エニシダの育て方

エニシダの育て方

エニシダはギリシャ語のクローヴァーや詰草といった意味の言葉に由来していると言われています。ヒトツバエニシダ属 が、和名のエニシダです。ジェニスタという英語での呼び方は、スペイン語のニエスタがなまっての発音とも言われています。

エニシダの育てる環境について

育て方としては、日あたりが良い場所を選んで栽培します。太陽の光があたって、水はけもよい場所です。水はけの良さは重要なポイントで、もしも水はけが良くない場所だと、雨が降り続いた時にはダメージを受けやすくなります。特に梅雨のような、雨の量がいつもよりも多くなる時期には、

水はけが良くないことにより、根っこの部分を痛めてしまう要因となります。日あたりも重要視していますが、おひさまの光が不足してしまうと、花が咲かないという寂しいいことにもなりかねません。暖かな太陽の光があたって、水はけも良い場所で、のびのびと育ててあげましょう。

日当たり良好な栽培環境で育成することで、スクスクと成長していきますし、たくさんの花を咲かせてくれます。太陽の光は育てる環境においても、絶対的な条件になります。日あたりは大好きですが、冷たい風にさらされたり、気温が低いことに関しては、若干弱いといった面を持っています。

そのため栽培をするにしても、東北方面よりも、暖かい南の地域が向いています。手がかかりそうな印象があるかもしれませんが、それほどこまめに手をかけなくても、枝を出していき、花をつけてくれます。まだ若い木の頃であれば、剪定もしなくて平気です。

年数を重ねていくと株が混み合ってくることもあります。そうしたら、間引き剪定をしてあげると良いです。3年以上の木は、途中からではなく、付け根部分から切ります。若い枝の場合は、途中から切っても目が出てきます。

エニシダの種付けや水やり、肥料について

庭に植える場合も、鉢に植える場合でも、3月の半ばから4月くらいが、植え付けには最適な時期になります。緩効性化成肥料や有機質肥料を、鉢土の底や、掘った植え穴へ、元肥として入れておきましょう。万が一エニシダが枯れた場合も、注意が必要です。

連作障害であったり、土壌伝染性の病気などを避ける必要がありますから、植えるにしても同じ場所は避けましょう。エニシダの苦手なこととして、移植があります。基本的に、植え替えは苦手な植物です。ですが植え替えをするのであれば、庭に植えているものは、

できるかぎりで、まだ小さいうちに植え替え作業をおわらせましょう。鉢に植えている場合、植え替えをするのであれば、根鉢をできるかぎり崩さないことです。身長に、優しく作業をします。水やりは、庭に植えていても、鉢植えであっても、たっぷりと水を騰ましょう。

これは植えてから、2年未満であれば、土の表面が白っぽく乾いたことに気がついたら、十分に水を与える必要があります。2年を経過した、庭植えの株については、水やりしなくても割と平気です。ただ、乾燥しやすい季節もありますから、雨が降らない日が続いたり、

土が白く乾燥している状態であれば、水はたっぷりとあたえましょう。鉢の場合は、過剰に水を与えることなく、適度に水やりをします。庭に植えている場合は、2月になったら、株元のまわりに有機質肥料を施します。鉢に植えて育てている場合には、化成肥料を3月になったら、株元へ追肥してあげます。

エニシダの増やし方や害虫について

害虫や病気なども気になるところですが、まず病気に関しては、目立ったものはないです。害虫に関しては、アブラムシには注意が必要です。アブラムシが登場すると、直接的な被害としては、主には裏裏に寄生をして、いつの間にか葉などの液汁を吸って、群棲して加害してくるので困りものです。

ちなみに1匹では大したことはありません。群棲しての加害は、生育を悪くしてしまいます。虫えいをつくったり、葉を巻いてしまったり、見た目にも美しさを損なわれることになります。防除方法としては、長期間効果が持続する浸透移行性剤を使用するのが良いでしょう。

オルトラン類を使用すると、アブラムシ以外の害虫にも効果的です。スタンダードなやり方ですが、牛乳をスプレーしてみるのも、農薬を使わない方法ですから、試してみる価値はあるでしょう。木酢液を買ってみる、といった手段もあります。増やし方としては、

さし木にするか、タネをまく方法もあります。さし木に適しているのは、春が訪れた3月から4月で、そのあとだと6月の終りから、7月のあたまくらいです。6月から7月というのは、ちょうど梅雨の時期にあてて作業をすることになります。

6月から7月は、その年に成長した新梢を切り落として穂木にします。水あげをしてから、キレイな土にさしてあげましょう。3月から4月の場合は、前の年に伸びた枝使用です。タネまきの場合は、時期としては3月の半ばから下旬にかけて、まきます。

エニシダの歴史

エニシダはギリシャ語のクローヴァーや詰草といった意味の言葉に由来していると言われています。ヒトツバエニシダ属 が、和名のエニシダです。ジェニスタという英語での呼び方は、スペイン語のニエスタがなまっての発音とも言われています。

