モクレンの育て方

モクレンの育て方

中国南西部が原産地である”モクレン”。日本が原産地だと思っている人も多くいますが実は中国が原産地になります。また中国や日本だけではなく、北米やヨーロッパにも生息地を広げ、広く知られている植物になります。このモクレンは中国に自生する落葉花木になります。

育てる環境について

この樹木は日当たりと排水のよい場所を好みます。大変強い樹木になるので、そのまま放置して栽培しても場所さえ良ければしっかり成長し、毎年きれいな花を咲かせてくれるでしょう。そんなに難しい花ではないので、中級者でも花を咲かせる事が出来ます。また出来れば風通しの良い場所に植えると良いでしょう。

寒さにも大変強くなっているので、冬だからといってとくに対策をする必要はありません。また、生育の適温は15~25℃なので日本の環境に大変合い、育てやすくなっています。また、鉢植えで育てる場合は鉢植えを直接地面に置いていると、鉢の底から根が出てきてしまい地面に根付いてしまう場合があるので、下にレンガを入れたり、地面から離すような工夫が必要です。

また、そんなに手入れをしなくても環境さえ整っていれば、しっかり成長してくれる樹木になります。その為、それほど神経質にならずに育てる事が出来るでしょう。庭先などでも春になると花を咲かせ、みごとな咲きっぷりが大変心を癒してくれます。その豪快な花の咲き方は、大変人々を魅了し多くのファンがいる樹木になります。

色鮮やかな花を見かけると春の訪れを感じる事が出来ます。しかし、咲いている期間が短い為に、一気に花びらが落ちてしまうとなんだか淋しい気持ちになってしまいますよね。そんな見応えのある花を見る事が出来る3月~4月が大変待ち遠しく感じてしまうでしょう。是非庭先に植えてみましょう。

種付けや水やり、肥料について

育てる場合2月頃に寒肥として油粕と腐葉土や堆肥をあげましょう。やり方としては根の周辺に適当な大きさの穴を掘り、そこに寒肥を入れて埋めておきます。また、秋には骨粉と油粕を混ぜたものを根本にあげましょう。肥料があまり多すぎると花が咲く量は増えますが、虫が多く寄ってくる可能性があります。

肥料をあげなかったからといって、特に樹木がだめになってしまうわけではないので、少々放置しても問題はありません。水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いてきたら水をたっぷりあげましょう。庭先など地面に植えた場合は、植え付け後は根がしっかりと地面に定着するまではたっぷり水をあげるようにしましょう。

その後は特に日照りが続かない限りはそのままでも大丈夫です。モクレンは瘤状のものが熟すと、秋頃に中から朱赤の大粒の種が出てきます。これをそのまま蒔いたり表面が乾かないようにして保存に翌春に蒔いても良いでしょう。モクレン属の受精は、主に甲虫による受粉で行われます。

自家不和合性を避けるためには、同一株による受粉や、自家受精を避ける為に雌しべと雄しべが成熟する時期をずらしています。種で増やそうとしてもなかなか素人では発芽率もそんなに高くないので難しくなってしまいます。しかし育て方は比較的手をかけなくても育ちやすいので、苗木が売られているのでそれを利用した方が育てやすいでしょう。ホームセンターなどでも手に入れやすいので利用してみましょう。

増やし方や害虫について

増やし方としては同じ仲間の”コブシ”の苗を台木として、モクレンの枝を接ぎ木する方法が一般的になっています。さし木で根付かせる方法もありますがなかなか難しいので接ぎ木する方が成功率が高くなります。適している時期は休眠期の2~3月頃で、枝先から5cmほどのところに、1つ2つ芽つくように枝を切っていき穂木にします。

別に種から育てた2年目のコブシの台木の株もと近くに切り込みを入れていき、そこに穂木を差し込んでいき接ぎ木テープで固定していきます。若干難しい方法にはなってしまいます。また害虫ですが、日光があまり当たらなかったり風通しが悪い場所に植えてしまうとカイガラムシが発生する場合がありあります。

幼虫の時期は薬剤散布などをしてこのカイガラムシを駆除していきましょう。ただし、成虫になってしまうと薬剤があまり効かなくなってしまうので、見つけたら歯ブラシなどでこすり落としていくと良いでしょう。まずは産卵時期をしっかり見極め、それに合わせて薬剤を使用していくと効果的です。

しかし、薬剤は毒性が強いので使用する場合は注意が必要です。また幼虫に葉を食されてしまう場合があるので、しっかり退治していきましょう。それほど害虫が付きやすい樹木ではありませんが、定期的にチェックする事で葉の食害など防止することが出来ます。大量に増えてしまうと、葉が食べつくされてしまうので虫を見かけたら食害が広がる前に対策をしていきましょう。

モクレンの歴史

中国南西部が原産地である”モクレン”。日本が原産地だと思っている人も多くいますが実は中国が原産地になります。また中国や日本だけではなく、北米やヨーロッパにも生息地を広げ、広く知られている植物になります。このモクレンは中国に自生する落葉花木になります。春になるとまだ葉が出ていないうちに花を咲かせ、大形で大きな花を咲かせます。

