スミレの育て方

スミレの育て方

スミレの原産国は、北アメリカ南部になります。種類が豊富であるため、生息地としても種類により、適した環境で花を咲かせています。日本では家庭で栽培していることも多く、育て方としても、それほど難しくはありません。

スミレの育てる環境について

育てるための栽培環境では、お日様の光がキーポイントになります。プラン ターや鉢に植えて、育つのを楽しみにする場合、育てるのはひなたでになります。真夏は日差しは強くなりますから、葉の部分が黄ばんできたり、日焼けをすることも考えられます。

その場合は、20%から30%ほどの遮光をするとよいでしょう。または、八自体を適切な場所へ移動させます。午前中であれば、明るさのある日陰においておくのが良いでしょう。庭に植えている場合は、移動は考えなくて良いです。庭ならば何よりも、おひさまの光に当たるのが、最も良い環境になります。

庭の中でも、グリーンが美しくしげる、芝生のあるゾーンは最適です。グリーンの中に、色とりどりの鮮やかなスミレの花は、見た目にも映えるものです。人間が活動するのにも快適に過ごすことのできる、春や秋のあいだは、花 にとっても快適な時期です。

程よいお日様の光は、たっぷりと浴びせてあげましょう。春と秋のスミレの花は、ポカポカの太陽のあたる場所で、のびのびと育ててあげます。鉢植えの用土ですが、深い鉢を用意して植えることです。根は長く伸びていくためです。ミニサイズの鉢は、この花には向いていないです。

どちらかというと強さのある花ですから、土の質は選ばないのも特徴です。野菜用培養土や、草花用培養土と板、普通のタイプの土で育てることが可能です。性質の弱い株であったり、斑入りなどは、日向土や硬質鹿沼土、桐生砂何かを混ぜて使用すると良いです。

スミレの種付けや水やり、肥料について

植え替えは、毎年の恒例行事のごとく行います。真夏を通り過ぎた夏の終わりの頃から、秋が 始まるくらいのシーズンで行うと良いです。もしくは、タネを蒔いて育て始めた2月の頃から3月くらいのあいだに行っても良いでしょう。

根伏せやタネまきにより成長させた苗は、育つ状態に合わせながら、その状態にマッチした大きめのサイズの鉢に植え替え作業をしていくと良いです。株は購入する際、小さな鉢で販売しているケースもあります。小鉢であれば、家に持ち帰ったら、少し大きめの鉢に植え直しをします。

もしくは、地面に植え替えましょう。水やりの頻度ですが、鉢植えで育てるケースでは、土の表面を確認して、表土が乾燥をしてきたタイミングを見計らって、水をたっぷりとかけてあげましょう。鉢植えのタイプは適度に水やりをしますが、庭植えの場合は水やりも違ってきます。

庭に植え た場合であれば、ほとんど水やりは必要ありません。よっぽど土が乾いた時には水をあげますが、乾燥がかなりヒートアップしなければ、水やりはしなくて大丈夫です。肥料のあげ方も、鉢植えと庭植えでは違いがあります。鉢植えの場合は、春から秋のあいだに肥料をあげます。

ひと月のうちで、だいたい2回から3回くらいが目安です。カリウムとリンの液体肥料を用意します。これを2000倍くらいから3000倍レベルで薄くして使います。鉢植えの場合は、栄養をしっかりと与える作業がありますが、庭植えになると、肥料はほぼ上げなくても平気です。

スミレの増やし方や害虫について

主に春の時期には、アブラムシに悩まされることが多くなります。夏の時期に入ると、今度はハダニが登場しやすく なります。夏場は乾燥がヒートアップしますから、どうしてもハダニの発生率は高くなりがちです。ツマグロヒョウモンの幼虫とヨトウガの幼虫においては、

暖かく過ごしやすい時期に入ってくる春から秋頃にかけて発生しやすくなります。1年中顔を合わせる確率が高めな害虫は、ヨトウムシになります。暖かい都心部においては、ヨトウムシは発生しやすいです。春から秋口にかけて発生する害虫には、ネコブセンチュウもいます。

いつもは土の中に生息している害虫です。この虫が出てくると、根の部分を痛ませてしまうため、株の成長にも良くない影響が及ぼされることになります。もし鉢植えしているのであれば、地面よりできるだけ離すことです。増やし方は、タネまきや根伏せ、株分けなどがあります。

タネを巻くときには、未熟種子をまいていくか、完熟種子をまくか、方法を選択することができます。完熟間近を見極めるポイントは、果実の状態が上方向になった頃になります。タネは飛び散りますから、ミニサイズの袋を果実にかけておくと良いです。

完熟種子は、低音にする必要があります。そうしないと、発芽をしないためです。低温環境におくために、ひと月からふた月ほど、冷蔵庫で保管をします。その後は、低温湿潤処理をしてタネはまきましょう。根を使用してふやすのが、根伏せの方法です。

スミレの歴史

スミレの原産国は、北アメリカ南部になります。種類が豊富であるため、生息地としても種類により、適した環境で花を咲かせています。日本では家庭で栽培していることも多く、育て方としても、それほど難しくはありません。それどころか、自生している確率も高い花です。

