フェニックス(Phoenix)の育て方

フェニックス(Phoenix)の育て方

フェニックスは暖かい地域の植物だと言うことを頭に入れておかなければなりません。ですから、植え付けは5月から7月くらいに行います。それよりも早いと気温が低いために弱ってしまうことがあります。逆に、遅くなると成長する期間をとることができません。

フェニックスの基本的な育て方

5月から7月くらいに植えて、夏の間に成長して木が強くなります。この時期を間違えると弱ってしまうこともありますから注意が必要です。南国の植物ですが、寒さには比較的強いです。ただ、霜には弱いですから、関東地域で庭植えにするのは少し難しいと考えておきましょう。

西日本なら庭植えにすることができます。庭植えでも良いですし、鉢植えでも育てることができます。寒い地域なら鉢植えにして育て、冬は室内に入れるようにしていけば長年楽しむことができるでしょう。水やりは、一般的な観葉植物と同じようにすれば良です。

夏場は乾燥しやすいですから水が切れてしまわないように注意が必要です。夏は葉に霧吹きで水をかけてやると生育が良くなります。冬は成長しませんから、水を控えた方が良いです。土が乾くくらいでも良く、数日に1度くらいで水やりをします。

植え替えと剪定について

フェニックスは根の張る植物ですから、根詰まりを起こしやすい傾向があります。根詰まりを起こすと水を吸収できなくなってしまい、弱ってしまうことがありますから注意が必要です。鉢が根でいっぱいになってしまうと弱ってしまいますから、そうならないように注意が必要です。

鉢植えの場合、2年に1回くらいの割合で植え替えをすると良いです。植え替えをすると木には、根をほぐして、古い根を切り落とします。こうすることで根詰まりを防ぐことができます。ただ、古い根を着ると水を吸収できなくなってしまい、植物としては少し弱ってしまう傾向があります。

ですので、植え替えをしてすぐの間は直射日光に当てない方が良いです。また、植え替えをした直後は肥料に弱い傾向がありますから、肥料はやらないようにしましょう。肥料をやったことで枯れる場合もありますから注意が必要です。もともとやせた土地に育つ植物ですから、基本的には肥料は必要ありません。

木が弱っているときに肥料を与えると、それが原因で枯れてしまうこともありますから注意が必要です。葉が大きくなって邪魔になってくれば剪定をします。選定は難しくはなく、葉の根元からばっさりと切り取ります。新しい芽は切らないようにしましょう。新しい芽を落としてしまうと成長せずに枯れてしまうことがありますから注意が必要です。

葉を切るときには、下から順番に切っていきます。下の葉から枯れていきますから、枯れた葉はすべて取り除きます。そして、横向きに垂れ下がったものは切り落としてもかまいません。植え向いてる葉を残しておくようにすれば枯れることはありません。

どれくらい残すのかは好みによりますが、すべての葉を落としてしまうと言った極端な剪定をしなければ枯れることはないでしょう。植えの葉から落としていくと枯れやすくなりますし、見た目も悪くなりますから注意が必要です。

年間の手入れとその時期

フェニックスは5月から7月くらいに植え替えや種付けを行います。種を蒔いてから2ヶ月くらいで育ちます。庭植えにする場合、種が落ちて生えてくることがあります。増やしたくないのなら取り除くようにしましょう。水やりは年間を通して行います。

5月から9月くらいの暖かい時期には大きく成長しますから水を必要とします。このときには土が乾くと水を与えるようにして、たっぷりと水を与えておくと元気に成長します。また、この時期には葉に直接水をやると良く生育します。霧吹きで水をかけるようにすると良いでしょう。

冬になると水をあまり要求しませんから、水をやりすぎると根が痛むことがあります。冬の間は数日に1回くらいの水やりで十分です。置く場所にも注意が必要です。霜がつく地域では、冬は室内に入れるのが良いですが、室内から外へ出すときにはいきなり出さないようにしましょう。

室内の光の弱いところで栽培を続けていると、いきなり強い光を当てると葉が焼けてしまうことがありますから注意が必要です。室内から外に出すときには、徐々に光の強いところへ出していくようにします。こうすることによって葉が焼けるのを防ぐことができます。

肥料はあまり多く必要としません。年に3回くらいで十分です。夏の間には肥料をやっても良いですが、冬には肥料をやると逆に弱ってしまうことがありますから注意が必要です。植え替えたすぐの時にも肥料をやり過ぎると弱る可能性がありますから注意が必要です。

風通しの良い場所においておけば害虫がつくことはありませんが、日当たりが悪いとハダニがついて葉が変色することがあります。ハダニがついたのなら、殺虫剤をすぐにもちいてきれいに対峙しておくようにしましょう。

