リカステの育て方

リカステの育て方

この植物の特徴としては、キジカクシ目、ラン科、セッコク亜科になります。園芸の分類においてはランになります。種類としてもラン科に属します。咲く形態としては多年草になります。草の丈は高いものになると80センチぐらいになることがあります。花が咲く時期は11月から5月と主に寒い時期に咲くことになります。

育てる環境について

育て方として適している環境はどういったところになるかですが、決して簡単に育てられる花ではないことを知っておく必要があるでしょう。まずは夏の暑さ対策がきちんと出来る所になります。暑さが非常に苦手なので、春から秋までにおいては日除けをきちんとした涼しい場所で管理するようにします。良い所としては樹木の下などが良さそうです。

その木に吊るすようにすれば常に木陰に入ったような状態で育てることができます。風通しについても申し分ありません。今は日除けネットなどを利用することによって不用な日差しに関しては避ける事ができます。西日などは特に問題なので、絶対に当たらないようにしなければいけません。夏においてはどれくらいが理想の温度かといえば25度以下になります。

北海道でも南部になると30度を超えることがあるとされています。いかにその温度を実現するかが大事になります。日本においては打ち水などの習慣があります。これをすることで温度をあまりあげないようにすることも必要になってきます。日差しが当たらないところであれば、

回りをうまく考慮することで温度をあげないことも可能になります。冬は室外での管理は無理でしょう。これはラン関係の花全般的に言えそうです。室内での管理を前提にします。特に冬は花が開花する時期ですから、窓際などで管理をします。夜に関しては窓際だと減ることがあります。室内の中の方においたほうが良いこともあります。

種付けや水やり、肥料について

栽培をするにあたっての用土としてはミズゴケを利用することがあります。その他にはバークの極小粒やベラボンを使用することもあります。これらは細かい砕いた木の皮やヤシの殻で作ったものになります。ラン系統の植え込み材料でよく使われます。乾きやすい環境は困るのでプラスチック製の鉢を用意して使います。

ミズゴケを使うときは植え替えのときにどうしても根を傷めやすいことがあります。そうならないようにしたいならバークを利用した方がいいようです。水やりは、まず成長期においてのやり方を考えます。6月くらいから10月くらいです。前年の花が落ちてその後ですが、植え込み材料を乾かさないようにしなければいけません。

真夏は気温が非常に上がりますから朝と夕に与えるぐらいが必要になります。この時期においては雨が多く降りますから、雨にしっかり当てる必要もあります。そうすることで元気が出てきます。落葉タイプに関しては冬になると休眠期になります。水やりは控えめにします。休眠をしている状態で水を上げると植え込み材料が湿った状態になります。

この状態が続くのはよくありません。ですから植え込み材料の管理なども必要になります。肥料については、4月の中頃に緩効性の化成肥料を利用します。規定量を鉢の上に置くようにします。液体肥料に関しては週に1回を目安にします。それを9月末まで与え続けます。与えすぎると逆効果になることがあるので、頻度を守るようにします。

増やし方や害虫について

植え替えの時期としては3月から5月頃とされています。休眠期が終わって、新芽が動き出す時期に重なります。この時には古い植え込み材料を取り除きます。新しい植え込み材料でくるんで、小さめの素焼きの植木鉢を使います。通常はプラスチックの植木鉢ですから、注意しなければいけません。この植木鉢の3分の1までには軽石をいれます。

そしてその上に植えつけるようにします。植えるときには新芽の伸びてくる方向に気をつけながら行うようにします。この植え替えをするときに同時に行えるのが増やす作業です。株分けをすることで増やすことが可能になります。株分けの時には、一つの株に対して新芽が一つ、バルブを2つ以上つけてわけるようにします。

注意としては無理に細かく分け過ぎないことです。そうすると花が咲かなくなることがあります。落葉性のタイプに関しては、古いバルブを切り離すだけでも新芽が出てくるので方法としてはやりやすくなります。行う必要がある作業としては、支柱立てがあります。大きな花が咲くタイプにおいては、花芽が伸びてきた時を見計らって支柱を立てます。

そしてつぼみを支えるようにします。そうしないと花の重みで花茎が折れてしまうことがあります。せっかくきれいに作ったとしても台無しになります。病気としてはバルブの割れ、腐敗があります。害虫においてはそれ程心配しなくて良いとされます。しかしカイガラムシが付くことがあるので、対策準備をしておきます。

リカステの歴史

花の花びとしては5枚つくものとしては桜や梅などがあります。このことからなになに桜と言われることもあるようです。その他4枚の花びらのもの、6枚や7枚、キクのように何枚も重なってついているものもあります。では4枚よりも少ない花びらの花はあるかです。自然にあるものはある程度効率的に作られたり行動をしたりすることがあります。

