柑橘類(交雑品種)の育て方

柑橘類(交雑品種)の育て方

柑橘類は遡ること3000万年という、はるか昔の頃から、インド東北部を生息地として存在していたものです。中国においては、4200年も前から、すでに栽培はスタートしていました。柑橘類の原産はアジア東南部であり、産出量としてはオセアニアやアメリカ、スペインやイタリア、日本も多いです。

育てる環境について

育て方で配慮してあげたいのは、おひさまがよく当たる場所であることです。栽培環境として良いのは、たっぷりの陽の光が当たる場所です。種類は豊富ですが、基本的にどの品種も、日光をとても好みます。庭に植えるのであれば、日中よく太陽の光が当たる場所に植え付けをしてあげることです。

鉢植えの場合は、鉢を置く場所を考えると良いです。できるだけ鉢は、日当たり良好なポジションで、明るくて暖かい日光を浴びせてあげましょう。柑橘類(交雑品種)というのは霜が降りる前までに、植え付けをする必要があります。真冬本番の寒い時期に、晴れたからといって植え付けをしたとしても、

せっかく植えても、温度は低いですし寒い環境下に置かれることになります。まだ地裁うちには、過酷な条件になりますから、寒い時期は避けて、春を待つことです。霜も降りなくなった3月くらいになって、環境としても暖かくなった頃、春植えをしてあげることです。3月といっても、

4月が近い頃になると、新しい芽が出てきますから、その前には植えるようにします。根の部分は、直接お日様の光に当てたり、風にあてておくと、乾燥してきます。これは枯れてしまう要因ともなりますから、できるだけ早く植えてしまうことです。

庭など地植えをするのであれば植えるための穴をほっておいて、完熟腐葉土や完熟たい肥をミックスして準備を整えておくと良いです。鉢植えの場合は、完熟腐葉土や赤玉土、川砂などを混ぜて用意すると良いです。

種付けや水やり、肥料について

植え付けをしたり、植え替えをするのに適しているのは、3月の終わりあたりから、4月の半ばあたりまでが、ベストな時期です。根詰まりをしないように、通気性をよくするためにも、鉢植えの場合は、植え替え作業が必要になります。

生育の状態をよく観察しながら、2年に1回くらいのペースで行うとよいでしょう。柑橘類(交雑品種)は、一般的にどれも、細根が多いものです。植え替えをするときには、鉢のサイズにも気をつけてみましょう。植え替えなどの作業が終わったら、お日様のよく当たる場所での管理をしましょう。

水やりについては、土の表面を見て判断をします。表面が白っぽく乾いてきたら、水はたっぷりとあげましょう。鉢植えの場合えあれば、鉢の底に空いている穴から、水がすこし流れてくるくらい十分にあげてよいです。庭に植えている木の場合、種類であったり、

土の品質も関係してきます。幼木であれば、水やりは十分にすると良いです。特に夏の暑い時期は、土も乾きやすくなりますから、早く大きくさせるためにも、水やりはたっぷりしてあげると、成長にもプラスになります。夏の水ヤシは、夏枝をスクスクと成長させるためにも必要です。

肥料も適度にあげましょう。庭に植えている場合であれば、春の時期の3月と、秋に入った10月に、速効性化成肥料や有機質肥料を施します。鉢に植えているものであれば、3月と6つき、そして10月に、速効性化成肥料や有機質肥料を施すと良いでしょう。

増やし方や害虫について

気をつけたい害虫に関しては、アブラムシ類やカイガラムシ類、エカキムシやカミキリムシなどがいます。カミキリムシの発生時期は、4月から10月の暖かい時期で、草花や野菜、庭木や花木、果樹といった様々な植物に登場しやすい害虫です。

葉っぱの部分を蛇行状に食べてしまうため、表綿から見た葉っぱは、白っぽくなっていて、まるで絵を描いたようになります。多発を防いでおかないと、全体的に葉肉が食べられてしまう被害が発生します。そうなると、見た目にも美しくなくなりますし、

葉っぱは彼定期、生育自体が悪くなっていきます。幼木から成長を楽しみにするのであれば、防除はしっかりと行うことが大事です。この害虫は葉っぱの中にいるので、スプレー剤などでの、浸透移行性剤が、対策としても効果的です。もちろん、ほかの害虫からも、

大切な気と葉っぱ、果実を守る対策が必要です。ふやし方ですが、つぎ木をするのが一般的なやり方です。陽気も暖かくなりはじめた、春の訪れを迎えた3月の半ばくらいから、5月上旬くらいのあいだが休眠枝つぎの時期です。夏が到来して8月中旬から下旬の期間で、

今度は芽つぎを行ってふやしていきましょう。台木に使用するのは、カラタチが一般的です。カラタチとは冬の時期には葉を落とす、中国原産の高さとしては2mから3mくらいの低木です。強健であり、扱いやすいという特性もあるため、柑橘終の接ぎ木する時には、ダイキとして重宝されています。

柑橘類(交雑品種)の歴史

柑橘類(交雑品種)は遡ること3000万年という、はるか昔の頃から、インド東北部を生息地として存在していたものです。中国においては、4200年も前から、すでに栽培はスタートしていました。柑橘類(交雑品種)の原産はアジア東南部であり、産出量としてはオセアニアやアメリカ、スペインやイタリア、日本も多いです。

