植物の栽培に必要な土と水と光

植物の栽培に必要な土と水と光

植物の栽培に必要なのは、土と水と光です。一部の水の中や乾燥している場所で育つ植物以外は、基本的にこれらによって育っていきます。そのため栽培するには、これらを適度に与えることが必要です。どのくらいの土と水と光を必要とするかは、植物によって異なっているので、それを把握した上で与えることが、上手な育て方となります。

土について

まず土は、基本的には赤玉土が使われます。通気性と保水力とのバランスの良い土なので、多くの植物の栽培に適しています。これをベースとして、様々な土を配合し、育てたい植物が好むような土にしていきます。たとえば、有機質をたっぷりと含んだ柔らかい黒土を混ぜたり、保水力の高い鹿沼土を混ぜたりするのです。

花や実をつけるものは、こういった土だと育ちやすいです。盆栽やサボテンなど、水気に弱く根腐れしやすいものは、保水力の少ない川砂を混ぜて育てると良いです。これらの土に加えて、必要に応じて堆肥も与えます。

こちらのサボテンの育て方のコツとはも見てみてください♪

水について

次に水ですが、これは基本的に水道水でかまいません。ただし、水温には気をつける必要があります。冷たすぎる水は良くないので、冬などは水道水をそのまま与えるのではなく、室温と同じくらいにしてから与えます。もちろん温かすぎる水も、水やりには適していません。

与える間隔は植物によって異なっていますが、基本的には土の表面が乾いてきた時が水やりに適していると言えます。逆に言えば、表面が乾いていない状態で水やりをすることは、根腐れを起こす原因となってしまうのです。また、あまり多く与えすぎることもタブーです。鉢植えの場合は、鉢の下に敷いている皿に溜まらない程度に与えます。

水をやりすぎて皿に溜まってしまった場合は、必ずその水を捨てます。なお、与える際には真上から全体に浴びせるようにするのではなく、根元にそっと与えます。そうすることで、葉や花に傷をつけずに済みます。

こちらの上手な植物の栽培方法も参考にどうぞ♪

光について

次に光ですが、植物にもよりますが、多くの場合は強すぎる光も弱すぎる光も良い影響を与えません。そのため夏には日影を作ってやったり、冬は日が当たりやすくなるように、状況に応じて調節する必要があります。要は、光によって程よい熱を与えれば良いのです。

それを容易におこなうことのできる電照栽培用の電球も販売されているので、冬や梅雨時など日光を浴びせることが困難な時期は、それを使用することもひとつの手です。また、ビニールなどで覆うことも、適度な温度を保つためには有効です。風をさえぎる効果もあります。

このようにして、土と水と光とをうまく調節することで、植物はどんどん成長していきます。この中のどれかひとつでも失敗すると、枯れてしまうリスクが高くなるので、全てにおいて気をつける必要があります。

こちらの植物の栽培、育て方のコツも参考にあります♪

pixta_goya_01

美味しいゴーヤーの育て方

ゴーヤーは、沖縄料理人気から需要が高まりました。今では沖縄料理に限らず、幅広い料理に使われるようになりました。また日よけ...

pixta_living

リビングストーンデージーの育て方

リビングストーンデージーは秋に植えれば春頃に花が咲きます。しかし霜には弱いのでなるべく暖かい場所に移動させるか、春に植え...

pixta_ingen_01

つるありいんげんの育て方

インゲンは17000種に及ぶ植物、多くの渡り鳥の生息地で知られる中米原産です。スペイン人によりヨーロッパに持ち帰られたの...

pixta_epidendoram

エピデンドラムの育て方

エピデンドラムはラン科の植物であり、日本においては観葉植物としてその地位を安定させています。この植物の本来の生息地はメキ...

pixta_difenbakia

ディーフェンバキアの育て方

ディーフェンバキアは原産と生息地は熱帯アメリカで、名前の由来はドイツの植物学者であるエルンスト・ディッフェンバッハです。...

pixta_sineraria

シネラリアの育て方

シネラリアはキク科の植物で、早春から春にかけての代表的な鉢花のひとつです。原産地は北アフリカの大西洋沖に浮かぶスペイン領...

pixta_nira

ニラの育て方

東アジア原産で、中国西部から東アジアにかけての地域が生息地と考えられます。中国では紀元前から栽培されており、モンゴル、イ...

pixta_mint

お洒落なハーブの育て方

お洒落なハーブを自分で育てることが素敵だと思いませんか?最近はお家でハーブを育てている人が多くなっています。ハーブと聞く...

pixta_santrina

サントリナの育て方

種類はキク科になります。除虫菊と同じ仲間なので、そのことからも虫をあまり寄せ付けないのかもしれません。草丈は大きいものだ...

pixta_karakorotas

カロコルタスの育て方

カロコルタスは、別名をバタフライチューリップと呼ばれていて、花の色も色とりどりにあります。ユリ科としての上品さと大きく派...

スポンサーリンク

pixta_karokefarus

カロケファルスの育て...

見た目からは少し想像がつきにくいですがキク科になります。...

pixta_rantana

ランタナの育て方

一つの花の中にとても多くの色を持つランタナは、とても人気...

pixta_masaki

マサキの育て方

マサキは日本、中国を原産とする常緑の広葉樹で、ニシキギ科...

pixta_yamaimo

ヤマイモの育て方

ヤマイモとナガイモは、よく混同されますが、まったく別の種...