もし3枚の花びらの花だとするとやはり三角形のような花が咲くのではないかと想像することができます。実際に3枚の花びらの花が存在します。それはリカステと呼ばれる花になります。原産地としては主に南アメリカになります。グアテマラ以南の中米、コロンビア、エクアドル、ペルーなどで、南太平洋川とされています。

この名前についてはトロイの最後の王、プリアモスの娘で美人だった人の名前がそのまま付けられているとされています。女性の名前が付けられていますが、まさに女性の美しさを表現したような花になります。この花においては別の名前としてはモリノヨウセイがあります。そのままのネーミングですが、誰かが見つけたときに妖精と見間違えたのかもしれません。

花言葉としては清らかな心などがあります。その他には清浄などもあります。白い花であればよりそのイメージが強くなるかもしれません。誕生花としても設定されていて、1月と12月の2つの日が設定されるようになっています。古くから観賞価値の高いランの一つとして知られています。

リカステの特徴

この植物の特徴としては、キジカクシ目、ラン科、セッコク亜科になります。園芸の分類においてはランになります。種類としてもラン科に属します。咲く形態としては多年草になります。草の丈は高いものになると80センチぐらいになることがあります。花が咲く時期は11月から5月と主に寒い時期に咲くことになります。

色が豊富で、白、赤、黄色、ピンク、複数の色が合わさったタイプの花もあります。冬に咲きますが、耐寒性が合うわけではありません。咲いている生息地が赤道付近、太平洋側など暖かい地域になっています。そのこともあって冬でも問題なく咲くことが出来るのでしょう。夏もあまり強くない花です。

常緑性、落葉性のタイプがあり、芳醇な香りが特徴の一つにもなっています。この花は花の部分に注目しがちですが、土から生えているところにも特徴があります。偽球茎と呼ばれるものが発達していて、そこから茎、葉っぱが大きく成長する形をしています。まるで球根が出てきたかと感じるくらい発達しています。

花茎は偽球茎から数本でています。花は花茎の先端に一つ付きます。花は非常に大きくて優雅さを表現しています。花びらに見えるのが萼片になり、それが3方向にそれぞれ広がります。三角形をきれいに形どっています。その中には側花びらが前に突き出るように生えています。これも3枚ついています。3枚は広がってつき、その中に少し広がっているように別のタイプのものが広がっているように見えます。

pixta_karataneogamata

カラタネオガタマの育て方

カラタネオガタマはモクレン科の植物で、樹高4mから5mになる常緑性の花木で中国南部が原産と言われており、トウオガタマと言...

pixta_itigonoki

イチゴノキの育て方

マドリードの旧市街の中心地には、「プエルタ・デル・ソル」(太陽の門)と呼ばれている広場が有ります。この広場はスペイン全土...

pixta_hakusanitige

ハクサンイチゲの育て方

花の高さは約15センチから30センチで、上記でも述べたように大群落をつくります。その姿は絨毯を敷き詰めたようで圧巻です。...

pixta_iwashajin

イワシャジンの育て方

イワシャジンは関東地方の南西部や中部地方の南東部の山地の岩場などで見つけられることができる紫色と小さな花をつける大きめの...

pixta_kodtiseisineraria

木立ち性シネラリアの育て方

木立ち性シネラリア(木立ち性セネシオ)は、キク科のペリカリス属(セネシオ属)の一年草です。シネラリアという語呂がよくない...

pixta_yuriopsuteji

ユリオプスデージーの育て方

特徴として、キク科、ユリオプス属になります。南アフリカを中心に95種類もある属になります。園芸において分類では草花に該当...

pixta_asagirisou

アサギリソウの育て方

アサギリソウは、ロシアのサハラン・日本が原産国とされ、生息地は北陸から北の日本海沿岸から北海等、南千島などの高山や海岸で...

pixta_simobasira

シモバシラの育て方

学名はKeiskeaJaponicaであり、シソ科シモバシラ属に分類される宿根草がシモバシラと呼ばれる山野草であり、別名...

pixta_hakkakuren

ハッカクレンの育て方

ハッカクレンは、メギ科の多年草となっています。原産地は中国となっており、古くから薬用植物として珍重されてきたという歴史が...

pixta_siroyamabuki

シロヤマブキの育て方

バラ科ヤマブキ属、シロヤマブキ属のような区別がなかった時代には、それが白山吹のことを示すのか、山吹のことを示すのかはわか...

スポンサーリンク

pixta_dragonfurut

ドラゴンフルーツの育...

サンカクサボテンの実の事を総称してピタヤと呼びます。ピタ...

pixta_pangy

パンジーの育てかたに...

スミレ科のパンジーは、寒さには強いのですが、暑さに弱く、...

pixta_waxflower

ワックスフラワーの育...

花についてはフトモモ科、チャメラウキウム属になります。園...

pixta_rinkosutexirisu

リンコスティリスの育...

リンコスティリスはラン科の植物ですが、生息地は熱帯アジア...