タイタンビカスの育て方

タイタンビカスの育て方

タイタンビカスの特徴といえばやはり色の鮮やかさと力強さでしょう。先程も述べましたが日本で開発されたまったく新しい品種です。とにかく丈夫ですので日当たりさえ良ければどこでも生きていけると言った感じです。植物の場合は日当たりや湿度など細かく管理しないといけないものも多いのですが、これの場合はそういった心配はないでしょう。

育てる環境について

タイタンビカスの育て方についてですが、状態によっても少し違いがありますのでそれに合わせた環境を整えてあげるといいでしょう。室内で育てる場合、宿根草のため根がついた状態だと開花は難しいようです。ですから開花させたければ花壇や鉢植えにしてあげる事が大切です。また鉢植えなどにしたあとは屋外に置き、できるだけ日光のあたる場所に置いてあげるといいでしょう。

夏の暑い時でも大丈夫ですのでいい場所を選んで日光をあててあげます。また一方で切り花にした場合はまた少し様子が違ってきます。タイタンビカスを切り花にして花瓶などにさしてあげると、室内の蛍光灯などでも十分に開花してくれるので驚かされるでしょう。もともと成長する力には優れている植物ですが、

つぼみのついた状態で切り花にしてあげると室内の蛍光灯だけでしっかりと開花してくれます。またこの植物の性質上、花は一日でしぼんでしまうのですが、つぼみがたくさんあれば毎日交代で花をつけてくれるのでしばらくは楽しめるでしょう。その他、花瓶にさす時は丁寧に水あげをしてあげましょう。

またより長く楽しみたければ気についている葉を3分の1程度まで減らしておく事です。こうしておけば長持ちしてくれますので花瓶にいれる前に葉を減らしてみましょう。ただ切り花にしてしまうとそれ以上は成長しませんので、次第に咲く花も小さくなってしまいます。それでもつぼみがたくさんついていればしばらくは楽しめるでしょう。

種付けや水やり、肥料について

タイタンビカスは力強く成長し、どんどんつぼみをつけて花を咲かせる植物です。見た目も華やかですしたくさん楽しませてくれるのですが、やはりそれだけエネルギーを使っていますので肥料も必要になるでしょう。マグアンプや長期間肥効のある元肥をあげる事が大切です。またどんどん成長して花も次々と咲かせますのでそれらが衰えないように、肥料も定期的に与えるといいでしょう。

水やりについては先程も述べましたが、切り花にしても水上げをきちんとやっておけば長持ちします。またこの時に葉っぱを3分の1程度にまで減らしておくといいでしょう。もともと暑さに強く丈夫な植物ですので水やりについてはそれほど神経質になる必要はないかもしれませんね。日光がしっかりとあたっていればたいていの場所では育っていきます。

また育つといってもこちらが驚くほどのスピードでどんどん成長していきますので水やりなどほとんど手間もかからないでしょう。成長し過ぎて鉢が窮屈になることもよくあります。神経質にあれこれ悩む事を考えるととても育てやすいのではないでしょうか。ただそれだけ勢いがある分、

エネルギーも使いますのでそれを補ってあげる必要があるでしょう。もちろん水がなくて乾燥してしまうのはよくありませんが、肥料もしっかりと補ってあげるといいでしょう。美しい花をどんどん咲かせて欲しければ定期的に肥料を補い成長を助けてあげます。栄養補給はしっかりとしてあげたいですね。

増やし方や害虫について

タイタンビカスはとても成長する力が強い植物ですが、やはり害虫がついてしまう事もあります。特にアブラムシやハマキムシなどが多く見られるようです。とても小さくて数も多いのでついてしまうと駆除するのは大変かもしれませんね。タイタンビカスもどんどん成長しますしそれに応じて虫も増えるわけですから駆除する方はどこまでやってもキリがありません。

ですからできるだけそうならないためにも早目に発見して少ないうちに駆除するか、もしくはあらかじめ予防しておく必要があるでしょう。植えつける時にオルトランを代表とする園芸薬品を使ってみましょう。浸透移行性のものを利用します。使う量については薬品にのっていますのでその通りです。タイタンビカスはとても成長が早いのですが、

小さな鉢植えで育てている場合はそれが窮屈になってしまう事も多いでしょう。どんどん成長していく事が考えられますので、窮屈になったと感じたら早目に他に移してあげるなどした方がいいでしょう。株わけの作業はとても簡単ですので必要に応じて行います。とても成長する力がつよい植物ですので増やすのは楽かもしれませんね。

こちらがあまり手をかけなくてもどんどん大きくなりますし花もつけてくれます。また冬場も凍結しないかぎり土の中でしっかりと越冬してくれます。そしてまた春が来ると新しい芽がでてきますので何度でも楽しめるでしょう。丈夫で育てやすく増やしやすいタイタンビカスはこれからますます人気がでるのかもしれませんね。

タイタンビカスの歴史

タイタンビカスは日本で開発されたまったく新しい植物です。こういう植物はだいたい海外を原産としたりする場合が多く、いつしか日本にも伝わってきたという事がほとんどなのですがタイタンビカスは少し違います。この植物の場合は日本の赤塚植物園というところで新たに開発されたものですので、

