ゴーヤーともよばれている健康野菜ニガウリの育て方

ゴーヤーともよばれている健康野菜ニガウリの育て方

ゴーヤーは東南アジア原産の、特有の苦味があるつる性の野菜です。沖縄では古くから利用されており郷土料理”ゴーヤーチャンプルー”としても有名です。また最近はエコライフのグリーンカーテンとしても多く利用されています。

にがうりの育て方

そのにがうりの栽培法について紹介します。まずニガウリの種まきですがポットを利用します。3合ポットに培養土を入れます。指先で1センチくらいの窪みを2箇所作ります。その窪みに一つずつ種を蒔きます。周囲の土を寄せるようにして種にかぶせます。その後手のひらで軽く押さえておきます。

種まき後はたっぷりと水を与えておきます。最近は白いニガウリも売り出されているのを目にしますが育て方は同じです。味は白いニガウリは苦味が少なくサダダとしても食べられます。

種まき後は畑の準備に取り掛かります。畝を立てると育てやすいですが、フェンスの傍の土地を利用しても充分育てられます。ただ、日当たりと風通しの良いところを選んでください。畝は幅90センチ高さ20センチもあれば十分です。

ゴーヤーの育て方は凄く参考になります♪

無肥料・無農薬の栽培法

無肥料・無農薬の栽培法をご紹介します。立てた畝には刈った草を被せて草マルチにします。この状態で苗が十分育つまで待ちます。苗は本葉が2~3枚になったらポットの中でよく育っている方の苗を残して後は間引きます。間引き方はハサミで株元を切ってください。

さらに、本葉が3~4枚になったら移植します。畝に2列にします。株間は50~60センチとします。植え付ける前に植え付ける場所の土を十分に湿らせておきましょう。ポットから根を壊さないように優しく取り出し、ポットはどの大きさの穴を掘って植え付けます。

周囲から土を寄せるようにして株元を軽く押さえて根と土を密着させます。植え付けたあと草を刈って株元の周囲を囲います。草が十分あれば畝全体をたっぷりの刈った草で被います。

土の乾燥を防いでくれますし、草のミネラル分がニガウリにいきわたります。肥料なしでも十分育ちます。家庭菜園での野菜の育て方としては、無肥料・無農薬が安全だと思います。

にがうりの支柱の用意

苗の背丈が20センチくらいになったら支柱を立てます。2メートルくらいの支柱を用意しましょう。ニガウリの苗のそれぞれの外側に支柱を斜めに立て上部を交叉させてしっかりと固定します。交差部分に支柱を横に通ししっかりと縛ります。

支柱と支柱の間には筋交いを入れてグラグラしないようにします。網目の大きいネットを支柱にからませます。はじめのうちはつるはよく絡まないので要所を縛ってやります。本葉5枚くらいで親づるは摘芯します。子づる・孫づるを伸ばしてやります。そのほうが収穫量は多くなります。

つるが伸び葉が茂って混み合ってきたら整理して風通しをよくしてやります。収穫は開花後15~20日が目安です。早いうちに収穫してください。次々と収穫できます。完熟させると実はオレンジ色になり中には真っ赤なゼリー状の物質で覆われた種ができます。

pixta_katorea

カトレアの育て方について

カトレアと言えば、バラと並んで花のクイーンとも言える存在になっています。ただし、カトレアとバラには大きな違いがあります。...

pixta_saineria

サイネリアの育て方

サイネリアはキク科植物の一つで、カナリア諸島が原産のものだと考えられています。かつては「シネラリア」とも言われていたそう...

pixta_pangy

パンジーの育て方

パンジーの原産はヨーロッパで、生息地は世界世界各国に広がっています。パンジーは交雑によって作られた植物です。その初めはイ...

pixta_orientarupopi

オリエンタルポピーの育て方

オリエンタルポピーは地中海沿岸からイラン等の西南アジアが原産地のケシ科ケシ属の仲間です。スイスの遺跡から種子が発見されて...

pixta_yanagiran

ヤナギランの育て方

花の特徴としては、まずはフトモモ目、アカバナ科、ヤナギラン属の種類となっています。多年草なので1年を通して葉などをつけて...

pixta_benjamingomnoki

ベンジャミンゴムノキの育て方

この植物はイラクサ目、クワ科、イチジク属となっています。イチジクの仲間の植物になります。それほど高くに低い木で、高さとし...

pixta_kanhizakura

カンヒザクラの育て方

通常の花といいますと太陽の方に向いて咲く、つまりは上向きに咲くことが多いように感じられます。スズランなど例外的な花もあり...

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

クリアンサスの育て方

クリアンサスの特徴としては鮮やかな赤い色の花でしょう。またその他に白やピンクなどもあります。草丈はそれほど高くなく80セ...

pixta_odontgrosam

オドントグロッサムの育て方

オドントグロッサムはラン科の植物で様々な品種が含まれています。オンシジウムに近い植物で花弁が大きくて、斑紋が入っているも...

pixta_kugaisou

クガイソウの育て方

クガイソウは、日本でも古くから知られていた植物で、昔の植物の書物にも載せてあるくらいですから、相当有名な薬草だったという...

スポンサーリンク

pixta_guaba2

グアバの育て方

皆さんはグアバという果実をご存知ですか。あまり聞きなれな...

pixta_hakusai

白菜の育て方

白菜は、アブラナ科の野菜で、生息地は他のアブラナ科の野菜...

pixta_baikautugi

バイカウツギの育て方

バイカウツギは本州から九州、四国を生息地とする日本原産の...

pixta_jueruokid

ジュエル・オーキッド...

種類としてはラン科になります。通常園芸分類においてはラン...