良くするように工夫をします。砂地の場合は逆に水はけが良すぎる状態になりますから黒土などを混ぜて適度な水はけになるように行うようにします。水やりを行うときにおいては、鉢植えをするときには乾いてきた時を目安にして行います。庭植えの場合は雨水で十分行えますが、

雨がなかなかふらない時に葉っぱに元気がなくなってきた時には散水するようにすればいいでしょう。それで生き返らせる事ができます。肥料はリン酸が少し多めのタイプを使うようにします。固形肥料を中心にして、植える当初に対応します。成長期においては液体肥料を数千倍に薄めたものを利用します。追肥をすることで元気も出てきます。

増やし方や害虫について

増やし方足して行えるのが種まきになります。2月から3月にかけて行うことができます。種まきの心得としては湿らせた川砂に混ぜるようにします。それを少し冷やすようにします。そうすることで発芽のタイミングを揃えることができます。発芽がバラバラになると育てるのに苦労することがあるので、これは重要な作業の一つになるかもしれません。

1年目に関しては開花が難しいこともありますが、2年目以降は揃って花が咲くようになります。株分けをすることでも増やすことができます。2月から3月に植え替えをするタイミングがあればこの時に行うようにします。親株から伸びた細い地下茎があればそれを子株にします。そして植え替えをしますそれによって2つに分けることが出来るようになります。

種まきをするときにおいては種の採取が必要になってきます。夏の終わりから秋口にかけて果実が熟するようになるのでその時を見計らって行うようにします。乾燥した果実から穴が空きそこから種が零れ落ちるようになります。果実ごと採取することができますから、後はそれを乾燥させればよいだけです。

害虫対策はしっかり行う必要があります。ヨトウムシと呼ばれる虫がつくことがあり、葉っぱや蕾を食べてしまうことがあります。もちろんそうなるときれいな花を咲かせるのが難しくなります。発生するのは5月から6月にかけてになるので、その頃においては夜回りをしながら虫がいないかどうかを確認します。

ホタルブクロの歴史

北海道を中心に見られる花としてスズランと呼ばれるものがあります。真っ白の鈴がぶら下がってるような花として知られています。北海道の花として有名ですが必ずしも北海道だけで見られるわけではなく、本州などにおいても見られることがあります。花に関してはスズランのように下を向いたような形で花を開くものもあれば、

ひまわりのように元気に太陽の方に向く花もあります。性格も反対なのかもしれません。スズランに一見見間違えてしまうような花としてあるのがホタルブクロと呼ばれる花になります。原産地としては日本から東アジアにかけてとされています。日本にも古くから咲いているようで、東アジア全域においても咲いているところがあるようです。

ではこの花がなぜこのように言われたかですが、この花は通常の花のようにきれいに開くわけではありません。筒状になっていて、それが下に向いています。そのことを利用して子どもたちがその中にホタルを入れていたそうです。するとホタルが光を放ちます。花は非常に薄いですからホタルの光が透けて見えます。

それを楽しんでいたそうです。下の部分を押さえておけばホタルも出てきませんから、しばらく楽しむことができます。そのことからこのように名付けられたとされています。今であればLED電球などを中に入れておけばちょうど電気スタンドのようになるかもしれません。さすがにLED電球が名前になるようなことは無いのでしょう。

ホタルブクロの特徴

ホタルブクロの特徴として、まずはキキョウ目、キキョウ科であることです。花の色としては真っ白のものがよく知られていますが、少し色が付いているものもあります。薄い紫のような、ピンク色のようなタイプもあります。真っ白のものに関してはキキョウのようには見えませんが、薄紫のタイプになるとキキョウのように見えなくともありません。

ですからこの仲間であることが想像できます。多年草ですから、一度花が咲けば次の年においても花を楽しむことが出来るようになっています。花においては1年草などは1回しか楽しむことができません。非常にもったいないと感じることがあります。何度も花を楽しませてくれる花は咲かせるものとしては非常に嬉しい種類といえるでしょう。

この花の名前にもなっていますが、袋状になっているところが特徴の一つになります。袋状と言っても実際に袋のようになっているわけではありません。下の部分はもちろん空いています。でもそこを塞ぐようにすれば袋のように使うことが出来るようになります。花に関しては下の方を向いた状態で、咲いた時からしぼんだ時まで同様の形と保つようになっています。

花に直接付いている葉身についてはハート形をしているのが特徴の一つにもなっています。この部分は少し透けているようにもなっています。花の高さとしては最大で80センチぐらいになるとされていますが、多年草ですからどんどん増えていくこともあります。関東と関西で色が異なるとされています。

pixta_kurinsou

クリンソウの育て方

被子植物で、双子葉植物綱に該当します。サクラソウ目、サクラソウ科、サクラソウ属になるので、かなりサクラソウに近い花といえ...

pixta_aguraonema

アグラオネマ(Agleonema)の育て方

アグラオネマはアジア原産の熱帯雨林が生息地のサトイモ科の多年草です。インドから東南アジア、中国南部にかけて約50種類が生...

pixta_hebe

ヘーベの育て方

ヘーベの特徴は次のようになっています。オオバコ科のヘーベ属に分類されており、原産地はニュージーランドになります。分類は常...

pixta_konfuri

コンフリーの育て方

コンフリーは、日本では様々な文化が海外から入り、人々に受け入れられ始めた明治時代に日本に牧草として元々は入ってきたとされ...

pixta_anakanpuseros

アナカンプセロス、アボニアの育て方

種類としてはスベリヒユ科になります。多肉植物で、多年草となります。高さとしては3センチから10センチぐらいですから土から...

pixta_nashi

ナシの育て方

ナシの歴史は、中国の西部から南西部を中心として、世界中に広がりました。原産地となる中国から、東に伝わって品種改良が進んだ...

pixta_asupureniumu

アスプレニウム(Asplenium spp.)の育て方

アスプレニウムは5月から8月頃にかけて植え付けをします。土は水はけが良く、通気性が良いものを使います。例えば小粒の赤玉土...

pixta_koropsuma

コプロスマの育て方

コプロスマはアカネ科コプロスマ属の常緑低木になり、オーストラリアやニュージーランドを生息地としていてます。コプロスマには...

pixta_kujakusaboten

クジャクサボテンの育て方

クジャクサボテンはメキシコの中央高原地方で古くから存在していた原種を交配して作り上げた交配種であり、世界的に数百種類の品...

pixta_ionopsis

イオノプシスの育て方

イオノプシスとはメキシコ〜南アメリカなどを原産地とする多年性草本です。ブラジルから西インド諸島へと分布し、ガラパゴス諸島...

pixta_hesuperansa

ヘスペランサの育て方

ヘスペランサは白い花を持つ美しい植物でり、日本だけに留ま...

pixta_tuwabuki

ツワブキの育て方

ツワブキは海沿いの草原や崖、林の縁などを生息地としている...

pixta_aramanda

アラマンダの育て方

アラマンダはキョウチクトウ科 Apocynaceaeのア...

pixta_satsumaimo_01

大きなサツマイモを育...

サツマイモは特別な病害虫もなく農園での育て方としては手が...