ピメレアの育て方

ピメレアの育て方

ピメレアは育てるのに、簡単で丈夫な植物になりますが、どうしても夏場は気をつけてあげないといけないです。夏場は高温になってしまったりで蒸れてしまったりすることもあります。だからあまり夏場は外に置くのではなく、室内に移動させてあげたりします。そして日当たりがいいところを好みます。

育てる環境について

春になって暖かくなってき始めたころには、ピメレアの苗が登場しはじめます。春になって花が咲いた苗がうまれてきて、その苗を植える形になります。そして日当たりのいい場所に置くようにします。日当たりはとても植物にとっては大事で、丈夫で育てるためには重要になります。日当たりのいい場所に置き、夏場に関しいては日当たりのいいところに置くのもいいですが、

蒸れてしまったりしますので、日当たりよりも半日陰になるところに移動させて、風通しをよくしておくことが大事になってきます。そして今度は冬場に関しては、冬はピメレアにとってあまり得意ではない季節です。だから冬場に関しては、室内に取り込んで寒さに当てないようにします。それと過湿が苦手な植物です。

だから水やりの際には、あまり水をたくさん与え続けてしまわないように注意しておくことが大事で、水を与えるときには、水分が少なくなってきたら、たっぷりと水を与えて、また土が乾いてくるまで与えなくてもいいです。乾いたら与えるを繰り返しておくといいです。過湿にならないです。

肥料に関しては特にたくさん与える必要はないですが、与えるのであれば春と秋に二回ほど与えてあげるといいです。成長をするときに肥料は必要になりますが、そのほかの時期に関しては特に与える必要もないです。そして繁殖に関しては挿し木をおこなうといいです。挿し木も比較的簡単に行なうことができますし、発根も比較的簡単に出てきます。

種付けや水やり、肥料について

ピメレアの水やりに関しては一般的な植物と同じような水のやり方です。ピメレアを植えてある場合は土の水分がなくなってきます。そうなった場合にはたっぷりとした水を与えてあげることが大事になってきます。そして順調に育っていたとしても、夏場に関してはどうしても過湿になってしまいます。だからあまり蒸れないように気をつけてあげないといけないです。

もしも受け皿に水がたまってしまってるような状態が続いてしまったりすると、どうしても蒸れたり、または根腐れを起こしてしまったりしますので、気をつけないといけないです。そして蒸れないようにするためには、まずは切り戻しをしてあげたりして夏場の蒸れを防いですっきりとさせてあげることが大事になってきます。

そして肥料に関しては、どのような感じになっているのかというと、あまり意識しない状態がいいです。意識しないまま育てていると、以外とどんどん大きく成長してきます。もしも肥料を与えるとなると春と秋の2回与えることになります。与えすぎはよくないです。そして種付けに関しては、特に難しいことはないです。

普通に育てることによって、種付けをすることができます。そして水はけのよいものがいいです。秋から春に関しては、どこでも育てることができますが、どうしても夏場は暑くてどうしても植物どうしても、密集してるので、そういったときは夏場はぱっさりと切り戻しておくことによって、風通しがよくなってきます。

増やし方や害虫について

ピメレアの病気や害虫に関しては特にかかりやすい病気や害虫はないです。しかし鉢植えの場合において、受け皿を使っている場合は、その受け皿に水がたまっていないように注意することが大事になってきます。受け皿が水がたまったままになってしまうと、そこから病気になってしまたり、また根腐れをしてしまうことがでてきたりもしますので、注意をしておかないといけないです。

あまり蒸れないように風通しをよくしておくことが大事になってきます。そして増やし方に関しましては、植えるところは水はけのいい場所がおすすめです。ピメレアは水はけのいいところがおすすめの植物です。一般的な腐葉土でもいいのですが、どうしても夏場の場合は暑さなどによって蒸れてしまったりします。

蒸れてしまうとどのような植物でもあまり得意ではないです。そしてピメレアも同じように得意ではなかったりしますので、注意をしておかないといけないです。そしてピメレアは植木鉢に育てたり、また庭植えをしたりさまざまな方法で栽培することができます。どちらでも育てることができるのですが、夏越しさせるのであれば植木鉢がいいです。

そして軒下などの霜が当たらないところに植えることができる庭植えの場合はいろいろと場所を考えないといけないです。しかし特に寒くならなくて、あまり気温が下がらない場所ではどこで植えたとしても気にすることなく、簡単に植えて冬越しをしたりすることができます。そして日当たりをよくしておくことが大事です。

ピメレアの歴史

ピメレアは比較的簡単に育てることができて、育て方も初心者の方でも簡単に行なうことができます。そして原産国はオーストラリア、ニュージーランドが生息地の常緑低木になっています。そして栽培に関しては比較的新しい種類なので、情報が少ないです。しかし簡単に育てることが出来る植物になっていますが、

