オブッサの育て方

オブッサの育て方

このオブッサとは丸いという意味だそうですが、葉も丸みを帯びていて、独特な柔らかさのある丸い葉なので、穏やかさも演出してくそうです。また花が独特で、キョウチクトウ科は多くがそうですが、この花もキョウチクトウ科なので、花が渦を巻いているように育ちます。それで咲いた時には、飛行機のプロペラのようにねじれた状態の花が咲きます。

育てる環境について

またこの仲間で、日本で知られているものには、ニチニチソウがあり、この花もキョウチクトウ科になります。後は果実をジャムにして食べられるカリッサという植物もあります。またこのニチニチソウは抗癌剤にもなる植物で、医薬品の原料でも使われているということでした。そのような仲間がいる植物でもあります。

またこのプルメリア・オブッサという花は、白い色の花の他にもピンクや黄色などがあり、特に亜熱帯などの燦々と陽を浴びることができるような環境に元気に育っています。例えばハワイなどでもたくさん生息しているということで、ハワイの人々にも非常に愛されている花だそうですが、家の庭や学校や公共施設など様々なところで見ることができる植物だそうです。

また別名テンプルツリーとかテンプルフラワーとか言われていて、寺院などに多く植えられている花でもあるそうです。癒しの空間を演出してくれて、見た人たちを安心させてくれる花でもあるということでしょう。その意味では日本人のような忙しい人達には、ストレスを緩和させてくれる花ということで、

プルメリア・オブッサは最適な花ではないかということになります。またハワイでは観光客などに、花輪をプレゼントしますが、その花もこのプルメリア・オブッサで、50個以上の花をレイにして首にかけたりしている姿をよく見ます。それがこのプルメリアオの花ということになります。そのようにハワイなどでは非常に身近な花ということになります。

種付けや水やり、肥料について

このプルメリア・オブッサの特徴としては、熱帯性の植物なので、熱帯では1年中花が咲いているという植物だそうです。もちろん暑さにも強いですが、耐寒性もある程度あり気温が10度ぐらいでも枯れないという強さを持っています。また枝は折れやすいそうです。また最近は人気が高くなったので、色々なプルメリアの品種が販売されていて、

特に鉢植えで育てることができる品種も人気のようです。その場合には庭がなくても、マンションやアパートのベランダで十分育てることができますし、室内でも育てることができますので、観葉植物ということでも、うってつけの植物ということになります。また熱帯性の植物ですので、日本の場合には、開花期は6月から10月と長いですが、

熱帯地方のように1年中花が咲くというところまではいきませんが、開花期が長い植物ではあります。またそのように人気が高い植物ですので、育てやすくなっているということで、初心者にも挑戦しやすい植物ということになります。また香りもあり、香りなどで癒やしを体験することもできるという花でもあります。ジャスミンのような香りがするそうです。

そのことでも魅力がある花です。また育て方では栽培ということですが、植え付けは4,5月で、その後開花期になるので、その間は花を咲かせるためもありますが、肥料を花が咲いている間は与え続けます。また剪定をする場合には9月から10月頃ということです。また熱帯の植物ですので、日当たりの良い所で育てるということが基本です。

増やし方や害虫について

ガーデニングでは都会などでは庭があっても、日が当たらない部分が増えてしまい、半日陰の庭も多いということで話題になったりしていますが、できるだけ日当たりの良い場所が必要になります。その場合には鉢植えなどだと移動が楽なので、鉢植えで楽しむということも考えてみると良いかもしれません。

また熱帯植物ですが、日本の多湿は苦手のようなので夏も風通しのようところで育てるようにすると良いそうです。また枝などは折れやすいので、風があまり強くてもよくないということですので、その点も注意ポイントになります。また越冬ですが、冬はできれば室内などの温かいところで過ごさせるのが良いということでした。

また日光が不足すると花が咲かなくなる場合もあるので、冬でも日光には当てるようにするということも大切なようです。また乾燥には強いですが、水はタップリと与えたほうが良いようです。特に夏は与えすぎて根が腐らないようにするという注意は必要ですが、十分に与えるとよく育つということです。

また庭植えの場合には根付いてしまうと雨の水で十分ということです。また丈夫な植物なので肥料はあまりやり過ぎないようにするということが大切で、枯れてしまう場合でも肥料をやりすぎて枯れてしまう場合も多いようです。

また病気は、さび病などで、害虫はカイガラムシ、アブラムシなどがつきますが、水を葉などに与えて洗い流したりすることで、予防できるようです。枯れないようにするには水や肥料を与え過ぎないようにするということがポイントです。

オブッサの歴史

ガーデニングでは、色々な花を楽しみたいということで栽培に挑戦しますが、その中でも自分の個性にあった花を見つけると無性に愛らしくなり、その植物を育てたくなるもののようです。魅了されるという言葉がありますが、花の美しさには常に魅了されます。そして最近は世界中の花を、写真や動画などでインターネットを通しても見ることができますので、

