スイセンとシクラメンの育て方について

スイセンとシクラメンの育て方について

ここでは、植物の育て方についてお伝えします。秋に植えつけをする花といえば、スイセンやシクラメンがありますね。スイセンという花は、もともとスペインやフランスからやってきた花であり、秋植え球根を植えることで花を咲かせます。

スイセンやシクラメンの種類は?

日本では、冬の寒い時期を素敵に彩る役目をしてくれます。何と、世界的には60種類以上ものスイセンの原種があるといわれています。また、シクラメンなら、12月の時期にはお花屋さんの店頭によく置かれています。白、クリーム色、ピンク色など豊富なカラーバリエーションがあるのも魅力です。

花の栽培を通して喜びを感じるも参考になります♪

スイセンやシクラメンの栽培方法

では、この2つの植物はどうやって栽培すればいいのでしょうか。まず、スイセンの球根は、水はけのよい土地に植えるようにします。土も肥えていた方がいいので、培養土などを使って土を肥えさせましょう。使う肥料は、できればリン酸分が多いものがいいです。

秋に球根を植えてから約1ヶ月ぐらいなら、土が乾くたびに水やりをしましょう。しかし、それ以外はあまり水をやらなくてもいいのです。ただし、鉢植えにした場合は、土が乾いたらしっかりと水やりをしてください。

スイセンの鉢植えは、日当たりのよい場所に置くのがベストです。スイセンという植物は寒さに強い性質を持っていますから、むしろ寒い場所に置いて花芽をつくるようにした方が綺麗な花が咲きます。

そして、シクラメンの球根は、秋の初め頃に首が土から出るように考えて植えましょう。鉢植えの場合は、水が鉢の底から出てくるぐらいにたっぷりと水やりをします。鉢植えなら窓際に置いてなるべく日に当てるようにしましょう。

花壇や水耕栽培でも楽しめるヒヤシンスの育て方もかなり参考になります♪

栽培時の注意点

もし、天気が良ければ、屋外に出しておくのもいいですね。ただし、暖房が強すぎる室内での栽培は避けるようにしてください。目安となる温度は、昼が20℃、夜が10℃ぐらいです。あまりに室温が高いとシクラメンが病気になりやすくなるので気をつけましょう。

さらに、シクラメンは多年草であるため、夏には土のなかで球根を休眠させる必要があります。もし、完全に眠らせるつもりなら、梅雨に入る時期には水やりをやめて雨が防げるところに鉢植えを置きます。その後、初秋になったら根鉢を今までよりも大きな鉢の方に植え替えましょう。

休眠させないつもりなら、大きな鉢植えに植えて水やりをしながら夏を越させてください。その場合は、肥料などは与えないようにします。次第に初秋に近づいてきたら、液体の肥料を7日に1回ぐらい与えるようにしてください。

このように栽培すれば、スイセンとシクラメンは美しい花を咲かせてくれるでしょう。両方とも、さりげない美しさをもつ花ですから、鉢植えにして観賞するのに最適ですね。特に、シクラメンは花のカラーが豊富ですから、きっと目を楽しませてくれるはずです。

下記の記事も詳しくかいてありますので、凄く参考になります♪
タイトル:スイセンの育て方
タイトル:シクラメンの育て方
タイトル:タイムの育て方について
タイトル:ガーデンシクラメンの育て方

pixta_dierama

ディエラマの育て方

いろいろな名前がついている花ですが、アヤメ科になります。球根によって生育をしていく植物で、多年草として楽しむことができま...

pixta_hekorinia

ヘリコニアの育て方

ヘリコニアは単子葉植物のショウガ目に属する植物です。大きく芭蕉のような葉っぱから以前はバショウ科に属させていましたが、現...

pixta_oosennnari

オオセンナリの育て方

オオセンナリはナス科の一年草です。草丈は約30cmから80cmです。時々、もう少し大きくなる物もあります。茎はまっすぐで...

pixta_oogahasu

オオガハスの育て方

オオガハスは2000年以上も昔の種から発芽した古代のハスです。「世界最古の花」として知られ、世界各国に友好の証として贈ら...

pixta_perarugonium

ペラルゴニウムの育て方

和名においてアオイと入っていますがアオイの仲間ではありません。フクロソウ科、テンジクアオイ属とされています。よく知られて...

pixta_senryou

センリョウの育て方

センリョウは日本や中国、台湾、朝鮮半島、インド、マレーシアなどが原産の、センリョウ科センリョウ属の常緑性の低木です。 ...

pixta_kuroganemoti

クロガネモチの育て方

クロガネモチの原産地は、日本の本州中部から沖縄、朝鮮半島南部、台湾、中国中南部、ベトナムなどです。もともと日本に自生して...

pixta_ekinasea

エキナセアの育て方

宿根草ブームが巻き起こってから、すっかり宿根草の代表選手となった印象のあるエキナセアですが、古くは400年ほど前にアメリ...

pixta_yamaimo

ヤマイモの育て方

ヤマイモとナガイモは、よく混同されますが、まったく別の種類で、ナガイモは元々は日本にはなく、海外から入ってきた芋というこ...

pixta_nasu_01

ナスの育て方

インドが原産の植物といわれ、中国でも古くから伝わる植物でもあります。栽培の歴史は数千年を超え、農業に関する世界最大の古典...

スポンサーリンク

pixta_ekinasea

エキナセアの育て方

宿根草ブームが巻き起こってから、すっかり宿根草の代表選手...

pixta_wadan

ワダンの育て方

この植物は花から見てもわかりますが、キク科アゼトウナ属で...

pixta_warenbergia

ワーレンベルギアの育...

特徴としては、被子植物、真正双子葉類、コア真正双子葉類、...

pixta_yagurumasou

ヤグルマ草の育て方

ヤグルマギクとも言われていて、キク科ヤグルマギク属のひと...