モクレンは、紫色の花を咲かせる事で有名ですが、白い花を咲かせるものはハクモクレンと呼ばれています。他にこの花の仲間には日本のコブシなどがあります。モクレンに属している植物の歴史は大変古く、化石から調べると1億年以上も前から今のモクレンのような姿をしていたようです。その為、このモクレン族の花は「地球上の最古の花木」と言われています。

民家の庭先や公園などでもたくさん見られ、大きな花を咲かせる為、存在感がある花になります。モクレンに属しているものの種類は約200種にものぼり、大変種類が多くなっています。三月中旬頃からきれいな花を咲かせ、庭先を彩ります。春の訪れと共に美しく咲き、その色鮮やかな紫が印象的です。

花そのものの命は2~3日と言われており、せっかく咲いたきれいな花でもすぐに散ってしまいます。せっかく見ごろだと思っても、すぐに花がぽろぽろと落ちてしまいます。花言葉は”自然への愛”です。春の訪れと共に自身も花を咲かせ、その自然を楽しんでいる姿にちなんでつけられた様です。

モクレンの特徴

この花は、上記であげたように春に咲く花になります。花のつぼみが銀色の毛で覆われているのが特徴です。また外側の花びらの色は紫色、内側が白色をしているのも特徴です。花びらは少し丸くカーブを描き、厚みがあります。3月中旬に一斉に先始め、大変強い香りがしますが花が咲いている期間が大変短くなっています。

また、早春に出始める冬芽は、南からの太陽の光を浴びて、南側の方から膨らみ始めます。それにともない芽の先端部分が北を指します。その為、この様に方向を知る事ができる植物を”方向指示植物(コンパスプランツまたはコンパスフラワー)”と呼ばれています。大変神秘的な名前ですよね。

山などで道が分からなくなった場合、モクレンを見つければどちらが北か知る事が出来ます。ではなぜモクレン(木蓮)と呼ばれるようになったのかと言うと、花の形が”蓮(ハス)”の花に似ていることからそう呼ばれる様になりました。特徴的な花びらは、大変印象的で咲くほどに見応えがある花になります。

木自体はそれほど大きな物ではなく小型で、3m~5mくらいの高さになります。白い花をつけるハクモクレンは大型のものになり、高さが10m~15mほどまで成長します。もともとこのモクレンは漢方として利用されており、鼻炎や頭痛の薬として植えられていたようです。また花が咲いている時期に葉が出始め、花が咲き終わる頃には葉に覆われてしまうという大変珍しいものになります。

pixta_yukiyanagi

ユキヤナギの育て方

古くから花壇や公園によく植えられているユキヤナギは、関東地方以西の本州や、四国、九州など広範囲に生息しています。生息地は...

pixta_arekayasi

良い植物の選び方と栽培のコツ

植物は見る人の心を癒してくれます。また、植物を育てることは心の健康にも良いとされ、園芸療法などにも利用されています。せっ...

pixta_ariakesumire

アリアケスミレの育て方

アリアケスミレは日本原産の本州から四国、九州に自生するスミレの仲間ですが、山野草としても扱われて盛んに栽培されています。...

pixta_tokiwasinobu

シノブ、トキワシノブの育て方

これはシダ植物と言われる植物になります。一般的な種子植物とは異なり種を作って増えるタイプではありません。胞子があり、それ...

pixta_brakikam

ブラキカムの育て方

ブラキガムは、キク科、ヒメコスモス属(ブラキスコメ属)になります。また、別名は、ブラキスコメ、宿根ヒメコスモスなどと呼ば...

pixta_hiyasinsu02

花壇や水耕栽培でも楽しめるヒヤシンスの育て方

ユリ科の植物であるヒヤシンスは、花壇や鉢、プランターで何球かをまとめて植えると華やかになり、室内では根の成長の様子も鑑賞...

pixta_hanegi

葉ネギの育て方

ネギの原産地はアジアの北部だとされています。元々の生息地はこのあたりで、中国の西部、あるいはシベリアあたりのものが栽培さ...

pixta_iberis

イベリスの育て方

アブラナ科のイベリスは、地中海沿岸が原産の花です。ヨーロッパから北アフリカ、西アジア原産で、その可愛らしホワイトカラーの...

pixta_tinguruma

チングルマの育て方

チングルマは高山に咲く高山植物の一つです。白い花弁の中心には、黄色い色をした無数の雌蕊や雄蕊を持つ花で、登山をしていると...

pixta_sweetpi

スイートピーの育て方

スイートピーは西暦一六九五年に、カトリックの修道僧で植物学者でもあったフランシス・クパーニによってイタリアのシシリー島に...

スポンサーリンク

pixta_asarina

アサリナの育て方

アサリナは、つる性植物です。小さな花を付け、その色も白、...

pixta_gibousi

ギボウシ(ホスタ)の...

ギボウシは別名、ホスタという名前で古から世界中で親しまれ...

pixta_yabukouji

ヤブコウジの育て方

こちらの植物は被子植物、真正双子葉類、コア真正双子葉類、...

pixta_riefretasu

玉レタスの種まき時期...

レタスは一番馴染みのあるのが玉レタスで、夏に涼しい気候の...