柑橘すりの品種改良方法として、人工的な方法で新しい品種を誕生させる、交雑品種があります。樹園地内での予期せぬ突然変異で誕生するのは、枝変わりです。柑橘類(交雑品種)の交雑品種は、種子親品種と花粉親品種とを、上手に掛け合わせることになります。

そうすることにより、各々の優秀な部分を、新しい品種に生かしています。まさにジューシーな柑橘終の、いいとこどりでの新種の誕生になります。交雑で育成された代表選手には、デコポンやはるみなどがあります。紅まどんなや、せとかなどもそうです。

流通果実のデコポンは、今では馴染みも出てきていますが、熊本県果実農業協同組合連合会所有の登録商標であることは、あまり知らない人も多いかもしれません。酸度が1度以下であり、糖度13度以上という、高品質を保つために必要な基準を、見事クリアしているものです。

柑橘関係農協県連合会を通しての不知火の出荷であり、こういった条件をクリアしたためにしようが許可されている名称になります。柑橘関係農協県連合会経由出なかったり、生産した個人の販売の場合は、デコポンのネーミングは使えないことになっています。

柑橘類(交雑品種)の特徴

柑橘類(交雑品種)は年々品種改良がされていて、新しいい品種が出てきています。交雑品種も多くなっていますが、それぞれの柑橘類(交雑品種)の良いとこどりした、ジューシーで甘みのあるタイプも多くなっているのは、特徴の一つと言えるでしょう。はるみであったり、デコポンであったり、

品種としては優秀なものが多くなりました。品種改良を行っている目的としては、食べて美味しいことを追求しているのもそうですし、手間に感じがちな皮をむくのを、できるだけ簡単にするなども考えられています。また、柑橘系には、昔から種が入っているのが普通ではありますが、

種は食べている時に若干手間のかかる作業の一つとなります。そのため、タネのないタイプを改良によって、生み出すことも目標の一つです。さらには機能性までもを追求しての、さらなる品種改良の研究は行われているわけです。恵まれていることに、柑橘系のものは、

付いたら最後となるような、致命的になるような害虫や病気もこれ解いてない多面、育てやすいといった大きなメリットを持っています。気候としても温暖化の影響を受けて、昔よりも栽培ができる地域範囲も、グンと広がりを見せています。

そうは言っても、品種ごとに強さには差があります。寒さには非常に弱いという種類もあるので、種類にとっても適切な環境を整えて、栽培をしていくことが大切です。耐寒性についてはとても弱いタイプから、ある程度は平気なタイプもありますが、耐暑性についてはどれも強いです。

果樹の育て方など色々な植物の育て方に興味がある方は下記の記事も凄く参考になります♪
タイトル:ザクロの育て方
タイトル:サクランボの育て方
タイトル:クルミの育て方

pixta_yagurumasou

ヤグルマ草の育て方

ヤグルマギクとも言われていて、キク科ヤグルマギク属のひとつですが、ハーブでもあり、花も鮮やかなのでファンもたくさんいる矢...

pixta_turuhananasu

ツルハナナスの育て方

ツルハナナスの名前の由来は、つる性の植物であるために「ツル」と、またナス科の仲間であるためその花は紫の綺麗な色をしている...

pixta_haruotia

ハオルチアの育て方

ハオルチアはもともと南アフリカ地域の原産のユリ科の多肉植物で、水分が多くなると生育できないことが多いので日本で栽培をする...

pixta_feifox

フォックスフェイスの育て方

フォックスフェイスはブラジル原産のナス属の植物とされ、ナス属は世界の熱帯から温帯にかけて1700種ほどが分布しています。...

pixta_riatoris

リアトリスの育て方

北アメリカが原産の”リアトリス”。日本には、大正時代に観賞用として渡来した花になります。苗で出回る事が少なく、切り花とし...

pixta_rosezeranium

ローズゼラニウムの育て方

ローズゼラニウムの特徴は、やはりバラのような甘い香りです。クセのある甘ったるさではなく、ミントが混ざったようないわゆるグ...

pixta_tatutasou

タツタソウの育て方

タツタソウ(竜田草)は別名イトマキグサや、イトマキソウ(糸巻草)と呼ばれているメギ科タツタソウ属の植物です。花色は藤紫色...

pixta_agrosutenma

アグロステンマの育て方

アグロステンマは原産地が地中海沿岸で、日本に渡来したのは1877年のことでした。渡来した当初は切花として利用されていたの...

pixta_tokeisou_01

トケイソウの育て方

原産地は、北米、ブラジルやペルーなどの熱帯アメリカです。パラグアイでは国花とされています。現在、園芸に適した品種として知...

pixta_brassia

ブラッシアの育て方

ブラッシアはメキシコからペルー、ブラジルなどの地域を生息地とするラン科の植物で、別名をスパイダー・オーキッドと言います。...

スポンサーリンク

pixta_shikuramen

シクラメンの育て方

シクラメンはもともと地中海沿岸地域の山地を生息地としてい...

pixta_erigeron

マンションやアパート...

マンションやアパートなどに住んでいる場合も植物を栽培する...

pixta_sawagikyou

サワギキョウの育て方

キキョウ科の多年草で,アジア東部の冷温帯を生息地としてい...

雪割草の育て方

さまざまな種類がありますが、その中でも小さくて可愛らしい...