植物を栽培する時のコツ

植物を栽培する時のコツ

栽培や植物を育てるにはさまざまなコツがあります。また、栽培や植物の種類によっても育て方が異なってきます。例えばニンニクでは、中央アジアが原産国です。また、18度から20度の温度で育ちます。このように、上手にに育てるためには、気候も大切になります。

ニンニクの育て方

そしてニンニクは、12月から2月と寒い時期には成長が止まってしまいますので、追肥は必要ありません。3月から4月にかけて再び成長がはじまります。成長がはじまると、追肥をしてあげます。ニンニクの植えつけ時期は、9月下旬から10月下旬です。

植え付けを開始する2週間前に、耕しておきます。また、乾燥が激しい時期には、水をたくさんあげるようにします。収穫時期は、5月下旬から6月下旬です。収穫をしたら、広げて乾かすようにします。そして、風通しの良い日陰に吊るして保管するようにします。

というように、ニンニクを育てるためには、さまざまなコツがあります。ただ植えるだけではなく、肥料にもこだわりを持つようにしたり、水をあげる量などにも気をつけて育ててあげるようにします。

こちらの良い植物の選び方と栽培のコツも確認しましょう♪

さつまいもの育て方

次は、さつまいもを育てる時のコツを説明していきます。さつまいもは、ツルがどんどん伸びていってしまうので、広い畑があると最適です。しかし、ツルを手入れしていくという一手間を加えると、狭い所でも育てることが出来ます。

さつまいもは、暑さや害虫などにも強いので、比較的簡単に育てることが出来ます。育てやすいなかにもいくつかのコツがあります。育て方のコツを簡単に記載します。土壌は酸性にして、土壌の養分が多い場合には、肥料を控える。全ての葉が表面にでるように苗を植え付ける。

定期的につる返し作業をする。試し掘りをして、収穫の時期を決める。低温になると腐るので、なるべく天気のいい日で、霜が降りる前に収穫をする。などの育て方のコツがあります。さつまいもは、5月から6月に植え付けをします。そして、収穫は、霜が降りる前の10月下旬ぐらいに収穫をするようにします。

こちらの大きなサツマイモを育て上げるを見て参考にしよう♪

栽培時の注意点など

植え付けをすると、2週間ぐらいでツルが広がってきます。広がってくれたら、定期的につる返しをします。定期的につる返しを行うので、狭い所でもさつまいもを植えることが出来るのです。また、さつまいもは連作をすることが可能です。上記のような理由により、さつまいもを育てる際には注意をして植えます。

このように、にんにくとさつまいもを比較してみても、にんにくを栽培するのは少し手間がかかるため、育て方にも工夫が必要です。さつまいもを育てるときには、さまざまな点に気をつけるだけで、比較的簡単に栽培をすることが出来ます。植物を育てるには、様々なコツがあるので、楽しく栽培をすることが出来ます。

こちらのにんにくの育て方も凄く参考になります♪

pixta_bazil_01

ハーブを種から巻いて大きくしよう

ハーブは日本語で香草といい、ハーブの種類によって香りの高いものなど様々あります。料理やハーブティーに使えてとても利用効果...

pixta_gobou

ゴボウの育て方

ゴボウは世界の中でも食べるのは日本だけとも言われています。しかし、食物繊維が豊富に含まれている事からも便秘の解消などに最...

pixta_satsumaimo_01

さつまいもの育て方

さつまいもは原産が中南米、特に南アメリカ大陸やペルーの熱帯地方と言われます。1955年にさつまいもの祖先に該当するイポメ...

pixta_kodemari

コデマリの育て方

コデマリは中国中部原産の落葉低木で、「コデマリ(小手毬)」の名はその漢字が示す通り、小さな手毬のように見える花の姿に由来...

pixta_hetima

ヘチマの育て方

熱帯アジアを生息地とするインド原産の植物です。日本には中国を通して江戸時代に伝わったと言われています。ヘチマは元々、果実...

pixta_amerikanorinoki

アメリカノリノキ‘アナベル’の育て方

白いアジサイはアメリカノリノキ、別名セイヨウアジサイの園芸品種であるアナベルという品種です。アジサイの生息地は世界ではア...

pixta_noriutugi

ノリウツギの育て方

ノリウツギはアジサイ科のアジサイ属の落葉する背の低い木で原産国は中国やロシア周辺であると考えられています。和名のノリウツ...

pixta_komatsuna

小松菜の育て方について

最近はすっかり家庭菜園のブームも一般に浸透して、いろいろな自家製の作物を収穫している人も少なくありません。食品の安全を脅...

pixta_rengeshouma

レンゲショウマの育て方

花の特徴として、キンポウゲ目、キンポウゲ科となっています。山野草として分類されています。咲き方としては多年草になります。...

pixta_koruderine

コルディリネ(Cordyline)の育て方

屋内で育てる場合には鉢植えになりますが、葉の色彩を落とさないためにも、日に充分当ててあげることが必要です。5度を超え、霜...

スポンサーリンク

pixta_akinokirinsou

アキノキリンソウの育...

アキノキリンソウは、古くから日本にありました。キク科植物...

pixta_rengetutuji

レンゲツツジの育て方

この花の特徴は、ビワモドキ亜綱、ツツジ目、ツツジ科、ツツ...

pixta_heriasans

ヘリアンサスの育て方

特徴としてはまずどの種類に属するかがあります。キク科のヘ...

pixta_wata

ワタ(綿)の育て方

その後インドでは、この植物の栽培が盛んになり、それは最近...