日本においては自生している済らの数は、実に60種類以上とも言われています。おもしろいことに、いくつもの種類がかけ合わさったようなカラーであったり、混生していることもあります。日本においては、緑豊かな場所に自生していうrことが多い、野草になります。

様々な異変により、とても多くの品種が知られており、学名のあるもので言えば、200以上にもなります。可憐で愛らしい花を咲かせて、色味も人 の目を引くタイプが多いです。日本には、とても種類が多く、よく咲いている花でもあるだけに、スミレ王国と言われることもあります。

緑の野原を彩る野草として日本でも、世界中でも愛でられている花です。大きめの花びらで平たく広がりを見せるのは、パンジーの花になります。サイズも小さくなると、日本における園芸用語ではヴィオラになります。三色スミレというのは、日本人でもよく聞く呼称です。

しかし最近では、あまり使われなくなった言い方でもあります。海外から鑑賞用に持ち込まれたタイプもあります。繁殖力としては、とても強いことも特徴的です。歴史の上では、ナポレオンが好きな花というのも有名な話です。

スミレの特徴

日本人にも昔から馴染みのある花 のスミレは、緑のある場所に、いろとりどりに咲いている花を見ることもあります。オリジナル性の高い「はなの形は、特徴的とも言えます。花の形は、まるでラッパのようでもあります。斜め下に向いていたり、横向きであったりして、

花びらもサイズが違っているのも、この花の特徴です。したの方にある花びらが、5愛の花びらのうちでも、最もサイズは大きめです。山などでも目にすることがありますし、都心部においても咲いていることがあります。葉の部分は天ぷらに使われることもあり、

山菜として食用で使用されるケースもあります。鮮やかな花の部分においては、酢の物であったり、吸い物で使われることもあります。中には有毒性のあるタイプもあるので、気をつけて利用することが大事です。形 状としては多年草であり、草丈は10cm程とミニサイズです。

花の色は様々で、パープルやホワイト、ピンクなどは、よく目にする機会も多いカラーです。耐寒性に対しては強く、耐暑性においても強いという、基本的に育てやすいタイプです。盆栽をする人にも扱いやすく、植物を育ててみたい初心者にも育てやすい花です。

花の色には変化が多いことから、花の色も楽しみの一つになります。筋が入っていたり、本当に真っ白であったり、パープルの筋が入っている花びらもあります。赤紫色もあったり、は江崎のタイプもあります。可憐な花はとても可愛らしく、葉の形状は細長いものです。

花の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:ニオイスミレ(スイートバイオレット)の育て方
タイトル:エイザンスミレの育て方
タイトル:タチツボスミレの育て方
タイトル:ニューギニア・インパチエンスの育て方
タイトル:ツワブキの育て方

pixta_datyura11

エンジェルストランペットの育て方

エンジェルストランペットは、茎からぶら下がるようにして、ラッパのような大きな花が下向きに咲いていく姿が印象的な植物です。...

pixta_kitunenobotan

きつねのぼたんの育て方

きつねのぼたんはキンポウゲ科の多年草です。分布は幅広く北海道、本州、四国、九州、沖縄や朝鮮半島南部にも存在します。原産は...

pixta_hedexikium

ヘディキウムの育て方

ヘディキウムは東南アジアを中心に約50種類が分布されています。花が美しいものが多く、種間交雑により育成された品種もありま...

pixta_dazy11

デージーの育て方

ヨーロッパおよび地中海原産の草花です。自生の生息地であるヨーロッパでは野草として、ごく自然に芝生に生えています。デージー...

pixta_mint

ミント類の育て方

ミントは丈夫で育てやすいのが特徴です。家庭菜園でも人気があり、少しのスペースさえあれば栽培することが出来ます。ミントには...

pixta_arekayasi

アレカヤシ(Dypsis lutescens)の育て方

アレカヤシという観葉植物をご存知でしょうか。園芸店などでもよく見かける人気のある植物です。一体どのような植物なのでしょう...

pixta_kanna

カンナの育て方

原産地は熱帯アメリカで日本には江戸時代前期にカンナ・インディアカという種類のものが入ってきて、現在では川原などで自生して...

pixta_torikabuto

トリカブトの育て方

トリカブトは日本では”鳥兜”または”鳥冠”の由来名を持っています。この植物の花の形が舞楽で被る帽子の鳥冠に似ている事から...

pixta_bdou

ぶどうの育て方

ぶどうの歴史には、その品種の多さゆえに諸説あり、最も古いものは紀元前8000年頃のヨルダン遺跡から、初期農耕文化における...

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

クリアンサスの育て方

クリアンサスの特徴としては鮮やかな赤い色の花でしょう。またその他に白やピンクなどもあります。草丈はそれほど高くなく80セ...

スポンサーリンク

SONY DSC

エパクリスの育て方

エパクリス属と呼ばれる花は、なんと31属もあり、種類に関...

pixta_ingen_01

インゲンの育て方

豆の栽培は農耕文化が誕生したときから穀類と並んで始まった...

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ガルトニアの育て方

ガルトニアは南アフリカを生息地とする植物で、原産はこの地...

pixta_kisoutengai

奇想天外(ウェルウィ...

ウェルウィッチアは生息地をアフリカのアンゴラ及びナミビア...