スピロキシネの育て方

スピロキシネの育て方

こちらについてはキンバイザサ科になっています。別にコキンバイザサ科に分類されることもあります。園芸分類としては球根になります。草丈としては10センチぐらいから20センチぐらいです。花が咲くのは1月から3月くらいです。花が咲く形態としては多年草の部類になります。

育てる環境について

この花を栽培するにあたっての環境としては必要になるのはどういったところになるかですが、まずは日照があります。日当たりが必要になります。また重要なポイントとして直射日光があります。ひまわりなどは太陽の向く方に花の表面を移動させると言われます。これは直射日光が必要なことと示しているでしょう。この花については直射日光が必要で、それがないと花が開きません。

直射日光は暑くて厳しいだろうからと半日陰などに置いてしまうと花が開かないので注意しないといけません。季節などによって置き場所などの管理を変えるようにすると良いとされます。まず10月の上旬から5月の中旬においては生育期になります。この時期は戸外の直射日光のもとで育てるようにします。

では夏の間はどうなるかですが、夏になると土から上の部分については枯れてしまいます。土の中の球根のみが生きている状態になります。休眠をしている時においては日光に当てる必要はありません。土の中にそのままにしておくこともあれば、出して管理をしておくこともあります。冬に生育をすることがあるので、冬の管理が重要になりそうです。

あまり耐寒性はない花になるので、そのまま戸外においていたりするとどうしても根が腐ってしまったり、弱くなることがあります。そうならないようにするためにも冬を越す間に関しては霜よけをするようにしなければいけません。室内に入れるところもあれば、腐葉土などで対策することもあります。

種付けや水やり、肥料について

育て方としてはいつ頃に植え付けを行うかです。季節としては10月から11月ぐらいに植え付けを行います。この時にはできるだけ日当たりを重視するようにします。地植えはあまり好ましくなく、鉢植えでの管理が良いとされています。それは冬などにおいて移動をさせないといけないからです。冬においては寒くなりますから、外から家に入れて一定の温度で管理をします。

冬から春にかけて十分成長をして、花に関しては冬から春にかけて咲くことになります。これは冬や春の気温によって多少前後することがあります。開花するときの注意としては、寒さに当てないようにすることです。3月頃といいますと春と言っても非常に寒いです。自宅内において管理するときには暖房をする必要はありません。夜などもそのままの温度で問題ありません。

冷たい風に当てないようにするだけで十分冬を越すことができます。外の冷たい風に当てるとそれによって枯れてしまったり、開花が遅れてしまったりがあります。生育中においては水を絶やさずに与えるようにします。この花については乾燥よりも湿り気を好みます。

多くの花においては冬は休眠をしたり成長が止まったりするので水分を減らすように言われるでしょうが、この花は冬も成長しています。あげ過ぎには気をつける必要がありますが、水で湿っている状態にすることが必要になってくるでしょう。花が咲いたあとに葉っぱが黄色に変色することがあるのでよく見ておきます。

増やし方や害虫について

増やすための方法としては分球をすることができます。この花は秋に植えて、早春に花が咲き、その後夏になると枯れます。そして夏には球根だけで休眠をして、秋になるとまた花を咲かせる準備に入ります。植え替えにおいては2年に1度ぐらい行うことがあります。時期としては9月から11月の上旬にかけてになるでしょう。

このときに分球します。あくまでも分球が出来るような球根ができているときになります。あまりにも小さい状態であればすることはできませんからその年は諦めるようにします。分球を目指すのであれば、日頃から球根に栄養を与えるような育て方をする必要があります。まずは秋に植えるときに元肥を与えるようにします。

花が咲いたあとの5月上旬に2週間に一度のペースで液体肥料を与えます。これは結構球根の成長に影響を与えてくれます。うまくいけば球根ができているので、それを元に分球すれば増やせます。花が咲いたあとに種を取ることによってそれを育てる方法もあります。しかし種から球根に育てた上でになるので時間としてはかかることになりますから、

それを頭に入れてその方法を選ぶことにします。病気であったり害虫に関してはそれ程気にする必要はなさそうです。夏は休眠をするので暑さ対策は不要です。となると冬の管理をどうするかだけになります。その点では育てやすいといえるでしょう。冬の管理がうまくいった後に花をつけてくれますから、それを楽しみにしながら冬越しします。

スピロキシネの歴史

人は昼行性の動物とされます。朝に起きて、夜になると寝るとされます。一方で夜行性の動物もいます。夜行性と言っても必ずしも夜のみに活動しているわけではありませんが、夜に活動できるように、視力が良くなっていたり、見えなくても行動ができるように超音波が出たりすることがあるようです。

花においてはどうかですが、通常は一旦花が咲くとそのまま開き、後は枯れるまで咲いたままになります。次第に力なくしぼんでいったり花が散ったりします。でもその後には実がなったり種がなったりすることがありますから、花がしぼんだりするのは重要な事になります。

