ミニヒマワリの育て方について

ミニヒマワリの育て方について

一言で「ミニヒマワリ」といっても、品種改良が行なわれ、中小輪の矯性品種まで、数多くのミニヒマワリが存在しています。大きなヒマワリも迫力があって、大変夏らしいのですが、ミニヒマワリは大変かわいらしく、大きなヒマワリよりも、花が咲くまでの期間が短いのも特徴です。

ミニヒマワリの育て方

花は、黄色が一般的なのですが、赤褐色や黄褐色などもありますし、花粉が出ない品種もあります。ミニヒマワリは、鉢植えやプランター植え、花壇、切り花など、用途が広く人気があります。ここでは、そんなミニヒマワリの育て方について、ご紹介します。

栽培環境については、日当たりが良いところでなければいけません。日当たりが悪いと、弱い株に成長してしまい、花が咲くまでに枯れてしまう場合もあります。なので、できるだけ風通しが良くて、日当たりのいい環境で栽培しましょう。用土は排水性の良いもので、水持ちするものが適しています。

トケイソウの育て方も参考になります♪

ミニヒマワリの種まき

ミニヒマワリの種まきは、4月~7月となります。苗で購入することもできますが、種も大きく生長も早いので、種から育てるのも初心者でもわりと簡単です。

ミニヒマワリは直根性であり移植を嫌いますので、ポットで苗を育てるのではなく、育てる場所に直播きすることをおすすめします。また、直播きの際には種の尖った方を下にすることがポイントです。そうすることによって、発芽が揃いやすくなります。

前述しましたように、ミニヒマワリにはいろいろな品種があり、株間はそれぞれの品種で異なります。種の入っていた袋に記載されていますので、株間をよく確認してから、種まきを行いましょう。

ミニヒマワリの成長過程での注意点

種をまき終わりましたら、たっぷりと水を与え、発芽して本葉が出るまでは、乾かさないように注意しましょう。本葉が出た後は、気温も上がって生長も早まりますので、土が乾いたらたっぷりと水を与えるようにしましょう。ミニヒマワリの栽培は、水やりがポイントとなります。

ミニヒマワリは多少の乾燥には強いのですが、気温の上昇や広い葉からの蒸散もあり、土が乾きやすくなります。朝に水を与えても、夕方に土が乾いているようであれば、夕方にも水を与えましょう。地上の場合には、土の表面だけを湿らせるのではなく、中までしみ込むようにたっぷりと水を与えましょう。

本葉が2枚~3枚になったら、間引きをします。発芽したものをすべて育てると、窮屈過ぎて丈夫な花が育たないからです。発芽しているものの中から、生長の良い苗を残して、間引きを行いましょう。

ミニヒマワリは背丈が低いので、基本的には支柱は必要ありません。また、あまり多肥にすると、弱い株に育ってしまうため、肥料は控えめにしましょう。基本的には、元肥を入れて土で育てていれば、肥料を与えなくても花は咲きます。

花の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:ヒマワリの育て方
タイトル:ひまわりの育て方

pixta_isotoma

イソトマの育て方

イソトマは、オーストラリアやニュージーランドなどの大西洋諸国にて自生している植物です。本来は多年草として知られていました...

pixta_gamazumi

ガマズミの育て方

ガマズミはその名前の由来がはっきりとわかっていません。一説によるとガマズミのスミは染の転訛ではないかというものがあり、古...

pixta_himesayuri

ヒメサユリの育て方

ヒメサユリは高山植物として愛好家も多い日本固有の品種ですが、楚々として咲くユリは日本だけでなく世界中で古くから愛されてき...

pixta_kamomiru

心が豊かになる植物栽培

動物のように喜怒哀楽を伝えてはくれませんが、愛情をかければかけるほど頼もしく成長してくれるのが植物です。病気にもなります...

pixta_azuki

中国の小豆の育て方について

日本では、小豆の価格が高いこともあり、多くの小豆が中国から輸入されています。日本では主に北海道で栽培されており、大粒の体...

pixta_miltniopsis

ミルトニオプシスの育て方

花の種類としては、ラン科、ミルトニオプシス属になります。園芸の分類としてはランになり、多年草として楽しむことが出来る花に...

pixta_kaneshon

カーネーションの育て方

母の日の贈り物の定番として、日本でも広く親しまれているカーネーションですが、その歴史は古くまでさかのぼります。もともとの...

pixta_safinia

サフィニアの育て方

この花の特徴としては、キク亜綱、ナス目、ナス科、ペチュニア属に属する花になります。元々ペチュニアが原種ですが、日本の会社...

pixta_rinamu

リナムの育て方

この花の特徴としてはアマ科の植物になります。草丈としては50センチから70センチぐらいになることがあります。花の時期とし...

pixta_dendorokiram

デンドロキラムの育て方

デンドロキラムの科名は、ラン科で属名は、デンドロキラム属です。その他の名前は、ライスオーキッドと呼ばれています。デンドロ...

スポンサーリンク

pixta_kodatiaroe

コダチアロエの育て方

アロエの種類は約300種類にものぼり、大変種類が多い植物...

pixta_begoniasenpa

ベゴニア・センパフロ...

ベゴニア・センパフローレンスはシュウカイドウ科ベゴニア(...

pixta_karuna

カルーナの育て方

カルーナはヨーロッパや北アフリカなど、地中海の周辺に生息...

pixta_shakunage

シャクナゲの育て方

シャクナゲは、ネパール、ブータンを中心にアジア、ヨーロッ...