トマトの育て方について

トマトの育て方について

自宅の庭に花が咲く植物を植えてキレイなフラワーガーデンを作るというのも一つの方法ですが、日常的に使う野菜を栽培することができたらどんなに便利だろうと考える人が少なくありません。

なぜトマトがオススメなのか?

ごくまれに、庭を全部潰して野菜を栽培する人がいますが、そうなってしまうと、もう庭ではなく完全な畑です。気軽に足を踏み入れることなどできなくなってしまいますし、見た目もあまりよくありません。

また、肥料の臭いで近所から苦情を寄せられてしまうこともあります。ですので、実際には花壇の隅っこで、こじんまりと野菜を作ったりするケースが大半です。花壇の隅っこで野菜を作ろうと考えている人におすすめできるのが、トマト作りです。

家庭菜園の栽培、野菜の育て方、野菜の種まきで勉強しましょう♪

トマトの特徴

トマトにはリコピンという健康成分が含まれていますので、継続的に摂取し続けていると、アンチエイジング効果や生活習慣病の予防効果が得られます。生で食べることができますので、サラダの彩りとして使う人が多いですが、焼いたり煮たりすることも可能です。

また、最近ではトマトジャムやトマトゼリーなども登場してくるようになりましたので、幅広い用途に使うことができます。でも、案外値段が高いので、そんなにポンポンと買うことはできません。なので、自宅で育てることができると、とても重宝します。

園芸店やホームセンターへ行くと、トマトの種が販売されていますが、素人が種からトマトを育てるのはなかなか大変ですので、ポット苗を購入することをおすすめします。植え付け時期は、遅霜の心配がなくなる4月下旬から5月中旬頃にかけてです。

トマトの栽培や育て方についても参考になります♪

トマトの育て方

トマトの育て方にはいくつかのポイントがありますが、前の年にトマトを栽培した場所に続けて植えることは避ける必要があります。トマトはナス科の植物なので、連作障害が出る可能性があります。

ですから、栽培する場所は毎年変えるようにしなくてはなりません。どうしても同じ場所に植えざるを得ないという時は、可能な範囲で土を入れ替えるようにするとよいでしょう。また、実付きをよくしたい場合には、脇芽摘みをしっかりとやることが大事です。

暖かくなるにしたがって、茎がぐんぐん伸び、葉が生い茂るようになりますが、それにともなって葉の付け根から脇芽が生えてくるようになります。この脇芽を残しておくと実付きが悪くなってしまいます。

ですので、面倒でも手で摘み取っておく必要があります。余分な葉を摘み取っておけば、その分の栄養が実に行き渡りますので、大きな実がなるようになります。また、風通しが良くなりますから、病害虫の予防効果も期待できます。

トマトの場合、開花後2ヶ月程度経つと収穫できるようになります。ただし、実に雨があたると皮が裂けてしまいますので、雨よけの工夫をしておくことが大切です。

こちらのトマトの育て方も凄く参考になります♪

pixta_fusiguro

フシグロの育て方

フシグロは、ナデシコ科の野草で、葉のつく節が黒っぽいので、このように呼ばれるようになりました。丘陵や山地、人里でも日当た...

pixta_okatorao

オカトラノオの育て方

オカトラノオはサクラソウ科の多年草で、その歴史としては中国を生息地としていたこの種類の植物が朝鮮半島を経由して日本に入っ...

pixta_giria

ギリアの育て方

種類としてはハナシノブ科になります。別名があり、タマザキヒメハナシノブ、アメリカハナシノブなどの名前が付けられています。...

SONY DSC

ネクタロスコルダム・シクラム・ブルガリカムの育て方

和名はアリウム・シクラムですが、アリウムの仲間ではありません。ネクタロスコルダム・シクラム・ブルガリスは、現在ではネギ科...

pixta_anemone

アネモネの育て方

地中海沿岸が原産地のアネモネは、ギリシャ神話ではアドニスという美少年が流した血から生まれた花という説もあり、古くからヨー...

pixta_sinensisu

プリムラ・シネンシスの育て方

プリムラ・シネンシスは日本では寒桜と呼ばれていますが、もともとは中国の中南部が原産です。そのため、英語ではChinese...

pixta_aberia

アベリアの育て方

アベリアはハナゾノツクバネウツギのことで、ラテン語の属名アベリアで呼ばれています。公園などで植え込みとしてよく植えられて...

pixta_barbena

バーベナの育て方

バーベナは、クマツヅラ科クマツヅラ属(バーベナ属とも)の植物の総称です。様々な種類があり、基本的には多年草、あるいは宿根...

pixta_iceplant

アイスプラントの育て方

元々アイスプラントが日本に取り入れられた理由はこの植物にしかない特徴のためです。その特徴とは塩分、つまりミネラルを吸収す...

pixta_toritereia

トリテレイアの育て方

トリテレイアは、ユリ科に属する球根性の多年生植物で、かつてはブローディアとも呼ばれていました。多年生植物というのは、個体...

スポンサーリンク

pixta_pseuderantemm

プセウデランテムムの...

プセウデランテムムは、キツネノマゴ科プセウデランテムム属...

pixta_banana11

バナナの育て方

バナナの歴史は非常に古く紀元前10000年前には既に人間...

pixta_sineraria

シネラリアの育て方

シネラリアはキク科の植物で、早春から春にかけての代表的な...

pixta_hadenbergia

ハーデンベルギアの育...

ハーデンベルギアはオーストラリア東部に位置するタスマニア...