コツラの育て方

コツラの育て方

この花の特徴はキク科となります。小さい花なので近くに行かないとどのような花かわかりにくいですが、近くで見ればこれがキク科なのはなんとなくわかります。花びらが沢山集まっています。匍匐性一年草とされています。這うようにしてどんどん広がっていく花になります。

育てる環境について

栽培をするときにおいて管理するための環境としては日当たりになります。1年を通して日当たりに当たるようにしておけばよいでしょう。夏においてはあまり日差しは好まず強い日差しによって枯れてしまいます。夏に枯れるのが前提の話になります。うまく夏を過ごすことができれば夏越しができ、多年草として花を続けさせることができるので挑戦してみるのもいいでしょう。

種類によって水分の欲し方が異なるので気をつけなければいけません。見た目はほとんど同じなのに異なる種類の場合があります。一方は湿気を好み、別の方ではあまり湿気を好まない場合があります。同じように育てようとすれば当然ながら一方では乾燥して枯れてしまい、一方では過湿過ぎて枯れてしまうようなことがあります。

どの種類に該当するかをチェックしながら育てなければいけません。水やりをする分には自分での調整が行えますが、雨に関しては自然に任せるしかありません。日本には梅雨がありかなり多湿の状態になりますから、あまり水分を好まない種類においては梅雨の時期に置き場所を変える必要が出てきます。

室内であったり、屋根がついている棚などに置く必要が出てきます。暑さに弱くて夏越えがしにくいですが、半日陰をうまく利用することで夏を越せることもあります。午前中の少しの日差しのみが当たるくらいで、後は日陰になるようなところです。更に風通しが良ければいい環境になって、次の年も楽しめます。

種付けや水やり、肥料について

栽培における植え付けをどのように行っていくかです。春に苗がホームセンターや園芸店などに出回るようになります。それを使うことで花を咲かせることができます。種から植える場合においては、秋に種をまいておきます。種をまくのは育苗箱です。これは根が出るまで育てるところと言ってもいいでしょう。まいたあとは薄く土をかぶせるようにします。

水分の与え方はじょうろなどでたくさん与えるよりは、霧吹きなどを利用しながら少しずつ与えるようにします。一定の水分を保たせる必要があります。発芽をしてから本葉が数枚出てくるようになれば育苗箱から小鉢などに移します。根が回るようになれば正式な場所に植え付けるようにします。水やりは種類で方法を変えます。

ヒスビタ、バルバータの種類においてはた多湿を好まないのでやや交わし気味に水分を与えるようにします。表面が乾いたら水分を与える程度です。むやみに与えないようにします。コロノピフォリアについては水分を好みますからしっかりと与えるようにします。水分が少ないとどうなるかですが、

葉っぱが黄色っぽくなってしまうことがあり見た目としてはあまり好ましくありません。きれいな緑色と黄色の花がうまくマッチしてこの花の良さが出るでしょうから、水切れをさせないようにします。肥料としては元肥にゆっくり効くタイプのものを少しいれておきます。追肥をするときには少し即効性の強いタイプにします。2箇月に1回ぐらいです。

増やし方や害虫について

増やす方法としては種まきをするのがよいでしょう。時期としては9月中旬から10月ぐらいに行うと良いとされます。種があまり大きく会いので底面給水の方法で行います。鉢植えをするときにおいては保水性、水はけを考慮した土を用意して行います。赤玉土の小粒を4割、腐葉土を2割、ピートモスを2割、バーミキュライトを2割などにします。

配合の割合についてはその都度良いように変化させる必要があるでしょう。花をどんどん楽しみたいときに行うのが刈り込みです。花が咲き終わるとそのまま枯れるのを待つことがありますが、刈込みを行うようにするとその後に花が咲くようになります。花をそのままにしていると栄養分などが枯れた花にも行きますが、とってしまえば次の花に栄養分が行きやすくなります。

咲き終わったとしても申込し長く花を見ることが出来るかもしれません。病気であったり害虫に関する被害はあまり受けにくいとされるので、特に対策などをする必要はありません。花のペースに合わせて育てることができます。夏を越すのは大変難しいとされていますが、冬に関してはそれ程気を遣わない植物とされています。

それはマイナス5度位まで耐えてくれるからです。寒冷地と言われる地域においては冬に寒くても耐えてくれますし、夏の暑さもその他の地域に比べると低くなります。普通に育てていてうまく夏を乗り切ることが出来る場合があります。一年草を多年草にするための育て方を行います。

コツラの歴史

小さい花が可愛らしく感じることがあります。大きな花といいますと花弁がたくさんあるタイプのものであったり、とにかく茎などが大きく、花の部分も大きいようなタイプもあります。遠目に見るとうくしいこともありますがあまり近くで見ると見えすぎてあまり良くないこともあります。

