カトレアの育て方について

カトレアの育て方について

カトレアと言えば、バラと並んで花のクイーンとも言える存在になっています。ただし、カトレアとバラには大きな違いがあります。それは何かと言いますと、育て方です。バラの栽培は難しいとよく言われますが、カトレアの栽培に比べればまだマシかもしれません。

カトレアを育てるには

バラは庭に地植えすることができますので、ある程度自然任せにすることができる部分があるのですが、カトレアの場合は基本的に設備が整った温室で育てる必要があります。温室育ちと言えば過保護の代名詞ともなっている言葉ですので、カトレアがいかに手のかかる植物であるのか、容易に想像することができるでしょう。

こちらのバラの鉢植えでの育て方のコツも参考になります♪

ただし、最近の住宅は気密性がとても高くなっていますので、一般の家庭でもカトレアを冬越しさせられる可能性があります。もちろん全ての品種がオーケーというわけではありませんが、一般家庭での栽培を前提とした大輪系カトレアが出回るようになりましたので、案外長持ちさせることができます。

でも、できるだけ長く持たせたいと考えているのであれば、小さくても良いので温室を作ってしまうのが望ましいです。最近では、庭の隅っこやベランダに設置できるミニ温室が販売されていますので、それほど費用をかけなくても、1年を通して温度管理できる環境を作れるようになっています。

こちらの植物の栽培を充実させる道具と努力も見て下さい♪

冬場のカトレアの栽培の注意点

カトレアの栽培をする場合に一番大切になってくるのは、温度と日照の管理です。一般に、カトレアが生育できる温度環境は、10℃から42℃の間であると言われています。もちろん、理想的な温度帯の幅はもっと狭く、15℃から28℃の間です。

しかし、この温度帯からもわかるように、カトレアは高温には比較的強いのですが、低温にはとても弱いという性質を有しています。大雑把に言えば、10℃以下の環境に置いておくと死んでしまうということになりますので、冬場に火の気のない部屋の中にカトレアを置きっぱなしにしていると、間違いなく枯らしてしまいます。

冬の冷え込みが厳しい日など、朝起きた時の室温が10℃を切っているようなことは決して珍しくありません。しかし、就寝中も暖房をつけっぱなしにしている人はまずいませんので、多くの人が冬にカトレアを枯らしてしまいます。そのため、カトレアの育て方は難しいと言われるようになっているのです。

夏場のカトレアの栽培の注意点

ならば夏場であれば、カトレアを枯らしてしまう心配はないのかと言うと、案外そうでもありません。実は、カトレアは暑さには強いのですが、直射日光にはとても弱いです。ですので、暖かくなって戸外に出すようになってからは、遮光ネットを使って直射日光を遮ってやる必要があります。

直射日光に当てるとほぼ確実に葉焼けを起こして株が弱ってしまいますので、十分に注意する必要があります。このような事情がありますので、大切に育てたいと希望しているならば、やはり温室が必要になります。

下記の記事も詳しく書いてありますので、凄く参考になります♪
エキナセアの育て方
フェンネルの育て方
タイトル:宿根アスターの育て方
タイトル:カトレアの育て方

pixta_haetorigusa

ハエトリグサの育て方

ハエトリグサは北アメリカを原産とするモウセンゴケ科・ディオネア属の食虫植物です。開いた貝殻のような形の葉が印象的で、その...

pixta_bakopa

バコパの育て方

バコパの歴史はとても古いです。とても意外なことではありますが、インドでは約3000年前から人々の間でハーブとして愛用され...

pixta_sagigoke

サギゴケの育て方

サギゴケは日本を原産とする多年草です。本州、四国、九州などが生息地です。日本以外だと、台湾や朝鮮半島南部で見ることができ...

pixta_olieve

オリーブの育て方

オリーブの木は地中海地方が原産といわれるモクセイ科の常緑樹です。5万年以上昔の葉の化石があるほど古い植物で、また一説には...

pixta_monsutera

モンステラ(Monstera spp.)の育て方

モンステラはサトイモ科に属するつる性の植物です。アメリカの熱帯地域を原産とし、約30種の品種が分布しています。深いジャン...

pixta_kusanou

クサノオウの育て方

クサノオウは古くから日本に生息している山野草です。聞き慣れない植物ですが、黄色い花を咲かせるヤマブキソウに似ています。ク...

pixta_oogiku

大ギクの育て方

花色や花の形、品種が大変豊富な秋の代表花である大ギク。菊の中では大変大きな花を咲かせとてもきれいな花になります。大きく分...

pixta_kinnsiuri

キンシウリの育て方

キンシウリは19世紀末期に中国、朝鮮半島から日本に伝わった覚糸ウリ(かくしうり)が訛って、呼び名がついたと言われています...

pixta_catmint

キャットミントの育て方

キャットミントは西アジア及び地中海沿岸などの北半球が原産地となっています。英名では猫を意味するキャットが使われていますが...

pixta_tobera

トベラの育て方

”トベラ”は日本や朝鮮半島、中国を原産とする植物です。名前の由来は、昔、節分の日に悪除けの為にトベラの枝を扉にはさんだこ...

スポンサーリンク

pixta_spirokisine

スピロキシネの育て方

こちらについてはキンバイザサ科になっています。別にコキン...

pixta_torukogikyou11

トルコギキョウの育て...

長野県は、世界に冠たるトルコギキョウの生産地です。そして...

pixta_rueria

ルエリアの育て方

ルエリアはルエリア属キツネノマゴ科の多年草で生息地はアメ...

pixta_pakira02

パキラの育て方につい...

大鉢仕立てにすることもできれば、手のひらサイズのミニ観葉...