コリゼマの育て方

コリゼマの育て方

オーストラリア原産の”コリゼマ”。まだ日本に入ってきて間もない植物になります。花の色がとても鮮やかなオレンジ色をしており、別名”フレームフラワー”(flameflower)と呼ばれており、直訳すると「炎のように燃え立つ花」という意味になっています。炎のように見える事からそう呼ばれています。

育てる環境について

コリゼマは比較的水はけのよい土を好みます。育てる場合は、ホームセンターなどで販売されている花と野菜の土に川砂を混ぜて水はけをよくして育てると良いでしょう。耐寒温度は5℃になりますが、冬の寒い季節に霜に当たってしまうと枯れてしまいます。霜の降りない地域で育てる場合は、外で栽培しても越冬することが可能ですが、一般的には室内で管理すると良いでしょう。

室内で育てる場合は、暖房などが直接当たらない場所で育てましょう。また出来るだけ日当たりの良い場所に置いておきましょう。春以降は日当たりの良い場所で育て、夏になったら半日陰の場所で育てるのがベストです。梅雨の時期に雨がたくさん当たる場所は出来るだけ避けて育て、真夏は直射日光を避けて少し陰になる場所で育てていきましょう。

また、風通しのよいところを好み多湿を嫌う植物なので、あまり水を多く与えるのはやめましょう。コリゼマはマメ科の植物なので高温多湿の場所を嫌い、植え替えは根鉢を壊されるのを嫌うので慎重に行わなければいけません。花が咲いた後は、半分ほど切り戻すと良いでしょう。軒下などで育てても大丈夫です。

また、あまり乾燥しすぎも良くないので水やりには注意しましょう。翌年も花を楽しむ事が出来ますが、株が大きくなるにつれて根を傷めてしまわないようにする為にも植え替えが必要です。コリゼマの様なマメ科の植物は、冬の時期の寒い時でも水を吸い上げて成長するので冬でも、土の状態をみて乾燥していれば水を与えるようにしましょう。

春以降は土が乾いたら水をたっぷり与えるようにしましょう。ただし、受け皿に水が溜まっていたら水を捨てるようにしましょう。植え替えをする場合に、普通の土ではなくて水はけのいい、鹿沼土が入った(もしくは混ぜた)ものを使ってください。寒さには少し弱い性質を持っています。また、夏に直射日光をあててしまうと”葉焼け”を起こしてしまう可能性があるので、鉢を直射日光の当らない場所に移動してあげましょう。

種付けや水やり、肥料について

春先になるとホームセンターなどで開花株が出回るので、これを買って育てると良いでしょう。育てる場合は、ホームセンターなどで販売されている花と野菜の土に川砂を混ぜて水はけをよくして育てると良いでしょう。コリゼマの様なマメ科の植物は、冬の時期の寒い時でも水を吸い上げて成長するので冬でも、土の状態をみて乾燥していれば水を与えるようにしましょう。

春以降は土が乾いたら水をたっぷり与えるようにしましょう。ただし、受け皿に水が溜まっていたら水を捨てるようにしましょう。乾燥を嫌うの窒素の多い肥料を与えると花が付きづらくなります。しかし、過湿も苦手な花になるので土が濡れている場合は水はやらなくても大丈夫です。冬も成育する植物なので、土が乾いてから水をあげるようにしますが、何度も水切れするようであれば水をあげる頻度を増やしましょう。

5月以降に花の時期が終わったら、梅雨の時期の湿度対策のために切戻しをしておくと良いでしょい。この場合、風通しが良くなる程度で大丈夫です。花後に、有機質が多い排水のよい用土に植え替えを行うと良いでしょう。

また、コリゼマはマメ科の植物なので、窒素分の多い肥料を与えてしまうと花付きが悪くなってしまいます。液肥をあげる場合は、月に1回程度あげるようにすると良いでしょう。生育温度も5℃から30℃までと幅広いので生息地も広く、比較的どこでも育てやすい植物です。是非上手に育ててきれいな花を咲かせましょう。

増やし方や害虫について

コリゼマを増やす場合は挿し木で増やすと比較的簡単に増やす事が出来ます。また、播種でも大丈夫です。害虫は特に心配はいりませんが、たまに小さな虫が付く時があるので、その際は早急に駆除しておきましょう。割と日本の風土に合った植物なので、育てやすい植物です。きれいな花を咲かせてくれるので見ごたえたっぷりで本当に美しい花になります。

たくさん植えると色鮮やかです。ただ横に広がる傾向があるので気をつけましょう。オレンジ色の花びらはまさに炎のようです。鉢植えとして育てる方が比較的管理しやすくなります。夏場は涼しい場所に移してあげた方が良いでしょう。日本には近年入ってきた植物になるので、あまり情報が少ない植物になります。

しかし育てやすい花になるので、それほど問題なく育てる事が出来るでしょう。また、あまり水を多くやりすぎてしまってもしっかり育つ事が出来ないので水やりには注意は必要です。土が乾燥したらたっぷりあげるようにすれば良いでしょう。小さな花になりますが、その色合いが特徴的で本当にきれいな花です。

一鉢あるだけでも明るい印象を与えてくれる花になります。見応えもあるので、是非きれいに咲かせてみましょう。名前はあまり聞いたことがないかもしれませんが、その姿が印象的なので一度は見たことがあるかもしれません。大きくても1mほどの高さになりますが、鉢植えにするともう少し小さくなるでしょう。是非きれいなオレンジ色の花を楽しみましょう。

