マツリカの育て方

マツリカの育て方

特徴としてどのような分類になるかですが、シソ目、モクセイ科、ソケイ属と呼ばれる中に入るとされます。常緑半蔓性灌木になります。花については非常に香りが強いとされていて、ジャスミン茶などとして使われることになります。

育てる環境について

栽培をする時の環境として、育て方としてはどういった場所を用意したほうが良いかです。南国に近いところで咲く花ですから、日当たりの良い場所を好むとされています。自宅などの庭を利用するのであれば日当たりのいい場所を選ぶようにしたほうがいいでしょう。ただし1年中同じ所、日当たりの良い所に置けばいいわけではありません。

秋から春にかけては日当たりの良い所を中心に置きます。しかし真夏になってくると少し様子が変わります。あまり暑すぎる環境を好まないからです。この時には日差しに関しては少し弱めのところ、半日陰などの所が良いとされています。つる性なのでどのように植えるかは異なるでしょうが、植木鉢なら自由に移動ができるので問題ありません。

植え付けを行うときには簡単に季節によって変更することができません。それに対応する方法としては、夏に元気な植物と一緒にすることです。たくさんの葉っぱが生い茂るような植物であれば、その下辺りなら半日陰の状態になります。落葉樹であれば、秋から冬にかけてどんどん葉っぱが落ちていくので

秋から冬、春にかけては日差しを確保することができます。こういったところであれば植えたままでも育てることが可能になるでしょう。一般的に植えようとするときはジャスミンティーとしてよりも花の美しさのほか葉の様子も気になります。直射日光だと葉が変色することがあります。耐寒温度は5度ぐらいなので、室内管理も必要になります。

種付けや水やり、肥料について

種まきをするのに良い土質としてはどのようなタイプかですが、水はけの良い肥えた土とされています。更には硬めの土よりも柔らかい土が良いとされています。条件が結構厳しいので、庭土をそのまま使えないかもしれません。自分自身で配合するのであれば、赤玉土の小粒タイプを6割程度、腐葉土を4割程度にしたものが基本的な目安になりそうです。

水はけについては更に良くしようと考えるなら、パーライトや軽石などを混ぜることで対応できる場合があります。市販の植物用の土なども適度に調節されています。それなりに水はけがあり、栄養分もありですから、それにプラスアルファーで何かを加えるだけで良い土になることがあります。植え付けに関しては、盛夏から気温が下がり始める頃、春から初夏にかけてがあります。

南国系とのことで言えば夏の環境の方が育ちやすいところがあるので、春から初夏にかけてのほうが良いかもしれません。春と言っても初春の寒の戻りなどが起きやすい時にするのは好ましくないでしょう。しっかりと気温が上がった状態で行うようにします。水やりについては、土が乾いたかどうかで確認をします。

植木鉢においては、水がそこからじわじわ流れ出るぐらいに与えるようにします。それぐらいいれますが、水が受け皿にたまっているようならそれは捨てるようにしなければいけません。水が影響して根が傷むことがあります。肥料については特に必要ありませんが、適宜置いたりすることもできます。

増やし方や害虫について

増やそうとするのであればどういった方法をしていくかですが、まずは植え替えの時に行います。株分けをすることができるので、その時に増やすことができます。増やす時期としては5月から10月の間を中心に考えます。最もいい時期として梅雨時期があげられます。この時期は湿度は高いですがある程度保たれている状態です。

特に過湿を嫌うタイプではないので、問題は少なそうです。真夏のように気温が上がりきった状態だと負担が大きくなりますが、そこまで気温が上がるわけではありません。作業としてもしやすくなるのでこの時期が良いとされます。挿し芽をするときの注意としては、今年伸びた枝を選びます。柔らかいものではなく、ある程度硬さがある状態のものを選びます。

病気であったり害虫に関しては特に心配するものがないとされていますが、つくようでしたら他の植物同様に対処するようにすればいいでしょう。気になることとしては越冬、冬の対応になります。生息地においては1年を通して暖かいことからこの事についてはほとんど考えなくても良いですが、日本ではそうはいきません。

沖縄でも冬になるとかなり温度が下がりますから、一定の対応が必要になります。耐寒温度としては0度とも5度とも言われますが、それがどのくらい続くのか、雪などが降るか、霜が降りやすいかなどでも変わります。夜間気温が大きく下がるようなら室内に入れて管理をします。成長適温としては15度以上とされています。

マツリカの歴史

3時頃になるとティータイムとして休憩を取ることがあるかもしれません。日本茶であったりコーヒーを飲む人もいるでしょうが、世界的に見ると紅茶を飲む習慣があるようです。アフタヌーンティーと言われる言葉があります。実際に飲むかどうかは人それぞれの好き好きになりますが、この紅茶に関してはそれなりに種類があるとされています。

