植物の栽培を充実させる道具と努力

植物の栽培を充実させる道具と努力

植物の栽培においてどうしても必要であるとは言い切れないものの、あれば育て方が充実する道具を、以下に記述することとします。まず温室棚は充実した植物の育て方を実践するために導入して損がない道具であります。

道具を使った栽培方法

ポットが数個入る程度の小さな温室棚であれば、使用の際に日光を除いて何の熱源も必要としない場合もあります。数千円程度で購入することができる温室棚も珍しくないので、健やかな植物の生育を考えればそのコストパフォーマンスは決して低いと言えません。

水栽培用キットも快適な育て方を助ける道具として注目されております。特に茎の辺りに土を被せ、根本だけ水に接触させ、エアレーションで酸素を含ませた水を供給するといったシステムのキットが一般化しつつあります。

こうした道具があれば週1回程度の管理を除いて全自動で栽培を図ることが可能です。こうしたキットはその性質上、庭が無い、忙しい、土で汚れることを躊躇う、といった意見を持つ層にこそ必然と喜ばれます。

蛍光灯を使用することもまた育て方の1つとして知られており、栽培用の蛍光灯システムは安くて数千円、高くても3万円程度で調達することが可能です。土地家屋の構造上満足な日照を期待することができない居住環境にある場合であってもこれならば栽培に不自由しないで済みます。

農薬を使った育て方

農薬を使用することも育て方として決して間違いであるとは言い切れません。特に育てた植物が人間の口に入らない前提においては農薬の使用が絶大な効果をもたらします。公的な認可を受けた農薬を適切に使用すれば、虫害や病害と無縁の栽培を実現することがまるで不可能でもありません。

道具だけでなく栽培を行う人間そのものの努力も手段として否応なしに重要視されるものであり、以下に記述される内容の中には上記と異なり無くてはならないものもいくつか含まれております。

まずこまめな観察が望まれます。育てている植物の状態を写真に収め、成育不良や病気などに陥った個体の資料と比べることで、順調に栽培されているかどうかを判断することも決して悪くはありません。

水やりについて

次に水やりを丁寧に行うという努力も疎かにできません。大量の水をまとめて与えた後は数日間水やりを行わない、バケツで土が抉れるように撒くなど雑な水やりをする、といった方法を恒常的に行っている場合、それをやめるだけでも植物の生育が大なり小なり改善されます。

何より植物を育てることにおいては純粋にその行為を楽しむことが絶対不可欠であります。自ら育て方が充実していると納得することも大切な要素となります。育て方を試すことや育て方の効果ばかりに夢中になってしまって精神的な余裕がなくなっている場合には、一旦立ち止まって自身に妥協を与えることも一つの道筋と言えます。

下記の記事は花の育て方について詳しく書いてあります♪
タイトル:ボタンの育て方

pixta_madagasukarujasumin

マダガスカルジャスミンの育て方

一般的なジャスミンはモクセイ科になります。キンモクセイなどと同じ仲間です。同じような香りをさせています。一方この植物に関...

pixta_hipoesutesu

ヒポエステスの育て方

ヒポエステスは南アフリカのマダガスカル島が原産と言われており、他の生息地としてはユーラシア、アフリカ、オーストラリアの熱...

pixta_hannemania

ハンネマニアの育て方

ハンネマニアはケシ科ハンネマニア属の多年草です。別名、メキシカンチューリップポピーとも呼ばれています。名前からも分かると...

pixta_wadan

ワダンの育て方

この植物は花から見てもわかりますが、キク科アゼトウナ属でキク科ということですが、キク科の野草は黄色い色や白が多くて、特に...

pixta_benisarasadoudan

ベニサラサドウダンの育て方

ベニサラサドウダの大きさは、2メートルから大きいもので5メートル程度にまで生長します。若い枝は無毛で、その葉の長さは、お...

pixta_petoreaborbis

ペトレア・ボルビリスの育て方

ペトレア・ボルビリスは原産地がキューバ・ブラジルといった中南米の常緑蔓性高木です。和名では寡婦蔓(ヤモメカズラ)と呼ばれ...

pixta_murasakikatabami

ムラサキカタバミの育て方

この植物は、カタバミ科カタバミ属の植物で、日本にもカタバミという植物がありますが180種以上あるということです。また広く...

SONY DSC

ディルの育て方

ディルは古代メソポタミアやエジプト時代から栽培されていたといわれて、薬用として古代から使われてきました。現在では薬味など...

pixta_siraneaoi

シラネアオイの育て方

シラネアオイの原産地は、日本で日本固有の壱属一種の多年草の植物ですが、分類上の位置が二転三転してきた植物でもあります。昔...

pixta_kridansas

クリダンサスの育て方

クリダンサスの特徴としてはやはり見た目と香りでしょう。鮮やかな黄色の花を咲かせて香りは花のフレグランスとも呼ばれているよ...

スポンサーリンク

pixta_takanaru

タカナ類の育て方

アブラナ科アブラナ属のタカナはからし菜の変種で原産、生息...

pixta_renbu

レンブの育て方

特徴としては、被子植物、双子葉植物綱にあたります。フトモ...

pixta_herebors

ヘレボルス・アーグチ...

特徴としては花の種類として何に該当するかです。まずはキン...

pixta_narukiss

ナルキッスス・バルボ...

ナルキッスス・バルボコディウムのナルキッススとは、ギリシ...