コリゼマの歴史

オーストラリア原産の”コリゼマ”。まだ日本に入ってきて間もない植物になります。花の色がとても鮮やかなオレンジ色をしており、別名”フレームフラワー”(flameflower)と呼ばれており、直訳すると「炎のように燃え立つ花」という意味になっています。炎のように見える事からそう呼ばれています。

形はチョウのような形をしており、その色鮮やかな花の色がとても印象的な花になります。このコリゼマの種類は18種ほどあると言われており、出回っているのは”ordatum”という種類だけになります。とても明るいオレンジやピンクの花をつけ、とても鮮やかで見ているだけで元気をもらえるようなそんな花になっています。

乾燥気味の環境を好む植物ですが、夏の高温多湿を苦手とするので、夏の栽培には気をつけなくてはいけません。日本の環境にも良く合う植物なので、育て方も簡単です。この植物、オーストラリアでは庭園などにもよく利用されている植物で、日本では鉢花として流通しています。大変きれいな燃えるような花の色をしており、パット目を引く存在です。

部屋の中に咲いていると、とても存在感があり大変素晴らしい花になります。燃えるようなオレンジの花が緑の中にあるとアクセントになる花です。存在感抜群で、見ているだけで吸い込まれてしまいそうな力強さを感じる花になります。お部屋の中でも育てる事が出来る花なので、是非そのきれいな色を楽しみましょう。

コリゼマの特徴

コリゼマの特徴は何と言っても、その花の色ではないでしょうか。花自体は小さいのですが、その色鮮やかなオレンジ色の花がとても印象深い花になります。とてもよく目だつ花になっており、鉢植えなどにして飾っておくだけでも存在感がありとてもきれいな花になります。

花の大きさが1㎝ほどの花になり、オレンジ色の花びらの中心部分は黄色い色をしています。日光を好む花になるので、よく日に当てて育てていきましょう。また育てる場合は水はけの良い場所を選びましょう。コリゼマが成長してきたら根を傷めない為にも植え替えが必要になります。やや横に開く性質のある低木になっており、草丈は約80cm程度になります。

心臓の形の様な葉をしております。花の数が多く、当たり一面きれいな色に変えてくれる花になります。英名では”hearleafflamepea(心臓形の葉をした燃えるような花)”という意味で呼ばれている花になります。寒さには一定の耐性がありますが、生育温度は5℃になるので、寒さで霜が降りてしまう場合はだめになってしまうこともあります。

その為、冬の間は室内で管理すると良いでしょう。きれいな鮮やかな花びらがとてもきれいなので、咲いているのを見ると見入ってしまうような食物です。育て方も比較的簡単なので、初心者でも育てやすい花になります。花の見頃の季節になると、とてもきていな花を咲かせ印象的な色合いが心に残る花ではないでしょうか。

pixta_hanashoubbu

ハナショウブの育て方

ハナショウブとは6月の梅雨の時期に花を咲かせる花弁の美しいアヤメ科の多年草です。原産は日本や中国などのアジア圏になります...

pixta_kureome

クレオメの育て方

通常クレオメというとセイヨウフウチョウソウの種のことを言います。フウチョウソウ属とはフウチョウソウ科の属の1つで主な原産...

pixta_hanatoranoo

ハナトラノオの育て方

ハナトラノオは北アメリカ東部を原産地とする植物であり40センチから1メートル程度の大きさに育つ多年草の草花です。かわいら...

pixta_ginryousou

ギンリョウソウの育て方

ショウゾウソウ科の多年草ですが、新エングラー体系ではイチヤクソウ科、APG分類体系ではツツジ科に分類されています。属名の...

pixta_saboten11

サボテンの栽培や育て方について

私はサボテンを育てた事があります。サボテンは植物の中でも育て方としては、比較的栽培しやすい方だと思われているかと思います...

pixta_yuri

ユリ(百合)の育て方

ユリに関しては、北半球のアジアを中心に広く分布しているとされています。亜熱帯から温帯、亜寒帯にかけても分布されている花に...

pixta_kurisansemamu

クリサンセマム・ムルチコーレの育て方

クリサンセマム・ムルチコーレの生息地は、ヨーロッパ西部と北アフリカなどの地中海沿岸です。アルジェリア原産の耐寒性または、...

pixta_daboesia

ダボエシアの育て方

ダボエシアは学名でDaboeciacantabrica’bicolor’といいますが、分類で言うとツツジ科ダボエシカ属に...

pixta_yaseigiku

野生ギクの育て方

特徴としてはキク目、キク科の植物になります。のじぎくと呼ばれるキクに関しては非常によく見られるタイプかも知れません。こち...

pixta_hanaikada

ハナイカダの育て方

ハナイカダはミズキ科の植物です。とても形がユニークですので一度見ると忘れないのではないでしょうか。葉っぱだけだと普通の植...

スポンサーリンク

pixta_apios

アピオスの育て方

アピオスは食材で、北アメリカは北西部が原産地のマメ科のつ...

pixta_brasabora

ブラサボラの育て方

ブラサボラはカトレアに近い仲間でカトレア属やレリア属など...

pixta_soburaria

ソブラリアの育て方

特徴としては、キジカクシ目、ラン科、セッコク亜科、アレサ...

pixta_violla

ビオラの育て方

ビオラの生息地は世界中に広がっており、温帯地帯に500種...