リキュウバイ(バイカシモツケ)の育て方

リキュウバイ(バイカシモツケ)の育て方

リキュウバイは別名バイカシモツケと言われています。育て方も簡単で、原産地は中国北中部が生息地になっています。栽培して大きくなるのは3mから4mぐらいです。そしてバラ科の落葉性低木です。日本にこのリキュウバイがきたのは、明治時代の末期になります。

育てる環境について

育てる場所に関しては、リキュウバイの場合は日当たりのいいところが好みです。日当たりをとても好む植物になりますが、それでも少し日陰になってしまったり、寒さに強いわりには、暑さには弱いです。だから暑くて日当たりがとても必要な場合は、半日陰のところを探して植えるか、または真夏などに直接日が当たらないようにしておくことが大事です。

そして剪定に関しては、すぐに行なうのではなく時間をあけてから行ないます。時間をあけて行なわないと、まだ成長してる最中でもありますし、また弱かったりします。だから植えてすぐには剪定はいらないです。そして邪魔な枝がある場合に関しては、そのつど切っておきます。そして冬の季節になってきたら、今度は落葉時期に入ります。

今まで生い茂っていた葉っぱが冬になってくると枯れてきてしまいます。だから枯れてしまって枝だけになってきた場合には剪定をしないといけないです。この剪定に関しては、おもいっきり切っておいても大丈夫です。切ったところから、枝が出てきて、また春になってくると立派な木が成長していたりします。

だから形的に整えてあげたいなどや、大きく成長させたいという方は、まずは要らないと感じる枝をしっかりと切っておくことが大事です。そして主幹にあたるものや、太い枝は切らないようにしないといけないです。太い枝を切ったりしてしまうと病気につながったりします。だからあまり手をかけてあげないで必要なときだけお手入れをするといいです。

種付けや水やり、肥料について

リキュウバイの水やりに関しては、植え付けをした直後はしっかりと水分を与えてあげるために、水やりをしっかりとやってあげます。そして大きな植物になるので、庭植えが最適になっています。だからはじめに植えたときには水を与えるのは大事になってきますが、後は雨が降っただけで十分育てることができます。

もし雨があまり降らなくて、水が足らなくなってきたときに水やりをする程度でいいです。ほとんどが庭植えで植木鉢で育てることはほとんどないです。しかしもしも鉢植えで育てることがあった場合は、鉢植えにしている場合は土が乾いてきたらしっかりと水を与えます。そして肥料に関しては、特に肥料を与える必要はないです。

しかし落葉する時期などには、肥料を与えてあげると丈夫に成長をしてくれます。そして種付けの関しては、あまり難しい植物ではないので、初心者の方でも十分上手に育てることができます。水はけのいい土と場所を選びます。そして植えた際には、根がしっかりとまだ生えてきていなかったりします。だから倒れてしまったりする可能性も出てきたりします。

だから植えた場合に関しては、根がしっかりとはるまでは、支柱をしてあげて倒れないようにしてあげることも大事です。水はけのいい土で、日の光がしっかりと与えてくれる場所を選ぶことが大事です。そして植える際には植えてしまうとまた移動させるのはとても大変です。だからはじめに植える際には、場所を移動しない所を決めるといいです。

増やし方や害虫について

リキュウバイはシンボルツリーとして植える方も多いです。そすて害虫に関しては特に被害は少なく、比較的育てやすい植物になっています。目だった害虫はないのですが、もし害虫が発生してしまった場合は早めに退治をしないといけないです。そしてリキュウバイの増やし方に関しては、種まきをしたり株分けで育てることができます。

さし木などで増やしていけそうですが、リキュウバイの場合はあまりさし木では成長させるのが難しいです。だから種まきか株分けをしてあげるといいです。種まきに関しては秋になってくると種が熟してきます。熟してくると種は黒くなってきます。その黒くなった種を採取します。

そして採取してすぐに植えるか、そのほかに湿らせた砂と一緒に袋の中に入れて置いておきます。そして翌春の3月ごろになってきたら種をまきます。また株分けの場合に関しては、伸びる枝がでていたら、そこを株分けに利用することができます。増やすときには、種まきなども簡単ですし、また株分けを利用するのもいいです。

あまり庭などに植えすぎてしまったりしたら、今後大きく育っていく植物になります。だからそのうちなかなか簡単に管理をするこができないので、将来大きくなってきたときにことを考えて株やけや種まきをすることが大事です。花の咲き具合に関しては、日本人に人気の花になっていて、派手すぎないし、また地味過ぎない丁度いい雰囲気をだしてくれる植物になっています。

リキュウバイ(バイカシモツケ)の歴史

リキュウバイは別名バイカシモツケと言われています。育て方も簡単で、原産地は中国北中部が生息地になっています。栽培して大きくなるのは3mから4mぐらいです。そしてバラ科の落葉性低木です。日本にこのリキュウバイがきたのは、明治時代の末期になります。そしてそのころから庭の木として利用されたり、また茶花としても育てられています。

