植物の育て方について述べる

植物の育て方について述べる

世の中に動物を家で飼っている人は多くいます。犬や猫、爬虫類などを飼って家族と同然の扱いをして、愛情深く飼育している場合があります。中には、植物を多く育てていたり、野菜を栽培している場合などもあります。

植物の育て方の基本

植物の育て方としては、種類によって水遣りのやり方、陽に照らすやり方が違ってきますので、これを十分に把握する事が重要です。色とりどりの花がつく植物、苗などの場合には、多くの自然な光を当ててあげて、それぞれの種類にあった水遣りを実施すると、よく花を咲かせてくれます。

育てる場所によっては、陽が余り当たらない場合がありますが、この場合には、ベランダに出してあげたり、栄養を少し加えてあげると、花を咲かせてくれます。特に、パンジーなどの場合には、冬場でもよく花を咲かせてくれる種類として、一般にも利用される事が多くなっています。パンジーをベランダの塀などに引っ掛けるタイプのプランターで育てる事もあります。

こちらの植物の栽培に必要な土と水と光が参考になります♪

パンジーの育て方

この場合でも、パンジー用の100円位の肥料を撒いて苗を植え、毎日の水遣りを行うと、冬場から春先にかけてたくさんの花を咲かせてくれます。一方、観葉植物の中の、葉などが肉厚なものについては、育て方のコツとして、水を与え過ぎない事が重要なポイントになります。ご存知の方がいるかもしれませんが、葉が肉厚になっているのは、そこに水分を保管しているからです。

パンジーの育て方について

サボテンの育て方

砂漠などにおける植物は、いつ水分が得られるかわからない、常に乾燥状態の中で育つ事になります。水分を葉に貯めておいて、ゆっくり水分補給をするという特性をもっています。そのため、水分があるにも関わらず、一般の色とりどりの花をつける苗と同じ様に毎日の水遣りを行ってしまうと、水分が多すぎて枯れてしまう場合が多くなります。

葉の状態などを観察しながら、土が乾燥した状態になってから、水遣りをやる様にすると育ち易くなります。乾燥地帯に見られる植物の場合には、日光をよく好みますので、できるだけ日の光に当てて育ててあげると成長を促してあげれます。

シクラメンの育て方

例えば、冬場などには、鉢に植えている場合、周囲を新聞紙などで囲ってあげて、更にビニールなどに空気の切れ目を入れて上から被せてあげると、越冬できます。

年末になると、シクラメンなどを購入す人も多くありますが、外で育てて、寒くなると部屋の中に入れる人も見受けられます。シクラメンの場合には、寒さなどを余り気にせず、外ならずっと外で、室内なら室内のままにしておくのが良い育て方だとされています。大事にして環境を変えない方がいいという事です。

雪などが余り降らない地域において降雪などが見られた場合には、雪は避けてあげた方が植物のためには被害が少なくて済みますので、その程度の注意はしてあげる様にしてください。

こちらのスイセンとシクラメンの育て方についてが参考になります♪

pixta_fenix

フェニックス(Phoenix)の育て方

フェニックスは暖かい地域の植物だと言うことを頭に入れておかなければなりません。ですから、植え付けは5月から7月くらいに行...

pixta_touhi

トウヒの仲間の育て方

トウヒはマツ科に属する樹木であり、漢字で表すと唐檜と書き表されます。漢字の由来から日本には、飛鳥時代~平安時代現在の中国...

pixta_panzyzeranium

パンジーゼラニウムの育て方

パンジーゼラニウムはフロウソウ科のテンジクアオイ属の植物です。品種改良によって、南アフリカ原産のトリコロル種とオウァーレ...

gibanakosumos

キバナコスモスの育て方

キバナコスモスはメキシコの比較的低い場所に自生する草花で、花が咲いた後は枯れてしまい、種を取ることで毎年開花させることが...

pixta_momo111

モモ(桃)の育て方

桃はよく庭などに園芸用やガーデニングとして植えられていたりしますし、商業用としても栽培されている植物ですので、とても馴染...

pixta_hakusai

ハクサイの育て方

ハクサイは漬物や鍋の中に入れる野菜、中華料理の食材や野菜炒めなどでもお馴染みの野菜です。色々な料理に利用出来る万能野菜と...

pixta_ekizakamu

エキザカムの育て方

エキザカムはリンドウ科の植物で、別名でベニヒメリンドウ、エクサクムと呼ばれることもあります。 属名の Exacum は、...

pixta_nokonggiku

ノコンギクの育て方

ノコンギクの歴史としまして、伝統的にはこの種には長らく「Aster ageratoides Turcz. subsp. ...

pixta_wata

ワタ(綿)の育て方

その後インドでは、この植物の栽培が盛んになり、それは最近まで続いていたということですが、世界に広がったのは意外に遅く、ア...

pixta_himeryukinka

ヒメリュウキンカの育て方

ヒメリュウキンカの原産はイギリスで、生息地は山野の湿った草原や川沿いの林床などです。原産はイギリスではありますが、自生地...

スポンサーリンク

pixta_suzuran

スズランの育て方

春を訪れを知らせる代表的な花です。日本原産のスズランとヨ...

pixta_kamomiru

カモミールの育て方

カモミールは、現在では色々な国で栽培されていますが、原産...

pixta_akkesisou

アッケシソウ(シーア...

アッケシソウはシーアスパラガスと呼ばれているプラントであ...

pixta_radish

ラディッシュの育て方

ラディッシュとは、ヨーロッパ原産の、アブラナ科ダイコン属...