フェニックスの歴史

フェニックスは非常に古くから栽培されていて、生息地も広域にわたっています。そのために、原産がどこのあたりなのかははっきりしていないようです。おそらくアフリカの北部やペルシャ湾沿岸に生息していたと考えられています。

栽培の歴史は長く、メソポタミア文明やエジプト文明の時代にはすでに栽培されていたそうです。それが紀元前6000年ということですから、かなり昔のお琴になります。はっきりと分かっているのは紀元前4000年前で、この時期にはアラビアの東部の遺跡で種子が発見されているのです。

古くからあるために、書籍にも多く登場しています。たとえば、聖書に登場する生命の木のモデルはフェニックスだと言われることもあります。栽培の目的は観賞用ではなく、食用であったと考えられています。現在でも西アジアや中央アジアでは食用として活用されています。

イスラム諸国ではラマダンの時に食べる食材です。長期的に保存ができることから、植物のあまり育たない地域で重宝されていますし、また雨の少ないところでも育つ特徴があるために、食用としては貴重なものとなっているのです。

フェニックスの特徴

フェニックスは常緑の高木で、果実をつけます。樹高は25メートルほどにもなることがあります。雄株と雌株とに分かれていて、雌株には実がつきます。樹齢100年くらいまで育つこともあるそうです。乾燥した暑い地域が原産の植物ですから、暑い地域に適していると言えるでしょう。

ヤシの仲間ですから、暖かいところでしか生育しないというイメージがあると思いますが、比較的寒いところでも生育します。霜や雪が当たると弱ってしまいますが、それがなければ日本でも元気に育ちます。中東地域などでは食用として栽培されていますが、日本では観賞用として栽培されるのが一般的です。

観賞植物として鉢植えにすることもありますし、庭に地植えすることもあります。フェニックスという名前は、フェニキア人がもたらしたことに由来するという説もありますし、不死鳥という意味のフェニックスと同じだと言われることもあり、諸説あります。

日本ではナツメヤシと言われることもあります。日本でも本州の西部くらいでは庭に植えられることもあり、かなり大きく育ちます。栽培用としては八丈島で生産されたものが流通しています。なお、八丈島で栽培されたものはヨーロッパでも人気があるそうで、海外にも輸出されています。

pixta_ragurasu

ラグラスの育て方

ラグラスは、ふさふさした穂がかわいらしく、野兎のしっぽの意味を持つ名前で、イネ科の植物です。原産地は地中海沿岸で、秋まき...

pixta_ezomisohagi

エゾミソハギの育て方

エゾミソハギの特徴について言及していきます。原産地はヨーロッパを中心に日本各地です。生息地としては、北海道と九州上部です...

pixta_nanten

ナンテンの育て方

ナンテンはメギ科ナンテン属の常緑低木です。原産は日本、中国、東南アジアです。中国から日本へ古くに渡来し、西日本を中心に広...

pixta_graptpetarm

グラプトペタラムの育て方

グラプトペタラムは様々な品種があり日本ではアロエやサボテンの仲間として扱われることが多く、多肉植物の愛好家の間でとても人...

pixta_himesayuri

ヒメサユリの育て方

ヒメサユリは高山植物として愛好家も多い日本固有の品種ですが、楚々として咲くユリは日本だけでなく世界中で古くから愛されてき...

pixta_attuzakura

アッツザクラの育て方

アッツザクラはアッツという名前はつきますが、アッツ島にあるものではなく、原産や生息地は南アフリカです。ではなぜアッツザク...

pixta_herebors

ヘレボルス・チベタヌスの育て方

ヘレボルス・チベタヌスはキンポウゲ科ヘレボルス属の多年草ですので多くのヘレボルスの品種がヨーロッパに生息地としているのに...

pixta_soburaria

ソブラリアの育て方

特徴としては、キジカクシ目、ラン科、セッコク亜科、アレサス連になります。園芸上においてはランに属します。ですから花屋さん...

pixta_ekeberia

エケベリアの育て方

エケベリアはその学名を「Echeveria sp」といい、バラ目ベンケイソウ科エケベリア属の植物です。常緑の植物で、多肉...

pixta_shuukaku

野菜の栽培野菜の育て方野菜の種まき様々な方法があります

野菜の栽培といえば、日本で一番多く栽培されているのは、主食のコメでしょうか。野菜の育て方で調べてみると、多くの情報には、...

スポンサーリンク

pixta_ingen_01

さやいんげんの育て方

中南米が最初の生息地であり、中央アメリカが原産といわれて...

pixta_panpasuglasu

パンパスグラスの育て...

パンパスグラスの原産地はアルゼンチン・ブラジル南部とされ...

pixta_krepis

クレピスの育て方

クレピスは学名で、モモイロタンポポ(桃色蒲公英)というキ...

pixta_kinkan01

植物や果物を育ててみ...

仕事や行事などで毎日が忙しく、たまに休みがあったとしても...