小さい花の場合はよく見ようとしてもなかなか細かい部分まで見ることができません。一つの花だけでなく、それが集まって集団になることもあります。集まることによってよりきれいに、可愛らしく見えるタイプの花もあるでしょう。そんな小さい花の中にコツラと呼ばれる花があります。原産は南アフリカになります。

こちらに関してはいくつかの種類があり、それぞれレ人気があるとされています。まずはコロノピフォリアと呼ばれる種類になります。その他にはバルバータと呼ばれる種類があり、こちらの花については別名としてハナホタルであったりカゲロウソウなどがついています。ヒスピタと呼ばれる花については銀葉カゲロウソウとも呼ばれていて灰白色の葉っぱで知られています。

コツラについてはギリシア語が由来となっています。これは小さいカップを意味します。確かに黄色い小さいカップがたくさんあるように見えます。別名においてはハナホタルがありますがこれは見たままでしょう。花がまるでホタルの光のようにきれいに黄色い真ん丸の状態になっています。花言葉も設定されていて、はかない恋とされています。

コツラの特徴

この花の特徴はキク科となります。小さい花なので近くに行かないとどのような花かわかりにくいですが、近くで見ればこれがキク科なのはなんとなくわかります。花びらが沢山集まっています。匍匐性一年草とされています。這うようにしてどんどん広がっていく花になります。生息地が暖かいところなので湿性植物となっています。

湿気があるところを好みます。寒さに対してはあまり強くない状態です。耐暑性についてもそれ程強くなく、暑さで枯れてしまうことがあります。草の丈としては20センチぐらいになるタイプがあります。花の大きさは1センチから大きい物で1.5センチ程度です。花の色がたくさんあれば楽しみやすそうですが、今のところは黄色の実になっています。

特徴として湿性となっていますが、すべての種類が湿性ではなく、種類によってはあまり湿気を好まないタイプもあります。コロノピフォリアについては湿性になります。発芽の温度しては15度から20度ですから、日本で言えば春先の温度に当たるでしょう。葉っぱに関しては多肉植物ではないですが多肉質になっていて水分をキープできるようになっています。

日本では一年草で管理されますが、生息地などにおいては多年草として育てることができます。花が咲く時期が4月から6ぐらいですが、日本の暑さに弱く多くはその暑さで枯れてしまいます。これは花言葉のはかない恋にも通じるのかもしれません。ヨーロッパなどでも一年草になるでしょう。

pixta_katura

カツラの育て方

カツラは日本特産の植物で大昔である太古第3紀の頃から存在します。日本とアメリカに多く繁茂していましたが、次第にアメリカに...

pixta_utubokazura

ウツボカズラの育て方

ウツボカズラとは、ウツボカズラ科の植物で、食虫植物として広く知られているものの一つです。原産国は東南アジアを中心とした熱...

pixta_sirotaegiku

シロタエギクの育て方

シロタエギクの原産地は、地中海に面した南ヨーロッパの海岸地帯です。現在ではイギリス(連合王国)南部を含むヨーロッパの広い...

pixta_itigonoki

イチゴノキの育て方

マドリードの旧市街の中心地には、「プエルタ・デル・ソル」(太陽の門)と呼ばれている広場が有ります。この広場はスペイン全土...

pixta_pimerea

ピメレアの育て方

ピメレアは育てるのに、簡単で丈夫な植物になりますが、どうしても夏場は気をつけてあげないといけないです。夏場は高温になって...

pixta_shuukaidou

シュウカイドウの育て方

シュウカイドウは中国を自然の生息地とする植物で、多年生の植物です。中国名は「秋海棠」と書きます。これをそのまま日本語で音...

pixta_rakanmaki

ラカンマキ(実)の育て方

特徴としてはマキ科、マキ属になります。シンボルツリーとしても使われる木で、高くなると8メートルから10メートルくらいの高...

pixta_ranankyurasu

ラナンキュラスの育て方

ラナンキュラスの原産地は地中海東部沿岸やアフリカ北東部、アジア南西部など北半球に広くあり、十字軍がヨーロッパに持ち帰り改...

pixta_ginbaika

ギンバイカ(マートル)の育て方

ギンバイカはフトモモ科ギンバイカ属の低木常緑樹です。ギンバイカは和名になり、漢字では「銀梅花」と書きます。これは開ききる...

pixta_shuukaku

家庭菜園を行う場合の育て方のコツについて

自宅で植物を栽培する場合、その育て方にはいくつかのコツがあります。自宅で植物を栽培する場合、鑑賞用として育てる場合と、食...

スポンサーリンク

pixta_sisirinkiumu

シシリンキウム・ロス...

北アメリカを原産地として日本には明治時代の1890年ごろ...

pixta_nira

にらの育て方

にらの原産地は定かにはなっていませんが、中国西部から東ア...

pixta_arteranantera

アルテルナンテラの育...

植物の特徴として、まずはヒユ科であることがあげられます。...

pixta_hanatoranoo

ハナトラノオの育て方

ハナトラノオは北アメリカ東部を原産地とする植物であり40...