その一つとしてジャスミンティーがあるかもしれません。芳醇な香りが人気の紅茶になります。このジャスミンについては、どういった種類の植物、茶葉から取ることが出来るのでしょうか。こちらについてはアラビアンジャスミンと呼ばれる種類の植物になります。日本においては茉莉花と書いてマツリカとして知られる植物になります。

原産はアラビア地方とされています。生息地はインド、スリランカ、東南アジアなどのアジア地方と、イランなどアラビア地方においても行われて言います。語源としては、サンスクリット語のマリカーから来ているとされています。中国語においては茉莉の漢字が当てられることがあります。

インドなどではムラティーなどとして呼ばれる事がある植物になります。日本においてはいつ頃渡来したかですが、江戸時代初期の寛永年間においてとされています。香料としてか、お茶としてか、仏教のための道具の一つとしてかなどがあります。仏花として利用されることもあるので、仏教の国などにおいてはお供えをするときの花として利用されているようです。

マツリカの特徴

特徴としてどのような分類になるかですが、シソ目、モクセイ科、ソケイ属と呼ばれる中に入るとされます。常緑半蔓性灌木になります。花については非常に香りが強いとされていて、ジャスミン茶などとして使われることになります。通常の紅茶などは茶葉を利用しますが、こちらに関しては花の花冠で着香するようになっています。

その香りの良さから、ハーブオイルであったりお香においても使われることがあります。木については高さが3メートルほどになることがあります。つる性を帯びています。葉っぱについては一般的は葉っぱの形、半卵形で、長さは7センチほど、幅は3センチから4センチぐらいになります。

葉っぱの付き方としては対生担っている場合のほか、3枚が輪生する形で付くこともあります。花については枝の先に付きます。葉っぱに比べるとかなり小さい花になります。直径は2センチから2.5センチぐらいでこじんまりとしています。一般的には白いはなりますが、中にはピンクを帯びたような花びらをつけるものもあります。

生息地においては熱帯が中心になります。この地域においては花の咲く時期として特に決められていることはなく、1年を通して花が咲き続けることがあります。日本のように四季がはっきり分かれていると咲く時期と咲かない時期などができてくるのでしょうが、そういったことがありません。摘み取るときは、午後から夕方にかけて膨らんだ蕾を丁寧に摘み取るようにします。

pixta_mayumi

マユミの育て方

マユミはニシキギ科に属しますが、ニシキギという名称は、錦のような紅葉の美しさから名づけられたと言われています。秋になると...

pixta_karajium

カラジウムの育て方

カラジウム/学名・Caladium/和名・ハイモ、カラジューム/サトイモ科・ハイモ属(カラジウム属)カラジウムは、涼しげ...

pixta_kufea

クフェアの育て方

クフェアはミソハギ科のタバコソウ属もしくは、クフェア属に分類される植物であり、その仲間と言うのは250種類あると言います...

pixta_himawari_01

ミニヒマワリの育て方について

一言で「ミニヒマワリ」といっても、品種改良が行なわれ、中小輪の矯性品種まで、数多くのミニヒマワリが存在しています。大きな...

pixta_asagirisou

アサギリソウの育て方

アサギリソウは、ロシアのサハラン・日本が原産国とされ、生息地は北陸から北の日本海沿岸から北海等、南千島などの高山や海岸で...

pixta_nazuna111

ナズナの育て方

植物分類としては、アブラナ科のナズナ属となります。高さは20から40センチで、花の時期は2月から6月にかけて。ロゼッタ状...

pixta_sarupigrossis

サルピグロッシスの育て方

サルピグロッシスはナス科サルピグロッシス属(サルメンバナ属)の一年草または多年草です。その名前はギリシャ語のsalpin...

pixta_keshouboku

ケショウボクの育て方

ケショウボクはダレシャンピアという名前で流通していることも多い、トウダイグサ科ダレカンピア属の常緑低木です。メキシコから...

pixta_kyuuri

キュウリの育て方

どうせガーデニングをするのであれば、収穫の楽しみを味わうことができる植物も植えたいと希望する人が少なくありません。キレイ...

pixta_tubaki

ツバキの育て方

ツバキ属は科の1属で、生息地は日本や中華人民共和国、東南アジアからヒマラヤにかけてです。日本原産の花で日本国内においては...

スポンサーリンク

pixta_botan

ボタンの育て方

牡丹の原産は中国の西北部だと考えられています。この地域で...

pixta_kurokosumia

クロコスミアの育て方

クロコスミアは、モントブレチアやヒメヒオウギズイセンと言...

pixta_monadenium

モナデニウムの育て方

モナデニウムは日当たりのいいところで栽培をします。そして...

pixta_rukkora_01

ルッコラの育て方

ガーデニングブームとともに人気になっているのが家庭菜園で...