バラの鉢植えでの育て方のコツ

バラの鉢植えでの育て方のコツ

植物の栽培を趣味にしている人は多いですが、そういった人でもちょっとハードルが高く感じてしまうのがバラです。ミニバラを育てている人は多いのですが、コツさえ掴んでいればミニバラよりも育て方は簡単です。特にベランダや小さな庭でも育てる事が可能な鉢植えでの育て方です。

バラの置き場所と鉢選び

まず育てる為の置き場所を確保します。直射日光が当たる場所で風通しの良い場所が理想です。鉢に関してですが、バラの栽培に最適なのはスリット鉢です。スリット鉢であれば鉢の底で根がグルグルになってしまうサークリングが出にくいので理想です。

ただし、鉢にこだわりがあったり、デザイン的に別の鉢を使いたいと言う時は、スリット鉢をそのまま入れて利用すると良いです。特にこだわりが無くてもこの方法ならば、二重鉢によって乾燥や寒さにも強い環境になるので育てやすくなります。

鉢植え植物を上手に育てるポイントも参考になります♪

大きさに関してですが、育てる品種や使っている土の質や土の量などによって変わってきます。鉢替えをする時はいきなり大きなサイズにするのは失敗しやすいので1号づつサイズアップしていくのが理想となります。

目安としては、木立バラで8号から大きくて11号ほどまでになります。つるバラは木立バラよりも大きく11号から13号、14号程度になります。あくまでも最終的にであって、状況に合わせてサイズアップさせていくのが大前提となります。

イングリッシュ・ローズの育て方についても参考にすると良いでしょう♪

バラの育て方、水やりなど

ここからが具体的な育て方になりますが、水やりについて悩む人が多いです。基本的にはたっぷりと与える事が基本になります。鉢皿は使わないで流れ出るまで与える方が良いです。鉢植えでのバラ育てで重要なのが、水を与える量よりも与える時間になります。

季節によって変わってくるのですが、夏と冬のやり方を覚えて春と秋はそれぞれの季節に近い方で与える形になります。夏に関してですが、朝か夕方の比較的涼しい時間に与えます。ただし、花がクタっとなってしまっている状態の時は時間帯関わらずたっぷり与える事が大切です。

冬に関してですが、夏はたっぷり水を与える季節なのですが、冬は逆に若干乾かし気味にします。毎日与えると言うよりも、土の表層部分(表面から5cmほど)が乾いた状態になったら水を与えていきます。時間帯も冬は出来るだけ暖かい日中に与えるのが基本となります。

春と秋に関しては、春に関しては徐々に夏に向けて水を与える量を増やす感じで、秋に関しては冬に向けて乾かし気味にする日を増やしていく形になります。これが、バラの育て方のコツになります。

バラの栽培時の注意点

毎日花の状態を見つつ微調整する癖をつける事です。肥料に関しては、バラはたっぷりと与えてあげると良いです。肥料には肥効が書かれているので、それを見て切らさないようにします。これがバラの鉢植えでの育て方のコツです。

こちらの記事も凄く参考になりますので読んでみて下さい♪
タイトル:バラ(ミニバラ)の育て方
タイトル:バラ(つるバラ)の育て方
タイトル:モッコウバラの育て方
タイトル:ミニバラの育て方
タイトル:クリスマスローズの育て方

pixta_angurekamu

アングレカムの育て方

アングレカムはマダガスカル原産のランの仲間です。マダガスカル島と熱帯アフリカを生息地とし、およそ200の種類があります。...

pixta_sandasonia

サンダーソニアの育て方

サンダーソニアは南アフリカのナタール地方で発見された花で、1851年に発見されたイヌサフラン科の多年生植物として伝えられ...

pixta_yaseigiku

野生ギクの育て方

特徴としてはキク目、キク科の植物になります。のじぎくと呼ばれるキクに関しては非常によく見られるタイプかも知れません。こち...

pixta_ezomisohagi

エゾミソハギの育て方

エゾミソハギの特徴について言及していきます。原産地はヨーロッパを中心に日本各地です。生息地としては、北海道と九州上部です...

pixta_kyuuri

キュウリを種から育てる方法

花と野菜の土をポットに準備します。ポットにキュウリの種まきをします。キュウリの種は扁平な中央部がやや膨らんだ長円形です。...

pixta_chokokosmos

チョコレートコスモスの育て方

チョコレートコスモスは、キク科 コスモス属の常緑多年草です。原産地はメキシコで、18世紀末にスペインマドリードの植物園に...

pixta_hagoromojasumin

ハゴロモジャスミンの育て方

ハゴロモジャスミンの原産地は中国雲南省ですが、現在では外来種としてニュージーランドやアーストラリアなども生息地となってい...

pixta_prumeria

プルメリアの育て方

プルメリアの原産地は熱帯アメリカで、生息地も熱帯がほとんどですので、日本では基本的に自生していませんし、植物園などに訪れ...

pixta_iberisu

イベリス・センパーヴィレンスの育て方

イベリスには2種類があり、1年草と多年草になります。イベリス・センパーヴィレンスは多年草にあたります。アブラナ科で別名は...

pixta_snowfrak

スノーフレークの育て方

スノーフレークは、ヨーロッパ中南部が原産です。ハンガリーやオーストリアも生息地になります。スノーフレークは、日本において...

スポンサーリンク

pixta_arusutoromeria

アルストロメリアの育...

アルストロメリアは、南米原産の単子葉植物の属の一つで、ア...

pixta_orearia

オレアリアの育て方

意外と感じますがキク科の植物になるので、日本にも適用する...

pixta_noazami

ドイツアザミの育て方

この花はキク科アザミ属に属します。ドイツとありますが日本...

pixta_ogi

オギの育て方

イネ科ススキ属のオギは、古くから日本と関わりのある植物で...