原産地は地中海沿岸で低木です。生息地はアジアの西部からアフリカなど幅広いです。マメ科の属の一つがエニシダ属で、レタマ属やヒトツバエニシダ属、ギンヨウエニシダ属など、25属あり、約200種類存在し、トータルでエニシダと言われることもあります。

花が咲くシーズンは春です。日本国内へは、明治の時代に入ってきたものです。温暖な砂地のある海岸沿いの公園用樹や庭木として、エニシダは植えられていることが多いです。湘南地方での栽培も見ることがあるでしょう。種について言えば成熟期を迎えると、かなり遠くまで飛んでいきます。

距離としてはさだかではありませんが、それでも15mくらい飛ぶこともあると言われています。すべての草には、スコバリンやゲニステイン、サロタムニンといったアルカロイドを含んでいます。ヒメエニシダも地中海沿岸を原産地とする低木です。

鉢植えでエニシダとして販売されているのは、本種であるケースが多いです。ヒメエニシダも、春に開花期を迎えます。西洋においては、このエニシダの枝を使って、ほうきを作っていました。よく西洋の童話に出てくる魔女がのっている、空を飛ぶ法規なども、エニシダの枝を用いているといいます。

エニシダの特徴

エニシダ属は、北アフリカやヨーロッパ、アジアやカナリア諸島に分布している、落葉性の低木です。はパがミニサイズなのは、感想によって大切な水分が奪われないようにするためです。グリーンの枝でも高剛性をするのは、エニシダならではの特徴でしょう。

過ごしやすい季節の5月から6月くらいに、目にも鮮やかなイエローカラーの花をみることができます。やせた土地でも育ちますが、10年くらいが植物の寿命です。シロバナエニシダは純白の花をつける別種で、落葉低木です。耐寒性にも耐暑性にも強いため、園芸初心者であっても育てやすいです。

花をつけたあとには豆鞘がつきます。夏になったら、熟してくろくなります。何もしないままにすると、木の栄養成分が取られてしまうことになります。そうなると、栄養が少なくなるので、成長する力も弱くなってきます。しかも、次々とできますから、放置してもいられません。

その度にとるのも手間ですが、栄養成分を取られるので、こまめに取り除くのがよいでしょう。いらないと感じたら、全部取り除いてしまいます。こまめな選定をする必要はないです。環境として水はけの悪いのは、いきなり枯れるといったパターンにもなり得るので、

苗を作っておくという対策をしておくのも良いです。そうならないためにも、水はけが良い場所を探しましょう。それでいて、太陽がよく当たる場所です。タネからまいた場合は、花w見られるのは、3年くたいしてからです。

花の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:エラチオール・ベゴニアの育て方

pixta_kingsari

キングサリの育て方

キングサリの科名は、マメ科 / 属名は、キングサリ属です。キングサリは、ヨーロッパでは古くから知られた植物でした。古代ロ...

pixta_tatitubosumire

タチツボスミレの育て方

タチツボスミレに代表されるスミレの歴史は大変古く、日本でも最古の歌集万葉集にスミレが詠まれて登場するというほど、日本人に...

pixta_raiti

ライチを育ててみましょう。

ライチという果物はよくレストランなどで食べることができますが、日本で食べることができるのはほとんど冷凍のものであり、生の...

pixta_kyuuri

きゅうりの育て方

インド北部のヒマラヤ山麓がきゅうりの原産地や生息地で、現在から約3000年以上前には栽培されていたのです。その後シルクロ...

pixta_tatibanamodoki

タチバナモドキの育て方

タチバナモドキはバラ科トキワサンザシ属の常緑低木です。名前の由来は橘(タチバナ)を同じ橙色をしていることから橘もどきとな...

pixta_kyoutikutou

キョウチクトウの育て方

キョウチクトウとご存知すか、漢字では夾竹桃、学名はNerium oleander var. indicumといって、キョ...

pixta_tamanegi

たまねぎと夏野菜の育て方

たまねぎは秋に植えて、春に収穫します。一方、夏野菜は春に植えて夏に収穫します。畑を作るときには、この春野菜と夏野菜を両方...

pixta_iwahige

イワヒゲの育て方

イワヒゲの生息地は日本の本州の中部より北の鉱山の地域です。かなり古くから日本にあり、栽培品種として流通しているものは日本...

pixta_okura_01

オクラの栽培オクラの育て方オクラの種まきについて

オクラはプランターなどでも手軽に育てることが出来るということもあり、とても人気があります。オクラのの栽培やオクラの育て方...

pixta_hedera

ヘデラの育て方

ヘデラは北アフリカ、ヨーロッパ、アジアと広い地域を生息地とする非常に人気がある常緑性のつる植物です。非常に様々な品種があ...

スポンサーリンク

pixta_arumeria

アルメリアの育て方

歴史的にみてもヨーロッパでは古くから親しまれ、愛されてき...

pixta_ruritamaazami

ルリタマアザミの育て...

ルリタマアザミはアザミという名前がついていますが、アザミ...

pixta_ekeberia

エケベリアの育て方

エケベリアはその学名を「Echeveria sp」といい...

pixta_yukiyanagi

ユキヤナギの育て方に...

広い公園や河沿いの遊歩道にユキヤナギが植えられているケー...