ミニヒマワリの育て方について

ミニヒマワリの育て方について

一言で「ミニヒマワリ」といっても、品種改良が行なわれ、中小輪の矯性品種まで、数多くのミニヒマワリが存在しています。大きなヒマワリも迫力があって、大変夏らしいのですが、ミニヒマワリは大変かわいらしく、大きなヒマワリよりも、花が咲くまでの期間が短いのも特徴です。

ミニヒマワリの育て方

花は、黄色が一般的なのですが、赤褐色や黄褐色などもありますし、花粉が出ない品種もあります。ミニヒマワリは、鉢植えやプランター植え、花壇、切り花など、用途が広く人気があります。ここでは、そんなミニヒマワリの育て方について、ご紹介します。

栽培環境については、日当たりが良いところでなければいけません。日当たりが悪いと、弱い株に成長してしまい、花が咲くまでに枯れてしまう場合もあります。なので、できるだけ風通しが良くて、日当たりのいい環境で栽培しましょう。用土は排水性の良いもので、水持ちするものが適しています。

トケイソウの育て方も参考になります♪

ミニヒマワリの種まき

ミニヒマワリの種まきは、4月~7月となります。苗で購入することもできますが、種も大きく生長も早いので、種から育てるのも初心者でもわりと簡単です。

ミニヒマワリは直根性であり移植を嫌いますので、ポットで苗を育てるのではなく、育てる場所に直播きすることをおすすめします。また、直播きの際には種の尖った方を下にすることがポイントです。そうすることによって、発芽が揃いやすくなります。

前述しましたように、ミニヒマワリにはいろいろな品種があり、株間はそれぞれの品種で異なります。種の入っていた袋に記載されていますので、株間をよく確認してから、種まきを行いましょう。

ミニヒマワリの成長過程での注意点

種をまき終わりましたら、たっぷりと水を与え、発芽して本葉が出るまでは、乾かさないように注意しましょう。本葉が出た後は、気温も上がって生長も早まりますので、土が乾いたらたっぷりと水を与えるようにしましょう。ミニヒマワリの栽培は、水やりがポイントとなります。

ミニヒマワリは多少の乾燥には強いのですが、気温の上昇や広い葉からの蒸散もあり、土が乾きやすくなります。朝に水を与えても、夕方に土が乾いているようであれば、夕方にも水を与えましょう。地上の場合には、土の表面だけを湿らせるのではなく、中までしみ込むようにたっぷりと水を与えましょう。

本葉が2枚~3枚になったら、間引きをします。発芽したものをすべて育てると、窮屈過ぎて丈夫な花が育たないからです。発芽しているものの中から、生長の良い苗を残して、間引きを行いましょう。

ミニヒマワリは背丈が低いので、基本的には支柱は必要ありません。また、あまり多肥にすると、弱い株に育ってしまうため、肥料は控えめにしましょう。基本的には、元肥を入れて土で育てていれば、肥料を与えなくても花は咲きます。

花の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:ヒマワリの育て方
タイトル:ひまわりの育て方

pixta_jourohotogisu

ジョウロウホトトギスの育て方

ジョウロウホトトギスはユリ科の植物でホトトギス属に分類されており、別名をトサジョウロウホトトギスと言います。

pixta_dokudami

自宅で植物をうまく育てるには

自宅、特にアパートなどで一人暮らしをしていると、部屋の中の潤いが不足しがちになります。そこで植物などを部屋の中に置いてみ...

pixta_seanosas

セアノサスの育て方

セアノサスはカナダ南部や北アメリカにあるメキシコ北部が原産となっています。花の付き方が似ているという理由から、別名をカリ...

pixta_usubeniaoi

ウスベニアオイの育て方

ウスベニアオイは、アオイ科の多年草で成長すると2mほどの高さにもなる植物で、直立した円柱形の茎に手のひらのような形をした...

pixta_egonoki

エゴノキの育て方

日本全土と中国、朝鮮半島を生息地とするエゴノキは、古くから日本人の生活になじみ深い樹木です。チシャノキやロクロギなどの別...

pixta_oregano

オレガノの育て方

オレガノは、もともとはヨーロッパの地中海沿岸を生息地とする植物です。ギリシャの時代からあり、ヨーロッパの文化の一員になっ...

pixta_bluberry01

ブルーベリーの育て方について

自宅の庭をなるべくキレイにしたいと考える人が多いですが、普通の庭木や草花だけを植えていたのでは少々物足りなさを覚える人が...

pixta_hagi

ハギの育て方

ハギの花は、日本人には古くから愛されており、万葉集に最もたくさん読まれている落葉性の低木です。生息地は、温帯、亜熱帯など...

pixta_ezogiku

エゾギク(アスター)の育て方

中国や朝鮮が原産の”アスター”。和名で「エゾギク(蝦夷菊)」と呼ばれている花になります。半耐寒性一年草で、草の高さは3c...

pixta_mandevila

マンデビラの育て方

メキシコやアルゼンチンなどの中米から南米などが生息地のつる性の植物です。ディプラデニアという名前で呼ばれていたこともあり...

スポンサーリンク

pixta_konronka

八重咲きコンロンカ(...

またハンカチの花という名称もあり、遠くから見るとハンカチ...

pixta_sentedzeranium

センテッドゼラニウム...

センテッドゼラニウムはフロウソウ科のテンジクアオイ属の植...

pixta_rosemarry

ローズマリーの育て方

その歴史は古く、古代エジプト時代の墓からローズマリーの枝...

pixta_purun

プルーンの育て方

プルーンは、スモモの近縁種であり、水溶性の食物繊維を多く...