一方で人と同じように昼間だけ開いている花、そしてネコのように夜だけ咲く花などもあるようです。スピロキシネと呼ばれる花があります。こちらは南アフリカが原産で生息地の花になります。この花については昼間だけ咲いている花で、夜になるとすっかりと花を閉じてしまいます。そしてまた翌朝には花が開きます。こういった花は比較的多くて、蓮なども同じように昼間だけ咲く花として知られています。

この花においては、別名としてはスピロキセネ、ヒポクシス・ステラタ、ヒポクシス・カペンシス等があるとされています。色々名前で呼ばれている花といえるでしょう。花言葉として設定されているのが可憐であったり愛を持つなどになっています。確かに花の咲き方からすると可憐な部分もあります。美しく咲く花なのでそのような言葉が充てられたのでしょう。

スピロキシネの特徴

こちらについてはキンバイザサ科になっています。別にコキンバイザサ科に分類されることもあります。園芸分類としては球根になります。草丈としては10センチぐらいから20センチぐらいです。花が咲くのは1月から3月くらいです。花が咲く形態としては多年草の部類になります。半耐寒性の小球根として分類されています。

球根の植物といいますと幅広の花がさくことが多いです。チューリップや水仙などを見ると花びらが重なっている部分が多いことがわかります。でもこの花に関してはそのような咲き方ではありません。花びらに関してはかなり狭いです。非常に細いタイプの花びらが5枚ついています。それが星形に広がります。

花の色などによって色合いは異なりますが、白がメインのタイプになると、メインの部分の花びらが白で、中央部分は黒っぽい、茶色っぽい色がつきます。白い花の場合には花粉の黄色が少しついたりします。この花は開いたり閉じたりを何回かするのでそのときについたのかもしれません。それが適度に模様として残ることがあります。

それがまたきれいです。花については最初の方は昼に開き、夜に閉じるを繰り返しますが、徐々にその力が弱まってきます。最終的には花びらをだらんと外側に垂らして花びらが散るようになります。葉っぱに関しては根から細いものが幾つか生えてくるタイプになります。茎と同じように比較的しっかりした葉っぱが生えています。姿勢の良い花です。

pixta_shoujoubakama

ショウジョウバカマの育て方

ショウジョウバカマは日本から南千島、サハリン南部を原産地とするユリ科ショウジョウバカマ属の多年草です。北は北海道から南は...

pixta_spatifiram

スパティフィラムの育て方

スパティフィラムは中央アメリカから南アメリカの熱帯地域を原産とするサトイモ科の多年性植物です。主に森林の湿地帯を生息地と...

pixta_suiren

睡蓮(スイレン)の育て方

睡蓮の魅力と言えば、なんと言ってもその美しい花、そして風情のある水面に浮く沢山の葉にあります。元々は東南アジアなどの熱帯...

pixta_kodatiaroe

コダチアロエの育て方

アロエの種類は約300種類にものぼり、大変種類が多い植物になります。日本で良く見られるアロエは”コダチアロエ”と呼ばれ、...

pixta_pentas

ペンタスの育て方

この花については、アカネ科、ペンタス属となっています。和名の方をとってクササンタンカ属とすることもあります。熱帯植物に該...

pixta_fujibakama

フジバカマの育て方

フジバカマはキク科の植物で、キク科の祖先は3,500万年前に南米に現れたと考えられています。人類が地上に現れるよりもずっ...

pixta_hourensou

ホウレンソウの育て方

ホウレンソウの特徴としては、冷涼な地域などや季節に栽培されると育ちやすいということで、冷え込んだりすると柔らかくなり美味...

pixta_saboten

サボテンの育て方

サボテンといってもその名前が指す種類はとても幅広いです。一つ一つ特徴も異なることでしょう。しかし、一般の人々がサボテンと...

pixta_rinkosutexirisu

リンコスティリスの育て方

リンコスティリスはラン科の植物ですが、生息地は熱帯アジア地方に分布しています。主にインドやタイ、マレーシア、中国南部が原...

pixta_tomato02

トマトの栽培やトマトの育て方やその種まき方法について

トマトはその赤い色が食欲をそそる野菜となっています。トマトはなす科の野菜となっているので、トマトの育て方としては連作障害...

スポンサーリンク

pixta_goya_01

ゴーヤーの育て方につ...

一昔前までは、ゴーヤーと聞いても何のことだかサッパリわか...

pixta_konfuri

コンフリーの育て方

コンフリーは、日本では様々な文化が海外から入り、人々に受...

pixta_youshukobannoki

ヨウシュコバンノキの...

日光を浴びる事で、成長を促進させないと、葉っぱの白い斑が...

pixta_sanginaria

サンギナリア・カナデ...

サンギナリア・カナデンシスとはケシ科サンギナリア属の多年...