植物の栽培や育て方の知識と体験

植物の栽培や育て方の知識と体験

植物の育て方について、十分な知識を持った上で栽培するのがオーソドックスな方法です。この方法だと、失敗が少なくなります。本や書籍などの活字による知識はもちろん、最近ではインターネットで検索すれば様々な植物についての豊富な知識がヒットします。

上手に植物を育てるためには?

更に実際にそれらを育てている人の体験談を読んだり、実際の栽培に当たって思わぬトラブルに遭遇した際にはインターネットを通して質問を投げかければ、身近に同じものを育てている人がいなくても経験者からのアドバイスを貰って対応することもできるので、非常に助かります。

ただ、そういった知識なしで試行錯誤で植物を栽培してみる体験も無駄ではありません。その場合は失敗の中からも学べることがあります。私は子供の頃、庭でさまざまな植物を育てることに凝っていました。

その頃の私はまさにろくに知識を持っておらず、種を蒔いたり球根を植えたら定期的に適当な量の水をやり、周囲に雑草が生えれば毟って捨てればいいとだけ思っていました。子供向けの花の種の場合は、それでもちゃんと育って花を付け、目を楽しませてくれました。

こちらの植物の育て方についてもよく見てみよう♪

植物の栽培で知識がなぜ必要か?

そこで更に欲を出した私は、野菜や果物にまで手を広げて躓いてしまいました。たとえば苺の苗を植えてみたところ、実はなったのですが店で売られているもののように赤くならず、更に蟻がたくさん集って齧った痕だらけのものしかできませんでした。

実際に収穫してよく洗って食べてみたものの、全く甘みがなくてがっかりしました。野菜に至ってはもっとひどく、じゃがいもの芽を切ったものを植えてみても収穫してものは丸くならずに紐のような出来でした。

大根も同様で太さを測ってみたら最大の箇所でも1ミリ2ミリ程度のものしか作れませんでした。大人になって知識を持った今なら分かるのですが、いくら水を遣っても肥料を全く使っていなかったので、そういう結果になるのは当たり前のことでした。

初心者でも簡単なサツマイモの栽培とは?

それでも当時の私には分からず、種類をいろいろ変えてみても同じ結果になったのですが、最後にとサツマイモを植えてみたところ、それまでとは全く違う結果になりました。

端的に言うと大成功で、八百屋で売られているサツマイモよりも太い、コロコロしたサツマイモがたくさん収穫できました。その時は近所の友達も呼んで、皆で芋掘りを楽しみました。

こちらのサツマイモの栽培方法も見て下さい♪

何故サツマイモだけこれほど結果が違ったのか子供心にも不思議に思っていたのですが、それが判明したのが高校の日本史の時間でした。江戸時代に深刻な飢饉対策として青木昆陽がサツマイモを広めたと習ったのですが、私の中でストンと理解できました。

大根でもじゃがいもでも駄目、サイマイモだけが肥料なしでも丸々としたものが収穫できるのだと私は体験を通して知っていました。知識は確かに必要です。ですが育て方の知識がなくとも、とりあえず植物の栽培にチャレンジしてみることからも得るものがあるのだと私は思います。

こちらのじゃがいもの育て方もかなり参考になります♪

pixta_kabu11

カブの育て方

カブはアブラナ科アブラナ属の越年草で、アフガニスタン原産のアジア系と、中近東〜地中海沿岸が原産のヨーロッパ系の二種類に分...

pixta_dazy11

デージーの育て方

ヨーロッパおよび地中海原産の草花です。自生の生息地であるヨーロッパでは野草として、ごく自然に芝生に生えています。デージー...

pixta_tukinindou

ツキヌキニンドウの育て方

ツキヌキニンドウはアメリカ原産のツル性の植物で、5月頃から10月頃までの春時期から秋口にかけて、細長く先端部分が開いた、...

pixta_yamabukisou

ヤマブキソウの育て方

特徴としては多年草であることが挙げられます。根がついていて毎年花を咲かせてくれるようになっています。色はなんといっても鮮...

pixta_sinbijium

シンビジウムの冬の育て方について

クリスマスやお正月のギフトによく利用されるのがシンビジウムです。洋ランの一種でありながら、比較的素人にも育てやすく日本で...

pixta_brasinoki

ブラシノキの育て方

フトモモ科ブラシノキ属するブラシノキには34種類あるといわれ、オーストラリア全域からニューカレドニアが生息地です。低木か...

pixta_hiasinsoides

ヒアシンソイデスの育て方

ヒアシンソイデスはヨーロッパの南西部原産の多年草です。原産や主な生息地はヨーロッパ南西部ですが、様々な交配や品種改良が行...

pixta_sprauto

スプラウトの育て方

スプラウトの歴史はかなり古いとされています。5000年も前の中国では、すでにモヤシが栽培されていたとの説があります。モヤ...

pixta_edamame_03

枝豆の育て方

枝豆は大豆になる前の未成熟な豆のことです。大豆は東アジアが生息地で、自生していた野生のツル豆が中国の東北部で進化したこと...

pixta_kanpanyuraturigane

カンパニュラの仲間の育て方

カンパニュラはラテン語で「釣鐘」を意味しています。和名もツリガネソウだったり、英名がベルフラワーだったりすることから、ど...

スポンサーリンク

pixta_asebi

アセビの育て方

アセビは日本や中国が原産で、古くから日本人の生活になじん...

pixta_moyasi

モヤシの育て方

原産地は歴史的には古代中国ですが、実際は多分世界中で作ら...

pixta_futoukazura

フウトウカズラの育て...

フウトウカズラの特徴について書いていきますが、まずは分布...

pixta_nezumimoti

ネズミモチ(プリベッ...

ネズミモチ(鼠黐・Ligustrum japonicum...