原産はどこかと言われたら日本国内という事になるでしょう。ですから生息地も日本という事になります。また国内でつくられた植物というのも少し不思議な感じがしてしまうかもしれませんが、開発にはアメリカフヨウとモミジアオイを交配させています。見た目はとても色鮮やかな花を咲かせますので、そこにあるだけでも華やかな気持ちにさせられるのではないでしょうか。

赤塚植物園では研究と開発をくりかえし、その結果今までにない新しい植物がうまれました。まだ歴史は浅いかもしれませんが、審査の厳しいジャパンフラワーセレクションでは賞を受賞するなど評価もされています。またその他にもオランダでは優秀品種に選ばれるなど海外でも次第に注目されるようになってきています。

ただ新しい花を咲かせるというだけでなく成長も驚くほど早いため、その力強さにひきこまれるでしょう。また咲かせる花も色鮮やかで大きく人目をひくものとなっています。丈夫で育てやすく成長も早い。またそれに加えて見た目も魅力的です。日本で開発された新しい品種ですが、これからますます注目されさらに新しい歴史をつくっていくのではないでしょうか。これからが楽しみの植物です。

タイタンビカスの特徴

タイタンビカスの特徴といえばやはり色の鮮やかさと力強さでしょう。先程も述べましたが日本で開発されたまったく新しい品種です。とにかく丈夫ですので日当たりさえ良ければどこでも生きていけると言った感じです。植物の場合は日当たりや湿度など細かく管理しないといけないものも多いのですが、これの場合はそういった心配はないでしょう。

それどころか力強く成長していくのでこちらが驚かされてしまうかもしれませんね。例えば夏場の日光や厚さなどにも耐えられます。直射日光があたったりすると弱ってしまうものも多いのですが、これは西日があたっても大丈夫です。また暑さも同様です。夏場は人間の方もつい弱ってしまうので植物のお世話をするのも大変なのですが、これの場合はほとんど手間もかかりませんので楽でしょう。

また冬場は根が残りますので春になると再び花を咲かせてくれます。花のかたちはハイビスカスに似ており、1つ咲いているだけでもとても華やかです。色もきれいですので見栄えもいいでしょう。それに加えて生命力も強いのでとても育てやすいのではないでしょうか。

一度しっかりと植えてしまうとあとは問題なく育ってくれるでしょう。栽培するのが始めてという人でも手軽に楽しめるのではないでしょうか。それほど手間や時間をかけなくてもちゃんと美しい花を咲かせてくれますので大満足かもしれませんね。これから何か花を育てたいという人にはちょうどいいのではないでしょうか。

pixta_komatsuna

小松菜の栽培に挑戦してみよう。

今回は、小松菜の育て方について説明していきます。プラナ科である小松菜は、土壌を選ばず寒さや暑さにも強いので、とても作りや...

pixta_coffenoki

ハイドロカルチャーの育て方

土を使わず、ハイドロボールと呼ばれる素焼きの石や、炭、砂等に植物を植えて育てる水耕栽培の植物栽培方法です。ちょっとした観...

pixta_piiman_01

ピーマンの育て方について

ピーマンはナス科の一年草です。ピーマンには、ビタミンAやビタミンC、カロチンが多く含まれており、大変栄養がある野菜であり...

pixta_senpelbium

センペルビウムの育て方

センペルビウムはヨーロッパの中部や南部、コーカサス、中央ロシアの山岳地帯に分布している植物で、ヨーロッパやアメリカでは栽...

pixta_violla

ビオラの育て方

ビオラの生息地は世界中に広がっており、温帯地帯に500種ほどが自生しているとされ、私たちにとってもっとも身近な植物の一つ...

pixta_matunonakama

マツの仲間の育て方

マツの仲間の特徴としては、環境や種類によって様々に異なってくるものの、マツ属に含まれるものは、基本的に木本であり、草本が...

pixta_himeougizuisen

ヒメヒオウギの育て方

現在の日本国内で「ヒメヒオウギ」と呼ばれる植物は、正式名称を「ヒメヒオウギズイセン」と言います。漢字では姫の檜の扇と書き...

pixta_pepino

ペピーノの育て方

日本的な野菜の一つとしてナスがあります。他の野菜に比べると決して美味しそうな色ではありません。紫色をしています。でも中は...

pixta_futoukazura

フウトウカズラの育て方

フウトウカズラの特徴について書いていきますが、まずは分布地域について触れて起きます。分布地域としては関東以西の暖地に広く...

pixta_furijia

フリージアの育て方

フリージアは南アフリカ原産のアヤメ科の植物です。ケープ地方に10種類あまりが分布していますが、現在よく栽培されているもの...

スポンサーリンク

pixta_snailflower

スネールフラワーの育...

スネールフラワーの原産地や生息地は中央アメリカから南アメ...

pixta_sennitikou

センニチコウの育て方

熱帯アメリカが生息地の原産で、日本には江戸時代に渡来しま...

pixta_angurekamu

アングレカムの育て方

アングレカムはマダガスカル原産のランの仲間です。マダガス...

pixta_geum

ゲウムの育て方

ゲウムは、バラ科 のダイコンソウ属(ゲウム属)であり、日...