夏場の場合はあまり過湿にならないように注意することがだいじで、夏場は蒸れてしまいがちでしゅので注意が必要です。そしてピメレアの樹高は40㎝ほどのものが多く売られています。その苗を自宅の植木鉢や庭に植えることによって、身近に自然を感じることができます。そして花径5ミリほどの小さな花咲いてくれます。

この花も半球型になって咲いて、大きさも4cmぐらいの大きさでなかなか見ごたえがあります。そしてこの花はピンク色や、黄色のものが多く咲きます。また寒さや暑さに対してのことは、特に夏の暑さなどに関しては強いです。しかし耐寒性にはとても弱くなっていて、冬になったら、寒い日が続くようであれば室内に移動させることが大事です。

室内で育てることによって、長持ちいてくれます。大事に育てることがしたいという方は、季節に応じていろいろと対処をしていくことが大事です。そして水はけのいい土に植えて、普段から水はそんなに与えないようにして、土が乾いてきた時点で、しっかりと水分を補給させてあげることが大事になっています。ピンクや黄色の花が密集して咲いてきれいです。

ピメレアの特徴

ピメレアは育てるのに、簡単で丈夫な植物になりますが、どうしても夏場は気をつけてあげないといけないです。夏場は高温になってしまったりで蒸れてしまったりすることもあります。だからあまり夏場は外に置くのではなく、室内に移動させてあげたりします。そして日当たりがいいところを好みます。

日当たりがよくて、夏場は蒸れるので室内で管理するといいです。また冬の霜も気をつけないといけないです。冬は霜が付いてしまったりして、なかなか乾いていなかったりします。霜が付いてしまうと元気がなくなってきて、育てにくくなってしまったりしますので注意が必要です。そして夏の暑さには強いのですが、蒸れには弱くなってしまいます。

だから蒸れないようにしっかりと対処して、蒸れをふせぐために、切り戻しをおこなってあげることも大事になってきます。そして剪定をするのであれば5月や6月などに行なうといいです。花の時期に関しては3月から5月が一般的です。花も咲いたら花がらをしっかりととってあげるといいです。

そのままにしておかないで、花がらをとってあげるといいです。ピメレアに関してはオーストラリア原産の植物になっています。オーストラリア原産の植物はどうしても気候などが合わなくなってしまったりします。気をつけて育てていくのが大事ですが、ピメレアの特徴としては夏の暑さには強く冬の寒さには弱い性質を持っています。そして水はけのいい土に植えてあげるといいです。

pixta_yamabudou

ヤマブドウの育て方

ヤマブドウは低木落葉樹です。日本では、古くからエビカズラと呼ばれてきました。古くから存在している日本原産のブドウです。日...

pixta_ingen_01

さやいんげんの育て方

中南米が最初の生息地であり、中央アメリカが原産といわれています。16世紀末にコロンブスが新大陸を発見した時に、さやいんげ...

pixta_miyamaodamaki

ミヤマオダマキの育て方

ミヤマオダマキはキンポウゲ科のオダマキ属になります。ミヤマオダマキの特徴としては、葉はハート形になっていても、その丸美帯...

pixta_pangy

パンジーの育て方

パンジーの原産はヨーロッパで、生息地は世界世界各国に広がっています。パンジーは交雑によって作られた植物です。その初めはイ...

tomato01

トマトの栽培における種まきや植え付けの時期及び育て方について

トマトは世界一の需要量を誇る野菜で、日本でも比較的良く食されています。気候的にも栽培に適する事から、家庭菜園レベルであっ...

pixta_himejaga

ヒメシャガの育て方

ヒメシャガはアヤメ科アヤメ属の多年草でシャガよりも小型になります。シャガとよく似ており絶滅危惧植物に指定されている耐寒性...

pixta_living

リビングストーンデージーの育て方

リビングストーンデージーは秋に植えれば春頃に花が咲きます。しかし霜には弱いのでなるべく暖かい場所に移動させるか、春に植え...

pixta_yuriopsuteji

ユリオプスデージーの育て方

特徴として、キク科、ユリオプス属になります。南アフリカを中心に95種類もある属になります。園芸において分類では草花に該当...

pixta_kongiku

コンギクの育て方

この品種の分類はキク科のシオン属であり、学名では「アスター」の名を冠しております。これはギリシア語の「星」という意味であ...

pixta_heraoobako

へらおおばこの育て方

へらおおばこは我が国に在来しているプラントのオオバコの仲間であり、またオオバコに似ているとされていますが、へらおおばこは...

pixta_jackfruit

ジャックフルーツの育...

果実の大きさは世界最大として知られています。世界最大の実...

pixta_masdebaria

マスデバリアの育て方

花の分類についてはラン目、ラン科になります。一般的に洋ラ...

pixta_gobou

ゴボウの育て方

ゴボウは世界の中でも食べるのは日本だけとも言われています...

pixta_sukabiosa11

マツムシソウの育て方

マツムシソウは科名をマツムシソウ科と呼ばれており、原産地...