その点でもガーデニングでの花を選ぶということでも、選びやすい環境が整っているということが言えます。また世界的にも珍しい花の話題が定期的に出てきますが、日本で販売されていなくても、個人輸入で購入できる場合もあるので、栽培したければ手に入る可能性も高くなってきています。そのように世界中のいろいろな植物も育てられますが、

例えばオブッサという花がありますが、非常に見事で、見とれてしまうような花ですが、この花も育ててみたい花ですが、正確にはオブッサ種の花ですが、プルメリアという名前の植物です。プルメリアには、オブッサ種とルブラ種があり、それぞれ特徴があります。オブッサ種の方は、葉が平べったく丸みを帯びていながらも細長く、葉先が丸くなっています。

そして落葉はしません。ルブラ種は逆で、葉先が尖っていて落葉すますが、これらの葉も大きめで美しく、観葉植物という感じの葉になっているので、室内で育てても落ち着いた緑を演出してくれるのではないかということです。日本では、植物園などには必ず置いてある植物です。花も美しくて独特の姿をしています。

オブッサの特徴

このオブッサとは丸いという意味だそうですが、葉も丸みを帯びていて、独特な柔らかさのある丸い葉なので、穏やかさも演出してくそうです。また花が独特で、キョウチクトウ科は多くがそうですが、この花もキョウチクトウ科なので、花が渦を巻いているように育ちます。それで咲いた時には、飛行機のプロペラのようにねじれた状態の花が咲きます。

普通の花を見慣れている人には驚かされる構造ですが、それがまた美しくて新鮮な感じを与えるので、人気も高いのではないかと考えられます。キョウチクトウ科プルメリア・オブッサということですが、原産地、生息地は中央、南アメリカということです。樹高は1メートルから3メートルぐらいになりますが、花の大きさは3センチぐらいなので、

植物の大きさからすると、可愛い感じの花になります。中心が淡い黄色ですが、その周りを純白の深みのある白で覆っているという感じです。この花を見ただけで、そのまま自宅に持って行きたい衝動に駆られますが、栽培用として育てられれば、花が咲いた時には非常に大きな喜びを感じられるような、そんな花であり植物です。

自然はどうしてこれほど美しい花を産んだのだろうかという世界に浸れる花でもあります。また花は純白なのですが、うっすらとピンク色が入っているようにも見えるので、幻想的な雰囲気も持っている花です。原産地が南米ということでも、不思議な魅力のある花ということができます。またこのキョウチクトウ科は熱帯から亜熱帯に分布しているということです。

pixta_gurekoma

グレコマの育て方

グレコマの科名は、シソ科 / 属名は、カキドオシ属(グレコマ属)となります。和名は、カキドオシ(垣通し)、その他の名前:...

pixta_soreiroria

ソレイロリアの育て方

特徴としては、イラクサ科の植物とされています。常緑多年性の草になります。草の高さとしてはそれ程高くなりません。5センチぐ...

pixta_seiyouninjinboku

セイヨウニンジンボクの育て方

学名はビテックス・アグヌス・カストゥスといいます。シソ科の植物で、原産地や生息地は南ヨーロッパや西アジアなどです。 ...

pixta_gongora

ゴンゴラの育て方

花の特徴としては、ラン科になります。園芸分類はランで、多年草として咲くことになります。草の丈としては30センチ位から50...

pixta_sarunasi

サルナシの育て方

見た目が小さなキウイフルーツの様にも見える”サルナシ”。原産国は中国になり、日本でも山間部などを生息地とし自生している植...

pixta_gomana

ゴマナの育て方

ゴマナは胡麻の菜と書きますが、胡麻の葉っぱに似ていることから、この名前がついたと言われていて、キク科ですので、花も菊に似...

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

タイリンエイザンスミレの育て方

多年草で、すみれ科すみれ属に分類されています。日本海側には生息数が少ないので、主に太平洋側の山岳地帯のほうが見つけやすい...

pixta_buddorea

ブッドレアの育て方

ブッドレアはイギリスのエセックス州の牧師であり、植物学者でもあったアダム・バドル氏の名からとられたものです。名付けたのは...

pixta_hagoromojasumin

ハゴロモジャスミンの育て方

ハゴロモジャスミンの原産地は中国雲南省ですが、現在では外来種としてニュージーランドやアーストラリアなども生息地となってい...

pixta_tyaborindou

チャボリンドウの育て方

チャボリンドウは、アルプスやピレネー山脈の草地原産の常緑の多年草です。チャボといえば、茶色を基調とした鶏の色をイメージす...

スポンサーリンク

pixta_ginura

ギヌラの育て方

ギヌラは、アフリカからマレー半島にかけてが主な生息地とす...

pixta_mokubyakkou

モクビャッコウの育て...

日本では、神の島「久高島」の浜辺に群生していることで知ら...

pixta_arteranantera

アルテルナンテラの育...

植物の特徴として、まずはヒユ科であることがあげられます。...

pixta_musitorisumire

ムシトリスミレの仲間...

この花については、キク亜綱、ゴマノハグサ目、タヌキモ科と...