育てやすい植物になりますので、昔から多く育てられています。暑さにはよわくなりますが、それ以外のことに関しては特に気をつけることもなく、害虫などによる被害も少なくなっています。半日陰に植えれば特に夏の暑さに関しては気をつけることなく、問題なく育てることが可能ですが、どちらかといえば寒冷地向きの庭木になります。

花も派手すぎないきれいな花で、また地味でもなく、日本人に好まれる花になっています。そしてその花は枝の先に伸びていきます。だから何年も花を咲かせていたりすると、どんどん枝が伸びてきてしまいます。あまり伸びすぎてもよくないので、何節か伸びてしまった枝を切り戻しておくことによって、短くなった枝の先からきれいな花が咲いてくれます。

そして毎年きれいな花を咲かせてくれます。剪定をする時期に関しては、花が咲く直前に花芽が出てきます。だからその時期に剪定しておくことによって、枝の形も整ってすっきりとした形になった上できれいな花を咲かせることができます。おもいっきり、大きくなりすぎたりしたら切っておくといいです。

リキュウバイ(バイカシモツケ)の特徴

リキュウバイは若干暑さに弱い性質があります。だから真夏の直射日光がかなり直接当たるようなところには植えないようにすることが大事です。そして植えた場所に関しては、北海道南部から九州までが生育可能になっています。庭のシンボルツリーとして育てることが出来る植物で、庭木として育てることに関しては難しくないですし、

日当たりに関しても多少の日陰でも問題なく育てることができます。寒冷地向きの庭木で暑さに弱かったり、また半日陰で植えれば問題がなかったりします。できるだけ西日を避けて植えるといいです。少し木陰になるほうが育てやすく、逆に真夏の暑いところに植えるよりも育てやすいです。

剪定に関しては特に難しくないので初心者の方でも簡単に選定をすることができます。毎年花が咲いたままの状態でいると、枝がどんどん伸びてきてしまいます。そして伸びた枝の先から花が咲きますので、見た目もあまりよくないです。だからかなり枝が伸びてきたら、おもい切って剪定をすることがまたきれいな花を咲かせることにつながります。

難しいことはなく、自分の好きなように切ってあげるといいです。すっきりとさせることによって、いろんなところに栄養がいきますので、丈夫な木を育てることができます。そしてあまり移植には強い植物ではないです。だから移動させることはあまり考えないようにすることがおすすめです。植えるときには、移動をしなくてもいいようにずっと育てることができる場所に植えます。

pixta_fuyou

フヨウの育て方

原産地は中国で、日本には室町時代に鑑賞の記録が残っています。そのことから、古くから栽培されていたのではないかと考えられて...

pixta_kobaikesou

コバイケイソウの育て方

この植物は日本の固有種ということですので、原産地も生息地も日本ということになります。わたぼうしのような、まとまった小さな...

pixta_sidareume

しだれ梅の育て方

しだれ梅は原産が中国であり、古くから観賞用として親しまれている木のひとつです。しだれ海の原産は中国ですが、現在では日本で...

pixta_begonia

球根ベゴニアの育て方

ベゴニアの原種は、オーストラリア大陸を除いたほぼ世界中の熱帯や亜熱帯地域に分布しています。ベゴニア自体は日本でも原種が存...

pixta_sisirinkiumu

シシリンキウム・ロスラツムの育て方

北アメリカを原産地として日本には明治時代の1890年ごろに渡来してきました。鑑賞用として入ってきたのですが、繁殖力が強い...

pixta_siraneaoi

シラネアオイの育て方

シラネアオイの原産地は、日本で日本固有の壱属一種の多年草の植物ですが、分類上の位置が二転三転してきた植物でもあります。昔...

pixta_koubai

コウバイの育て方

楽しみ方としても、小さなうちは盆栽などで楽しみ、大きくなってきたら、ガーデニングということで、庭に植えるということもでき...

pixta_hatuyukikazura

ハツユキカズラの育て方

ハツユキカズラはキョウチクトウ科テイカズラ属で、日本の本州以南と朝鮮半島が原産の植物になります。名前の由来は、葉に入った...

pixta_cattail

キャッツテールの育て方

キャッツテールの原産地はインドで、ベニヒモノキにも似ています。しかし匍匐性の小型種であり、亜熱帯地方や亜熱帯を生息地とし...

pixta_hanaberia

ハベナリアの育て方

ハベナリアはラン科の植物で、草丈は15cmから60cmほどになります。洋ランの中でもその品種が非常に多い植物でもあります...

スポンサーリンク

pixta_wata

ワタ(綿)の育て方

その後インドでは、この植物の栽培が盛んになり、それは最近...

pixta_ikisioririn

イキシオリリオンの育...

花については被子植物、単子葉類になります。クサスギカズラ...

pixta_urasimasou

ウラシマソウの育て方

ウラシマソウ(浦島草)は、サトイモ科テンナンショウ属の多...

pixta_bindesu

ビデンスの育て方

アメリカを主とし世界じゅうを生息地としていて、日本でもセ...